活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)(2012/10/17)吉田 たかよし商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23  「本書の締めくくりに、周期表にまつわるクイズを出しましょう。  アメリカ、フランス、ロシア、ドイツ、ポーランドにはあって、  日本にないものがあります。それは何でしょうか?  もちろん、元素に関することですよ。」これは、吉田たかよしさんが、本書の「あとがき」に掲載...

自信加乗 ハーバードの論理力 マッキンゼーの楽観力 ドクターの人間力(2012/10/24)富坂 美織商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「女性誌に紹介されているスーパーウーマンと自分を比べて  どんよりしている女性に至っては、目を覚ましてください!  と呼びかけたい衝動に駆られてしまいます。  なぜなら、比較の対象は偶像化された存在なのですから。」このように発言する富坂美織さんこそ、まさに絵に描いたようなスーパ...

AKB48の言葉が教えてくれること(2012/10/25)方喰 正彰商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18著者の方喰正彰さんに献本いただきました。ありがとうございます。AKB48が、なぜ、あれほどに人気があるのか?アイドルに詳しくない私にとっては、とても不思議な事でした。私のようなオジサンから見ると、他のアイドルに比べて、AKBのメンバーの1人1人の容姿は、それほどカワイイようには感じません。しかし、その疑問が、本書を読んで解けま...

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義(2012/10/13)ウォルター ルーウィン商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:22世界で最も注目される物理学の授業。その授業を行うのは、マサチューセッツ工科大学(MIT)物理学科教授、ウォルター・ルーウィンさん、76歳。MITが2001年から、ネットでの無料公開授業、「MITオープンコースウェア」を始めると、ルーウィンさんの授業は、瞬く間に有名になりました。ルーウィンさんの授...

やせる! (光文社新書)(2012/10/17)勝間 和代商品詳細を見る満足度★★★付箋数:17  「(TV番組の企画で)知名度のある小太りのアラフォー女性を  探しているのですが、勝間さん、出演していただけませんか」  「あんなに自転車に乗っているのに、なんであの体型なの?」  「“きちんとやせる” 前の私の風貌は、  いかにも40代のおばさんで、仕事用のスーツを着ると、  これからPTAの会合に行く人に見えたそうです。」  ...

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた(2012/10/11)山中 伸弥、緑 慎也 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:242012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥さんの自伝。タイトルに「山中伸弥先生に聞いてみた」とあるので、全編インタビューかと思いましたが、緑慎也さんが聞き手となり、インタビュー形式で書かれているのは、最後の約60ページのみ。それ以外は、山中さんが、自身の半生、そして「iPS細胞ができる...

50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?(2012/10/05)林 總商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22本書は、好評の「どちらが儲かるか?」シリーズ第3弾です。著者は公認会計士の林總さん。第1弾の「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」は、父の急逝で突如、中堅アパレルメーカー「ハンナ」の社長に就任した矢吹由紀が、コンサルタントの安曇から助力を得て、会社を立て直すビジネスストーリーでした。第2弾の...

リーダーを目指す人の心得(2012/09/29)コリン・パウエル、トニー・コルツ 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:26黒人としてはじめて、米国陸軍で四つ星の大将まで上りつめ、史上最年少で、米国4軍のトップである統合参謀本部議長を務めたコリン・パウエルさん。退役後、1996年の大統領選挙に向けて出馬していたなら、黒人初の大統領になったとも言われていましたが、奥さんの反対で出馬を断念しました。経歴は異なりますが、ドラマ...

入社1年目から使える「評価される」技術(2012/11/21)横山 信治商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22著者の横山信治さんから献本いただきました。ありがとうございます。あなたの仕事での「最優先事項」は何ですか?売上目標をクリアすること、実績を上げること、人材育成、いい仕事をすること、ミスをしないこと・・・・会社での立場によって、最優先「したい」事項は異なります。ここで、ちょっと視点を変えてみましょう。あなたは、...

壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方(2012/09/24)西沢泰生商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22  「この本は、 “一流” と呼ばれる人たちのエピソードによって、  あなたの悩みやモヤモヤとした気持ちを解消し、  明るく前向きになっていただくための本です。(中略)  本書には、そんな一流の人たちが、どんなすごい考え方をして、  壁を乗り越えてきたのかを、ギッシリと詰め込みました。」本書で紹...

このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ(2012/10/09)成毛 眞商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21  「もうそろそろ、真実をいってもいい時期ではないか。  努力をしても必ず報われるわけではない。  ムダな努力はこの世にあふれている。  今の日本では、努力しても報われないことがあるのだ、と。」本書では、日本マイクロソフト元社長・成毛眞さんが、「人生を消耗しない生き方」を説きます。一...

お坊さんマネーコーチが教える お金にとらわれない生き方 (Sanctuary books)(2012/11/15)佐藤颯融商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20サンクチュアリ出版・高山さんから献本いただきました。ありがとうございます。本書は、お坊さんが著した異色のマネー本。タイトルの「お金にとらわれない生き方」からすると、「投資はけしからん」という、お坊さんの話かと思いきや、お金や投資との付き合い方を、真正面から語っています。著者の...

決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば ものづくりのイノベーション「枯れた技術の水平思考」とは何か? (P-Vine Books)(2012/09/21)横井軍平商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23任天堂を世界的ゲームメーカーに躍進させた立役者といえば、「マリオ」を生んだ宮本茂さんが有名です。その宮本さんの師匠でもあり、任天堂がゲーム会社として、躍進する基礎を作ったのが、もう一人の立役者、横井軍平さんです。本書は、横井軍平さんの発...

IT・ネット 0

MAKERS

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる(2012/10/23)クリス・アンダーソン商品詳細を見る満足度★★★★★付箋数:28時代の節目を的確に捉えたベストセラー「ロングテール」と「フリー」の著者として知られるクリス・アンダーソンさん。そのアンダーソンさんが、2012年11月2日、12年務めた米「ワイアード」誌の編集長を辞任することを発表しました。名物編集長として鳴らしたアンダーソンさんは、なぜ「ワイアード」誌を辞めるのか?それはラジ...

天才脳をつくる!: 潜在能力をぐんぐん伸ばす、計算と記憶のテクニック (ハヤカワ・ノンフィクション)(2012/10/05)マイク・バイスター、クリスティン・ロバーグ 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22あなたが生まれた日は何曜日ですか?自分の誕生日を知らない人はいませんが、曜日となると、意外と知らないものです。では、私の誕生日1967年1月1日が何曜日か計算してみましょう。ちなみに、曜日計算の公式としては「ツェラーの公式...

ビジネスについてあなたが知っていることはすべて間違っている(2012/09/27)アラステア・ドライバーグ商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23あなたは、人類が石器時代だった頃のことを覚えていますか?石器時代は、歴史の授業の一番最初で習いますから、私たちは、知識として原始人の生活は知っているはずですが、「自分の記憶」として石器時代のことは覚えていません。ところが、本書の著者、英国でビジネスコンサルタント会社のCEOを...

それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと(2012/09/07)林 英恵商品詳細を見る満足度★★★付箋数:23早稲田大学卒業後、就職活動で連敗が続き、非常にみじめな思いをしていた林英恵さん。世の中から、まったく必要とされていないと落ち込む中、27歳のときに、3度目の受験で念願のハーバード大学大学院に合格。「ハーバードに行けば、きっと違う自分になれる」という期待を胸に、林さんはハーバードに入学します。そこで...

スーパー フリーエージェント スタイル 21世紀型ビジネスの成功条件 (角川フォレスタ)(2012/09/25)与沢 翼商品詳細を見る満足度★★★付箋数:17月収1億円の「ネオヒルズ族」として、テレビなどでも紹介される与沢翼さん。「ホリエモンの再来」などとも言われているそうです。本書は、そんな与沢さんの半生と成功ノウハウを紹介する本。与沢さんは、小学生のころから月収10万円以上を稼ぎ出し、中学を卒業してからは暴走族に入ってい...

アイデア・イノベーション―創発を生むチーム発想術(2012/11/02)堀 公俊、加藤 彰 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:26日本経済新聞出版社・堀江さんより献本いただきました。ありがとうございます。あなたの会社には、スティーブ・ジョブズさんはいますか?もしジョブズさんのような天才がいなければ、いや、普通はそんな天才はどこにでもいないと思いますが、「チーム」でアイディアを考える必要があります。チームの発想は、1人...

生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見(2012/09/12)福岡 伸一商品詳細を見る満足度★★★付箋数:15本書は、福岡伸一さんが「週刊文春」に連載中の「パラレルターンパラドクス」を書籍化した第2弾です。第1弾は「ルリボシカミキリの青」として2010年4月に刊行済み。今回は、2010年3月11日号から2011年9月8日号までの連載分がまとめられています。  「そういう福岡ハカセも、実は2012年の春、理系を卒業しました。  同...

経済のことはみんなマーケットで学んだ ~外資で働き、金融で成功する方法~ (徳間ポケット)(2012/10/23)藤巻健史商品詳細を見る満足度★★★付箋数:15私が藤巻健史さんのファンであると知って送っていただいたのか、知らずに送っていただいたのかわかりませんが、本書は徳間書店さんより、献本のいただきました。ありがとうございます。本書は新創刊されるポケット判ソフトカバーシリーズ、「徳間ポケット」の第1弾として刊行されまし...

ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる(2012/09/20)ジム・コリンズ商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:25本書は、既に名シリーズとなっているジム・コリンズさんの「ビジョナリー・カンパニー」の第4弾。今回は、過去のシリーズと異なり、置かれた経営環境の厳しさも指標に加えて分析されています。本書では、一対比較法(マッチトペア法)を採用し、不確実な時代でも、なぜ躍進する企業があるのかを解き明かします。経...

「成功」のトリセツ (角川フォレスタ)(2012/09/25)水野 俊哉商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24成功本を読んで成功してした水野俊哉さんのビジネスエッセイ。「トリセツ」シリーズの1冊という位置づけですが、過去の本とは、違ったテイストです。  ・知っているようで知らない 「法則」のトリセツ  ・「ビジネス書」のトリセツ  ・お金儲けのトリセツ今までの「トリセツ」シリーズは、いわゆる「まとめ本」で、所々に水野さ...

新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?(2012/08/28)遠藤 功商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:21  「テッセイという会社は “普通の会社” です。  けっして “特別な会社” ではありません。  でも、この本を読んでいただいた方はおわかりの通り、  ただの “普通の会社” ではありません。  テッセイは “キラキラ輝く普通の会社” です。」遠藤功さんの「現場力の教科書」で紹介されていた会社、...

人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった(2012/09/18)鴨頭 嘉人商品詳細を見る満足度★★★付箋数:16  「僕は “日本一のマクドナルド・バカ” として働いてきたという  自負があり、マクドナルド・ブランドを自ら形成してきたという  確信があります。全国で働く3000人の社員と16万人のアルバイトの  方たちに、 “俺よりマクドナルドを愛している奴はいない!”  と公言してはばからなかった僕ですが、今日マクド...

「魚の釣り方」は自分で考えろ(2012/09/21)泉 忠司商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18  「“空腹の人に魚を与えても、一時的にしのげるだけで、  根本的な解決にはならない。いつでも自分の力で  魚を手に入れられるように、魚の釣り方を教えるのが正しい”  おなじみの説話です。  確かになるほどと思わされますが、今の時代にあっては、  “魚の釣り方を教える” ことも、  僕には間違いのように思えてなりません。」...