活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

友達の数は何人?

友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学
友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

(2011/07)
ロビン・ダンバー 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:28

あなたは、「ダンバー数」というのをご存知でしょうか?

霊長類では、集団のサイズと脳の一番外側の層である
新皮質の大きさが比例するそうです。

意識的な思考を主に担当する新皮質。

これが大きくなれば、それだけ大きな集団での
ネットワークがつくることが可能になる。

新皮質の大きさから推定すると、
人間が関係を結べる集団のサイズは150人。

つまり、気のおけないつながりは150人までということです。

これは命名したロビン・ダンバーさんにちなんで、
「ダンバー数」と言われます。

最近では、クリス・アンダーソンさんの「フリー」などで、
取り上げられていましたから、聞いたことがある方もいるでしょう。

私も「フリー」で知った口です。

さて、本書はそのロビン・ダンバーさんによる
進化心理学を中心としたポピュラーサイエンス本です。

もともとは科学誌などに掲載した記事をまとめたもの。

  「行動、とくに人間の行動を進化面から探る研究は、
  10年前から驚くべき成果を次々とあげている。
  その興奮とおもしろさを少しでも伝えたい
  - それが私のねらいだった。」

ダンバーさん、十分すぎるぐらい狙いは的中しています。

本書は、知的興奮を刺激する内容が満載。

進化生物学から考えた心理学。
さらに実証的な調査をしっかり行ったうえでの主張。

それでいて、専門的な敷居の高さはなく、
ポピュラーサイエンスとして誰もが楽しめる内容になっています。

例えば、次のようなコラム。

女性が男性よりも、外出の支度に時間がかかるのはなぜか?

時間がかかる理由のひとつに、
服の色のとりあわせが決まらないというのがあります。

男性の目から見ると、しっかりコーディネートされているように
見えても、彼女達はそれで満足しません。

この違いは、ファッションセンスの問題ではないようです。

ダンバーさんによれば、これは生物学的に、
やむをえない性質だと。

男性は赤、青、緑の三原色(三色視)で世界を見ていますが、
実は女性の1/3は4つの色(四色視)で世界を見ているそうです。
さらに五色視まで存在する。

つまり、女性は見えている色が多い分、組み合わせの数が多くなり、
その微妙な色の違いを決めるのに時間がかかるとか。

女性は、支度に時間がかかっても、
「あなたは三色視だけど、私は四色視だから」
と言い訳ができるんですね。

この本から何を活かすか?

もうひとつ、本書から紹介したいのが、
脳の大きさと妊娠期間の関係についての話。

人間の赤ちゃんは、他の哺乳類と比べると、
とても未熟な状態のまま生まれるそうです。

確かに、同じ赤ちゃんでも、サルの赤ちゃんは生まれて数日すれば、
自力で動けるようになりますが、
人間の赤ちゃんは、動けるようになるまで約1年かかります。

なぜ、人間の赤ちゃんは、未熟な状態で生まれるのか?

実は、哺乳類全体には、脳の大きさと妊娠期間に相関関係があるそうです。

脳が大きくなれば、それだけ妊娠期間も長くなる。

人間の脳の大きさから考えると、本当に必要な妊娠期間は21ヶ月。

しかし、実際にはたったの9ヶ月で生まれてしまいます。

人間の赤ちゃんも、本来の妊娠期間21ヶ月をお腹の中で過ごせば、
他の哺乳類と同レベルまで成長して生まれます。

それでは、なぜ、ヒトの赤ちゃんは、
約1年間も妊娠期間を短くして生まれてくるのか?

人間がこれだけ脳を発達させたのは進化の選択。

しかし、脳を大きくすると、ひとつの大きな障害が発生します。

大きすぎる脳は生まれてくるときの、産道を通らない。

  「こうしてご先祖さまがたどりついた解決策、
  それは胎児が母親のおなかのなかにいる期間を
  大幅に短縮することだった・・・・」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

90秒で好かれる技術

90秒で好かれる技術
90秒で好かれる技術

(2011/08/16)
ニコラス・ブースマン 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

  「相手が気に入ってくれたら、一番の長所を見てくれる。
  嫌われたら、一番の短所に目を向けられる。」

実に恐ろしい話ですが、これを身をもって経験し、
実感している人も多いのではないでしょうか。

そう、どんな相手にも、嫌われるより好かれた方がいい。

そして、人は好きか嫌いかを、出会って90秒以内に判断してしまう。

つまり最初の90秒で相手に好印象を与えることができれば、
その後のコミュニケーションはずっと楽になり、
逆に悪い印象を与えてしまうと、
そのハンデを取り返すのにかなりの労力がかかります。

だったら、最初の90秒で好かれる技術を学んでおきたいですね。

  「本書は、たった90秒で、クライアントや職場の上司、同僚、
  (あなたが経営者であれば)従業員たち、
  あるいはまったくの初対面の相手からも好印象をもたれ、
  彼らと心を通じ合わせる技術を習得するための本である。」

著者はカメラマンとして仕事をはじめ、対人スキルを身につけ、
現在は対人関係コンサルタントとして活躍するニコラス・ブースマンさん。

前作「90秒で“相手の心をつかむ!”技術」も好評でしたが、
本書はその続編です。

実は、けっこう内容はかぶっています。

それもそのはず、本書はあらゆる心理テクニックが、
とにかくテンコ盛り。

読んでいる途中で、あれ、これは何の本だっけ?
と思い返すほど、様々なTIPSがまとめられています。

ただし、最近はNLP(神経言語プログラミング)関係の本も増えたので、
見たことがあるテクニックが多いかもしれません。

しかし、それは本書のテクニックが、
広く認められているという証拠なのだと思います。

本書は、豊富なエピソードと共に
人に好かれる技術が紹介されているので、スッと入ってきます。

また、各章末にはエクササイズが掲載されているので、
テクニックを身につけるところまでフォローされているのが有難い。

ブースマンさんによると、出会った瞬間に、
相手に好かれる才能を持った人は、7人に1人程度いるそうです。

私を含め、はじめから人に好かれる才能を持たない
残り6人には参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書の中で、例を変え繰り返し述べられていることがあります。

それは「相手のイマジネーションにはたらきかける」こと。

相手に何を想像させるかで、感情が大きく変わります。

そのためには、効果的な質問が必要。

  エクササイズ16 イマジネーションに訴えかける質問をしよう
  エクササイズ19 相手の心を思い通りの状態に導く練習をしよう

私は、この2つのエクササイズをやってみることにします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本企業にいま大切なこと

日本企業にいま大切なこと (PHP新書)
日本企業にいま大切なこと (PHP新書)
(2011/08/12)
野中郁次郎、遠藤功 他 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:19

  「かつて高度経済成長期に、日本は諸外国から
  “エコノミック・アニマル”と揶揄されました。
  でも、いまお金を稼ぐことに後ろめたさを感じている
  場合ではありません。(中略)
  私たちはもう一度“エコノミック・アニマル”に
  戻らなければいけない。」

本書は、知的創造論の世界的権威・野中郁次郎さんと、
「見える化」で一大ブームを起こした遠藤功さんによる
今後の日本企業の在り方を示す本です。

各章の前半を野中さんが担当し、後半を遠藤さんが担当。

対談ではありませんが、互いに意見交換しながら、
議論を深め、日本企業の進むべき道を明らかにします。

ポイントは日本が本来持っていた強みを自覚すること。

日本はグローバリゼーションの波に押され、
近年、効率重視のアメリカ型の経営に傾倒してきました。

しかし、多少ムダかあっても徹底した現場主義を貫き、
個を結集したチームでイノベーションを起こすのが、
日本的経営が持っていた強みでした。

人を育てるには、悪い点を指摘して矯正する方法と、
良い点を褒めて伸ばす方法があります。

それは、日本の企業においても同じで、
お2人が採ったのは後者の方法です。

日本企業の良い点を伸ばすのが、いま大切なこと。

東日本大震災の影響を受け、
日本経済全体が疲弊している時期ですから、
かつて日本が輝いていた時のことを思い出し、
もう一度自信を取り戻すことは必要です。

しかし、時計の針は逆戻りしませんから、
あくまでも日本的経営の良い面を伸ばしつつ
更に進化しなければなりません。

野中さんにしても遠藤さんにしても、
本書で過去の日本的経営を礼賛し、
後戻りしようと言っているわけではありません。

ただ、本書でお2人が示す日本企業の未来が、
私にはあの有名なシリーズ映画のイメージに
重なって見えてしました。

その映画とは、シルベスター・スタローンさんの「ロッキー」。

しかも、過去の名声だけに頼って作られた
シリーズ5作目「ロッキー5」。

この映画では、ロッキーはリングに上がることもなく、
ストリートファイトだけで終わってしまいました。

日本企業の未来が、「ロッキー5」にならないことを願います。

そういえば、ロッキーシリーズにはこの続きの、
有終の美を飾る「ロッキー・ザ・ファイナル」がありましたね。

私は、日本がもう一度リングに上がることを望みます。

この本から何を活かすか?

  「井の中の蛙大海を知らず」

このことわざに続きがあるのをご存知でしょうか?

どうやら日本で後付されたフレーズのようですが、
次のように続くと、本書で紹介されていました。

  「されど天空の深さを知る」

調べてみると「百聞は一見にしかず」や「男は度胸、女は愛嬌」なども
続きがある(作られている?)ようです。

自分でことわざの続きを考え、
更に深みを与えるのも面白そうですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラミンフォンという奇跡

グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換 [DIPシリーズ]
グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換 [DIPシリーズ]

(2007/07/12)
ニコラス サリバン 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

目の前に、食べ物に困っている人たちが大勢います。

あなたは、この人たちに何を与えるべきでしょうか?

食べ物を与えることもできるでしょう。
それで彼らは少し生きのびることができます。

しかし、与えた食料を食べ尽くしてしまったら、
また新たな食料を与えなくてはなりません。

次に、食料ではなく「牛」を与えたらどうなるでしょうか?

牛はミルクをつくります。
つくったミルクを売ってお金に換える。

これは一時的な施しではなく、仕事を与えたことになり、
この仕組みで生活ができるようになります。

それでは、「牛」を「携帯電話」に代えてみたら?

  「ここはバングラデシュだ。みな食べるものにも不自由している。
  電話を使って何をするのだ」

これはイクバル・カディーアさんが、
バングラデシュで携帯会社を起業する準備のため、
統計局長官にデータ提供を求めたときに言われた言葉。

世界で最も貧しい国のひとつ、バングラデシュ。
その国では多くの人々が1日2ドル未満で暮らします。

しかし、カディーアさんは次のように考えました。

  「私は、<つながること>はすなわち生産性なのだと気付いた。
  それが最新のオフィスであろうと、発展途上国の村であろうと」

カディーアさんが考えた、貧困の国で電話を普及させる
ビジネスモデルは、次のようなものでした。

まず、グラミン銀行からマイクロクレジットで融資を受けた
各農村の女性起業家(テレフォン・レディ)が、携帯電話を保有する。

次に、彼女達は村人たちに携帯電話を使ってもらい、
その利用料金でローンを返済し、収入を得る。

こうすることで、25万台のビレッジフォンが、
1億人の通信手段として普及しました。

これが、「牛の代わりに携帯電話」というビジネスモデルです。

本書は、イクバル・カディーアさんがバングラデシュで
携帯電話会社グラミフォンを成功させた物語。

しかし、単に起業のストーリーではなく、
その作り上げたビジネスモデルが経済を活性化し、
貧困問題を解決する仕組みとして紹介されています。

また、グラミンフォン以外の事例も取り上げ、
BOP(ボトム・オブ・ザ・ピラミッド)の
ダイナミズムが世界を変える可能性があることを伝えます。

本書は2007年7月刊行の本。

私は、読む時期を逸していて、ずっと気になる本だったんですが、
やっと読むことができました。

この本から何を活かすか?

  「カディーアは、人々が黒と見るときに白と見るような
  才能を持っていた。彼は、魅力的でないもの
  -困窮しているお粗末なビジネス-
  こそが、実は魅力的な投資対象となることを知った。」

本書はBOPの成功したケースですが、
発想の転換として刺激的でした。

バングラデシュだからできたのではなく、
バングラデシュでもできたと考えると、
日本の今の閉塞感を打ち破るアイディアや
ビジネスモデルが発想できるかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「困った人」の説得術

「困った人」の説得術
「困った人」の説得術

(2011/08/09)
出口 知史、伊東 明 他 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

あなたの職場や組織には「困った人」はいませんか?

理屈ばかりで行動しない人、自分の仕事を触らせない人、
やたらと形式にこだわる人、言い訳が長い人、諦めが早い人・・・

でも、その困った人に対して、
「こんな人がいるんだけど、どう思う?」と聞くと、
「なんか扱いにくい人だよね」などど、
まるで他人事のような答えが返ってきたりします。

そう、困った人は、自分を客観視できないのです。

更に次のような特徴も指摘されています。

  「困った人は、入社した時はそうではなかったのに、
  その後の時代や環境の変化によって、
  後天的に“なってしまった”人が多いのです。」

つまり、普通の人が困った人になってしまい、
かつ、なってしまった人は、自覚がないということです。

もちろん本人だって、なりたくて困った人に
なったわけではありません。

ここで最初の問いを、自分に向けてみる必要があります。

あなた自身は、「困った人」にはなっていませんか?

私は、正直、絶対に違うという自信はありません。

私のように、自身がない方は、
本書でチェックしてみてはいかがでしょうか。

著者は企業の現場経験の豊富な出口知史さんと、
心理学の専門家である伊藤明さん。

本書では、社内の困った人を5つに分類し、
具体的なエピソードを織り交ぜながら、
その実態と対策が解説されています。

  第1章 評論家クレーマーは「行動」させろ
  第2章 職人クレーマーは「持ち上げろ」
  第3章 思考停止クレーマーには「共感」しろ
  第4章 現実逃避クレーマーは「いったん逃がせ」
  第5章 近視眼クレーマーには「失敗」させろ

これらの困った人の生態を把握して、
ビシッと言ったり、うまく対応するのは、
組織で円滑に仕事をするうえで必要なことです。

しかし、それ以上に重要なことが、
あなた自身が、困った人にならないようにすることでしょう。

自分はぜっていに大丈夫。

そう自信がある人ほど、実は困った人に
なりかけているのかもしれませんね。

ですから、プロ人材との比較をまとめている、
最終章「自分が“困った人”にならないために」
が本書でもっとも大切なパートだと思います。

この本から何を活かすか?

  「プロ人材に不思議と共通しているのは、雑談のみならず、
  きちんとした会議などビジネスシーンにおいても、
  会話にオチをつけることだ。」

本書の最終章には、プロ人材の特徴が6点ほど
挙げられていましたが、その最後の特徴が、
「会話のオチを考え続ける」ことでした。

私は今まで会話のオチなど、あまり意識してきませんでした。
というより、オチをつけるのは、苦手かもしれません。

一朝一夕でできるようになるとは思えませんが、
今後は意識してみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 09:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マネー避難

マネー避難 危険な銀行預金から撤退せよ!
マネー避難 危険な銀行預金から撤退せよ!

(2011/06/23)
藤巻健史 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:16

はじめに、私のポジションを明らかにしておきます。

私は、藤巻健史さんのファンです。
もうかれこれ10年以上の。

さて、本書「マネー退避」は、かなり売れているようです。

なぜ、この本が売れているのか?

理由は2つあると思います。

1つ目は、東日本大震災が起こったことにより、
個人の資産面でも言い知れぬ不安を抱える方が多くなったこと。

この時期に、「危険な銀行預金から撤退せよ!」と言われると、
なんとなくイメージだけで納得してしまいそうになります。

2つ目は、2011年9月現在、歴史的な円高にあること。

円高になると、海外のものが安く買えます。
その中でも、一番お得な買い物が、ドルを買うこと。

ここまで円高になってしまうと、「ドル資産を持て」という
藤巻さんの主張に耳を傾ける人も多いのでしょう。

長く藤巻さんのファンをやっている方ならお分かりのように、
本書の内容は、今までの主張となんら変わりません。

  日本は財政破綻寸前 → 国債の未達 
  → 国債・円・株のトリプル安 → ハイパーインフレ
  → 円安 → 日本復活

というシナリオで、だから円だけで資産を持たずに
外貨で(特にドルで)分散投資しましょうという主張です。

このシナリオが、東日本大震災の影響により、
実現の時期が早くなり、その谷は一層深く、
より長く最悪の時期が続くというのが、本書に加わったところです。

ところで、国内から世界に目を移すと、
あの100年に一度と言われたリーマンショックよりも
インパクトのあるギリシャ問題などが起こっています。

ドルもダメ。ユーロもダメ。

一時期世界中のマネーが流れていたフランにいたっては、
スイス政府の徹底したフラン高対策によってダメ。

消去法によって行き場のなくなったマネーが、
最終的に円に流れ着いているという状態です。

  「今こそ銀行の円預金をやめ、外貨分散投資が必要だ」

果たして、今後、更なる円高が進むのでしょうか?
そろそろ円安に反転するのでしょうか?

コイン投げで、5回連続で「裏」が出たから、
次は「表」が出るのではないかと考えることを、
「ギャンブラーの誤謬」と言います。

外貨投資も同じこと。

私も外貨投資は必要だと思いますが、
「落ちるナイフは掴むな」の格言どおり、
流れが反転してからでも十分に間に合うと思います。

そして、分散投資はギャンブルではありませんから、
時期を分散することも大切です。

この本から何を活かすか?

マーケットの予想を外しまくっているという
イメージの藤巻さんですが、もちろん当たっている予想もあります。

藤巻さんは、ユーロ発足当初から言っています。

  「ユーロは壮大な通貨の実験だが、いずれ失敗に終わる」

藤巻さんが、外貨、外貨と言いながら、
ユーロには投資せず、ドル一辺倒になっているのは、
この考えが根底にあるからです。

今まさに、この予想が現実になろうとしていますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ分数の割り算はひっくり返すのか?

なぜ分数の割り算はひっくり返すのか?―数学ギライも図に描けばすぐ理解できる
なぜ分数の割り算はひっくり返すのか?―数学ギライも図に描けばすぐ理解できる

(2011/08/24)
板橋 悟 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:13

ショートカットは便利です。

パソコンの操作にしても、作業工程や思考においても
ショートカットを使うと、圧倒的にスピードが速くなります。

しかし、あなたはショートカットしか使えない人になっていませんか?

本書のタイトルになっている、「分数の割り算」は、
ひっくり返して、掛け算にして計算すると習います。

これも、ひとつのショートカット。

いくら数学ギライの人だって、小学校で習うこの手順ぐらいは
なんとなく覚えていることでしょう。

当たり前のように使っている手順でも、
一度、その本当の意味を理解してから使っているほうが、
いざという時に差がでます。

  「“ショートカットしか使えない人”は、たくさんの作業を
  速く進められても、それ以上のことはできません。
  でも、“なぜそうなるのか”を理解している人は、
  本質がわかっているから応用が利きます。(中略)

  ショートカットをこなすだけの人よりも、問題解決能力があって、
  新たなショートカットを生み出す可能性のある人のほうが、
  幅広い仕事ができるでしょう。」

本書は「ビジネスモデルを見える化する ピクト図解」の著者、
板橋悟さんが、すべての数学ギライ・数学オンチの人に贈る、
数学的思考を身につけるための本です。

因数分解を理解して、ロジックツリーを書けるようにする。
集合のベン図を思い出して、MECEで考えれるようにする。

本書では、小中学校で習った算数・数学の意味を今一度考え直し、
実生活やビジネスで利用できるようにします。

大切なのは、「なぜ?」を図や記号を使って考えること。

本書は、一般的なビジネス書に比べると、
イラストも豊富で、かなりやさしく書かれています。

それは板橋さんが、数学ギライのビジネスパーソンだけでなく、
数学なんて言葉も聞きたくないと思っている女性の方、
特にお母さん方にも、本書を手にとってもらうことを
意識して書いているからです。

  「数学ギライな女性たちとのコラボレーションで
  本書は誕生しました」

出版社も、主婦の友社です。

お母さんが数学をキライだと思っていると、
少なからずその影響が子どもにも出てしまうものです。

本書は、本当の意味で主婦の友にして欲しいと思う一冊でした。

この本から何を活かすか?

我が家では、私が小学生の子どもの勉強を見ています。

本書は、副教材として子どもと一緒に読んでもいい本だと思いました。

ちなみに、ウチの子が楽しそうに喜んでやる
お気に入りの教材(?)は、以下の通りです。

  ・小学生からのロジカルシンキング
  ・鉄腕なぞぺー
  ・10歳からの論理パズル

いずれも、子どもと一緒に「考える楽しみ」が実感できます。 

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーバード流 企画実現力

ハーバード流 企画実現力
ハーバード流 企画実現力

(2011/07/22)
ジョン.P・コッター、ローン.A・ホワイトヘッド 他 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:21

あなたの会社の休憩室にはコーヒーメーカーが置かれています。

このマシンで淹れるコーヒーは、あまりおいしくありませんが、
瓶に50円を入れて、好きなときに飲むことができます。

あるとき、あなたはひとつのアイディアを思いつきました。

たった100円で、その都度挽きたてのおいしいコーヒーが飲める、
高性能の自動販売機を導入しようというアイディアです。

自販機の会社がマシンのメンテナンスも無料でしてくれるので、
そう悪い話ではありません。

そこで、あなたは「もっとおいしいコーヒーを」という件名で、
このアイディアを社内全員にメール送信しました。

ところが・・・

現在コーヒーメーカーを担当している人物から、
「おいしいコーヒーなら外へ出れば飲める」という件名で、
このプランに反対するメールが全員宛に返信されました。

その内容は、

  ・今のコーヒーメーカーに特に問題がないこと
  ・本当においしいコーヒーが飲みたいなら、
   会社に来る途中に、スタバに寄って来ればよいこと
  ・誰もが仕事に追われている忙しいときに、
   コーヒーのことでメールをやり取りしている場合ではないこと

などが書かれていました。

さて、あなたなら、この反論にどうのように対処して、
自分の考えたアイディアを実現しますか?

優れたアイディアを実現するためには、
まずはじめにアイディアを発想しなければなりません。

数多く出版されるアイディアにつてのビジネス書は、
この発想方法に関するものです。

しかし、たとえ優れたアイディアを思いついても、
それは実現されなければ意味がありません。

そして実際には、そのアイディアの実現を阻む、
さまざまな問題が持ち上がり、
必ずといっていいくらい反対する人が現れます。

本書は、反対者の攻撃をかわして、
アイディアを実現するための技術を解説したもの。

既存のアイディア本とは、根本的に異なります。

アイディアや企画をつぶす手段を4つに分類し、
それぞれへの対応策を紹介しています。

前半はストーリー仕立てになっていて、
後半ではそのストーリーを追いながら
種類別に攻撃への対処法を解説しています。

共著者の1人は、「カモメになったペンギン」などで知られる
リーダーシップの権威、ジョン・コッターさん。

本書で紹介されるアイディアを実現するスキルは、
ビジネスだけでなく、人生において
誰もが必要とするスキルだと思います。

この本から何を活かすか?

さて、冒頭のコーヒーマシンのエピソードは、
本書に実例として掲載されていたものです。

対処のポイントは、反対者に「敬意」を示し、
その問題に苦しむ人もいることを示すことです。

本書では、次の5つの対処法が原則としてまとめられています。

  「優れたアイディアを守る、通説とは一見相反する五つの原則」

  1. 攻撃を仕掛けてくる人を除外せず、
    彼らに攻撃させることによって、聴衆を引きつける。
  2. 簡潔明瞭で良識にあふれた対応で、あなたの話に耳を傾ける
    聴衆の思考を納得させる。
  3. 何においても敬意を持って接する姿勢を示し、聴衆の心をつかむ。
  4. 聴衆をつねに観察する。あなたが必要なのは少数の攻撃者を
    納得させ共感させることではない。聴衆の大多数に理性で
    納得してもらい、感情で共感してもらうこと。
  5. 本書のアイディアを用い、この手順を事前に準備しておくこと。

私は、つい感情的になって相手への敬意を忘れてしまいがち。
この原則を忘れないようにしたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の言葉で語る技術

自分の言葉で語る技術
自分の言葉で語る技術

(2011/08/12)
川上 徹也 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:26

  「先日、小学6年生の息子の授業参観を見に行きました。
  内容がディベートだと聞いたからです。
  話されていたテーマは“原発の是非”。
  これが何ともつまらないのです。」

なぜ、川上徹也さんは、ディベートをつまらないと思ったのか?

それは、小学生が自分の言葉で語っていなかったからです。

原発廃止派にしても、原発存続派にしても、
出てくる主張は、結局、どこかで聞いたことがあるような
大人の議論の焼き直しだったそうです。

しかし、川上さんはそれを「仕方がないこと」と言っています。

なぜなら、原発の是非は、
小学生が身をもって体験できないテーマだからです。

  「知識ではなく、体験を語れ」

これが自分の言葉で語るときの、ひとつのポイント。

自分の体験以上のことを語る場合は、
どうしても借り物の言葉になってしまう。

だから、この授業参観で交わされた主張は、
テレビで見た、どこかの評論家かが言っていたような、
もっともらしい意見の繰り返しで、
感動を呼ばないものになってしまったようです。

最終的に、声の大きい原発推進派が勝って、
教室全体が何とも言えない空気につつまれたとか。

一方、「ハーバード白熱教室」のマイケル・サンデル教授の授業は、
哲学的なテーマを扱っているにも関わらず、
その名の通り、非常に白熱した議論になります。

小学生のディベートとハーバード大学での
授業を比べるのも、酷な話しですが、
なぜ、サンデル教授の授業は、あれほど白熱するのでしょうか?

その鍵は、サンデル教授の冒頭の問いかけにあります。

  「海に漂流し飢えで苦しむ船乗りは、瀕死の少年を殺し
  その肉を食べ生き延びた。この行為は道徳的に許されるか?」

サンデル教授は、抽象的なテーマを議論する際に、
必ず具体的な例を出して質問します。

これが、サンデル教授の授業が白熱する理由。

授業の最初の問いかけで、参加者はどこかの誰かの話ではなく、
わが身に降りかかった大きな問題として、
具体的に突っ込んだ議論ができるようになるのです。

冒頭の小学生のディベートも、「女と男はどちらが偉いか?」
というテーマなら、もっと盛り上がったのではないかと、
川上さんは述べています。

これなら、小学生が毎日体験し、意識していることなので、
具体的な言葉が出てくるからです。

コピーライターとして「言葉」を生業とする川上さんは、
本書で「グッとくる書き方と話し方」のコツ、58個を披露します。

そのコツは、どれもが的を射ていて、読むだけでグッときます。

58個のコツの中から、いくつか身につけるだけで、
あなたの書くビジネス文書、謝罪の言葉、メールの文章などが、
劇的に変わる可能性があります。

この本から何を活かすか?

  「小学校でほめられる作文を書く簡単なコツ」

川上さんは、息子さんが小学生だったこともあり、
本書の中で、作文をうまく書くコツをいくつか紹介しています。

  ・サビアタマの法則
    クライマックスを冒頭にもってくる。
    できればカギカッコの会話から作文をはじめる。

  ・「気持ちは書かない方が気持ちは伝わる」の法則
    「楽しかった」、「悲しかった」と直接書かない代わりに、
    そんな気持ちになったエピソードを書く。

文章を書くのが苦手な私のDNAが遺伝したらしく、
私の娘は作文が大の苦手です。

いつも時間をかけて書き上げても、
ただやったことをダラダラ書き並べた、
なんともつまらない作文になっています。

今度、この2つの法則を伝授したいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図解 アリエナイ理科ノ実験室

図解 アリエナイ理科ノ実験室 (三才ムック vol.360)
図解 アリエナイ理科ノ実験室 (三才ムック vol.360)

(2011/07/29)
薬理凶室 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:17

  「本書は理科の本ですが、過激な火力、不謹慎な出力、
  極端な毒性、無目的な工作、意味不明な実験などを
  ふんだんに含みます。
  あくまでも自己責任の範囲でお楽しみください。
  また、分別のないお子さまと、分別のつけられない大人の
  手の届くところには置かないでください。」

本書は月刊「ラジオライフ」の2008年6月号から2010年12月号に
連載された「アリエナイ理科ノ実験室」に加筆修正を加えたもの。

「アリエナイ」シリーズとして、過去に4冊ほど刊行されていますが、
一応、本書が最終巻ということになっています。

著者名の薬理凶室とは、複数の著者の共同ペンネーム。

本書では、工作系の実験はPOKAさんが、
化学系の実験はへるどくたークラレさんが中心に担当しています。

私は初めてこのシリーズの本を読みましたが、
既刊本が、有害図書として指定されるのも
十分に納得できる内容でした。

もちろん、有害図書=悪ということではなく、
それだけ影響力が強いので、読む人の良識や倫理性が
求められるということです。

本書には、以下のような学校ではやらない科学実験が
50ほど紹介されています。

  ・ビリビリっとわが身を守る!「自作スタンガン」
  ・草花から「毒」を抽出してみた
  ・混ぜるな危険!!「アレ」を実際に混ぜたらこうなった
  ・自宅で起こせる「プラズマファイヤー」実験
  ・骨格標本を作る!
  ・うまみをケミカル☆ブースト!「偽装鶏肉」でおいしく食す

難易度はレベル1からレベル5までの5段階で表示されています。

ある程度、実験・工作慣れ人でなければ、
レベル3以上の実験にチャレンジするのは、危険を伴います。

また、それなりの工具や器具が必要な実験も多いので、
素人が気軽にマネすることができる実験は、
それほど多くありません。

私は、ディスカバリー・チャネルの「怪しい伝説」を
イメージしていましたが、それともノリが少し違い、
読んでいて思ったほどワクワクしませんでした。

これは、私の科学する心が無くなっているからなのかもしれません。

この本から何を活かすか?

  「ご家庭でできるインチキアイス」

  -材料-
  ・植物性生クリーム 1パック(市販)
  ・上白糖 大さじ2杯(市販)
  ・ガムシロップ 50~100ml(市販)
  ・ガゼイン 200mg(薬局)
  ・バニラエッセンス 少量(市販)
  ・レシチン 20g(薬局)

自宅でアイスクリームを作る時の失敗の原因は、
「牛乳」と「卵黄」と「バニラビーンズ」の取り扱いが
難しいことにあるようです。

これを解決するのが、「牛乳」と「卵黄」と「バニラビーンズ」を
最初から使わないインチキアイス。

これくらいなら、材料も入手可能で作れるかも。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スパッと決まる!プレゼン

スパッと決まる!プレゼン 3ステップで結果を出せるトータルテクニック
スパッと決まる!プレゼン 3ステップで結果を出せるトータルテクニック

(2011/06/24)
山田 進一 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

あなたが目指すプレゼンはどちらのタイプですか?

プレゼンが終わって、

  A : 「素晴らしいプレゼンでした、感動しました」
     と言われるプレゼン。
  B : 「素晴らしいプレゼンでした、御社と契約します」
     と言われるプレゼン。

本書が目指すプレゼンは、Bのタイプ。

プレゼン後に聞き手が期待通りに行動してくれること。
つまり「人を動かす」プレゼンです。

ガー・レイノルズさんやスティーブ・ジョブズさんのような
洗練されたプレゼンは無理でも、
結果を出すプレゼンを求めているなら、本書は参考になります。

レイノルズさんは、パワーポイントによる「プレゼンの死」を
訴えていましたが、本書はある意味主役がパワポですから、
その真逆をいく内容と言えるでしょう。

著者の山田進一さんは、プレゼンマスターを名乗ります。

今まで社内外35業種以上の相手にプレゼンを行い、
実施人数は13000人を超す、圧倒的な現場経験を持つ方です。

ですから本書には、現場を知り尽くした山田さんだからこそ提供できる
実践的なノウハウが満載されています。

まず、人を動かすための要素として、
本書ではプレゼンを3つの要素に分解しています。

  1. プレゼンのストーリーである「構成」
  2. スライドや配布用の「資料」
  3. 聞き手に対する「話し方」

この3要素は並列関係ではありません。

しっかりとした土台として「構成」が底辺にあり、
中段にそれを支える「資料」、
そして最上段に「話し方」が乗っかるピラミッド構造で
プレゼンは積み上げられます。

不完全な「構成」のもとで、「話し方」だけをいくら練習しても
人を動かすプレゼンはできないということですね。

本書では、「構成」パートでは、
「TAPS」というフレームワークを利用して設計。
(To Be:理想、 As is:現状、 Pliblem:課題、 Solution:解決)

そして、「構成」から「資料」作成にかけては、
社内用・社外用を含め24パターンもの実例が示されています。

ページ数では100ページを超え、
本書の約半分が実例で占められています。

この圧倒的な量の実例こそが本書の最大の特徴。

スライドマスタの使い方や、パワポのショーカットキー、
配色方法などの解説もあり、初級にとっては頼りになる一冊。

逆にプレゼン中級者以上の方は、
あたりまえの内容が多いと思ってしまうかもしれません。

この本から何を活かすか?

パワーポイントは、プレゼン資料を作る機会がなければ、
あまり使わないソフトですから、かなり使い込んでいる人と、
ほとんど使っていない人にはっきり別れます。

あまり使っていない人は、ワードやエクセルと使い勝手が
違う面もありますから、ちょっとした所でつまずき、
イラッとすることも多いようです。

そんな時に便利なのが、プレゼンマスターの山田さんのサイト

パワポの使い方だけでも、かなりの数の記事が掲載されています。

私もそれほど使い込んでいる方ではないので、
山田さんのサイトの記事を、一通り目を通してみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の未来について話そう

日本の未来について話そう
日本の未来について話そう

(2011/07/01)
マッキンゼー・アンド・カンパニー 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:25

日本が戦後の奇跡的な復興をするなかで、
日本人の持つ同質性は、一致団結するための大きな力になりました。

しかし、この同質性は諸刃の剣です。

変化のスピードが増す、いまの世の中では、
同質性がむしろ足かせになり、「多様性(ダイバーシティ)」こそが
日本がふたたび活力を取り戻すための、一つの鍵と考えられます。

本書は、まさに日本が必要とする「多様性」に溢れた一冊。

  「マッキンゼー・アンド・カンパニーは、日本がこの長期的な
  難題を克服していくためのヒントを得たいと考え、
  世界を代表する数多くのビジネスリーダー、エキスパート、
  思想家の方々にお話しを伺った。『日本の未来について話そう』という
  趣旨に沿って、幅広いバックグラウンドをお持ちの方々の知見を広く募り、
  社会、文化、経済、政治など様々な側面から
  日本の強みと弱みの検証を行っていただいたのだ。
  本書の内容は、すべて寄稿者の方々の独立した見解である。」

収められた提言は65本。

これだけのメンバーから提言を集めたのは、
世界にネットワークを持つマッキンゼーだからできたこと。

カルロス・ゴーンさん、ハワード・シュルツさん、孫正義さん、
ジョン・チェンバースさん、田中均さん、岡田武史さん、
ボビー・バレンタインさん、ボブ・マクドナルドさん、弘兼憲史さんなど、
国内外から多彩な顔ぶれの方々が寄稿しています。

それぞれの寄稿者がそれぞれの分野で、日本の未来を語る様は、
多様性の坩堝といった感じです。

各提言には統一感がないので、同質性を好む日本人としては
あまり居心地よく感じないかもしれません。

しかし、こういった多様な意見を認め、議論を深めていくことが、
私たちに日本人にとって必要なことだと思います。

ただ一つ、どの提言にも共通しているのは、
海外の識者の寄稿が半数以上占める中で、
誰もが日本が再び輝く力を秘めていることを疑っていないことです。

日本の未来を変えるのは、海外のオピニオンリーダーではありません。

本当に必要なことは、彼らの提言を受けて、
私たち日本人一人ひとりが、本気で自国の未来を語り、
それぞれの分野で行動を起こすことです。

この本から何を活かすか?

2008年7月28日、ジュネーブの世界貿易機構(WTO)本部。

そこには、主要各国の経済担当大臣が集まり、
パスカル・ミラー事務局長のオフィスでは、深夜の日付が変わる時間まで、
世界貿易に関する真剣な議論がおこなわれていました。

同じ時刻、その会議が行われているオフィスのドアの前で、
イライラを極限まで募らせ、「もうたくさんだ」と叫びそうになっていた
1人の人物がいました。

この人物だけが、会議の開始時刻も教えてもらえず、
何時間もまちぼうけをくらい、
オフィスの中に入れてもらえないという仕打ちを受けていました。

この人物こそが、日本の経済産業大臣として、
ジュネーブに乗り込んでいた甘利明さんでした。

会議が始まり何時間もの後、ようやくオフィスのドアが開き、
中に入った甘利大臣は、この扱いに対しての怒りをぶつけ、
日本語で食ってかかったそうです。

通訳の女性は、手振りを交え、甘利大臣の怒りを伝えようとしましたが、
わざとらしい通訳の演技を覗き見たWTO職員の中には、
笑いをこらえ切れなかった人もいたそうです。

これは日本の影響力低下を象徴するエピソードとして
本書でポール・ブルースタインさんが紹介していたもの。

私は、海外に行って、不利益を被ったときに、
きちんと英語で主張できなくてはいけないという
一つの教訓として受け止めました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

脱「コモディティ化」の競争戦略

脱「コモディティ化」の競争戦略
脱「コモディティ化」の競争戦略

(2011/05/30)
リチャード A.ダベニー 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

コモディティ化とは、あるモノやサービスが幅広く手に入るようになり、
他社が提供するモノやサービスと置き換えても大差がなくなること。

いわゆる日用品などのコモディディに限った話しではありません。

著者のリチャード・A・ダベニーさんは、
レストラン、小売業、時計、ニュース配信、自動車、タイヤ、
人工甘味料、スナック菓子など30以上の業界を研究し、
企業が「コモディティ化の罠」に陥る3つのパターンを見つけました。

  1つ目は、「安物化の罠」

  ローエンドの企業が、価格もベネフィットも低い製品で市場に参入し、
  多くの顧客を引きつけるパターン。

  ザラがヨーロッパの高級服市場に対して行ったのが一例。

  2つ目は、「乱立の罠」

  複数の企業が、独自のベネフィットと価格の組み合わせを開発し、
  既存の市場の一部を攻める。

  日本やアメリカのバイクメーカーが、
  ハーレー・ダビットソンに対して行ったのが一例。

  3つ目は、「過熱の罠」

  価格は変えずに、あるいはより低価格でより多くのベネフィットを提供し、
  すべての企業の利益を下げる。
  
  アップルが、iPodシリーズで行ったのが一例。

アップルの場合は、過熱の罠を利用してマーケットを支配し、
単に音楽プレーヤーという製品ではなく、プラットフォーム化して
利益を上げていますから、罠に陥った例ではありません。

意外だったのは、多くのビジネス書では
ブランド化の成功事例として取り上げられるハーレー・ダビットソンが、
コモディティ化の罠に陥っているという指摘でした。

ダベニーさんは、本書で豊富な事例で説明しながら、
「罠から逃れる」、「罠を破壊する」、「罠を利用する」の
コモディティ化と戦うための3つの戦略を示します。

本書は2009年に米国で刊行され、
2年を経て日本語版が刊行されましたから、
取り上げられている事例そのものは新しくありません。

しかし、長期的な視点で事例が選ばれているので、
古くて、使い物にならなくなっているという印象はありません。

また、本書は補遺(Appendix)が非常に充実していて、
全体を引き締めている感じがします。

補遺では、本書の分析がどのように行われたのか、
手の内が詳細に明かされています。

この補遺があることで、米国の事例を読んで終わるだけでなく、
日本の市場でも同様のマップを作成し、
分析することが可能となります。

この本から何を活かすか?

本書の価格とベネフィットの分析は、
「ヘドニック価格法」をベースにしているそうです。

  「ヘドニック価格法は、“価格とベネフィット”の関係を
  計算する統計的なツールで、ある市場において、
  製品のどの側面が価格を動かしているかを推測するものだ。」

主に住宅の資産価格を測るのに用いられる方法のようですが、
私には、まったく馴染みのない推定方法なので、
もう少し詳しく調べてみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPS細胞とはなにか

iPS細胞とはなにか (ブルーバックス)
iPS細胞とはなにか (ブルーバックス)

(2011/08/19)
朝日新聞大阪本社科学医療グループ 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:22

  「研究は勝ち負けではないというのも、もちろん正しいが、
  多大な研究費や支援を受けているなかで1勝10敗はまずい。
  自戒をこめて、研究者がふがいないと思っている。」

これは2008年12月25日にある科学部会に出席した際の、
京都大学・山中伸弥教授の発言です。

山中さんは、「iPS細胞」の生みの親で、
ノーベル賞(医学生理学)の有力候補にあがっている方。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、受精卵のように
あらゆる組織の細胞になる能力を持つ万能細胞。

iPS細胞が作られる以前に、万能細胞として研究されていたのが
ES細胞(胚性幹細胞)でしたが、これは倫理上や宗教上の
問題があるとされていました。

iPS細胞は、受精卵を壊すことなく、普通の細胞に
4つの遺伝子(山中ファクター)を導入するだけで、
万能細胞をつくってしまう、まさに夢のような技術です。

山中さんが、マウスのiPS細胞を開発したと、
世界で初めて論文を発表したのは2006年8月でした。

その後も、2007年11月にはヒトのiPS細胞作成の論文を発表。
これはウィスコンシン大学の研究グループと同着でした。

私は国内の報道で、日本がiPS細胞の研究で世界の最先端を
走っていると思っていましたが、状況は変わっているようです。

iPS細胞から神経細胞をつくり動物の治療で試したり、
患者からiPS細胞をつくり出す応用研究では、
いずれも他の国の研究者に先を越されているようです。

これだけの技術に、世界中の研究者が手をこまねいているわけがなく、
熾烈な「iPS細胞開発競争」が行われています。

なかでも人材面、資金面に勝るアメリカ・ハーバード大学の
幹細胞研究所は次々とiPS細胞に関する論文を発表して、
注目を集めているようです。

iPS細胞に関するノーベル賞の受賞で、
開発者の山中さんが漏れることはないと思います。

しかし、その後の応用研究で後塵を拝する結果となった
苦々しい思いが、冒頭の山中さんの発言なのです。

本書は、iPS細胞の開発ストーリーから、特許争い、
応用開発戦争まで、現在のiPS細胞を取り巻く状況をレポートします。

今までiPS細胞なんて聞いたことがなかった方にも、
わかるように丁寧に解説されています。

特に、山中さんのライバルとなる海外の研究者へも
きっちりと取材を行っている点に好感が持てました。

この本から何を活かすか?

トカゲは外敵から身を守るために、
自分の尻尾を切って逃げることで知られています。

尻尾は犠牲にしても、また生えてくるからいいというわけです。

トカゲは尻尾だけが再生しますが、
全身、どこを切っても再生する生物がいるのをご存知ですか?

その名も「プラナリア」。

きれいな川などに住む、扁平動物。

YouTubeで探すと、いくつか再生する映像がありますね。

今度、子どもと一緒に再生の実験観察してみようかな。

  ・理科教員まさきさんの「プラナリア再生実験」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:39 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

上司は部下のためにいる

上司は部下のためにいる
上司は部下のためにいる

(2011/06/02)
黒岩 禅 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

本書は、2009年6月に、こう書房から刊行された
「最高のチーム」をつくるシンプルな仕掛け』に
加筆・再編集し、特典としてDVDを添付したものです。

私は改訂前の本を読んでいないので、どの部分が加筆されたか
わかりませんが、200円の単価アップで講演内容を収録した
95分のDVDが付属する本書の方がお得感がありますね。

ちなみに、TUTAYAビジネスカレッジのコーナーで
レンタルされているDVDは、本書の付録と同じもののようです。

著者の黒岩禅さんは、20歳でTUTAYAの店長となり、
その後マネージャーに昇格して伝説を作った方。

TUTAYAはフランチャイズ方式で経営されているので、
黒岩さんは、TUTAYAの店長やマネジメントの仕事をしながら、
何度か所属する会社を移っています。

30歳で別のTUTAYAを運営する会社に移ったのを機に、
黒岩さんのマネジメント方法は大きく変わりました。

「北風のマネジメント」から「太陽のマネジメント」へ。

「北風と太陽」は、ご存知、有名なイソップ寓話です。

「北風のマネジメント」とは、褒めず認めず、怒鳴って怒って
追いつめてやらせることで成果をあげる方法。

「太陽のマネジメント」とは、

  「1人ひとりが、リーダー・上司を中心に、協力し合い、認め合い、
  励まし合い、お互いが仕事を通じて成長できる。
  昨日よりも今日、今日よりも明日、1ミリずつでも成長しつづける。
  その結果、チームの成果を創出できる。」

ようなマネジメント手法です。

STEP0では、黒岩さんの「北風」時代の失敗と、
感謝が根底にある「太陽」に変わるまでの苦闘が紹介されています。

STEP1~STEP7までは、「太陽のマネジメント」のポイントが、
黒岩さんの経験談を交えて紹介されています。

苦い経験を数多く積んできたからこその、説得力のある言葉。

MBAで学ぶような、スマートな手法ではありませんが、
現場で試行錯誤を重ねた実践的なマネジメント方法です。

本書のマネジメント方法の中心は、
スタッフとのコミュニケーションの仕方ですから、
上司以外の方でも、参考になるところはあると思います。

  「この本でお伝えすることの最後に、空を見ることをオススメします。
  正しくは、空を見ることができる“心の余裕”を持つことです。」

とかく現場にいると、毎日が忙しさで
気づかないうちに、視野が狭くなってしまいがち。

理論ではなく、本当に現場を知るからこそ、
このようなアドバイスができるのだと思います。

この本から何を活かすか?

黒岩さんは、若いころ、「僕は社長の操り人形じゃない!」
と言って、勤めていた会社を退職したこととがあるそうです。

「操り人形」といえば、私が即座に連想するのは、
ドイツのカードゲーム「あやつり人形」。

  ・あやつり人形 ドイツ版  
  ・あやつり人形 完全日本語版

駆け引きの面白い傑作カードゲームです。

1999年のドイツゲーム大賞にノミネートされた
その実力は折り紙つきで、私の大好きなゲームのひとつです。

本書の内容から、ずいぶん離れましたが、
たまにはこういったアナログなゲームで
コミュニケーションを図ってみるのもいかがでしょうか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョブズ・ウェイ

ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ
ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ

(2011/08/03)
ジェイ・エリオット、ウィリアム・L・サイモン 他 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

既に、生きる伝説となったスティーブ・ジョブズさん。

2011年8月にはアップルのCEOを辞任し、同社の会長職に就きますが、
今もなお、世界で最も影響力のあるカリスマです。

ですから、巷にはいわゆる「ジョブズ本」が溢れています。

この記事を書いている2011年9月にAmazonで、
「スティーブ・ジョブズ」で検索すると、566件の本がヒットしました。

その中で、最も注目される大本命は、ジョブズさん公認の伝記、
ウォルター・アイザクソンさんの「スティーブ・ジョブズ(上)」です。

世界同時刊行が予定され、日本でも2011年11月21日が発売日。

公認本が出てしまったら、他の本は読む価値がなくなってしまうのか?

実際に、存在価値がなくなってしまう本も多いでしょう。

しかし、本書は公認本の発売以降も、
その価値を失うことはないと思います。

  「スティーブがここまで成功した理由を本当に解き明かせる人間は、
  彼とごく近しい立場で仕事をともにしてきた者だけだろう。
  そういう恵まれた者のみが、彼を支えてきた信念やアイディアについて、
  世の中に正しく伝えることができる。だからわたしは、いままでの章で
  できるかぎりの解明を試みてきたつもりだ。

  もしスティーブの神髄をありのままに描き出せる人物が
  ほかにいるとしたら、わたしの意見では、あとひとり、
  アップルのCOO(最高執行責任者)ティム・クックだ。」

著者のジェイ・エリオットさんは、このように語っています。

本書では、元側近として見てきたジョブズさんの素顔を描写し、
そのリーダーシップや経営手法を解明します。

エリオットさんとジョブズさんの出会いは運命的なものでした。

当時、ジョブズさんは24歳、エリオットさんは44歳。

レストランの順番待ちをしているときに、見ず知らずの2人が、
コンピュータへの熱い思いで意気投合しました。

その出会いから2週間後、ジョブズさんは
エリオットさんをアップルの上級副社長として迎え入れます。

以来、ジョブズさんがアップルを追放されるまで、
エリオットさんは側近としてサポートしました。

本書には、経営の現場にいた者しか知りえない、
よく知られる美談のインサイドストーリーなども語られています。

また、本書が優れている点は、
エリオットさんが比較対象を持っていることです。

  「わたしがスティーブの洞察力に感服するのは、
  アップル入社前の経験と照らし合わせていることもある。
  インテルにいたころ、わたしは、三人の創業者 ―
  アンディ・グローブ、ゴードン・ムーア、ボブ・ノイス ―
  と席を並べて重役会議にのぞんだことがある。」

超一流の経営者アンディ・グローブさんと比較して、
ジョブズさんの優れている点を考察しているところは、
非常に興味深いところです。

本書は、公認本が発売されるまでの、
単なる「つなぎ」としては終わらない、良書だと思います。

この本から何を活かすか?

  「はたしてあなたは、スティーブ・ジョブズを
  見習うことはできるだろうか?
  いままで本書で説明してきた心得を胸に刻んで、
  ビジネスのやりかたを改善し、自分がつくる製品を
  どこまでも改良していけるだろうか?

  わたしの答えは“Yes”だ。
  げんにわたしは、身をもってなんども実証してきた。」

エリオットさんの凄いところは、
アップル時代にジョブズさんから学んだことを、
ビジネスの鉄則として退職後も活かしていること。

ジョブズさん自身にはなれなくても、
ジョブズ・ウェイは大いに学ぶことができるということです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英語を学ぶのは40歳からがいい

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)
英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)

(2011/07/28)
菊間 ひろみ 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:13

メソッドとしては良いですが、本としては微妙・・・

  「どういうわけか皆さんは、大人になると英語が身につかないと
  思い込んでいます。英語を暗記科目だと思っているからでしょうか。
  はっきり断言しましょう。そんなことはありません。
  むしろ40歳を過ぎて英語を学ぶほうが力はつきます。」

本書の著者・菊間ひろみさんが、
40歳から英語を学んだ方が良いとする理由は2つ。

1つ目は、20代の若者より40代のビジネスパーソンの方が、
やるべきことも明確で、切羽詰った状況もあり、
英語を身につけたいという切実な思いがあるから。

2つ目は、英語をコミュニケーションの手段と考えると、
社会人としての知識や経験が豊富なので、
そういった社会経験は、英語を学ぶうえで有利だから。

私のような40代の人が読めば、英語を諦めかけていたことを
考え直し、モチベーションが上がるかもしれませんが、
正直、どちらも「40歳からがいい」理由にはなっていません。

ただ、日本で英語を身につけるための、一番重要な要素は、
年齢に関係なく「本人の意欲」であることは、
間違いないと思います。

また、菊間さんは、書店で売られている
「英語を10日間でマスターする」という類の本に対し、
そんなことは「絶対ムリ!」と言っています。

しかし、本書の裏表紙には、
「(3つの習慣を身につけると)たった3ヶ月で
自信を持って英語を話せるようになる。」
と書かれています。

私には、どちらも本や教材をうるためのコピーであり、
10日でも、3ヶ月でも、そう簡単に英語を話せるようには、
ならないと思えます。

それはさておき、本書で紹介される
英語を身につけるための「3つの習慣」は、英語学習の王道。

この方法に反対する人は少ないでしょう。

  習慣その1. 音読をする
  習慣その2. 多読をする
  習慣その3. 英語表現を覚える

特に本書で推薦されていた教材は、私自身が使っているものや、
私が娘の英語学習のために選んでいるものが多く含まれていたので、
菊間さんの考えは、十分に納得できるものでした。

この本から何を活かすか?

しかし、よくよく考えてみると、
本書は「大人向け」の英語の勉強法を解説する本です。

それが、小学生の勉強法と一致するのは、どうなんでしょうか?

ひょっとすると、大人だから、あるいは子どもだからと
年代によって勉強方法を変える必要はないのかもしれませんね。

ちなみに、本書と一致した学習法・教材は次の通りです。

  1. NHKラジオ 基礎英語2
  2. NHKテレビ リトル・チャロ2
  3. ペーパーバックの多読
  4. ドラマDVD「フルハウス

「フルハウス」とは、NHK教育テレビで放送されていた
アメリカのホームコメディー(シットコム)です。

何度見ても面白いこと、子どもが主役のドラマなので、
専門用語が出てこないところが、
リスニング教材として良い点だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?

「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力
「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力

(2011/07/28)
安西洋之、中林鉄太郎 他 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:26

メキシコの国旗の上に、「マルちゃん」のマークを配した表紙。

「マルちゃん」とは、「赤いきつね」や「緑のたぬき」などの
カップメンで知られる東洋水産のキャラクター名です。

タイトルから本書の内容を想像すると、
あたかも、「マルちゃん」ブランドの
メキシコでの成功物語を綴った本のように思えます。

そもそも、「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?
と、国民食になっていることは誰もが知っているかのように聞かれても、
私はそのような事実かあることさえ知りませんでした。

しかし、本書で「マルちゃん」が登場するのは
わずか数ページにしか過ぎません。

あくまで「マルちゃん」は、本書のに登場する事例の一つで、
よい意味で、タイトルには裏切られた感じがします。

それでは、本書は一体、何を語った本なのか?

  「本書は、海外市場を開拓していくうえで見落としてはいけない
  “異文化対応のチェックポイント”を提示するものである。
  世界市場の開拓に成功している日本企業の担当者などへの取材を基に、
  世界の人に受け入れてもらうにあたり欠かせない着眼点を紹介する。」

私たちは、日本で売れるモノが、
そのまま、どこの国に持って行っても
売れると錯覚してしまいがちです。

しかし、生活習慣や文化が異なる国では、同じようにはいきません。

必要なのは、異文化市場にあわせたローカリゼーション。

本書では、「ローカリゼーションマップ研究会」を主宰する
安西洋之さんと中林鉄太郎さんが、世界で売れる8つの日本製品の
事例をもとに、現地化する際のポイントを解説します。

「マルちゃん」以外に紹介される事例は、
キッコーマンの醤油、パナソニックの白物家電、
TOTOの便器、公文式の学習法など。

時には担当者へのインタビューも交えながら、
日本国内生活しているとあまり気づかない、
興味深い視点が提供されています。

本書は、第1章~第3章までが、日経ビジネスオンラインに
連載された記事をまとめたもので、第4章だけが書き下ろしです。

日経ビジネスオンラインでは、本書にまとめられたコラム
ローカリゼーションマップ」と、その続編として連載される
新ローカリゼーションマップ」が公開されています。

※日経ビジネスオンラインの記事を最後まで読むには、
会員登録(無料)が必要です。

この本から何を活かすか?

さて、気になる「マルちゃん」ですが、
実際にメキシコではカップ麺=「マルちゃん」というぐらい、
大人気のようです。

  ・October 21, 2005 Los Angeles Timesの記事

もともとは、アメリカに出稼ぎに来た移民の方達が、
家族への土産として大量に持ち帰ったことが、
メキシコで流行った、一つの要因。

そして食べ方は、チリソースをかけて真っ赤にしたり、
サルサやライムを搾ってかけて食べるのがメキシコ風。

  ・H.I.S.の旅ブロ「MARUCHAN日記」

どうやら日本製の「マルちゃん」より薄味なので、
成立する食べ方のようですが、
今日から行くキャンプで挑戦してみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンツを脱ぐ勇気

パンツを脱ぐ勇気
パンツを脱ぐ勇気

(2011/07/23)
児玉教仁 商品詳細を見る

満足度★★★★★
付箋数:12

掛け値なく面白い。

貼った付箋の数が他の本と比べて少ないのは、
あまりにも面白すぎて、付箋を貼ることさえ忘れてしまったから。

今年、満足度で★5つをつけたのは、
米国製エリートは本当にすごいのか?」に続き、これで2冊目です。

奇しくも、2冊とも留学本でした。

と言っても、本書はサブタイトルに
「世界一“熱い”ハーバードMBA留学記」とありますが、
正確には留学本という定義から外れるかもしれません。

なぜなら、本書の物語は児玉教仁さんが、
ハーバード・ビジネス・スクール留学期間中ではあるものの、
その夏休みの個人的な戦いを描いたものだからです。

夏休み期間は4ヶ月。

ハーバードMBAの学生は、通常、この期間に
インターンシップと呼ばれる企業での研修に参加します。

そこで実体験を積み、コネクションを築くことが、
学生にとっても企業にとっても、互いの利益になるからです。

しかし、児玉さんは、ある夢のために、
将来の足掛かりとなるインターンシップへ参加しませんでした。

その夢とは、全米でナンバーワンになること。

いったい、MBAの学生が、
何で全米ナンバーワンになることを目指したのか?

それは、プレゼンテーションとか、起業をするといった、
いかにもハーバードの学生らしいものではありません。

  「バッファローウィング王になること」

バッファローウィングって何?

簡単に言うと、アメリカ版の鶏の手羽先です。

カリッと揚げた手羽に独特の酸っぱ辛ソースをからめた
ニューヨーク州バッファロー市で生まれた、ジャンクフード。

児玉さんが目指したのは、聖地バッファロー市で
毎年開催される「バッファローウィング祭り」のイベント、
「バッファローウィング全米調理コンテスト」で優勝することでした。

平たく言うと、ローカルなお祭りの、
地元料理のコンテストで優勝することです。

一見安っぽく見える、こんなテーマの物語を、
児玉さんは、ハーバードMBAのテイストを織り交ぜながら、
夢と希望と勇気と情熱をもった壮大なストーリーとして描きます。

ちなみに、タイトルの「パンツを脱ぐ勇気」とは、
児玉さんが掴んだ、アメリカや国際社会で生きていくための気概。

  「自分の弱いところ、恥ずかしいところ、くだらないプライドを
  すべて脱ぎ捨てて、素の自分、自分の情熱を臆面もなく
  さらけだしてしまうことだ。」

何か刺激が欲しい方には、是非読んでいただきたい実話。
笑いあり、涙あり、感動あり。そしてどこまでも熱い。

この本から何を活かすか?

  「沈黙が最大限に威力を発揮するタイミングをご存知だろうか?
  七秒だ。
  七秒の沈黙は貴方の次の発言や行動を際立たせる。」

7秒って、かなり長いですね。

私は、人前で話すとき、あえて間を作って注目を集めたい場合は、
だいたい3秒を目安にしていました。

どのぐらいの人数の前で話すかにもよりますが、
本当に最後のクライマックスのシーンを演出するには、
これぐらいの長さの沈黙が必要なのかもしれません。

今度、「七秒の沈黙」にチャレンジしてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 10:07 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

どうすれば「最高の仕事」ができるか

どうすれば「最高の仕事」ができるか
どうすれば「最高の仕事」ができるか
(2011/07/27)
榊原 英資 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:21

インターネットで調べれば、何でもわかる時代になりました。

仕事で必要なことはもちろん、小学生が書く読書感想文も、
実際に本を読まずに、ネットで調べて終わらせることさえあるようです。

ですから、知識を頭の中にに蓄えることの重要性は、
以前より言われなくなりました。

知識を詰め込むよりも、検索の方法を身につけよと。

また、日本が「ゆとり教育」を標榜した頃から、
「暗記」や「詰め込み学習」は悪者扱いされてきました。

その結果、「暗記」ベースの教育から、
「創造力」を育む学習へと方向転換されました。

しかし、榊原英資さんは本書の中で、この考えに異論を唱えます。

  「仕事力を高め、成果を上げるためには、
  さまざまな条件が必要だと思いますが、私はその第一条件として、
  頭の中にたくさんの知識を蓄えることを、
  この本で推奨してみたいと思います。」

榊原さんが重視するのは、「暗記する」という基本的な学習法。

「頭がいい」とは、究極的には、知識の量と、
知識と知識を組み合わせたパターンの総和によって決まると。

ですから、榊原さんは70歳になった今でも、
あらゆる分野に興味を持ち、大量のインプットを続けています。

いいアイディアが頭の中で突然ヒラメくのは、
ネットで検索した時ではなく、
脳の中に記憶されていた知識と知識が
何かのきっかけ結びついた瞬間だと説明されています。

  「創造力とは、あくまでも“記憶されている知識”が土台です。」

本書で榊原さんが解説するのは、頭にたくさんの知識を
蓄えるための記憶術や脳を活性化させるための習慣術です。

  第1章 知的生産性を上げる、この方法
  第2章 できる人は「走りながら考える」
  第3章 本を大量に“見る” ― 私の方法
  第4章 「情報整理」なんてしなくていい!
  第5章 自分の時間をもっと増やす知恵
  第6章 「書く力」が、あなたの仕事を変える
  第7章 榊原式「知的生活」をつくるヒント

ネットの時代だからこそ、頭の中に多くの知識を蓄え、
知識のネットワークをつくることが、
自らの価値を高めることにつながるのかもしれません。

この本から何を活かすか?

  「私は、本を“読むもの”とは思っていないのです。
  本は“見るもの”というのが持論です。」

榊原さんは、本を「見る」ことで、
頭の中に大量の知識をインプットしています。

そんな榊原さんが、よく活用する本として、
本書で紹介されていた本がこちら。

  ・松岡正剛さん「情報の歴史
  ・山折哲夫さん「神と仏」、「日本文明とは何か
  ・川勝平太さん「文明の海洋史観
  ・南原猛さん「日本文化論」、「最澄と空海
  ・水野和夫さん「人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか
  ・岡倉天心さん「茶の本

この中でも特に、松岡正剛さんの「情報の歴史」は、
榊原さんの座右の書。

絶版になっている本なので、図書館で借りて読んでみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術

マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術
マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術

(2011/07/25)
桑原 晃弥 商品詳細を見る

満足度★★
付箋数:12

フェイスブックの創設者・CEO、マーク・ザッカーバーグさんの
言葉をもとに、彼のものの考え方や仕事のやり方をまとめた本。

飛ぶ鳥を落とす勢いのフェイスブックですから、
こういった関連本が出版されても不思議ではありません。

  「ザッカーバーグもジョブズも、節目となる製品ができた瞬間には、
  平凡な若者だったと言っていいだろう。
  けれども、早い時期に、自分がやっていることの可能性に気づく。
  そして、気づくや否や全身全霊を打ち込んで、
  世界を変えるために急加速を始めている。」

天才と凡人の違いは、気づいた瞬間からの
アクセルとブレーキの踏み込み方。

凡人は、いままでの常識で考えて、躊躇してブレーキを踏んでしまう。
一方、天才は可能性に向かって、限界までアクセルを踏み込んでいく。

著者の桑原晃弥さんは、ザッガーバーグさんの
こういったスピード感が、今の時代を生きるビジネスパーソンの
何らかのヒントになると考え、本書を執筆したようです。

  第1章 速さの感覚をまず変えよう
  第2章 常に「フリーウェイ」を走れ
  第3章 天才をまねろ
  第4章 願望に沿って進め
  第5章 短期勝負に出るな
  第6章 人間関係をクールに

最初にザッカーバーグさんの言葉の引用があり、
その後の数ページで、エピソードを紹介するという構成です。

また、スティーブ・ジョブズさんやビル・ゲイツさん、
サーゲイ・ブリンさん、ラリー・ペイジさん、
ウォーレン・バフェットさんらと比較することで、
天才の共通項を探っています。

新書版190ページあまりで、文字も大きめの本なので、
サラッと読めます。

初めてザッカーバーグさん関連の本を読む方には、
こういった切り口で、手軽に読める本はいいかもしれませんが、
何冊かの読んでいる方には、ちょっと物足りない。
(当ブログでは、過去に「facebook」や
フェイスブック 若き天才の野望」を紹介)

ザッカーバーグさんへの直接取材は難しいにしても、
もう少し深い考察が欲しかった。

この本から何を活かすか?

桑原さんの過去の著作を見ると、以下のような作品があります。

  ・スティーブ・ジョブズ名語録 
  ・1分間スティーブ・ジョブズ
  ・ウォーレン・バフェット 賢者の教え
  ・グーグル 10の黄金律

みごとに、勝ち馬に乗っている状態ですね。

史上最速の仕事術とは、
誰よりも速く勝ち馬に乗ることなのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸福優位7つの法則

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論
幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

(2011/08/27)
ショーン・エイカー 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

徳間書店さんより、献本いただきました。ありがとうございます。

米ハーバード大学で、最も人気のある授業は、
経済学入門でも、リーダーシップ論でもありません。

最も受講者が多いのは、2002年から始まった授業、
「ポジティブ心理学」です。

ハーバードのポジティブ心理学といえば、授業を担当するのは、
以前の記事で紹介したタル・ベン・シャハーさん

そのシャハーさんのもとで「ポジティブ心理学」の主任講師として、
コース設計と授業を手伝ったのが、
本書の著者、ショーン・エイカーさんです。

私たちは、「努力すれば成功する。成功すれば幸せになれる」
という順番で考えてしまいがちです。

例えば、「お金さえあれば」、「異性にモテたら」、
「この仕事がうまくいったら」、もっと幸せになれると。

しかし、エイカーさんはこの考えは、順序が逆だと指摘します。

もし、成功が幸せをもたらすのであれば、
何らかの目標を達成した人は、みな幸せになっていると。

実際には、一つの目標を達成しても、成功のゴールポストは
更に先に追いやられ、幸せは地平のかなたに遠ざかっていく。

エイカーさんが本書で説明するのは、ハピネス・アドバンテージ。
幸福の持つ優位性です。

つまり、先に幸福になり、脳がポジティブな状態になれば、
それが競争力の源泉となり、成功をもたらす可能性が高くなる。

  「幸せは、成功に先行する」

エイカーさんは1600人のハーバード大学生と、
フォーチュン500に選ばれた世界的大企業10社を対象に行った研究で、
これを実証しました。

そして、この調査で見つけたのが、本書で紹介される
「幸福優位の7つの法則」です。

  法則1 ハピネス・アドバンテージ
     幸福感は人間の脳と組織に競争優位をもたらす
  法則2 心のレバレッジ化
     マインドセットを変えて仕事の成果を上げる
  法則3 テトリス効果
     可能性を最大化するために脳を鍛える
  法則4 再起力
     下降への勢いを利用して上昇へ転じる
  法則5 ゾロ・サークル
     小さなゴールに的を絞って少しずつ達成範囲を広げる
  法則6 20秒ルール
     変化のバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える
  法則7 ソーシャルへの投資
     幸福優位性を仕事に家庭に人生に応用する

あまり学術的な部分を前面に押し出さず、実例を交えながら、
親しみやすい語り口で解説されているのが特徴的。

ただし、この法則を本当に活用するには、
もう一段の具体的行動まで、
落とし込んで説明して欲しい部分もありました。

この本から何を活かすか?

「ゾロ・サークル」とは何か?

アラン・ドロンさんや、アントニオ・バンデラスさん主演で
何度か映画化されている「怪傑ゾロ」。

ゾロは、最初から勇猛な剣士だったわけではありません。

老剣士ドン・ディエゴのもとで修行を行い、伝説の男になりました。

ドン・ディエゴがゾロに最初に教えたのが、円の修行。

土の上に小さな丸い輪を描き、その中だけで何時間も闘わされました。

ゾロは、小さな円の中で自在に動けるようになって、
徐々に難しい技も身につけていきました。

ゾロ・サークルとは、自分がマスターすべき
最初の小さな円。

私の娘は、なかなか「片付け」ができません。

片付けの習慣を身につけるために、
このゾロ・サークルを利用してみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 07:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネット速読の達人ワザ

“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ
“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ

(2011/08/04)
コグレ マサト 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:19

月間のアクセス数が120万を越える、超有名ブログ「[N]ネタフル」。

管理人のコグレマサトさんは、2003年にブログを開設以来、
ネットに大量にあふれる情報から旬なネタを集め、
毎日10~20件ほどの記事を更新し続けています。

コグレさんは、いつ、どこで、どのように情報を集め、
それをどうやって活用しているのか?

本書は、コグレさんの「ネット速読術」を公開する本です。

今まで、何冊か共著を出していたコグレさんですが、
本書が初の単著なんですね。

ネット速読とは、単にネットでテキストを速く読む技術を
指すのではなく、ネットでの情報の取捨選択から、
どんなツールを駆使するかまでが含まれています。

正直、読む側としてパッシブにネット情報を使うだけなら、
いくつかの信頼できるサイトやブログで発信される情報を確認し、
更に必要に応じて検索すれば十分です。

しかし、アクティブに情報を発信する側になるためには、
本書のような取捨選択の技術や、知りたい情報が自然と集まってくる
仕組み作りが必要となります。

コグレさん流の情報収集術の最大ポイントは、
情報を「フロー」と「ストック」に分けて考えること。

フロー情報の代表がツイッターで、ストック情報の代表がブログです。

これは、情報源としてどちらがいいということではなく、
いかにこの2つを使い分けるかということです。

  「目の前を通り過ぎていくフローの情報から必要なものを
  うまくキャッチし、それを(再利用可能な)適切な場所で
  ストックしていく、というのが“ネット速読”のひとつの姿になります。」

コグレさんは、iPhoneでフロー情報収集し、
パソコンでストック情報を閲覧・再利用するスタイルです。

このとき使うツールは、「Instapaper」と「Evernote」。

これらはどちらも、情報の保管庫的なツールですが、
この使い分けを、コグレさんは次のように説明しています。

  「(Instapaperは)目の前を流れていく魚(情報)をスッと網ですくい、
  水槽(Evernote)に入れるまでのバケツのような存在である」

コグレさんは本書を、パソコンに詳しくない人でも分かるように
「入門編」のつもりで書いたようです。

その分、ネットのヘビーユーザーには
少し物足りない内容に感じると思います。

「入門編」があれば、その次は「応用編」があるもの。
次回作にも期待したいところです。

この本から何を活かすか?

Instapaper」を使ってみる。

アカウント作成はメールアドレスとパスワードを
登録するだけで、1分もかからず終わりました。

後は、ブックマークにInstapaperを入れるだけ。

初めてInstapaperを使うので、コグレさんのネタフルの記事、
ウェブを保存して後で読む『Instapaper』」のある快適生活の始め方
をセーブしてみました。

私のネット利用スタイルだと、それほど使わない可能性があります。

しかし、セーブしたサイトをテキストモードで表示すると、
レイアウトは崩れるものの、広告が排除され、
純粋にテキストと画像だけが表示されるので、意外と快適でした。

テレビ番組は、すべて録画したものをCMをスキップして見ているので、
同じようにwebの閲覧もInstapaperに登録して、
後で広告を表示させずにじっくり読む方式に馴染めるかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年収100万円の豊かな節約生活

年収100万円の豊かな節約生活
年収100万円の豊かな節約生活

(2011/06/24)
山崎 寿人 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

  「なにしろ今の僕はといえば ― 趣味の料理に没頭し、
  食べたいものをたらふく食べ、好きなことに明け暮れる毎日。
  自家製のハーブティを飲みながら、好みの音楽をBGMに、
  読書やPCでの調べ物にふける午後のひととき。」

本書の著者、山崎寿人さんは、ちょっと変わった経歴の持ち主。

東京大学を卒業後、大手酒類メーカーに入社し、広報マンとして活躍。
その後、30歳で小説を書くことを志し退職。

しかし、いざ会社を辞めてみると、
自由な時間を気ままに過ごす生活が気に入って、
無職のまま20年経過。

  「わたくし、現在51歳。プータローをしております」

それでは仕事に就かずに、山崎さんは、どのように収入を得ているのか?

実は、山崎さんには、不労所得の収入があります。
それは親が遺してくれた、古マンションの賃料から得る
年100万円ほどの収入です。

この収入があるのは、ラッキーとしか言えませんが、
山崎さんの面白いのはここからです。

その年100万円の収入だけで暮らすことを、あえて選んでいること。
そして、その収入だけで「豊か」に暮らしていること。

「豊か」という言葉の定義は人それぞれ。

ですから、本書で紹介される山崎さんの生活を見て、
貧乏生活にしか思えない人もいるでしょう。

大切なのは、自分がやりたいことが、トコトンできる環境であること。

山崎さんの場合は「料理」に没頭することのようです。

年収100万円の生活を強いられているのではなく、
自ら選択しているので、心に余裕があるわけです。

更に、月3万円の生活費(固定費除く)の中で、
いかに幸福になれるを追求するゲームを楽しむ。

このゲームで成功するカギは、集中と選択です。

山崎さんの生活を見ていると、全てを徹底的に節約するのではなく、
本当に必要なもの、やりたい事へはお金をかけ、
それ以外は、バッサリ切っていることがよく分かりますね。

本書はタイトルに「節約術」とありますが、
既存の節約本とはあきらかに趣が違う、
新しい生活スタイルを提案する本になっています。

また、本書は全224ページの内、山崎さんの趣味である
「格安食材で名店の味に迫るレシピ」の紹介に
40ページ以上、しかもカラーでページを割いていますから、
料理が好きな人には、一層、参考になると思います。

この本から何を活かすか?

私は、サラリーマンの方でも、
山崎さんの生活スタイルを試す価値があると思います。

もちろん、働いている方は、
山崎さんほどの自由な時間はありません。

しかし、仮に年収300万の人が、本書のように100万円で暮らすと、
年200万円の余裕資金ができます。

その資金を年10%で運用すると、10年で3500万円の資金ができます。

すると、以前の記事でシミュレーションしましたが、
それなりのフロー収入を生み、
山崎さんのような、時間に余裕のある生活を
あえて選択することも可能となります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

お客様から「教わる力」

お客様から「教わる力」 (PHPビジネス新書)
お客様から「教わる力」 (PHPビジネス新書)

(2011/07/16)
小山 聡章 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:16

リクルートに10年在籍し、プルデンシャル生命へ転職。

その後、5年半で営業職として最高峰の資格である
エグゼクティブ・ライフプランナーに昇格。

以降、世界でもトップ営業として実績を残す
小山聡章さんの25年間の「営業人生」を記した本です。

その営業人生とは、人との出会いの積み重ね。

小山さんは仕事で出会った方から、生き方や仕事のスタンスが
劇的に変わるほどの、たくさんの「教え」を受けました。

ここで紹介するのは、お客様からの教えではありませんが、
小山さんが教えを受けて、大きく考え方が変わったエピソード。

転職から3年後、小山さんはMDRTの世界大会に出席しました。

MDRTとは、Million Dollar Round Tableの略で、
世界中の生命保険・金融サービス専門職の中で、
ある業績基準を満たしたトップ成績を残した人だけに
入会の資格が与えられる組織です。

この大会で、小山さんはトップの中のトップの人たちと
交流をもったときに質問を受けます。

  「休みはどれくらい取っているんだ?」
  「1日です」
  「オー、週に1日しか休んでいないのか!」
  「いえ、違います」
  「まさか、月に1日!?」
  「いえ、年に1日です」

当時小山さんは、家族をも犠牲にして
ひたすら仕事だけに集中している時期でした。

この小山さんの答えに、周囲がどよめく中、
1人のイギリス人男性が自分のことを話し始めます。

  「私は去年、160日休暇をとった。働いたのは200日だ。
  家族優先・休暇優先だけど、数字を落とすわけにはいかない。
  むしろ上げていかないとならないのだが、
  そのためにどう働いていくか、と考えるのが『戦略』だ。」

実は、このアドバイスをくれた男性こそが、
保険の神様と呼ばれる、トニー・ゴードンさんでした。

小山さんは、これをきっかけに、
今までの仕事のやり方を大きく変えることになります。

そして、本書で語られる小山さんの営業人生も、
仕事一辺倒から、人間力を磨くために、
徐々にオフも充実させる生き方に変わっていきます。

私は、本書を途中まで読んだ段階で、
営業のプロとしての仕事振りには非常に感心するものの、
完全に家族を犠牲にする小山さんの働き方に
少し違和感を持っていました。

しかし、後半の変化で心豊かな人生を送るための
理想的な働き方が見えてきました。

この本から何を活かすか?

プルデンシャル生命では、ノルマが全く与えられないそうです。

そこで小山さんが自己コントロールのために利用したのが、
以前在籍していたリクルートの査定制度。

これは「パフォーマンス」の数値で追う目標と、
「クオリティ」の数字では測れない目標の2つを設定し、
四半期毎に評価する仕組みです。

小山さんは最近では、家族や遊びの目標も
同じように設定しているそうです。

自己コントロールのために、あえて会社で使っている
目標設定シートをプライベートでも使う。

私も検討してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「権力」を握る人の法則

「権力」を握る人の法則
「権力」を握る人の法則

(2011/07/21)
ジェフリー・フェファー 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:25

あなたは、自分は評価されていないと感じることはありませんか?

自分が評価されていないと感じる一方、
あまり実力があるように思えないのに、
上司に気に入られ、出世ていく人もいます。

そう、世の中は思っているほど、公正でも公平ではありません。

日本では、権力を手に入れようとしたり、
他人を出し抜いて出世しようとすることは、
あまり美徳とされていません。

お金儲けと同じように、権力を手に入れることは、
良くないことと、知らず知らずのうちに
刷り込まれているのかもしれませんね。

しかし、本書の著者、ジェフリー・フェファーさんは、
「権力」は、ないよりもあった方がいいと言います。

なぜ、権力志向になるべきなのか?

その理由は3つあります。

第1に、権力や地位があるほど、長く健康に人生を楽しめる
可能性が高いということ。

第2に、お金持ちになれるということ。

そして第3に、権力はリーダーシップの一部であり、
何かを成し遂げるためには欠かせないこと。

会社や組織では、ただ正しいことをしているだけでは、
なかなか認められない可能性があります。

上司に評価され、出世コースに乗った方が、
より大きな仕事をするチャンスが巡ってくるものです。

本書では、米スタンフォード大学ビジネススクールで
フェファーさんが担当する「権力への道(Paths to Power)」という
講義の内容に沿って、権力を手に入れる方法が解説されています。

権力を手に入れるための資質、出世街道への乗り方、
リソースを確保する方法、人脈作り、話し方や評判を良くする方法・・・

そして、首尾よく権力を得た後の注意点として、
権力の代償と権力者が転落する原因にまで言及されています。

最近では、草食系のビジネスパーソンも多いので、
ギラギラとした野心を抱く人は、本当に稀です。

人と違う生き方をする、異端を目指すなら、
こういう時代だからこそ、おもいっきり権力志向に
なってみるもの面白いかもしれません。

あまり権力に執着したくない人でも、社会で生きていく限りは、
どこかでパワーポリティクスに巻き込まれる可能性はありますから、
本書のノウハウは参考になります。

少し戦略的に権力志向になるだけで、人生がずっと有利になる。

本書のノウハウは実践する人が少ないからこそ、
権力は意外と簡単に手に入るのかもしれません。

この本から何を活かすか?

私は本書を読んで、「努力しないで出世する方法」という
1967年公開のアメリカ映画を思い出しました。

“HOW TO SUCCEED IN BUSINESS WITHOUT REALLY TRYING”
というペーパーバックをキオスクで手に入れた窓拭きの青年が、
その教えに沿って、大企業でトントン拍子に出世するという
コメディ映画です。

けっこうお気軽で、私の好きな映画のひとつです。

もともとは、ブロードウェイのミュージカルで、
それを元に映画化されたもの。

実はこのミュージカル、2011年にはあのハリー・ポッター役の俳優、
ダニエル・ラドクリフさん主演でリバイバルされています。

興味のあるか方は、こちらのYouTube映像をどうぞ。



1967年の映画は舞台のキャストで映画化されましたから、
今回もラドクリフさん主演で再映画化があるかもしれませんね。


Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |