活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

最強の「ビジネス理論」集中講義

最強の「ビジネス理論」集中講義 ドラッカー、ポーター、コトラーから、「ブルー・オーシャン」「イノベーション」まで
最強の「ビジネス理論」集中講義 ドラッカー、ポーター、コトラーから、「ブルー・オーシャン」「イノベーション」まで

(2011/04/23)
安部 徹也 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

  「皆さん、こんにちは。1時間目を担当するドラッカーです。
  私の講義では、ビジネスを開始するにあたって、
  正しいスタートを切り、期待する成果をあげるための
  基本的な考え方を学んでいきます。」

本書は、最強の講師陣によるビジネス理論やフレームワークを
講義形式で学ぶ本。

  「もしも超一流の教授陣が、ビジネスで成功を収めるために
  欠かすことのできない、体系化された理論を教える
  夢のようなビジネススクールがあったら・・・・」

このようなコンセプトで、著者の安部徹也さんは
とっつきづらいと思われがちな5大ビジネス理論を
分かりやすくまとめました。

  1時間目 ドラッカー教授に学ぶ「ビジネスの基本」
  2時間目 ポーター教授に学ぶ「競争に勝つための戦略」
  3時間目 コトラー教授に学ぶ「売れる仕組みの構築法」
  4時間目 キム教授とモボルニュ教授に学ぶ「競争のない市場の開拓法」
  5時間目 ロジャーズ教授とムーア氏に学ぶ「イノベーションの普及法」

確かに、これは最強の布陣。

よくある「まとめ本」では、サマリーだけが書かれていますが、
本書ではそれぞれの理論の関連を考え、
一貫性をもって講義されているのが特徴です。

きっと、本当にドラッカーさんやポーターさんが
一堂に会し実際に講義を行ったとしても、
ここまで整合性のある内容にはならないでしょう。

中でもポーターさんの「競争の戦略」と
キムさんらの「ブルーオーシャン戦略」が一緒に学べるのは
なかなか画期的だと思います。

まさに、ビジネス理論の大家を集めたオーケストラで
安部さんが指揮棒を振っている感じでしょうか。

さすがに本物が講義をしている雰囲気までは
再現されていませんが、馴染みのある日本企業の例で
解説されているので、より理解しやくすなっています。

本書は、ある企業に勤める普通のサラリーマンが
仕事でビジネス理論を学ぶ必要を迫られ、
「夢」を見たという設定になっています。

それで、「ドリーム・ビジネススクール」。

個人的には、このサラリーマンの語りや
夢を見ているという設定自体は、
あまり必要がないように感じました。

この本から何を活かすか?

  「本書で取り上げた教授陣は各分野の第一人者であり、
  そのエッセンスを私なりにかみ砕いた内容をお届けしましたが、
  ビジネスに携わる者であれば、ぜひ原著でより深く
  “本物”に触れていただきたいと思います。」

あとがきで、安部さんはこのように書いています。

私も同感。

本書は、各理論の一貫性を重視してまとめられていますから、
逆に言うと一貫していないオリジナルの部分は、
省略されていることになります。

最初から原著を読むのは、少しハードルが高いと感じる方は、
本書を足がかりにステップアップしていくといいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |