活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パワポで極めるフレームワーク

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)
パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)

(2011/11/03)
大石哲之 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

アスキー・メディアワークス木下さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

実は、最初にぱっと見た段階では、
パワーポイントのマニュアル本的な印象があったので、
本書を誰か欲しい人に譲ろうかと考えました。

これからパワーポイントの使い方を覚えたい人の方が、
本書を有効活用できる思ったからです。

実際に、本書の第1章はパワポの基本的な操作の解説です。

しかし、第2章以降にページを進めて、私は考えを改めました。

この本を人に譲るのはもったいない、
やっぱり手元に置いておこうと。

では、いったい本書の何が、私の考えを変えさせたのか?

私は今まで、数多くのロジカルシンキングの本を読んで、
フレームワークについて学んできました。

しかし、いざフレームワークを使って、
1枚のペーパーにまとめようとすると、
途中で手が止まってしまうことが多々ありました。

私に足りなかったのは、フレームワークを活用して作られた、
報告書などの実例をたくさん見ること。

できれば、プロが作ったリアルなものを見ることができれば最高です。

そうすれば、机上で学んだフレームワークと、
実践の間にあった大きな溝の橋渡しができる。

そんな私のニーズにしっかり答えてくれたのが本書です。

  「本書は、“プロのコンサルタントが実際に報告書や提案書で
  具体的にどのよにフレームワークを利用しているのか
  実例をお見せしたい”というコンセプトで書きました。」

しかも、著者の大石哲之さんは、次のことを意識して
本書を執筆したようです。

  ・コンサルタントの報告書のページから
   そのまま抜き出したような臨場感

  ・プロのレベルで作りこまれたクオリティのも

  ・分析やグラフも例示や枠組みだけではなく、実際には報告書では
   こう書く、こう作りこむ、というものがわかるもの

  ・数値、グラフ、マトリックスなども丸めたりごまかさず
   プロが使っているレベル

あのフレームワークは、こうやって使うのか、
このまとめ方はウマイな、と何度も感心しました。

本書は、きっとあなたのプレゼン資料作成の幅を広げてくれます。

■関連書籍-今まで紹介した大石さんの本
  ・ロジカルシンキング・リーディング
  ・3分でわかる問題解決の基本
  ・伝達力の基本

この本から何を活かすか?

本書で紹介された事例は73パターン。

イシューツリー、ピラミッドストラクチャー、プロコンチャート、
時間×効果マトリックス、PPMマトリックス、コーザリティー分析、
SMART、4P×4C、SWOT、AIDMA、5フォースなどなど。

かなり有名なフレームワークから、
いくつかのフレームを組み合わせたものまで、
バラエティに富んでいます。

本書は、これらすべての事例が、
アスキー社のサイトからダウンロードできる特典付き。

これは本当にありがたいですね。

早速、全パターンをダウンロードしようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 09:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |