活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

伝達力の基本

伝達力の基本
伝達力の基本

(2011/04/28)
大石 哲之 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

日本実業出版社、佐藤様より献本いただきました。
ありがとうございます。

本書のテーマは「伝える力」。

著者の大石哲之さんは、伝達力を次のように定義しています。

  「自分が伝えたいことを、相手にとってわかりやすく、
  正確に、誤解が生まれないように、しかも簡潔に伝えること。」

本書が、まさにその鑑。

200ページ弱の本ですが、伝え方をピンポイントで改善する
57個のルールがシンプルにまとめられています。

簡潔にして必要十分な内容。

本を読む側としては、コラムなどの本題から外れる
遊びの部分がちょっと欲しいと思わせるぐらい、
余分なことは一切書かれていません。

また、本書で特徴的なのは、伝え方の「表現」部分ではなく、
中身の「構成」にフォーカスしていること。

本来、話し方が流暢で、伝える内容も分かりやすいのが理想的。

しかし、どちらかを先に改善するならば、
しゃべりが上手くても、中身のない内容を伝える人よりも、
つたないトークでも、しっかりした内容を伝える人の方がいい。

そんな考えから、本書では特に伝えるコンテンツの
構成そのものを改善するヒントに絞って解説されています。

  ■Before
  「以前ご提案いただいたお話よりも、良い提案をお持ちしました。」

  ■After
  「以前ご提案いただいたお話よりも、価格はそのままで、
  人員を10名多く派遣していただけるような提案をお持ちしました。」

例文は、このようにBefore-After形式で示されています。

Beforeにある“良い提案”って具体的に何?

客観的に見ると、ツッコミを入れたくなりますが、
普段は自分でも意識せずに、Beforeのような不明確な表現を
意外と多く使っているものです。

本書に紹介されていることは、言われてみると当たり前の
「基本」的なことがほとんど。

しかし、私も自分の普段の言動や文章をチェックしてみると、
かなりBeforeのような残念な伝え方をしてることが分かりました。

自分は伝え方の基本ができているか?

まずは、それを疑うことが
伝達力を高めるための第一歩になると思います。

この本から何を活かすか?

  「白紙の結論」を避ける

  ■Before
  「各担当者から事故発生原因を聴取した結果、再発防止策を
  検討する必要がある、と結論づけられた。」

「白紙の結論」とは、一見、結論になっているように見えて、
実は何も伝えていないもの。

具体的な提言やアクションを伴っていなければ、
本当の結論とは言えないと、大石さんは説明します。

これ、けっこう私はやってしまいがちですね。

自分の出した結論が、「白紙の結論」になっていないか、
チェックする習慣をつけたいものです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |