活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方(2010/11/25)福島 文二郎 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:172010年の11月刊行の本ですが、長期間アマゾンのランキングで上位に入っていたので、遅ればせながら読んでみました。決して悪くはないんですが、過去に読んだディズニー関係の本(「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」、「ディズニー7つの法則」など)と比べると、正直、それほどイン...

日本一のクレーマー地帯で働く日本一の支配人―怒鳴られたら、やさしさを一つでも多く返すんです!―(2011/07/15)三輪 康子 商品詳細を見る 満足度★★★★付箋数:17あなたは、新宿歌舞伎町にあるホテルの支配人です。最上階で作業をしていると、スタッフがヤクザの宿泊を断り、脅されていると、フロントから呼び出しがかかりました。駆けつけてみると、相手のヤクザはスキンヘッドで、身長190センチの大男。なにやら茶色で細長い紙袋...

会話は「最初のひと言」が9割 (光文社新書 528)(2011/07/15)向谷匡史 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:19  「会話はキャンプファイヤーの火と同じで、  うまく薪に火をつけることさえできれば、  あとは放っておいても燃え盛っていくのだ。」私は、よくキャンプで焚き火をするので、この向谷匡史さんの表現、かなりシックリきましたね。焚き火は、最初に火床をつくって、小さな枝から大きな枝へ、徐々に火を大きくしていく...

危機は循環する―デフレとリフレ(2011/07/14)白川 浩道 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:22  「日本経済は、震災による“日本離れ”リスク、世界危機循環、  そして内需不振、というまさに三重苦に喘いでいるが、  日本を財政破綻の淵から救うにはどうすれば良いのであろうか。  こうした問いに対する答えを見出そうとすることが、   本書の目的である。」日本は景気低迷が長引き、民主党のばら撒き政策により、財政状況...

米国製エリートは本当にすごいのか?(2011/07/08)佐々木 紀彦 商品詳細を見る 満足度★★★★★付箋数:33「米国製エリートは本当にすごいのか? 」は、本当にすごいのか?その答えは、Yes。私も本書を、期待して読みましたが、それ以上に面白かった。  「本書の目的は、一人の日本人の視点から、“米国の一流大学で  行われているエリート教育とはどのようなものか” “その教育と  それが生み出す学生たちは、どのような強みと弱み...

宇宙は本当にひとつなのか (ブルーバックス)(2011/07/21)村山 斉 商品詳細を見る 満足度★★★★付箋数:28「宇宙は何でできているのか」が好評だった村山斉さんが、また魅力的な宇宙論の入門書を書いてくれました。今回は、科学書の老舗、ブルーバックスから。前著では、素粒子の話から始まっていたので、宇宙の話まで到達するのに少し時間がかかりましたが、本書では最初から宇宙の話です。ただし、スペースシャトルで行くことのでき...

Facebookマーケティング戦略(2011/07/16)池田 紀行、株式会社トライバルメディアハウス 他 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:18「日本」の「大企業」のためのFacebook活用術。  「本書の内容は、多くの企業と実際にフェイスブックや  その他のソーシャルメディアの運用をご一緒させていただいた  現場のノウハウを類型化し、整理したものだ。  その経験から、フェイスブックページの“開設のしかた”ではなく、  “開...

彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密(2011/07/08)パコ アンダーヒル、Paco Underhill 他 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:26選ぶのは「彼女」であって、「彼」ではありません。ショッピングをしたり、サービスを受けるときの決定権は、女性が握っています。これは、我が家でも同じ。ボクシングで、「左を制するものは世界を制す」という格言がありますが、消費の世界を制するためには、女性を制する必要があり...

最新 行動経済学入門 「心」で読み解く景気とビジネス (朝日新書)(2011/07/13)真壁昭夫 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:15  「今回、この本を書いたのは、今までの行動経済学の理論をもとに、  最近新しく提唱されている理論を発展的に取り入れた新しいものを  書きたいという気持ちに加えて、現在、我々の身の回りに  起きている事象を例にあげて、できるだけわかりやすい本を  作りたかったからだ。」このように語...

裸のプレゼンター(2011/07/08)ガー・レイノルズ 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:21  「この本が特に対象としているのは、ビジュアルのデザインには  ある程度自信があるが、プレゼンテーション実施のテクニックや、  聴衆と心を通わせる能力については、  さらなる向上を目指したいと思う人々である。」本書はガー・レイノルズさんの「Zen」シリーズ第3弾。1作目の「プレゼンテーションZen」ではプレゼンの「準備」、そ...

日経新聞を「早読み」する技術 (PHPビジネス新書)(2011/06/18)佐藤 治彦 商品詳細を見る 満足度★★付箋数:14ビギナー向けの日経新聞の読み方講座です。佐藤治彦さんは、日経新聞を読む理由は2つあると言います。1つは、社会人としてビジネスへ役立てるため。もう1つは、自らの資産を増やすため。  「例えば、株式市場に投資するのであれば、株価が上がれば  利益がでるが、株価が下がれば損失を被る。(中略)  そのようなこ...

「震災大不況」にダマされるな! 危機を煽る「経済のウソ」が日本を潰す(2011/06/25)三橋貴明 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:26  「日本の歴史を振り返ると、震災後に復興し、直後に緊縮財政や  金融引き締めで恐慌になるというパターンが繰り返されてきた。  だが、民主党政権の場合は、肝心の復興さえまともにやらずに、  増税やTPPなどのデフレ促進策を進めようとしている。  その点で、若槻内閣や橋本内閣よりも...

4日で使える 実践! 超ビジュアルシンキング(2011/06/21)ダン・ローム 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:222009年に刊行され好評だった、ダン・ロームさんの「描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング」の続編。ちなみに原題は、前作が「The Back of the Napkin」で、本作が「Unfolding the Napkin」です。ビジュアルシンキングとは、シンプルな絵を描いて問題解決を行う手法。特に絵心は必要なく、四角、円、直線、人物、矢印さ...

瞬間説得―その気にさせる究極の方法 (2011/06/23) ケヴィン・ダットン 商品詳細を見る 満足度★★★★ 付箋数:28   金曜日の夜、ロンドンの地下鉄。   満員の車両は、信号機の故障があり、   ランチェスター・スクエアとコヴェント・ガーデン駅の間で、   しばらく停止していました。   なかなか発車しない車両に、乗客が苛立ちを感じはじめたとき、   乗客の1人、ジョギングウエアを着た男が、   いきなりタバコを取り...

収監 僕が変えたかった近未来(2011/06/07)堀江貴文 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:17  「私はこれから収監され、2年以上にわたって社会から  隔離されてしまう。それを理不尽だと思わず、  未来へ向けて前向きに勉強などをして過ごそうと考えている。」本書の最後にはこのように記されていますが、本文内容は基本的に堀江貴文さんが「収監」されることと、あまり関係ありません。たまたま出版のタイミングが「収監」と重...

コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方(2011/06/16)マーシャル・ゴールドスミス、マーク・ライター 他 商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:25本書は、「コーチングの神様が教える」シリーズ第3弾。著者は、あのジャック・ウェルチさんなどのコーチを務めたことで知られるエグゼクティブ・コーチの第一人者、マーシャル・ゴールドスミスさん。シリーズ第1弾の『「できる人」の法則』では、リーダーが持つ悪い癖を直すこと...

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)(2011/06/29)森博嗣 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:24  「この本に書いた意見は“これで科学を好きになってほしい”  “少しでも興味をもってもらえば嬉しい”ということではない。  “科学から目を背けることは、貴方自身にとって不利益ですよ”  そして“そういう人が多いことが、社会にとっても危険だ”  ということである。」本書は、小説家・森博嗣さんによる「科学論」。もともと...

憂鬱でなければ、仕事じゃない(2011/06/14)見城 徹、藤田 晋 他 商品詳細を見る 満足度★★★★付箋数:28  「― “極端”こそわが命 ―  僕にとって何より重要なことは“極端”であることだ。」まさに幻冬舎社長・見城徹さんはこの言葉通りの方。サイバーエージェント社長・藤田晋さんは、見城さんについて、次のように語っています。  「見城さんの言動の特徴は、二つある気がします。  一つは、表面的なことを嫌うこと。  も...

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術(2011/06/21)石田 淳 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:24  「人が育たないのは教え手の“上司”と、  学び手である“部下”、どちらの責任だと思いますか?  この本で私が紹介している“行動科学マネジメント”の  視点で言うと、実はどちらの責任でもありません。  教えて手が“教え方”を知らない。原因はこの一点につきます。」「行動科学マネジメント」とは、結果だけでなく、 ...

思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳 (青春文庫)(2011/08/09)岩波 貴士 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:19著者の岩波貴士さんより、献本いただきました。ありがとうございます。辞書といえば、「電子辞書」という時代になりました。今なら、独立した電子辞書を使う方より、スマホや携帯のアプリで電子辞書を使っている方も多いでしょう。しかしそんな時代でも、昔ながらの「紙の辞書」は、根強く支持されています。私...

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】(2011/06/18)アトゥール ガワンデ 商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:22  「正直に白状すると、チェックリストなんて意味がないと  思っていた。他の人ならともかく、私の手術にそんなものが  必要なわけがないじゃないかと。   だが、私は間違っていた。  チェックリストは私の手術においても有効だった。」本書は、医師であ...

お金はいつも正しい (2011/06/21) 堀江 貴文 商品詳細を見る満足度★★★付箋数:16  「お金とは信用そのものである。  それを理解することからすべてが始まる。」堀江貴文さんと言えば、世間では拝金主義、金の亡者というイメージが強いかもしれません。しかし、本書を読むと堀江さんのお金についての考えのマトモさがよくわかります。本書は、堀江さん流「黄金の羽根の拾い方」。月刊誌「EX大衆」に連...

孫正義 リーダーのための意思決定の極意(2011/06/17)ソフトバンクアカデミア特別講義 商品詳細を見る 満足度★★付箋数:17  質問1 業界ナンバーワンであるメーカーとの独占販売契約に、       自社の資本金の数倍に及ぶ多額の資金を要求された。       あなたがリーダーなら、どちらを選びますか?        A・なんとか資金を調達して契約締結     B・契約せずに資金を残して、ほかの多くの会...

時代を生きる力(2011/06/23)高城 剛 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:20  Q1  なぜ、この本を出版しようと思ったのですか?    A    前作『私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明』の     1年後に、続編を出したいと考えていました。     しかし311によって、世界が急変しました。     いま、すべての人にとって“転機”が訪れたのです。     家族や友人、会社や国家との関係まで、見えな...

1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 (光文社新書 525)(2011/06/17)岩田健太郎 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:24  「僕は本書で、“○○をすればうまくいく時間管理術”を  説くつもりはありません。違う語り方をしたいと思っています。  いや“時間管理”とか“タイム・マネジメント”という言葉ですら  できるだけ使わずに時間の使い方について考えてみたいのです。」本書は、「1秒もムダに生きない」ためのノウハウを...