活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日本人の9割に英語はいらない

日本人の9割に英語はいらない
日本人の9割に英語はいらない

(2011/09/06)
成毛眞 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:19

  「現在、世界で起きている問題のほとんどが欧米発である。
  リーマンショックのせいで世界中を不況に陥れ、
  世界一化石燃料を消費して地球環境を破壊し、
  世界一戦争を起こしているのもアメリカである。
  わざわざ、このような英語圏の人と同類になり下がる必要はない。」

元マイクロソフト日本法人、成毛眞さんの英語不要論。

タイトルだけでなく、内容もかなり過激な発言が多い、
成毛さんらしい一冊。

  ・頭の悪い人ほど英語を勉強する
  ・創造力のない人ほど英語を勉強する
  ・早期英語教育は無意味である
  ・英語ができても、バカはやっぱりバカである
  ・帰国子女は不幸である

成毛さんは、英語は身につけなければならないと
固定観念を持っている人、あるいは英語ができないことに
引け目を感じている人に刺激を与え、
本当に自分に必要な教養は何かを考えるように促します。

  「英会話を習うより、本を読め!」

確かに、英語学習は費用対効果がイイとは言えませんから、
英語を捨てて、その分、他の教養を身につけるというのも
ひとつの戦略です。

英語はあくまで道具なので、使ってナンボ。

現在、英語を勉強中の人は、成毛さんの発言に
反応的にならずに、冷静に自分の英語学習の目的を
考えてみるべきだと思います。

月に数回しか車を運転する機会がないなら、
車を購入せずに、レンタカーやタクシーを使った方が、
駐車場代や税金などの維持費がかからなくてお得。

実際にそうしている人も多いでしょう。

道具として使う機会が少ないなら、英語学習についても
そういう選択肢を考えてみる柔軟性は必要かもしれません。

結局、成毛さんが主張したいのは、
思考停止で言われるがままに、英語を勉強するなということ、
もっともっと本を読んで教養を身につけよということです。

この2つが渾然一体として語られていますが、
個人的には、分けて考えた方がいいように思えます。

また、本書では多読家の成毛さんらしく、
英会話の勉強より優先して読むべき12冊の本が紹介されていました。

その内3冊は当ブログでも紹介済み。

  ・グーグル秘録
  ・ぼくらの頭脳の鍛え方
  ・友達の数は何人?

私の読んだ本から推し量ると、残りも本もハズレはなさそうです。

この本から何を活かすか?

私は、なぜ、「NHKラジオ実践ビジネス英語」を聞き続けるのか?

この番組、私にとって英語の勉強のようで、
実際は英語の勉強ではありません。

  「英語はどこまでいっても暗記するしかない科目である」

つまり英語の勉強で、教養は高められないと。

成毛さんのこの考えに立って、
純粋に道具として英語力を身につけたいなら、
もっと違う番組を聴いた方がいいのかもしれません。

しかし、「NHKラジオ実践ビジネス英語」は、
私にとって、英語学習というより、むしろ「教養」。

この番組の面白さは、成毛さんが紹介する本に引けをとりません。

今は、ラジオでなくてもインターネットでも聞けますから、
聞いたことがない方は、是非、聞いてみてください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |