活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

がんばる人ほど老化する

がんばる人ほど老化する―ストレスをかわす技術
がんばる人ほど老化する―ストレスをかわす技術

(2011/11/15)
竹内 薫 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:26

  「サイエンス作家という職業柄、ボクはいろいろな専門家に
  取材したり、彼らとマスメディアでご一緒したりする機会が多い。
  そこで、これまで私が出会った無数の専門家のなかから、
  本書では4人の賢者に白羽の矢を立てて、現代日本人が抱える
  “ストレス”とどう付き合えばいいのか、教えを乞うことにした。」

本書は竹内薫さんが、現代人の誰もが悩まされる
ストレスへの対処法について、4人の専門家にインタビューして
まとめた本です。

  第1章 自然な笑いが病を跳ね返す
     ~健康の遺伝子をONにする~(村上和雄さん)
  第2章 男性ホルモンが老化を防ぐ
     ~35歳からの更年期に備える~(堀江重郎さん)
  第3章 慢性ストレスを運動で分断する
     ~脳とエクササイズの関係~(生田哲さん)
  第4章 怒りと上手な付き合い方
     ~負の感情を連鎖させない~(名越康文さん)

このインタビューの中で、私が興味を持ったのは、
第2章の堀江重郎さんの話し。

長生きの秘密を探る研究プロジェクトで、明らかになってきたこと。

  「長生きしている人は、どうやら体内のテストステロン値が
  高いようなんです」

テストステロンとは、男性ホルモンの一種。
筋肉や骨の増強、あるいは体毛の増加に関わりを持つホルモンです。

一般には、男性よりも女性の方が長寿ですから、
男性ホルモンが多いと長寿というのは、ちょっと意外でした。

実際、テストステロンは女性にもありますから、
それぞれの性別において、テストステロンが高い方が
長寿ということなのかも知れません。

ところで、テストステロンが高いかどうかを
簡単に見分ける方法があります。

  「“おーい、お茶”と言って、奥さんが“はーい、ただいま”と
  かいがいしく持ってくるようなら、ご主人のテストステロンは
  相当高いです。“たまには自分で入れなさいよ”というときは、
  かなり接近しているか奥さんのほうが高い。
  ご主人のほうが“お茶入れたけど飲む?”という場合は、
  確実に逆転しています(笑)。」

冗談っぽく語られていますが、テストステロンは性格や行動様式、
社会性に影響を与えるので、こういった現象が現れるそうです。

私たちの寿命は時代と共に伸びていますから、
いかにも昭和的な男性像の方が、寿命が長くなるというのも、
ちょっとイメージと合いませんね。

私の知っている、「おーい、お茶」と言っている男性は、
サザエさんの波平さんぐらいです。

波平さんも、外見は全く若々しく見えません。

しかし、私が子どもの頃からあの容姿で、
40年以上経った今でも変わりませんから、
これもテストステロンが高いから・・・・・
なんてことはありませんね。

この本から何を活かすか?

  「強すぎるストレスを遮断し、負の連鎖を起こさない方法」

名越康文さんによると、短い現実逃避を繰り返すのが、
ストレス解消に有効とのこと。

おすすめは、深呼吸、瞑想、仕事に打ち込む、本やマンガを読むなど。

竹内さんも、さほどマンガが好きではなかったのに、
ストレスが増えたせいからか、東日本大震災以降、
急にマンガを読むようになったそうです。

我が家には、あまりマンガ本はありませんが、
たまたま今年のクリスマスプレゼントとして、
ウチの子は、「ONE PIECE(ワンピース)」全巻を希望しています。

ストレス解消という名目で、今年の年末年始は、
子どもと一緒に、ワンピースを読もうかな。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 08:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |