活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

節約せずに年間200万円貯める方法

夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法
夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法

(2011/02/26)
花輪 陽子 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:9

せこせこと節約するよりは、固定費を大胆にカットして、
ラクして支出を減らしましょうという、
いかにもファイナンシャルプランナーの方らしい節約指南本。

著者の花輪陽子さんは、外資系の投資銀行に勤めていたそうですが、
2008年に起こったリーマンショックの煽りを受け、夫婦同時に失業。

それをきっかけに年間の支出を200万円カットし、
その後の節約と自己投資&金融投資により、
無収入から夫婦で年収600万円までの復活を果たしたそうです。

現在は、独立系FPとして本の執筆、
講演やセミナーを行うなどして、ご活躍のようです。

支出のカットについては、保険料・自動車代・住宅費・教育費の
4大固定費を抑えましょうというFPの方らしい提案がなされています。

その中で本書の特徴は、夫婦で協力して資産形成を目指すことと、
「こずかい」という自己投資を大切にしている点です。

実際に花輪さんは、失業時代にあっても自己投資を惜しまず、
努力を続けた結果、FP資格を獲得して独立し、
更には「夫婦で年収600万円をめざす!」で、
作家デビューを果たしましたから、自信を持って、
「こずかい=自己投資」をケチらないように勧めています。

ですから、夫婦で資産形成を考える向上心の強い方は
本書に共感し、参考にできる部分が多くあると思います。

ただし、これは本書に限ったことではありませんが、
収入を増やす方法への具体的なアドバイスが手薄です。

資産運用については、インデックス型の投資信託とETF投資、
副収入を得るにはネットでの副業など、
一般的なことをサラッと書いている程度です。

○○費を削って、これだけ固定費を削減しましたと書くように、
○○に投資して、これだけ資産が増えましたという実績も
併せて載せる方が、もっと説得力を持つと思います。

支出の削減については「~すべき」と強いトーンですが、
収入を得る面については「~するのもよいでしょう」とトーンが弱いのは、
投資助言についてのガイドラインというより、
資産を増やした実績が、ないからのような印象を受けます。

この本から何を活かすか?

花輪さんは、本多静六さんの「1/4貯金法」を
両親に教わったとして、本書で紹介しています。

私が感銘を受けた本多静六さんについて書かれているのは、
非常にうれしいことですが、
「1/4貯金法」という上っ面しか触れられていません。

小手先ではなく、真の資産形成を行いたい方は、
本多さんの「私の財産告白」をぜひお読みください。

人生においてのOSがインストールできますから、
どんな状況に陥っても、資産形成が可能になると思います。

特に、夫婦で資産形成を目指す場合も
本多さんの考えが共通の指針となるはずです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |