活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

グラフで見ると全部わかる日本国の深層

グラフで見ると全部わかる日本国の深層グラフで見ると全部わかる日本国の深層
(2012/07/06)
高橋 洋一

商品詳細を見る






満足度★★★
付箋数:20

日本のデフレの原因は、「人口減少」にあるのでしょうか?

これは、藻谷浩介さん著の「デフレの正体」の中で
述べられていた主張です。

日本最大の問題は、二千年に一度の人口の波であり、
現役世代の人口減少こそがデフレの原因であると。

同じ主張は、日銀の白川総裁からも述べられています。

白川総裁は、2010年11月4日に都内で行った講演で、
日本は人口が減少し、経済成長率が低下していると指摘し、
デフレの根本原因は、人口減少や潜在成長率の低下にあると
強く訴えていました。

この主張が本当に正しければ、
人口増加率とインフレ率に相関があるはずです。

本書の著者、高橋洋一さんは、この説を検証するために、
世界各国の2000年~2008年の人口増加率とインフレ率の
関係をグラフにプロットしました。

その結果は、見事に相関なし。

日本より、人口増加率が低い国は、東欧など10カ国以上
ありましたが、その中で日本のインフレ率は最低で、
日本以外でデフレに陥っている国はありませんでした。

また、白川総裁がもう一つデフレの原因として挙げていた、
潜在成長率についても同様に、
グラフを書くと相関がないことがわかります。

では、いったい何がデフレの原因なのか?

高橋さんが、この問題を考えることきの拠り所とするのが、
「ワルラスの法則」です。

これは貨幣数量理論として知られ、マネーを市場に出すと、
通貨発行益(シニョレッジ)が政府・中央銀行に発生して、
それが物価を上げ下げするという原理です。

高橋さんは、この理論を検証するために、2000年から2008年までの
各国の通貨増加量とインフレ率の関係をグラフにプロット。

グラフは見事に正の相関があり、
世界で唯一、通貨増加率がマイナスの日本だけが
デフレになっている状況が見て取れました。

つまり、デフレの原因は、「通貨の少なさ」にあると。

相関=原因ではありませが、少なくとも相関がなければ、
仮説にさえすることができませんね。

  「本書では、このような、世間に流れる25のウソを、
  44のグラフを利用することによって、そのメッキをはがし、
  真実に迫っていく。(中略)

  だから読者の方々は、この本を読んだあと、様々な報道に接しても、
  そのどこに真実が隠されているのか鼻が利くようになるはずだ。
  政治家、官僚、日銀、そしてマスコミに、
  私たちはもう騙されてはならない。」

本書で、高橋さんが示すグラフはいずれも、
喧伝されるウソを覆す明快なものばかり。

さすが、東大理学部数学科出身で、財務省時代に「異端児」と
呼ばれた高橋さんだけのことはあります。

ただし、本書では、どのようにしたら高橋さんのように、
論理的に考え、それを立証するグラフを書くことができるのか、
そのHowToまでは示されていません。

そこは、読者自身が解くべき課題なのでしょう。

この本から何を活かすか?

  「デフレ下の消費税議論はクレイジー」

これはMIT名誉教授、レスター・サローさんの言葉。

では、議論どころか、デフレ下で消費税増税を決めてしまった国は、
一体何と表現したら良いのでしょうか?

  「民主党政権は、正常な経済運営を間違いだといい、
  増税だけで財政再建をしようとしたが、
  これは正気の沙汰ではない。」

「クレイジー」と「正気の沙汰ではない」では、
どちらが上かはわかりませんが、狂っていることだけは確かです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |