活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

統計学が最強の学問である(2013/01/25)西内 啓商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:30  <次の食べ物を禁止すべきか考えてみましょう>  ・心筋梗塞で死亡した日本人の95%以上が生前  ずっとこの食べ物を食べていた。  ・強盗や殺人などの凶悪犯の70%以上が  犯行の24時間以内にこの食べ物を口にしている。  ・日本人に摂取を禁止すると、精神的なストレス状態が  見られることもある。  ・江戸時代以降日本で起こっ...

夢を実現する発想法(2013/01/11)川口 淳一郎、山中 伸弥 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18  「実はiPS細胞については、宇宙旅行の分野でも注目していましてね。  私は、と言ったほうが正確かもしれませんが(笑)。  将来人類が宇宙を何十年と旅するような時代がきた時に  不可欠と思われるものの一つが、iPS細胞を使った再生医療です。  いったん離陸すれば、途中で病気や怪我をしても病院には  いけませんから。...

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術(2013/01/09)竹川 美奈子商品詳細を見る満足度★★付箋数:17物は言いよう。タイトルの「金融機関がぜったいに教えたくない 年利15%でふやす資産運用術」というのは、ウソではありません。サブタイトルにも多少の煽りが入っていますが、「0.4%の人だけが知っている、定期預金の150倍の利回りの確定拠出年金を使った節税による運用法を初公開」というのも間違ってはいませ...

時給800円のフリーターが3年で年収1000万円に変わる仕事術(2012/12/21)松田 元商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:23  「人間は変われるのか―。  学歴も知識も経験もほとんどないような人間でも。  もっといえば、 “フリーター” や “引きこもり” でも。  私の答えはシンプルだ。  “誰であろうと、最低でも年収1000万円は稼げる” 」松田元さんが代表取締役会長を務めるアズ株式会社では、フリーター、社会人未経験者、スネに...

脳の中の経済学 (ディスカヴァー携書)(2012/12/29)大竹 文雄、田中 沙織 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20あなたは、夏休みの宿題をいつやっていましたか?私は、一応計画はするものの、ズルズル先延ばしして、結局、最後の数日間で慌ててやるタイプでした。これは、経済学で「双曲割引」による先延ばし、と呼ばれるタイプ。私と同じタイプの人も、結構多いと思いますが、そんな人は要注意です。例えば、今ケーキを1個もらうの...

クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道(2013/01/15)大前研一商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22  「本書はこれまで私が上梓した中でも、『新・国富論』  『平成維新』 『地域国家論』など道州制の導入と霞ヶ関の  解体を軸にゼロベースの新しい国家モデル構築を提言してきた  シリーズに連なる、エポック・メイキングな1冊となる。」大前研一さんは、以前から道州制の導入を説いていますが、最近では一部の政治家...

宇宙になぜ我々が存在するのか (ブルーバックス)(2013/01/18)村山 斉商品詳細を見る満足度★★★付箋数:25宇宙に、なぜ私たちが存在できるようになったのかを、宇宙の誕生までさかのぼり、2つの素粒子を軸に解説する本。2つの素粒子とは、ニュートリノとヒッグス粒子です。現代の素粒子理論によると、「物質」には必ずそれと対になる「反物質」が存在することが知られています。物質と反物質は、質量が同じで電気的性質が反対。この2...

トレーダーの生理学 (ハヤカワ・ノンフィクション)(2013/01/10)ジョン コーツ、John Coates 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24  「ファンドを積極的に運用していたとき、背中が痛くなってきた。  強い痛みに襲われたときは、ポートフォリオに間違いがあるという  信号だととらえることにしている。」これは、クォンタム・ファンドを創設したジョージ・ソロスさんの言葉。これを相場師が持つ動物的な「勘」として片付ける...

学び続ける力 (講談社現代新書)(2013/01/18)池上 彰商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「出席はしなくて結構。それで成績に響くわけではないから。  ただし、私は学生のみなさんが聴きたくなるような話を  するように努力します。出席をとらないから欠席するのか、  出席をとらなくても面白いから出席するのか。  みなさんが欠席したら私の負け、というつもりです。」これは池上彰さんが、2012年4月に東京工業大学のリ...

福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書)(2012/12/28)福岡伸一商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22私は、人の家を訪れると、インテリアよりもなによりも、その人の本棚を探してしまいます。その人が、どんな本を読んでいるのかが、とても気になるのです。特にその人のことを尊敬していたり、その人に興味があると、本棚を見たいという欲求は、もっと高くなります。そして本棚を見ると、「新しい発見」があり、同時に「共感」も...

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦(2012/12/19)出雲 充商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:25東京大学名誉教授近藤次郎さんが1989年に発表した論文、「地球環境を閉鎖・循環型生態系として配慮した食糧生産システムユーグレナの食糧資源化に関する研究」。そこにはユーグレナを大量に培養して、栄養豊富な食料として利用すること、またユーグレナが光合成で作っ...

30ポイントで身につく! 「戦略シナリオ」の技術(2012/12/16)HRインスティテュート商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20野口吉昭さん率いるコンサルティングファーム、HRインスティテュート著で、2012年3月に刊行された『30ポイントで身につく!「ロジカルシンキング」の技術』の続編。今回のテーマは、「戦略のシナリオ化」です。まず、シナリオ化する前に、そもそも戦略とは何なのか?本書での定義は、「フォーカス&ディープ!」。...

個を動かす 新浪剛史、ローソン作り直しの10年(2012/12/13)池田信太朗商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:27  「これから本書で振り返る新浪改革の10年。  一言で言えばそれは、企業内の “個” を奮い立たせて、  地域の “顧客” と向き合う “個店” を作り上げる、  ということだった。」本書は、日経ビジネスの記者、池田信太朗さんが描くビジネス・ルポルタージュ。主役は表紙の写真やサブタイトルからわかる通り、株式会社...

超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略(2012/12/20)岡田 斗司夫商品詳細を見る満足度★★★付箋数:25  「 “いいひと戦略” とは、21世紀の超情報化社会において  個人が生き延びる最適戦略です。  ネット時代である現代のリスク管理です。  いいひとだよ、という評判こそ個人戦略上、  最も手堅く強い効果を発揮します。」本書は、岡田斗司夫さんがマガジンハウス本社内で行った「いいひと戦略」のセミナーを...

たくらむ技術 (新潮新書)(2012/12/15)加地 倫三商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23  「MC席の右側にひな壇がある場合、核になる人はMCに一番近い  最前列左端の席です。例えば、ツッチーこと土田晃之くんや  サバンナの高橋くんのようなタイプがここに座ります。  隣に有吉くんやフットボールアワーの後藤(輝基)くんのように  “安定感” もあり、 “イジれる人” を置きます。  最前列の右端には “かき回し役” のフジモ...

不連続の日本経済(2012/12/20)若林 栄四商品詳細を見る満足度★★★付箋数:24  「いまから二十数年前、黄金分割と正五角形(ペンタゴン)を  使った相場分析の手法に巡り合った。  以来、その研究を重ねてきた結果、相場の原理は  黄金分割しかないということを確信するに至った。  相場とは価格だけではなく、日柄がそれ以上に重要である。」本書は独自の黄金分割理論で熱狂的なファンがいる若林栄四さんの次の相場を予言...

脳はこんなに悩ましい(2012/12/21)池谷 裕二、中村 うさぎ 他商品詳細を見る満足度★★★★★付箋数:28  「どうしてこのふたりが対談本を?  なぜなら私、池谷裕二が中村うさぎさんを尊敬しているからです。」本書は新潮社から刊行されている月間小説「小説新潮」および読書情報誌「波」に計6回掲載された池谷裕二さんと中村うさぎさんの対談「オトナのための脳科学」を編集したもの。硬軟織り交ぜた「私と脳」を巡る対談。何につい...

キャリア官僚の仕事力 秀才たちの知られざる実態と思考法 (ソフトバンク新書)(2012/12/18)中野 雅至商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23  「僕は、官僚を辞めてわかったことがある。  それは、官僚がどんな仕事をしているか世間では全く  知られていないということ。マスコミ報道の影響で、  “悪者” と “エリート” という両極端が強調され、  実態とは大きく乖離している。」官僚とは、国家公務員Ⅰ種試験に合格して中央省...

決算書が読めない社員はいらない(2012/12/13)木村 俊治商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20タイトルのような過激な内容ではありあせん。中身はいたって実用的な財務諸表の読み方を解説する本。  「私は公認会計士です。ですから、仕事の中で様々な決算書を  読む機会がありますが、最初から決算書を読めたわけでは  ありません。 “決算書を読めるようになった” と初めて思えた  のは、会計士として仕事をして5~6年たってか...

日本の選択 あなたはどちらを選びますか? 先送りできない日本2 (角川oneテーマ21)(2012/12/10)池上 彰商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22本書は、サブタイトルにある通り、本書は2011年に刊行された池上彰さんの「先送りできない日本」の続編です。池上さんの前著は好評で、多くの読者から賛同を得ました。しかし、それにも関わらず、依然、「先送り」ばかりして、問題解決に動こうとしない日本の政治家や官僚に対して、憤りを感...

部下を育てる「承認力」を身につける本 (DO BOOKS)(2013/01/31)吉田 幸弘商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20著者の吉田幸弘さんに献本いただきました。ありがとうございます。米国の心理学者、アブラハム・マズローさんが提唱したことで知られる「欲求階層説(欲求のピラミッド)」。人はピラミッドの低次の欲求が満たされると、一段上の欲求が高まり、その欲求を満たすための行動を起こすという学説です。ピラミッドの第一階層の「...

ずる―嘘とごまかしの行動経済学(2012/12/07)ダン アリエリー、Dan Ariely 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:25本書は「予想どおりに不合理」、「不合理だからすべてがうまくいく」に続くダン・アリエリーさんの3作目の著作。ニュースなどを賑わす、詐欺行為や企業の不正行為。これらの「ずるい」行為は、少数の悪人によって行われることで、私たち一般市民には関係のないことなのでしょうか?  「はっきり言わせてもらおう。  ...

人生をやめたいと思ったとき読む本: マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ(2013/01/11)澤登 和夫商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18東洋経済新報社、中村さんより献本いただきました。ありがとうございます。本来、この本は私が読むべき本ではありません。なぜなら、著者の澤登和夫さんは、「人生をやめたい」と思っている人のことだけを考えて、この本を書いているからです。でも正直、...

金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布(2012/12/11)羽根田 修商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18財布の本ではなく、片付けの本。お金を貯めるには、節約することが必要ですが、節約の前に、まず「片づけ」をしましょうというのが、本書のコンセプト。著者の羽根田修さんは、2つの顔を持ちます。1つ目の顔は、工場のコスト削減コンサルタント。これが羽根田さんの本職で、多くの工場を見てきた結果、儲かる工場は、片づけを重視...