活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる!

ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる!
ちょっとした言葉グセを直すだけで、あなたの人生は変えられる!

(2011/08/25)
内田和俊 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

著者の内田和俊さんから献本いただきました。ありがとうございます。

もっと、いい人生を送るために、自分の「性格」を変えたい。

そう考えている人も、少なくありません。

しかし、なかなか「性格」は変えられませんね。

私も、年を重ねるごとに、本来持っていた性格が、
より濃く表に出てきている感じがします。

ところで「性格」とは、いったい何なのでしょうか?

本書の冒頭で、内田さんは、
とらえどころのない「性格」を見える化しています。

  性格=思考+感情+行動

性格とは、その人が持つ「思考」・「感情」・「行動」の
パターンの組み合わせ。

そして、この3つは常に連動しています。

この3つの中で、一番コントロールが難しいのが「感情」です。

感情を表に出さないことはできても、
感じ方を根本から変えることはできません。

次にコントロールが難しいのが「思考」です。

例えば、私たちはものごとを肯定的にとらえる
ポジティブシンキングが良いことを知っていますが、
それがなかな続きません。

それは、人間が動物の生存本能として、
ネガティブな発想を心の奥底に持っているからのようです。

3つの中で、比較的コントロールし易いのが「行動」です。

それでも、習慣を変えることが難しいように、
行動すら変えることは容易ではありません。

だから、行動の中でも自分が使う「言葉」に的を絞って変えていく。

それがポジティブトーキング。

言葉を変えることによって、思考が変わり、感情も変わる。

内田さんは本書で「言葉グセ」を直すことで、
人生をより良く変えることをすすめます。

  「“言葉”を変えれば、必ず私たちの“性格”を
  変えることができます。
  “性格”が変われば、当然のことながら“人生”も変わります。」

本書では、次の4つの口グセに分類して、
具体例を数多く挙げ解説しています。

  ・やめた方がいい口グセ
  ・変えたほうがいい口グセ
  ・続けたい口グセ
  ・新しく始める、または加える口グセ

中でも、フィギュアスケートの浅田真央さんと村上佳菜子さんの
口グセに注目する例などは、なるほどなと思いました。

本書は、最初の理論で納得させ、
中盤の具体例で実践的にアプローチし、
後半の心温まるエピソードで感情的な満足感を与えます。

自己啓発書を読んでも、なかなか自分を変えられなかった人は、
本書のポジティブトーキングから始めるのがいいと思います。

この本から何を活かすか?

自分の口グセは、意外と自分では気づいていませんから、
周りの人に聞いてみるといいかもしれませんね。

それが、やめた方がいい口グセや変えたほうがいい口グセに、
分類されていないかチェックする。

あと、新しく始める口グセも、それを使うと周りの人に宣言する。

口グセが良い影響、あるいは悪い影響を及ぼすのは、
自分だけではありませんから、
周りも巻き込んで、ポジティブトーキングに変えたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |