活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

タフガイの仕事術 ハードな職場でも自分を殺さない方法(2012/08/18)フェルナンド・モンテロ、ラファエル・ガラン 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:23今週紹介した本を振り返ってみると、「どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術」では、バカな上司を、お客様だと思って接することが説かれていました。「MBA社長は仕事をシンプルに考える」には、職場での人づきあいで、いい人にならないようにと、アドバイスがありました。...

確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり (ブルーバックス)(2012/08/21)吉本 佳生商品詳細を見る満足度★★★★★付箋数:29デイトレードと長期投資は、どちらがリスクが高いのか?株式投資とFX、本当はどちらがリスクが高いのか?世間では、なぜかデイトレより長期投資の方が良いイメージで、安全と思われている節があります。ウォーレン・バフェットさんという偉大な投資家が、長期投資派ですから、そういう認識が広まっているので...

MBA社長は仕事をシンプルに考える 悩まない、くよくよしない、むずかしくしない(2012/08/09)山田 修商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20同じ仕事をしていても、つまらないと感じる人と、面白いと感じる人がいます。この差は、どこから来るのでしょうか?仕事に対する考え方の違いと言ってしまえばそれまでですが、それでは、一体、どのように考え方が違うのか?  「自分がしている仕事を、単に給料の対価だと  思ってしまうと仕...

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術 (2012/09/14) 緒方 健介 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:20著者の緒方健介さんより、献本いただきました。ありがとうございます。できれば、この本は私が20代の頃に読みたかった。ただし、読みたかったと思うのは、今40代の私の考えで、20代の私は「どんなにバカな上司の下でも成長できる」なんてタイトルの本は、読...

投資 0

日本大沈没

日本大沈没(2012/08/24)藤巻 健史商品詳細を見る満足度★★★付箋数:17私は藤巻健史さんの長年のファンなので、藤巻さんの予想が外れ続けようとも、たとえ書いてある内容が同じだとわかっていても新刊が出たら必ず読みます。今回も、概ねいつもと変わりませんから、私のような藤巻さんファンの人以外は、読む必要がないのかもしれません。本書で、私の目を引いたのが「タクシー初乗り」の例え話。藤巻さんの本や講演会には、必ず出て...

新潟のおせんべい屋さんが東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだらとんでもないことが起こった!?(2012/07/04)ROCKGIRLS、 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:24中学生と企業の社員、教わったのは、どっちだ?!本書は、新潟の製菓メーカーと東京の女子中学生がコラボして、実際に商品を発売するという、世にも珍しい企画のドキュメンタリー。商品を製造・販売するのは米菓業界第3位の岩塚製菓。「味しらべ」などのロングセラ...

投資 0

金融の本領

金融の本領(2012/06/27)澤上篤人商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「第1章は澤上さんに、ご自身の経歴と、  それにリンクした金融の歴史についてお伺いたいのですが。」本書はこのようなインタビューから始まります。インタビューされるのは、長期投資のカリスマ澤上篤人さん。1999年8月24日に「さわかみファンド」を運用資産16億円でスタートさせ、日本に長期投資の考えを広めました。澤上さんのブレない長期投資の哲学に感...

僕は、だれの真似もしない(2012/07/23)前刀 禎明商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「iPodを聴くな!」本書で、こう訴えるのは、前アップル日本法人代表の前刀禎明さん。別に辞めたアップルに恨みがあるわけではありません。また、音楽を聴くのはiPodでなくiPhoneやウォークマンがイイと別のミュージックプレイヤーを奨めている訳でもありません。  「これが電車のなかならまだいいのですが、  散歩中や森林浴中なら、もっ...

「フェイスブック革命」の真実 ソーシャルネットワークは世界をいかに変えたか? (アスキー新書)(2012/08/10)石川幸憲商品詳細を見る満足度★★★付箋数:18フェイスブックは「ビック・ブラザー」になるのか?ビック・ブラザーとは、1949年に刊行されたジョージ・オーウェルさんの小説「1984」に登場する独裁者の名前です。  「それ以来、英語圏では国民の行動を国家レベルで監視するような  人物や組織をビック・ブラザーと呼ぶよ...

書店員が教えてくれた人生で最も大切なこと(2012/07/06)ロビン・シャーマ商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21リーダーシップを必要とするのは誰なのか?もちろん、実際にリーダーと呼ばれる立場の人、組織やグループの長、会社の経営者にリーダーシップが必要なことは言うまでもありません。では、肩書がリーダーではない人に、リーダーシップは必要ないのでしょうか?そんなことはありません。  「リーダーシップはCEOや軍のトッ...

思考力が目覚める ロジカル頭脳問題集 (新書y)(2012/08/04)大石 哲之商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20「シカゴにピアノの調律師は何人いるのでしょうか?」これは、最も有名なフェルミ推定の問題です。最近では、IT企業やコンサルティング会社などの面接試験でフェルミ推定問題が出題されると注目されていますね。この手の問題は、答えが合っているかどうかは重要ではありません。問われているのは、論理の組立とその合理性。フェ...

最新モデル 第5世代 Apple iPod touch 32GB ブルー MD717J/A(2012/10/31)アップル商品詳細を見る祝日なので、本以外の記事の投稿、ご容赦ください。第5世代iPod touch、9/14にアップルストアで予約していましたが、キャンセルして、アマゾンで予約し直しました。それは、アマゾンが安かったからです。あまり、アップル製品は割引しないのに、なぜかアマゾンでは予約の段階から1,128 円(5%)安くなっています。しかも、予約商品の価...

2013年版 図解革命! 業界地図最新ダイジェスト(2012/08/29)一橋総合研究所商品詳細を見る満足度★★★付箋数:19高橋書店・松野さんより献本いただきました。ありがとうございます。書店で「業界地図」を目にして、気になってはいました。この手の本は辞書と同じで、あれば便利なのはわかっているけど、キッカケがないと、購入せずにズルズルといってしまいます。特に私の場合は、株式情報を得るために、かつて必要だった紙の「四季報...

ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから (アスキー新書)(2012/08/10)博報堂ブランドデザイン商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22  「この本は、これからビジネスや働き方についての  新しい知恵や未来の兆しを感じさせる50の寓話を選び、  ご紹介するものです。」本書に集められた寓話は、博報堂ブランドデザインが、企業や団体のブランディングを手伝う中で出会った話から、特に刺激や感銘を受けた話を厳選し...

心が折れそうなときキミを救う言葉 (ソフトバンク文庫)(2012/07/20)ひすい こたろう、柴田 エリー 他商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24偉人の言葉やエピソードを紹介する本は、昔から数多く刊行されています。その中でも私は、ひすいこたろうさんの本を読みたい。同じ偉人のエピソードを紹介していても、ひすいさんが話すと、面白さが違います。例えば、発明王トーマス・エジソンさんが、何度も実験に失敗した末に、電球を発明し...

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門(2012/07/27)佐藤 優商品詳細を見る満足度★★★★★付箋数:28    「正しい方法論を確立するために重要になるのは、    時間という制約要因について、常に頭にいれておくことだ。」このように語るのは、知の巨人、佐藤優さん。本書では、初めて佐藤さんの読書術が公開されています。    「筆者の読書術について、全力で投球して書いたのが...

「判断力」を強くする - 正しく判断するための14の指針 (ブルーバックス)(2012/06/21)藤沢 晃治商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24私たちの人生は、常に「判断」の繰り返しです。このブログの記事を読むか? 読まないか?とりあえず、わずか数行の文章を読む間にも、あなたは何らかの判断をしているはずです。  「こうした分かれ道ごとに “どの道を行くか?” という判断を  繰り返した果てに、今、わたしはここに、あなたはそ...

なぜビジョナリーには未来が見えるのか? 成功者たちの思考法を脳科学で解き明かす(2012/07/26)エリック・カロニウス商品詳細を見る満足度★★★付箋数:24リチャード・ブランソンさんやスティーブ・ジョブズさんなどのビジョナリーは、一体、どのようにして未来を見通しているのか?その疑問に、脳科学の観点から答えようと試みるのが本書です。と言っても本書の著者、エリック・カロニウスさんは、脳科学の専門家ではありません。カロ...

Googleがほしがるスマート脳のつくり方 ニューエコノミーを生き抜くために知っておきたい入社試験の回答のコツ(2012/07/24)ウィリアム・パウンドストーン商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:24ウィリアム・パウンドストーンさんは2003年に、「ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?」(原題:How Would You Move Mount Fuji?)を刊行しました。以来、パウンドストーンさんの元へは、実際にマイクロソフトの面接試験を受け...

「老けないカラダ」をつくる! 若さのスイッチを入れる習慣術(2012/09/04)石井 直方商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20さくら舎さんより献本いただきました。ありがとうございます。老化には個人差があります。まだ30代なのにずいぶん老けて見える人もいれば、60歳を超えているはずなのに、すごく若々しい人もいます。この見た目の年齢差は、どこからくるのでしょうか?30代ぐらいまでは、持って生まれた顔つきだったり、服装などで...

論理的なのに、できない人の法則 (日経プレミアシリーズ)(2012/07/13)高橋 誠、岩田 徹 他商品詳細を見る満足度★★★付箋数:22世の中には、論理的な思考はできても、アイディアを考えるのが苦手な人がいます。逆に、次から次へとアイディアはひらめくものの、それをロジカルにまとめられない人もいます。ロジカルなだけでは、ダメ。クリエイティブなだけでもダメ。本書が目指すのは、ロジカルとクリエイティブの両方を併せ持つ思考。...

トライブ 新しい“組織”の未来形(2012/07/25)セス・ゴーディン商品詳細を見る満足度★★★付箋数:15本書の著者、セス・ゴーディンさんは、「あなた」にリーダーになることを勧めます。何のリーダーになることを勧めていくのか?それが、新しい組織の形、「トライブ」。組織と言うと語弊があるかもしれません。「トライブ(tribe)」とは、「部族」という意味の言葉。かつてのトライブ(部族)は、地理に縛られていました。しかし、現...

最速で結果を出す人の「戦略的」時間術 (PHPビジネス新書)(2012/07/19)理央 周商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「本書は、私が体験により身につけてきた “時間を濃縮し、  最速で結果を出すための仕事術” を紹介していくものだ。  私が専門とするマーケティングの知識やMBAフレームワークを  基本に置きつつ、今すぐ実践し成果につなげていただける  内容にしたつもりである。」著者の理央 周(リオウ メグル)さん...

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか(2012/06/28)ピアーズ・スティール商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:26  「ピアーズの研究のことは聞いた?  いまではすっかり先延ばし研究のエキスパートになって、  たくさんの論文を発表して、ラジオや新聞のインタビューを  受けたんだって。思わず吹き出しそうになったよ。  だって、高校時代と大学時代にピアーズほど先延ばし癖が  ひどいヤツはいなかったんだから。」兄弟や...

戦略おべっか どんな人でも、必ず成功する(2012/07/12)ホイチョイ・プロダクションズ商品詳細を見る満足度★★付箋数:16  「“戦略おべっか”  とは、得意先や上司に対し、  自分に有利な判断を下せるため、  “理”  を超えて  “情”  に働きかけるための、具体的な “気配り” の方策である。」どんなに優れた能力があっても、上司や得意先に気に入られ、使ってもらわなければ、その持てる能力を発揮できません...

人は誰でも講師になれる(2012/08/25)中谷 彰宏商品詳細を見る満足度★★★付箋数:21日本経済新聞出版社、堀内さんから献本いただきました。ありがとうございます。  「名刺の肩書には “講師” と書きます。  まだ講師になっていなくて、一度も公演をしたことがなくても  いいのです。怪しげな肩書は避けます。  カタカナ単語を3つ以上羅列して、なんとかかんとかアドバイザー、  トータルライフなんとかかんとかという肩書に...