活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

AKB48の言葉が教えてくれること

AKB48の言葉が教えてくれることAKB48の言葉が教えてくれること
(2012/10/25)
方喰 正彰

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

著者の方喰正彰さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

AKB48が、なぜ、あれほどに人気があるのか?

アイドルに詳しくない私にとっては、とても不思議な事でした。

私のようなオジサンから見ると、
他のアイドルに比べて、AKBのメンバーの1人1人の容姿は、
それほどカワイイようには感じません。

しかし、その疑問が、本書を読んで解けました。

AKB48が人気のある理由。

それは、彼女たちの夢に向かってひたむきに努力する姿が、
人々を魅了するんだと。

本書は、AKB48のメンバーの勇気と努力の原動力になる発言を、
丁寧に拾って、真剣に解説を加えた名言集。

  「事実  “夢を持てない”  “希望を持てない”  と言われる世の中で、
  夢の実現に向けて必死に努力するAKB48のメンバーたちは、
  同世代だけではなく、年上や年下、そして男女を問わない、
  多くの人に夢と希望を与える存在になっていると感じています。

  本書は、そうした一人の人間としてのAKB48の  “夢を追う姿”
  “努力する姿”  “諦めない姿”  を、彼女たちの言葉を通して、
  “生き方”  という観点から私たちが学ぶべき点について
  まとめたものです。」

方喰さんは、特定のメンバーに偏ることなく、
次の6つのテーマにそって、彼女たちの60個の名言を厳選し、
その背景とともに紹介します。

  1. 夢をつかむ
  2. 前を向く
  3. 努力を重ねる
  4. 成長する
  5. 感謝をする
  6. 仲間と歩む

正直、本書を読む前は、私のようにAKB48について、
あまり知らない人が読んで、
楽しめるかどうか不安がありました。

幸いその心配は、杞憂に終わりました。

方喰さんは、AKBメンバーの発した言葉を深く掘り下げ、
そこから私たちが学ぶべきエッセンスを抽出しています。

更に、その言葉を発したメンバーの人となりも
あわせて紹介されていますから、
AKB48についての理解度も深まりました。

もっとも、AKB48のファンの方が、本書を読んだ方が、
その発言をしたシーンを思い浮かべたり、
当時のメンバーの状況を踏まえて、
方喰さんの解説を読むことができますから、
本書の言葉が、より刺さることは間違いありません。

私は本書を小6の娘にも読ませてみようと思います。

ちなみに、私のAKB48に対する認知度は、
娘がドラマ「AKB48 マジすか学園」の1と2を見ていたので、
それを一緒に見て、メインで出ていたメンバーだけは、
その役名と顔が一致する程度です。

この本から何を活かすか?

実は今回、方喰さんから、本書以外にも2冊献本いただきました。

  ・「ワンピースの言葉が教えてくれること
  ・「成形女子こはく―プラスチック工場物語 新入社員編

「ワンピースの言葉」は方喰さんの処女作で、
かなり話題になっていたので、ご存じの方も多いはずです。

私は、この本は未読でしたが、
ワンピース自体はコミックで全巻読んでいます。

あの数々名シーンを、方喰さんがどう料理するかを考えると、
これから読むのが楽しみです。

もう一冊は、私は全く知らなかった、
方喰さんプロデュースの「業界マンガ」です。

プラスチック成形をテーマにした、業界初のマンガで、
こちらも話題になっていた一冊のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |