活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ジェームズ・ボンド 仕事の流儀

ジェームズ・ボンド 仕事の流儀 (講談社プラスアルファ新書)
ジェームズ・ボンド 仕事の流儀 (講談社プラスアルファ新書)

(2011/02/22)
田窪 寿保 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:17

  「最初にお断りしておこう。本書は、あまりにも有名な
  英国諜報部員、ジェームズ・ボンドのライフスタイルを礼賛し、
  単にそれを模倣することを目的にしていない。
  イギリスに関わる仕事にたずさわっている私の、
  あくまで私的なジェームズ・ボンド論である。」

著者の田窪寿保さんが冒頭で説明している通り、
本書は、ジェームズ・ボンドの行動やスタイルを徹底研究し、
仕事に活かすといった種類の本ではありません。

「英国紳士」の流儀をジェームズ・ボンドを通して読み解き、
人生で使える知恵として伝えています。

実際に田窪さんが出会った英国紳士として、
本書に最も多く登場するのは、
ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソンさん。

人を驚かすような破天荒な行動の裏に
ブリティッシュ・ジェントルマンの血が流れいる点が、
ジェームズ・ボンドと共通しています。

ですから本書で紹介されるエピソードは、
ジェームズ・ボンド、ブランソンさん、田窪さんの経験が
それぞれ1/3ずつぐらいの割合で書かれている印象です。

  第1章 ジェームズ・ボンドが教えてくれること
  第2章 ジェームズ・ボンドの考え方
  第3章 ジェームズ・ボンドの仕事術
  第4章 ジェームズ・ボンドのファッション術

内容から考えると、ジェームズ・ボンドという所を
すべて英国紳士と置き換えて考えてもいいでしょう。

ボンド映画の大ファンの方が、過剰な期待を持って読むと、
期待外れかもしれませんが、今後、英国とビジネスで
関係を持つ方には、得がたい知恵が詰まっていると思います。

私自身はジェームズ・ボンドの大ファンではないので、
英国紳士の流儀という、知らない世界を垣間見て、
意外に新鮮でした。

  「ジェームズ・ボンドという存在は、ひとつの具現化された
  偶像ではないこと、そして単純にそのスタイルやファッションを
  コピーすれば男前が上がるというものではないということを
  ご理解いただきたい。」

この本から何を活かすか?

英国紳士は基本的にジョークが好きで、
ボンド映画にも数多くの言葉遊びがあるそうです。

その中で、最たるものは「007/オクトパシー」。

  「言葉遊びとはいえ、こんなタイトルで、
  よく公開できたものだ!」

と田窪さんも驚きの声を上げています。

日本語では、巨大なタコ「オクトパス」のイメージで
伝わっていますが、スペルは「Octopussy」。

私も言われるまで気付きませんでしたが、
8人のボンドガールが登場して「octo」+「pussy」って、
本当に凄いタイトルですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |