活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニッポンのココロの教科書

ニッポンのココロの教科書 (日本にある世界一幸せな法則38)
ニッポンのココロの教科書 (日本にある世界一幸せな法則38)
(2012/05/23)
ひすい こたろう、ひたか みひろ 他 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:28

「I love you」

日本人がいくら英語が話せないと言われても、
さすがに、今の時代、この意味がわからな人はいません。

子どもから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、
アイ・ラブ・ユーで十分に通じます。

しかし、英語が今ほど一般化していない時代には、
こんな簡単な英文でさえ、わざわざ日本語に訳さないと
意味が伝わりませんでした。

さて、あなたは「I love you」をなんと日本語に訳しますか?

この言葉が入ってきた当時、文豪・夏目漱石さんは、
英語の先生をしていました。

漱石さんは、「私はあなたを愛してます」なんて
無粋な翻訳はしませんでした。

登場人物の気持ちをそのまま言葉にするのではなく、
情景描写から、心理を読み取らせるのが作家の心得ですから。

漱石さんは「I love you」を
「あなたといると月がきれいですね」と訳したそうです。

素敵です。パッと絵が浮かびますね。

  「世界一幸せな法則12
     気持ちは、言葉で絵にして伝えよう」

人を動かすのは、言葉。

本書の著者、コピーライターのひすいこたろうさんは、
まさに言葉で人を動かす名人です。

そして、ひすいさん自身も、言葉によって動かされています。

先ほどの夏目漱石さんの話しと同じパートに、
ひすいさんが言葉によって動かされた
エピソードも紹介されていました。

ひすいさんの周りには、マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」を、
面白いという人が10人以上いたそうです。

だから読めば絶対に面白いのはわかっていた。

しかし、ひすいさんは手元に、まだ読んでいない本が何百冊も
あったので、決してONE PIECEを手に取ろうとしませんでした。

ところが、友人のある一言で、ひすいさんは、
30巻まとめて大人買いしてしまったそうです。

その友人は、一体、ひすいさんに何と言ったのか?

ひすいさんの友人は、面白いとは言わず、
漱石さんのように、絵が浮かぶ一言を伝えました。

  「ONE PIECEを読むと、友だちを命がけで守りたくなる」

このマンガが持つ熱い気持ちが、イメージで伝わる一言ですね。

本書には、日本人のルーツ(歴史)から解き明かされた、
「幸せになる38の法則」がまとめられています。

歴史が好きになると同時に、日本人としての誇りを取り戻し、
そして何より、自分に自身が持てるようになる一冊です。

私は、「心にズドン!と響く運命の言葉」を読んで、
ひすいさんの「ファン」になりましたが、
本書でひすいさんの「信者」になりました。

この本から何を活かすか?

  「絶対に彼だけには負けたくない。
  密かにそう思っているライバルがいます。

  ひすいが誰をライバルに思っているかというと・・・・、
  木村拓哉です。

  ええ? もうずいぶん負けてますか(笑)?
  だって、木村拓哉はこんな発言をしているんです。

  『手を抜くほうが疲れる』

  名言家のひすいこたろうとしては、
  こんなすごい名言をサラリと言われると、
  嫉妬してしまうわけです(笑)。」

この木村さんのセリフ、カッコ良すぎです。
今度使ってみよう・・・

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |