活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ブログ方針の変更

いつも「活かす読書」をご愛読頂きまして、
ありがとうございます。

さて、当ブログでは今まで、コンテンツを充実させることを
最優先とし、ブログへの広告やアフィリエイト掲載などは、
あまり積極的におこなってきませんでした。

しかし、ブログ開始から5年、紹介した本も1500冊を超え、
一定量のコンテンツをストックできたと考えますので、
今後はアマゾン広告、アドセンス、その他の広告を
ブログ内に表示することにしました。

慣れるまで、見苦しく感じるかもしれませんが、
今後ともよろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブログ方針 | 14:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

献本について

(献本をご提案いただく方向けの記事です)
============================================
当ブログで献本いただいた実績(2015年12月29日現在)
 ・いただいた総献本数 : 252冊
 ・この内ブログで紹介した数 : 240冊
 ・献本いただいた本の紹介率 : 95.2%
============================================

「活かす読書」へ献本をご検討を戴き、誠にありがとうございます。

当ブログでは次のような条件で、献本を受け付けております。

 1. 献本いただいた本は、必ず拝見させていただきます。
 2. ブログ記事への掲載の可否、掲載日は
   こちらで決めさせていただきます。
 3. どの部分を引用するかなどは、管理人の判断となります。
 4. 記事は管理人の主観によって書かれます。

この条件でよろしければ、この記事のコメント欄に
「非公開」にて、連絡先を入力し送信してください。

追ってメールにて献本の送付先等を連絡いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブログ方針 | 13:24 | comments:126 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

良い戦略、悪い戦略

良い戦略、悪い戦略良い戦略、悪い戦略
(2012/06/23)
リチャード・P・ルメルト

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:27

  「大勢の人が “戦略” と称するものと本物の良い戦略との乖離は、
  このところ拡がる一方である。1966年に私が企業戦略を
  勉強しはじめた頃には、この分野の本は3冊しかなく、
  論文なども書かれていなかった。
  
  だがいまでは、書斎の本棚は戦略本ではち切れそうだし、
  論文や特集記事にも事欠かない。(中略)

  だからと言って、戦略とは何かが明確になったわけではない。

  むしろ逆に、空想的なビジョンからネクタイとシャツの合わせ方まで、
  それこそありとあらゆるものが戦略に盛り込まれたせいで、
  戦略はうすっぺらな安物に成り下がってしまった。」

「戦略」の大家、リチャード・P・ルメルトさんは、
戦略という言葉が気軽に使われるようになって、
戦略が陳腐化してしまったことに、強い憤りを感じています。

世の中に溢れている「戦略」と呼ばれるもののほとんどは、
本来の「戦略」ではないと。

本書では、本物の戦略のことを「良い戦略」、
ニセモノの戦略のことを「悪い戦略」と呼びます。

  「良い戦略は必ずと言っていいほど、単純明快である。
  パワーポイントを使って延々と説明する必要などまったくないし、
  “戦略マネジメント” ツールだとか、
  マトリックスやチャートといったものも無用だ。

  必要なのは目前の状況に潜む1つか2つの決定的な要素
  ― すなわち、こちらの打つ手の効果が一気に高まるような
  ポイントをみきわめ、そこに狙いを絞り、
  手持ちのリソースと行動を集中すること、これに尽きる。」

戦略とは、選択と集中。

目標設定やビジョン、プランニングとは異なります。

テンプレートやフレームワークを埋めるだけではできませんし、
ポジティブシンキングや精神論で作られるものでもありません。

良い戦略は、ルメルトさんが「カーネル(核)」と呼ぶ、
十分な根拠に立脚した基本構造を持ち、一貫した行動に直結します。

カーネルを組み立てるときは、ビジョンやミッションを
考える必要はなく、先行者利得や競争優位も追求しません。

  「ずばり単刀直入なのが、良い戦略である。」

本書では企業の事例だけでなく、歴史上の戦い、神話、NASAの事例など
幅広いケースを用い、良い戦略と悪い戦略の違いを解説し、
良い戦略を立てる王道を示します。

今までにいろいろな戦略本を読んできた人こそ、
原点に立ち返る意味で、ぜひ読んでおきたい骨のある一冊。

また、これから戦略を学ぶ人が読んでも、
ルメルトさんの語り口は明快なので、
すっと戦略の本質が理解できるはずです。

この本から何を活かすか?

  「戦略思考のテクニック」

ルメルトさんは、本書で戦略を立てる際のテクニックを紹介しています。

  テクニック1. カーネル(核)に立ち返る
  テクニック2. 問題点を正確にみきわめる
  テクニック3. 最初の案を破壊する

1つ目は、戦略があらぬ方向に逸脱しないため、
2つ目は、戦略の一貫性をチェックするため、
3つ目は、良い判断を下す能力を高めるためのもの。

難しそうなのは、3番目のテクニック。

最初のアイディアからなかなか離れられないことは、
よくあるので、特に意識したいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 09:38 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |