活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

常識破りの思考法

ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!
ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!

(2010/12/23)
出口 治明 商品詳細を見る
満足度★★★
付箋数:27

日本の常識が世界の非常識であるとは、
よく言われるところです。

例えば、転勤や単身赴任。

日本では企業に雇われる以上、本人の希望に関わらず、
特殊な事情がない限り、転勤は受け入れなくてはならないもの
というのが一般常識です。

ところが、海外では経営層を除いては、
現地採用が基本なので、仮に転勤の話しがあっても
拒否するか転職するのが一般的のようです。

こういった些細な社会常識を疑い、それを否定することで、
ビジネスチャンスを見つけられることもあるようです。

それでは、日本の社会常識から脱却するにはどうしたらよいのか?

まずは、「数字」、「ファクト」、「ロジック」をもとに
自分の頭で考える習慣をつけること。

と同時に、正しい判断をするためには、十分なインプットが必要です。

本書の著者、ライフネット生命社長の出口治明さんが
推奨するのは、タテ軸とヨコ軸を考えたインプット方法。

本書では、それをタテヨコ思考と呼んでいます。

タテ思考とは、「読書」によって歴史を中心に人間の営みを学び、
それをもとに判断すること。

ヨコ思考とは、「旅行」することで世界の国々に住む人々の
状況に照らし合わせて考えること。

ですから、出口さんの提唱する常識破りの思考法とは、
「読書」と「旅」のインプットをもとにした思考法です。

それでは、どんな本を読めば良いのか?

  「古典にかぎります。」

特に、出口さんが良書とするのは、読み終わった後、
面白かったとすっきりする本ではなく、
なにか引っかかるところのある、毒のある本です。

出口さんがこれまで読んできた本の中で、ナンバーワンは、
ハドリアヌス帝の回想』とのこと。

出口さんが、迷うことなくこの本を挙げ、
人生の中で、一度もナンバーワンを譲ったことがない本だと聞くと、
読んでみたくなりますね。

また、当ブログでも記事にした池谷裕二さんの
単純な脳、複雑な「私」』もすすめられていました。
この本は、私からもオススメです。

この本から何を活かすか?

本書の後半には、脳に効く「旅」のおすすめガイドが
掲載されています。

ページを割いて紹介されてたのは、
ローマ、ワーラーナシー(インド)、エスファハーン(イラン)、
エルサレム(イスラエル)、バガン(ミャンマー)の5都市。

私は、いずれも行ったことのない街です。

次の旅行の際には、ただビーチを目指すだけでなく、
少しは街の歴史も見てきたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界経済を破綻させる23の嘘

世界経済を破綻させる23の嘘
世界経済を破綻させる23の嘘

(2010/11/19)
ハジュン・チャン 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:30

原題「23 Things They Don\'t Tell You About Capitalism
(資本主義について語られない23の事)

本書は、まことしやかに語られる自由市場主義の常識を否定し、
資本主義には本当に何が必要なのかを語ります。

扇動的ではありませんが、かなり刺激的。

著者は、韓国出身で現在は英ケンブリッジ大学で
開発経済学を教えるハジュン・チャンさん。

チャンさんは、ノーベル賞を受賞した
経済学者の主張であっても、冷静に、
そして、説得力ある数値を示し、反論を行います。

チャンさんが嘘だとする23の事項の内、
私が気になったものを5つほど挙げてみます。

 ・第1の嘘 
   よく言われること-市場は自由でないといけない
      だが真実は-自由市場なんて存在しない
 ・第4の嘘 
   よく言われること-インターネットは世界を根本的に変えた
      だが真実は-洗濯機はインターネットより世界を変えた
 ・第13の嘘 
   よく言われること-富者をさらに富ませれば他の者たちも潤う
      だが真実は-富は貧者にまでしたたり落ちない
 ・第17の嘘 
   よく言われること-教育こそが繁栄の鍵だ
      だが真実は-教育の向上そのものが国を富ませることはない
 ・第22の嘘 
   よく言われること-金融市場の効率化こそが国に繁栄をもたらす
      だが真実は-金融市場の効率は良くするのではなく
               悪くしないといけない

私は、第17の嘘「教育こそが繁栄の鍵だ」を
固く信じていることがあります。

トニー・ブレア元英首相の「一に教育、二にも三にも教育」
という主張にも激しく同意していました。

しかし、それを裏付ける事実があるかと問われると
ちょっと言葉に詰まってしまいますね。

  「“教育の向上が国を富ませる“という当たり前のように思える主張を
  裏付ける証拠がほとんどないのはどういうわけか?

  それは端的に言えば
  “生産性の向上にとって教育はわたしたちが思っているほど
  重要ではないから”である。」

更に、チャンさんは「スイス・パラドックス」の例を示し、
高等教育の向上が国の繁栄に関係していないことを示します。

最初はそんなことはないだろうと思って読んでいても、
チャンさんは淡々と事実を挙げて反証してきます。

次第に逃げ場がなくなり、
最後に残るのは、将棋で詰まれたような感覚。

目から鱗というよりは、本当にそうかな?
と疑問も残る点もあります。

しかし、これからの世界経済を考える上で、
複眼的な視点を与えれくれる良書だと言えます。

この本から何を活かすか?

疑うことの大切さ。

本書で語られる23の真実は、いずれも興味深いものですが、
これらもすべて鵜呑みにすべきではないと思います。

私も、一旦は、チャンさんに詰まれましたが、
理論の飛躍はないか、その事実で反証したと言えるのかなど、
もう一度、批判的な目を持って、読む必要がありそうです。

個人的には竹中平蔵さんとチャンさんの
対談を見てみたいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

働かないアリに意義がある

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)
働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

(2010/12/21)
長谷川英祐 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:22

アリといえば、働き者の代名詞。

私も娘も観察セットで、アリを飼育したことがありますが、
いつ見ても一生懸命に働いているので、
その働きぶりに感動していました。

しかし、本書の著者、長谷川英祐さんらの研究によると、
実は働いているアリは、たったの2割。

7割のアリは、ただうろちょろしていたり、ボーっとしていて、
残り1割のアリは一生働かないことがわかりました。

やはり、アリの社会においてもパレートの法則は
当てはまっているようです。

その事実が広く知られていれば、
イソップの「アリとキリギリス」という
名作童話も生まれなかったかも知れませんね。

一見、何もせず、コロニーの役に立っていない働かないアリ。

しかし、その働かないアリがいるからこそ、
コロニーの生存確率が上がっているそうです。

  ・いったい、働かないアリにどんな存在意義があるのか?
  ・なぜ、上司のいないアリの社会はうまくいくのか?
  ・アリは、どうやってエサの場所までの効率的ルートを見つけるのか?
  ・働きアリは、どうして子を生まないのか?

本書では、こういった疑問への回答を示すと同時に、
ムシの社会と人間社会との共通点を映し出し、
思わずニヤリとさせてくれます。

ただし、本書のスタンスは、あくまで「科学書」。

アリの社会がこうだから、人間社会もこうするべきといった、
押し付けがましい意見は書かれていません。

研究によって分かった真社会性生物に関する事実や、
考えられる仮説を一般の人にも分かりやすく伝える
好奇心を刺激する一冊です。

ちなみに、真社会性生物とは、集団をつくる生き物の中でも、
特に階層や役割分担など高度な社会性を持つ生物です。

以前は、ハチ、アリ、シロアリくらいしか
知られていませんでしたが、現在では、アブラムシ、
ネズミ、エビ、カブトムシ、カビなどの中にも
真社会性を持つ生き物がいることが分かっているようです。

この本から何を活かすか?

生物の組織の存続に、「多様性」は欠かせません。

多様性がないと、伝性病に弱く、
分業もスムーズにいかないからです。

ここに移民国家であるアメリカの強さと、
国民の指向性が似かよった日本の弱さが
出ているのかもしれません。

金融危機という伝性病からも比較的早く立ち直った
アメリカ経済の強さは、その多様性にあったと
考えることもできそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド

人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド 「自立」〈インディ〉から「相互依存」〈インタディ〉へ
人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド 「自立」〈インディ〉から「相互依存」〈インタディ〉へ

(2010/12/10)
勝間 和代 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

  「本書は、その『インディでいこう!』、あるいは
  『インディペンデントな生き方実践ガイド』の内容を
  すでに実践している方で、“この方法でいいのか”“この先に何があるのか”
  “単純な自己啓発の出口は何か”などと思い悩むような、
  新しいステージにきているみなさんにおくる本です。」

本書の著者は、言わずと知れた勝間和代さん。

「インディ」の次は、「インタディ」。

自立(インディペンデント)した後に目指すのは、
相互依存(インターディペンデント)する生き方です。

今まで、勝間さんが唱えてきたインディは、
あくまで通過点で、その先に真のゴールである
インタディがあるようです。

インディと違い、相互に依存するには、相手が必要です。

その相互依存する相手に求める要件は、次の3つ。

  1.共通の価値観を有していること
  2.同一の目標の実現を目指していること
  3.複数の自立人が集まっていること

スティーブン・コヴィーさんが「7つの習慣」で語っていた、
「信用残高」の概念をうまくアレンジして、
「貢献勘定」という考えを貸借対照表を使って
説明しているところが、勝間さんらしいところでしょうか。

また、本書の後半では、インタディになるために
必要なスキルや、学び方などが解説されています。

ただ、平たく言うとインタディな生き方とは、
同じ目標の仲間と、協力し合いましょうということ。

なんだか、勝間さんも尖がった所がなくなり、
ずいぶん普通のことを言うようになったなあという感じがします。

私の中では、まったく分野は違いますが、
勝間さんと、ボクシングの亀田3兄弟の
イメージがダブるところがあります。

世間の常識を無視しても、突き抜けたいという
必死な姿が一つの魅力でした。

しかし、どちらも最近では、分別のある発言をするようになり、
かつて持っていた魅力は薄らいでいるように思えます。

この本から何を活かすか?

「相互依存」という言葉の英訳が「interdependence」だからといって、
「インタディ」とは、ずいぶんイマイチな表現です。

インディなら、カッコ良さそうな感じですが、
インタディと聞くと、何か痛そうな語感ですね。

もっとフィットする言葉はないのかと思って、
ネット上のシソーラス(類語辞典)を探してみました。

すると、残念ながらインタディに変わるイイ言葉は
見つかりませんでしたが、変わりに面白そうなシソーラスを発見。

 ・Visual Thesaurus

名前の通り、関係性が見える類語辞典です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本人が知らない日本経済の大問題

日本人が知らない日本経済の大問題
日本人が知らない日本経済の大問題
(2010/12/16)
野口 悠紀雄、幸田 真音 他 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:29

  「厚生年金」の積立金は2033年までにゼロになる!

厚生労働省の試算だと、積立金は今後100年間
増え続けることになっているそうです。

一方、本書のシュミレーションによると、
現状の運用では、受給者の増加および納付者の減少により、
厚生年金の積立金は、あと22年後にゼロになると試算されています。

その事実に多くの人が気づいた日こそが、
日本債券が暴落する日。

このような指摘をする本書は、
私たち日本人が知らない、あるいは目を背けている問題を指摘し、
日本経済の立て直し策を提示する対談本。

対談するのは、『「超」整理法』シリーズが有名な
経済学者の野口悠紀雄さんと、最近はコメンテーターとしても
活躍する小説家・幸田真音さんです。

私のイメージでは、幸田さんと言えば
経済小説「日本国債」ですから、冒頭で紹介したような、
国債についての言及は、まさに期待通りでした。

日本にいながら外からの視点を持つお二人。

本書では、日本のマスコミの報道だけでは気がつきにくい
世界の趨勢に照らし合わせ、日本が復活するための処方箋を示します。

  第1章 「世界」はここまで変わった!その事実を知らない日本
  第2章 日本経済に「危機」が迫っている
  第3章 「世界を動かすマネー」、見逃してはいけないポイント
  第4章 この経済感覚に「鈍感」では、これから生きていけない

基本的にお二人とも、同意見であることが多いので、
議論することで幅を広げるというよりは、
お互いの考えを確認し、同調している感じの対談です。

  幸田さん 「私は電気自動車が日本の製造業を変えるトリガーに
         なってくれたらいいな、と思ってきたいしているのですが。」

  野口さん 「私は逆に、電気自動車が日本の産業に
         最後のトドメを刺すと思っています。」

せっかく、少し違う意見があっても、
幸田さんが野口さんの話を聞いている立ち位置なので、
そこからあまり議論を深めていないのが、少し残念なところ。

逆に面白かったのは、野口さんが円キャリーのからくりを
解明すべく考えた「誤差脱漏」仮説。

これは世界のお金の流れにまつわるミステリーでもあり、
今後、幸田さんの小説のネタになるかもしれません。

この本から何を活かすか?

  「日本国債の暴落に備える方法」

何度か書いていますが、国債が暴落する可能性があるなら、
「空売り」できる体制を整えておくことがベストだとおもいます。

そのために、するべきことは3つ。

1.債券CFDの取引口座を開設しておく
2.取引のための資金を蓄えておく
3.定期的な市場の監視を欠かさない

あと欲を言えば、イザというときに身体が動くように、
普段から、少量でも取引しておくことでしょうか。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 09:57 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

マキコミの技術

マキコミの技術
マキコミの技術

(2010/12/17)
コグレマサト、いしたにまさき 他 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:26

アルファブロガーのお二人、コグレマサトさん(ネタフル)と
いしたにまさきさん(みたいもん!)の共著。

2007年に刊行された「クチコミの技術」の続編です。

基本的には、企業のウェブやマーケティング担当者であり、
同時に個人としてもソーシャルメディアに参加している人向けに
書かれた本です。

しかし、私のように企業に所属しない身でも、
ソーシャルメディアに参加する上で参考になる点はいくつもありました。

なぜなら、本書で解説される「マキコミ」の技術とは、
企業側が仕掛けて「巻き込む」のと同じくらい、
1ユーザーとして「巻き込まれる」ことで
コミュニケーションすることを重視しているからです。

それでは、本書が示す「マキコミ」の極意とは何か?

それは次の3点に集約されます。

  1. コツコツ「継続」によって土台をつくる
  2. コミュニケーションは「ギブ&ギブ」の精神で
  3. 敏感に「変化のきざし」を見つけ、対応する

本書では、この3点を柱にコグレさんといしたにさんが交互に語り、
日産やサントリーなどの「マキコミ」力のある企業の
担当者インタビューを交えながら、
これからのソーシャルメディア・マーケティングの
あるべき姿を探っていきます。

そして、「マキコミ」に関わる企業や人にとって、
最も価値があるものは「評判」。

これは、「ツイッターノミクス」で提唱されたウッフィーを
増やすことが、やはり重要になるということでしょう。

個人的には、巻き込んだ側も、巻き込まれた側も
どちらにとっても新しい価値を生むことが、
大きなポイントだと思います。

実際に本書のカバーイラストを担当した
とろける鉄工所」の野村宗弘さんも、
コグレさんといしたにさんに、巻き込まれまれて
新たな価値を生んでいます。

本書巻末のミニ座談会で、はじめて「とろける鉄工所」を知り、
読んでみようと思ったのは、きっと私だけではないはずです。

この本から何を活かすか?

  「アクセス解析では日々の変化をチェックする」

本書では、ページビューを確認すると共に、
滞在時間やユニークユーザー、新規ユーザーを確認しながら、
現在ブログがどのように見られているか考えることを
勧めています。

私は、このブログのアクセス解析は、
月に1度、ページビュー数を見るくらいでした。

もっと、いい記事を書くためには、
滞在時間や検索キーワードなど他の項目も
週に1度くらいはチェックしたほうがいいのかもしれませんね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高齢プロフェッショナルの教え

最高齢プロフェッショナルの教え
最高齢プロフェッショナルの教え

(2010/12/17)
徳間書店取材班 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:28

徳間書店、高嶋さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

最高齢のプロフェッショナルとは、
最高の技術を持ったプロフェッショナルだった。

そして、最高にカッコイイ。

本書は、15人の仕事の達人へのインタビュー集。
達人たちの平均年齢は85.7歳。

彼らの辞書には、「定年」という言葉はありません。

彼らは、いかにして天職を見つけたのか?
なぜ、その年齢まで現役でいられるのか?

達人たちは、それぞれの言葉で、その秘訣を語ります。

最初のインタビューに登場するのは、現役最高齢の漫画家、
やなせたかしさん、91歳。

言わずと知れた、「アンパンマン」の生みの親です。

  「“こんな仕事、自分のやる仕事じゃない”なんて言わずに、
  何でもやっておくといい。その経験はすぐにやくだつものでは
  ないかもしれないけれど、すべて自分の血や肉になっている。
  5年後、10年後、20年後に“あのときの経験が、
  今、生きているんだな”と思えるときがやってきます。」

同じような話しを聞いたことがあるかもしれませんが、
この言葉を91歳で、現役でバリバリやっている
やなせさんから聞くと、やはり重みが違いますね。

そして、次に登場するのは、
現役最高齢パイロットの高橋淳さん。88歳。

日本国内の小型飛行機なら、操縦できないものはないという
飛行機の神様。

  「しょせん、飛行機なんて鳥の真似ごとをしているだけで、
  本当に鳥になれるわけじゃありません。
  人間がつくって人間が操縦する飛行機ですから、
  どこまでいっても不完全です。
  でも、せっかく生まれてきたんだから、
  僕は死ぬまで進歩したい。」

本書でインタビューされる15人は、
それぞれ生い立ちも違えば、進んだ道も違います。

しかし、共通して持つのは、仕事に対する飽くなき探究心。

だからこそ、高齢になった今でも進化し続けられる。

もし、こんなカッコイイ老人が増えるのなら、
高齢化が進む日本の将来も明るいように思えます。

この本から何を活かすか?

現役最高齢のライフセーバー、本間錦さん(88歳)は、
毎年4月に、自分で考えた3つの体力検定を行っているそうです。

本間さんの体力検定は次の3つ。

1つ目は、自宅から海岸までの4.5キロを
自転車で15分で移動すること。

2つ目は、その途中にある急勾配の坂を
自転車で一気に登って息切れしないこと。

3つ目は、海岸から30メートル先のテトラポッドまで
潜水で泳いでいけること。

やはり、体力面でも「測定」することが大切ですね。

私も本間さんのように、自分だけの
体力検定を考えてみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

お金の流れが変わった!

お金の流れが変わった! (PHP新書)
お金の流れが変わった! (PHP新書)
(2010/12/16)
大前 研一 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:27

  「ずばりいおう。多くの国民がいま口には出せないが
  心の中で感じていることを。
  “政権交代は誤りだった!”」

大前研一さんが、ズバリ言うのはいつものこと。
それを期待して読む人もいるかもしれません。

本書では、他にも

  「民主党は市場からの制裁を受けるのではないか」

  「民主党には、いいかげんで子どもだましの
  “マニュフェストごっこ”をやめろ!といいたい」

などの手厳しい発言があります。

本書は、雑誌「Voice」に連載した大前さんの論稿に
加筆し、再構成したもです。

タイトルになっている「お金の流れが変わった!」とは、
4000兆円もの「ホームレス・マネー」が、
大挙して新興国へ向かっている状況を指します。

ホームレス・マネーとは、大前さんの造語で、
投資先を探して世界をさまよう、逃げ足の速いお金。

ホームレス・マネーが世界経済を翻弄する。

そのホームレス・マネーが向かっている先は、
アメリカでも中国でもなく、もちろん日本でもありません。

時代は「BRICs」から「VITAMIN」へ。

「VITAMIN」というのも大前さんの造語で、
(V)ヴェトナム、(I)インドネシア、(T)タイ、トルコ、
(A)アルゼンチン、南アフリカ、(M)メキシコ、
(I)イラン、イラク、(N)ナイジェリアを指すそうです。

その新たな世界経済の潮流を踏まえて、日本はどうすべきか?

本書では、新興国市場とホームレス・マネーの
活用戦略として、日本の処方箋が示されています。

公共事業をパッケージ化して売る、原子力発電、
法人需要、コンシューマー需要・・・

更に国内の再成長戦略としても、相続税免除、
減価償却期間の短縮、湾岸100万都市構想など。

正直、大前さんの発言をフォローしている人にとっては、
あまり目新しい提言はないでしょう。

しかし、現時点での大前さんの考えを
確認するには良い本だと思います。

この本から何を活かすか?

個人は、大前さんの発言から、何を参考にしたら良いのか?

私は主に3つのことを考えて、
いつも大前さんの本を読みます。

1つ目。大前さんが前提としているフレームは何か?
2つ目。どのように考えたら、大前さんと同じような発想ができるのか?
3つ目。大前さんが新たに注目している国はどこか?

ちなみに今回、私が本書を読んで、
もう少し詳しく調べてみようと思った国は「チリ」です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不合理な地球人

不合理な地球人 お金とココロの行動経済学
不合理な地球人 お金とココロの行動経済学
(2010/12/07)
ハワード・S・ダンフォード 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

「この惑星の住人は・・・」でお馴染みの
サントリー缶コーヒーBOSSのコマーシャル。

米俳優のトミー・リー・ジョーンズさん演じる
宇宙人ジョーンズが、地球の潜入調査を行うという
コンセプトで、2006年から続く人気シリーズですね。

本書は、その宇宙人ジョーンズが、
(正確には、BOSSの宇宙人ジョーンズによく似た宇宙人)
行動経済学者の研究室を訪れ、
不合理な地球人の振る舞いについて話し合う
という設定で書かれています。

  プロローグ 地球人は限定的に合理的だ
  第1章 地球人は間違った直感を使う
  第2章 地球人は「損失回避」が大好きだ
  第3章 地球人は社会的不公正に憤慨する
  第4章 地球人は時間の影響を受けやすい
  第5章 地球人はコロコロと態度を変える
  第6章 地球人は使ったお金にこだわる
  第7章 地球人は選択が大の苦手だ
  エピローグ 地球人は案外騙されやすい

著者はハワード・S・ダンフォードさん。

日本に住むの外国人の方なのか、
日本人のペンネームなのか不明ですが、
少なくとも日本のことは良く知っている方。

翻訳された本ではありません。

私のように、最初、翻訳本と勘違いして読むと、
宇宙人ジョーンズの話しが出てきて、
妙な違和感を覚えます。

ダンフォードさんは、独自に脚色した
行動経済学の有名問題を、宇宙人ジョーンズに出題。

出題される問題は、全部で63問。

合理的に判断する宇宙人ジョーンズと私たち地球人の
違いを見て、行動経済学を楽しく学ぶことができます。

  「そもそもボクが選ぶレジは、なぜかいつも大渋滞する。
  隣のレジはスイスイ進むのに、ボクが選んだレジに限って
  進むのが緩慢だ。いつもそんな気がする。

  しかも、ようやく次は自分の番だとと思ったときに、
  前の客が支払いにモタモタするとか、
  レジのスタッフに文句をつけるとかする」

こういった日常の例を使っているので、
あるあると共感しながら、行動経済学に基づく解説で、
だからそう感じるのかと、納得することができます。

この本から何を活かすか?

  「ここに物事の白黒が4割当たる占い師マーガレットと
  3割しか当たらない占い師ヘレンがいる。

  キミは今転職すべきかどうか真剣に悩んでいるとしよう。

  そこで占い師に見てもらうことにした。
  キミはどっちの占い師に見てもらう方が得だと思う?」

この問題を、宇宙人ジョーンズと一緒に考えてみてください。

ダンフォードさんが、投げかけた問いに、
宇宙人ジョーンズは

  「占い師の当たる確率は数字で表せません」

とツッコミを入れながらも、
瞬時に合理的判断で答えを出しています。

宇宙人ジョーンズが出した答えは、占い師ヘレン。

マーガレットの当たる確率は4割、当たらない確率は6割。
一方、ヘレンの当たる確率は3割、当たらない確率は7割。

つまり、ヘレンに占ってもらってその逆の行動をとれば
7割の確率で当たるということ。

投資の世界では、「曲がり屋に向かえ!」という格言があります。

その人の言うことは、いつも外れるので、
逆に張った方が儲かるということ。

北浜流一郎さんや、榊原英資さんなどが有名ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Facebookをビジネスに使う本

Facebookをビジネスに使う本
Facebookをビジネスに使う本

(2010/11/06)
熊坂 仁美 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

2010年5月に「facebook フェイスブック」の記事を
投稿したときは、facebookのユーザー数が4億人を超えたと書きましたが、
その後、2010年の7月には5億人に達したようです。

facebookの勢いは、依然、止まりませんね。

映画化された「ソーシャル・ネットワーク」も話題です。

本書は、Googleを超えたとも言われるfacebookの
「ファンページ」をビジネスに活用するための本です。

ファンページとはfacebook内にある
無料で作れる企業用のページ。

著者は、フェイスブックの実践研究家の熊坂仁美さん。

実際にfacebookで成功している個人や企業の事例を挙げ、
その集客の仕組みを分かりやすく説明しています。

もちろんこれらの事例はfacebook単独ではなく、
Twitterやブログ、ホームページなどを組み合わせて
収益が上がる仕組みを作っているようです。

  ・wine library tv
   ゲイリー・ベイナーチャックさんがハイテンションで
   ワインの紹介をするサイト

  ・Steve Spangler science
   米国版「でんじろう」さん、科学男の異名を取る
   スティーブ・スパングラーさんのサイト

  ・satisfaction guaranteed
   facebookで成功する日本のファッションブランド

  ・まいあめ工房
   名古屋の組み飴職人が作るオリジナル飴の企画販売

熊坂さん自身のファンページ以外で、
日本の企業の成功事例が紹介されていたのは2社のみです。

まだまだ、日本ではfacebookが浸透していないので、
事例が少ないようですが、だからこそチャンスなのでしょう。

日本国内だけを見ていては、
facebookという大陸で成功することはできません。

私は、「facebook フェイスブック」を読んで、
すぐにfacebookにユーザー登録をしました。

それから8ヶ月経過しましたが、案の定、
ほとんどfacebookを利用していなかったので、
本書を読むまで「ファンページ」の存在さえ知りませんでした。

それでも、本書の説明で流れは十分に理解できましたから、
facebook初心者には、ちょうど良いレベルだと思います。

ただし、本書で概要や大まかな流れをつかんだ後、
もう少し詳しいファンページ開設手順が書かれた
解説書が必要となるかもしれません。

この本から何を活かすか?

このブログはFC2を利用しています。

久しぶりにブログの「環境設定」画面を見てみると、
Twitterの「ツイートする」ボタンや
facebookの「いいね!」ボタンが
簡単に設置できるようになっていました。

ということで、本日より「ツイートする」と
「いいね!」ボタンを設置しました。

よろしくお願いいたします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 08:10 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

稼いでいる人が20代からしてきたこと

稼いでいる人が20代からしてきたこと
稼いでいる人が20代からしてきたこと
(2011/01/19)
西山 昭彦;八代 比呂美;高橋 かのん 商品詳細を見る

満足度★★
付箋数:12

ユナイテッドブックスさんより献本いただきました。
ありがとうございます。

  「本書では、厳しい就職戦線を乗り越え、晴れて社会人になった
  20代の若者たちが、よりよい幸せな仕事人生を送るための
  自分磨きの方法を伝授したい」

本書は、主に20代~30代のビジネスパーソン向けの指南書。

著者の西山昭彦さんが所長を務める西山経営研究所では、
2009年2月に、インターネットを通じてアンケート調査を行いました。

それは、現在、稼いでいる40歳以上の人たちが、
若いころから身につけていた習慣を解明するもの。

アンケートは、40歳以上の個人年収1800万円以上の人、
600万円台の人それぞれ500人ずつ、合計1000人を対象に実施され、
これまでの勉強法、生活、思考パターンなどについて
回答が寄せられたようです。

本書の52個の提言は、その調査結果に基づいたものです。

40歳以上にもなると、社会に出てから20年以上も
経過していますから、若いころからのちょっとした積み重ねが、
大きな差になって出ているはずです。

それでは、本書のアンケート結果をいくつか見てみましょう。

  Q1.月間の読書量は?(雑誌を除く)

   年収1800万円以上 : 20~30代の頃 平均6冊
                  現在 平均5.4冊

   年収600万円台 : 20~30代の頃 平均3.6冊
                現在 平均2.5冊

  Q2.年間の自己投資額は?

   年収1800万円以上 : 20~30代の頃 平均20.3万円
                  現在 平均20.5万円

   年収600万円台 : 20~30代の頃 平均10.2万円
                現在 平均8.2万円

どちらの結果も、年収1800万円以上の人と、
年収600万円台の人では2倍ぐらいの差がありますね。

20代の頃から本をたくさん読み、自己投資をすれば、
稼げる40代になれるという単純なものではありませんが、
将来の年収に影響する一因にはなるのでしょう。

また、本書の52個の提言は、若いビジネスパーソンにとって
有意義なアドバイスですが、必ずしも今回のアンケート調査を
基にしたものではありません。

西山さんの経験から導かれたものも、
多く含んでいるように思えます。

この本から何を活かすか?

本書のアンケート調査について気になる点

・有効回答数は、何件だったのか?

  掲載されている結果は、すべて表示が%。
  N値が示されていません。

・アンケートには、どんな質問項目があったのか?

  通常、こういったアンケート調査をもとにした本では、
  巻末に実際に行ったアンケート質問文が
  掲載されている場合が多いですが、本書に掲載はありません。

・年収600万円台と1800万円台の根拠は?
  
  何をもとに、その人の年収を振り分けたかが示されていません。

せっかくアンケート調査を行ったのなら、
統計的な根拠やアンケートのオリジナル文面を
しっかりと掲載した方が良かったと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はやぶさ、そうまでして君は

はやぶさ、そうまでして君は~生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話
はやぶさ、そうまでして君は~生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話

(2010/12/10)
川口 淳一郎 商品詳細を見る

満足度★★★★★
付箋数:26

打ち上げから7年後の2010年6月13日、
小惑星探査機「はやぶさ」は、
約60億kmに及ぶ航海を終え、地球に帰還しました。

カプセルを切り離したのち、大気圏に再突入し、
最期は巨大な火球となってその使命を終えました。

本書は、前人未到のプロジェクトを成功させた
プロジェクトマネージャー、川口淳一郎さんが書き下ろした
感動のドキュメンタリー。

「はやぶさ」は、2005年11月に小惑星イトカワへの
タッチダウンを成功させた後、様々なトラブルに見舞われました。

特に最後はエンジンが停止寸前の状態になり、
その他あらゆる機器も7年間の宇宙航海で劣化が進み、
帰還が危ぶまれました。

この時、プロジェクトを指揮する川口さんの胸中にあったのは、
何とかミッションを成功させたいという意識ではありませんでした。

  「最後に、自分の目で地球を見せてやろう」

7年間も宇宙の放射線にさらされ、
満身創痍で地球に帰ってきた「はやぶさ」に、
最後に地球を見せてあげたいという想い。

これは、川口さんだけでなく、プロジェクトに携わった
多くのスタッフの共通の願いだった思います。

ある意味、宇宙探査に関わる科学者らしくない発想です。

しかし、この想いこそが、「はやぶさ」が
幾度もの奇跡を起こすことにつながったのでしょう。

それは計算や確率、更には科学を超えた奇跡。

本書には、「はやぶさ」プロジェクトの7年間、
川口さんが何を考え、どう運用したかが綴られています。

ノンフィクションの「はやぶさ本」としては、
山根一眞さんの「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」が
秀逸でした。

一方、本書は7年間「はやぶさ」と苦楽を共にした
川口さんの熱意が伝わる感動の物語です。

挑戦的、野心的、日本には無理だと世界中からいわれたミッションを
「はやぶさ」とプロジェクトチームはやり遂げました。

是非、本書を読んで、「はやぶさ」の数々の奇跡を
一緒に体験してください。

機械であるはずの「はやぶさ」に心を震わされ、
川口さんの得た感動を共有できるはずです。

この本から何を活かすか?

  「奇跡に立ち会える資格」

人生の指針になるような川口さんの言葉なので、
以下、そのまま引用します。

  「奇跡というのは、意図して起こせるものではない。
  そんな言い方をすることがあります。

  では、奇跡がすべて偶然なのかといえば、それも違うでしょう。
  
  狙って起こせるものでないとしても、自分を信じ、
  たとえ愚直であっても、一心に一つのことを貫いていけば、
  奇跡に立ち会える資格だけはもてるのだと思います。」

自分には、奇跡に立ち会える資格があるのか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた
グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた
(2010/11/22)
辻野晃一郎 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:20

私は、ソニー製品を買わなくなってから、久しくなります。

最近では、グーグルの提供するサービスや、
アップルの製品に、かつてのソニー製品が持っていた、
魅力を感じます。

きっと、そう感じるのは私だけではないでしょう。

なぜ、ソニーはかつての輝きを失ってしまったのか?

どうして、グーグルやアップルは
創造的なサービスを生み続けることができるのか?

本書を読むと、その理由がよく分かります。

本書ではソニーで活躍後、グーグルの日本法人社長を務めた
辻野晃一郎さんのビジネス半生が語られています。

と同時に、残念ながら下り坂にあるソニーと、
飛ぶ鳥を落とす勢いのアップルやグーグルとが対比され、
日本企業が国際化できない課題も浮き彫りにします。

辻野さんは、大学卒業後ソニーに入社し、
VAIO、スゴ録などの大ヒット商品を生み出しました。

2006年に22年間勤めたソニーを退社した後、
ヘッドハンティングされて、2007年からグーグルに入社。

2009年1月にグーグル日本法人代表取締役社長に就任。

そして、グーグルがグループ一体経営を強化するため
日本法人の社長職を廃止したのを機に、
2010年4月に同社を退社したという経歴の持ち主です。

割かれているページ数は、ソニー時代のことが3/4、
グーグル時代が1/4という割合。

以下、ソニー時代の印象的なエピソードです。(一部省略)

  「(ソニーは)半ば見切り発車で新商品発表会を行い、
  アップル追撃の切り札としてウォークマンAシリーズなどの
  ウオークマンの新しい生態系をアピールした。

  しかし、そうした我々をあざ笑うかのように
  アップルは同じ日に彼らの次の戦略商品である
  ipod nanoの発表をぶつけて来た。

  彼らの新製品を一目見た瞬間、私は敗北を悟った。」

大きな時代の変化の真っ只中で、
ソニーとグーグルという2大企業で活躍した辻野さん。

その辻野さんが感じた、私たちに最も必要なことは、
「変化を積極的に受け入れる態度」です。

これは、個人でも、企業でも、国でも同じとのことです。

この本から何を活かすか?

辻野さんは、ソニーがソニーらしさを失った一つの原因が、
「設立趣意書」にある創業の理念や原点から、
現在のソニーが外れることが多くなった点にあると考えています。

同様にグーグルについても、今後、「10の真実」から
外れることが多くなれば、
その時が成長への赤信号になると記しています。

これは創業者のDNAがどれだけ受け継がれているかということ。

すでに盛田昭夫さんと井深大さんを失ったソニーと、
サーゲイ・ブリンさんとラリー・ペイジさんが
現役でバリバリやっているグーグルを比べるのも酷な話しですが、
やはり創業者がいるといないでは、大きな違いがあるのでしょう。

これは、アップルのスティーブ・ジョブズさんの
例を考えても当てはまりますね。

そう考えると、グーグル創設者のお2人が
いつまで会社に残るかが、今後もグーグルが成長を続ける
鍵のように思えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:55 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

トリガー・フレーズ

トリガー・フレーズ―自分にスイッチを入れる170の言葉
トリガー・フレーズ―自分にスイッチを入れる170の言葉

(2010/12/02)
本田 直之 商品詳細を見る

満足度★★
付箋数:16

トリガー・フレーズとは、一瞬で自ら動き出すきっかけとなり、
自分にスイッチを入れる言葉。

本書は、本田直之さん自身が選ぶ「本田直之名言集」。

本田さんの過去の著作、17作品から170フレーズが選ばれ、
新たに解説が加えられています。

  「ぱっと開いただけで、私の主な著作に書かれていることが
  一瞬で理解できて、読者のみなさんが
  即座に活用できる本をつくれないか?」

このような本田さんの考えを元に、本書は企画されたようです。

  Chapter1. セルフ・マネジメントの言葉(29フレーズ)
  Chapter2. 自己プロデュースの言葉(22フレーズ)
  Chapter3. レバレッジをきかせる言葉(23フレーズ)
  Chapter4. キャリアを考える言葉(25フレーズ)
  Chapter5. コントリビューションの言葉(26フレーズ)
  Chapter6. インプットのための言葉(24フレーズ)
  Chapter7. プライベートと未来をつくる言葉(21フレーズ)

本田さんといえば、「レバレッジ」が代名詞でしたが、
章の順番、選ばれたフレーズ数から考えても、
セルフ・マネジメントが重要視されていることが分かります。

  「考えると行動には移らない。
  習慣化してしまえば、自動的に身体が動くようになる」
   -レバレッジ・シンキング(本書Chapter1)-

本田さんのモットーである「Doing More With Less
(少ない労力でより多くの成果を)」も、
“習慣化”によるセルフ・マネジメントが前提です。

実際にトリガー・フレーズを読んでみると、
私は出典元の本田さんの本を読んだ記憶が
鮮明に蘇ってきました。

それだけ、印象的なフレーズが過去の著作に
散りばめられていたということですね。

本書は視覚的にインパクトがあるように、
トリガー・フレーズは赤字で大きなフォント、
解説文は青字で小さなフォントで書かれています。

全体的には、かなり余白を生かした構成。

細かなデザインへのこだわりは、本田さんらしいですね。

詳しくは、Amazon「なか見!検索」で確認を。

 この本から何を活かすか?

  「寝つきをよくすれば悩みはなくなる」
   -なまけもののあなたがうまくいく57の法則

  「寝つきがいいのは人生において重要なスキル」
   -ゆるい生き方

本書では基本的に、1ページ1フレーズで書かれていますが、
これら「寝つき」についてのトリガー・フレーズは、
いずれも見開きで2ページを使って書かれています。

本田さんの中では、重要度の高い項目なのかもしれません。

私は異常に寝つきのいい体質です。

横になると、あっという間に記憶がなくなっていますから、
おそらく1分ぐらいで眠りに落ちているのでしょう。

だから、悩みがないのか・・・

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術
プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術

(2010/12/10)
永田 豊志 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

なぜ、残念なプレゼンは眠くなるのか?

もちろん、ハンドアウト(配布資料)を先に渡してしまうことが
その原因ではありません。

ハンドアウトをやめてしまうと、
かえって不便なことが多くなってしまいます。

残念なプレゼンで眠くなる本当の原因は、
わかりずらい、具体的でない、面白くないから。

こう説明するのは、本書の著者、永田豊志さん。

そこで、ちょうどその眠くなるプレゼンの逆、
「わかりやすい」、「具体的」、「面白い」内容で、
オーディエンスに納得してもらい、
行動を起こしてもらうプレゼンを行うのが本書の目的。

そのためには、準備が大切です。

本書では、準備の中でも核となる「構想を練る」段階を
「図解」を使ってロジカルに行う手法を説明します。

永田さんは、その手法を「図解プロット」と呼び、
プレゼンを行う上で、最も重要なプロセスと位置づけています。

         Why?
    [現実]  →  [理想]
                |
  What?  [提案]  How?

図解プロットのコア部分は、現実・理想・提案。

ここから各トピックを詳細情報に展開(ドリルダウン)して、
プレゼンの骨格を作り上げます。

本書は、約200ページの本ですが、
その半分、右側のページがほとんど図解。

その右ページを眺めているだけで、
本書の内容をほぼ理解できますから、
実際に図解の持つパワーを実感できると思います。

なんといっても、永田さんは本書の原稿でさえ、
パワーポイントで書いているそうですから。

本書はプレゼン上級者には、若干物足りないかもしれませんが、
初心者やプレゼンが苦手な人には、かなり心強い一冊です。

とにかく分かりやすい。

頭がよくなる「図解思考」の技術』に続く
「図解思考」シリーズ第2弾という位置づけ。

だたし、前著を読んでいなくても、
本書だけで十分にプレゼンに活用できる内容です。

また、「Business Media 誠」に短期集中連載された
永田さんの記事に、本書の要点が図解付きで掲載されています。

本書に興味がある方は、まずそちらをご覧ください。

 この本から何を活かすか?

一流のプレゼンテーションのアーカイブ「TED」。

永田さんも、本書の中でTEDの
質の高いのプレゼンに触れることを推奨しています。

私は、今まで度々このサイトで
世界的に有名な方のプレゼンを見ていましたが、
日本語訳付きで見れるのは知りませんでした。

同サイトのすべてのプレゼンに、
字幕が付けられているわけではないようですが、
これならもっと気軽に、楽しめますね。

TED Translations Talks in 日本語

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シェア

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

(2010/12/16)
レイチェル・ボッツマン、ルー・ロジャース 他 商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:23

  「お前のモノは俺のモノ、俺のモノも俺のモノ」

これは、「ドラえもん」でのジャイアンのセリフ。

いわゆるジャイアニズムとよばれる考えですが、
本書の思想はその対極にあります。

原題は「What's Mine Is Yours(私のモノはあなたのモノ)」。

もともと、「What's yours is mine, and what's mine is my own」
という言葉がありますから、それをもじったのでしょう。

本書が示すのは、「所有」から開放された
共有型経済(シェアリング・エコノミー)へのムーブメント。

これは、景気が悪いから中古市場が活況となるとか、
節約のためにレンタルする機会多くなるのとは違います。

「何を持っているか?」から、「どうシェアするか?」へ。

共有する対象は、モノだけではなく、
サービスや知識までもが含まれます。

これは、モノの「形」ではなく、
「価値」そのものに焦点が当たっているということ。

そして、共有の根底にあるのは、「評価と信頼」。

これがインターネットの進化によって担保されることで、
顔見知りの人だけの狭い範囲の共有から、
見ず知らずの人との世界的な共有へと広がります。

本書では、大きなうねりとなりつつある「コラボ消費」を
3つのモデルに分類し、事例を示します。

  モデル1. プロダクト=サービス・システム
  モデル2. 再分配市場
  モデル3. コラボ的ライフスタイル

成功事例として紹介される企業は、ネットフリックス、ジップカー、
ゾーパ、スワップ・ドットコム、スレッドアップなど。

私には、馴染みのある企業が少なかったですが、
同様のサービスが日本で出てくるのも時間の問題ですね。

そして、成功事例に共通する原則は、
「クリティカル・マス」、「余剰キャパシティ」、「共有資源の尊重」、
「他者への信頼」の4つが挙げられています。

本書は、「所有」か「シェア」かの
二者択一を迫っているわけではありません。

今より「所有」の割合が減り、「シェア」の割合が増えるものの、
現実として私たちは、すべてを「所有」することも、
すべてを「シェア」することもできませんから、
「所有」と「シェア」が共存していくのが将来の姿です。

この本から何を活かすか?

本書の表紙のデザイン、どこかで見たことあるな~と思ったら、
同じNHK出版より刊行されているクリス・アンダーソンさんの
フリー」とソックリでした。

もちろん、本書は「フリー」の続編でもありませんし、
著者のレイチェル・ボッツマンさんとルー・ロジャースさんは、
クリス・アンダーソンさんと関係があるわけでもありません。

あくまでもNHK出版社の思惑です。

それはさておき、NHK出版といえば「テキスト」の
イメージしかありませんでしたが、
「フリー」についても本書についても良書が続いています。

今後も、NHK出版には注目したいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザッポス伝説

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
(2010/12/03)
トニー・シェイ 商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:29

ザッポス」というネットショッピングの会社をご存知でしょうか?

ラスベガスに本社を置き、アメリカとカナダで靴を中心に、
衣料やアクセサリーなどをオンライン販売する会社です。

この会社、顧客対応にまつわる数々の伝説を持つことで有名です。

その伝説は、リッツカールトンやノードストロームに
勝るとも劣りません。

伝説の中でも、母親を亡くした女性への対応が有名です。

  ある女性が、母親を突然亡くしたため、
  プレゼント用に購入した靴の返品を申し出ました。

  規約では、返品する側が集配所まで届ける必要があるところ、
  事情を知ったコールセンター社員は、
  集荷のために宅配業者を手配しました。

  そして悲しみにくれていた女性の元へは、
  翌日、担当した社員からの手書きのメッセージカードと
  お悔やみの花束が届きました・・・

こういったザッポス伝説は、多くのブログやメルマガで
紹介され話題を呼んでいます。

詳しくは、石塚しのぶさんの「ザッポスの奇跡」をご覧ください。

さて、本書は感動を届ける企業、ザッポスのCEO、
トニー・シェイさん自らが明かすザッポスの秘密。

伝説の裏側はどなっているのか?
いかにしてザッポスの企業文化は作られたのか?

シェイさんが9歳で行ったミミズ養殖ビジネスから始まり、
ザッポス創業から、10年で売上高10億ドルを超える企業に
成長させる過程、そしてアマゾン買収の真実までの歴史が
カジュアルに語られています。

伝説を作り上げる企業であっても、資金繰りに苦しんだり、
レイオフが行われるなどの、キレイごとだけでは済まされない
ビジネスの現実があります。

それでもなお、「ハピネス」を届ける精神で
顧客だけでなく社員をも熱狂させる企業文化が
ザッポスの急成長を支えているようです。

純粋に伝説に感動したければ、
ザッポスの奇跡」の方がいいと思いますが、
伝説の原点を知りたい、そこで働く社員の生の声を
聞きたいという場合は、本書の方がリアルでいいですね。

この本から何を活かすか?

  「あなたの人生のゴールは何ですか?」

本書の最終章で、シェイさんは読者に問いかけます。

そして、更に問いは続きます。

  それは、「なぜ?」

人生のゴールは人によって異なりますが、
この「なぜ?」を何度か繰り返して、理由を深堀していくと
最後は誰もが共通の「ハピネス」へ到達すると
シェイさんは言います。

私も、このブログを通じて、
ザッポスのようにはいかないかもしれませんが、
ハピネス・ムーブメントに何か貢献できないかを
考えてみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:31 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編

ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法
ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法
(2010/11/26)
デビッド・アレン 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

デビッド・アレンさんの「GTD」シリーズ第3弾。

GTDとは、Getting Things Doneの略で、
デビッド・アレンさんが提唱する心理的ストレスを減らした
システマチックなタスクの管理手法です。

日本では、本書の監訳者で百式管理人の
田口元さんによって広められました。

最初に同シリーズ第1弾の「ストレスフリーの仕事術」が
日本で刊行されたのが、2006年のことですから
もう5年も経っているんですね。時の流れは早いものです。

さて本書は、2008年に刊行された
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」が
基本編であるのに対し、その応用編という位置づけ。

基礎編と応用編では、何が違うのか?

脳の負荷を減らすため、気になることは書き出し、
できるだけシンプルに、そしてシステマチックに
状況をコントロールしていくことに、変わりはありません。

ただし、同じ状況をコントロールするにしても、
全体を見通した上で、個々のタスクの処理に
あたっているか否かで、行き着く先が大きく違ってきます。

本書では、基礎編で紹介されていた5つのステップに
(収集→見極め→整理→見直し→行動)
将来を見通すための、もう一つの軸が加えられました。

  ・高度0メートル-行動(状況コントロールの最後のステップ)
  ・高度1000メートル-プロジェクト
  ・高度2000メートル-注意を向けるべき分野や責任を負っている分野
  ・高度3000メートル-目標やゴール
  ・高度4000メートル-構想
  ・高度5000メートル-目的と価値観

ここでいう「高度」とは、視野の大きさを象徴的に表したもの。

ポイントは、常に「全体」を意識しつつ、
「部分」でのタスク処理にあたること。

GTDの効果は仕事のみにとどまらず、プライベートでも、
わたしたちのストレスを軽減してくれます。

本書は、前作に引き続き細かなノウハウよりも、
その理論や概念を深く解説した本になっています。

この本から何を活かすか?

田口さんがまとめた、「GTDを実践している人の“7つの習慣”」が、
本書の巻末に掲載されていました。

  1.思いついたらすぐメモをする
  2.To Doリストが状況別に整理されている
  3.具体的なアクションが想像できるTo Doになっている
  4.リマインダーツールを使いこなしている
  5.週次レビューを実践している
  6.2分ルールを実践
  7.思いついたらチェックリストを作る

私はこの中で、3番と5番ができていません。
今日から実践してみます。

3番の中で紹介されている「タイムタギング」については、
田口さんの「idea*idea」の記事を参照してください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日常生活に潜むゲーム理論

日常生活に潜むゲーム理論
日常生活に潜むゲーム理論
(2010/12/02)
レン・フィッシャー 商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:28

原題「Rock, Paper, Scissors: Game Theory in Everyday Life」。
本書は、ゲーム理論の入門書。

本書が特徴的なのは、
単に日常生活に潜むゲーム理論の例を取り上げるだけでなく、
そのジレンマから、いかに抜け出すかを考察している点です。

そのため、本書は「ナッシュ均衡」を
あえて「ナッシュの落とし穴」と呼んでいます。

ゲーム理論というと、「対立」の面が注目されるケースが多いですが、
本書では、ジレンマから抜け出すために
現実的にとりうる「協調」の戦略を中心に考えます。

ゲーム理論の本としては、少し王道から外れている理由は、
著者のレン・フィッシャーさんが、
ゲーム理論の専門家ではなく、物理学者だから。

フィッシャーさんは、「How to Dunk a Doughnut
(ドーナツの最適なお茶への浸し方)」で1999年の
イグノーベル賞・物理学賞を受賞した方。

ちなみに、、イグノーベル賞とは、
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に
与えられる賞です。

この受賞歴からもフィッシャーさんのユニークさが
理解していただけると思います。

以下、フィッシャーさんが選んだ日々の暮らしで、
協調するためのヒント「ベストテン」。

  1. 得をすればそのまま、損をすれば変える。
  2. 別のプレーヤーを入れる。双方向プレーなら三方向に変える。
  3. 何らかの形の「お互いさま」を立てる。
  4. 将来の選択肢を、自分が背信に回ったら損をするように制限する。
  5. 信頼する。
  6. いずれの側も背信に回れば必ず損をするような状況を創出する。
  7. 協調的連帯を創出・維持するために袖の下を使う。
  8. 七つの致命的ジレンマに気をつけて、
    利益と費用がいろいろなプレーヤーに行くよう整理しておいて、
    ジレンマが消えるようにする。
  9. 財、責任、仕事、罰を分割し、
    恨みっこなしの結果をもたらすようにする。
  10. 大きな集団は小さな集団に分ける。

本書の解説も十分にわかりやすいですが、
私たち日本人にとっては、やはり吉本佳生さんの本
出ているゲーム理論の例の方が、馴染みやすいように思えます。

この本から何を活かすか?

離婚騒動で芸能ニュースを騒がせていた
ハイパーメディアクリエーターの高城剛さん
女優の沢尻エリカさんの復縁が報道されています。

スポーツ報知の記事
沢尻エリカ、高城氏と復縁?バルセロナで目撃情報

これもゲーム理論的に考えると、
沢尻さんが戦略を変え、復縁することが
2人にとって最も得な協調解だったと思われます。

ただし、これはプレーヤーが2人と限定された場合。

果たして、他のプレーヤーも含めて考えると、
復縁が利得を最大にする選択だったのでしょうか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生は1冊のノートにまとめなさい

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
(2010/11/27)
奥野 宣之 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:28

ノートに残す「ライフログ」についての本。

著書は「100円ノート」シリーズでお馴染みの奥野宣之さん。
本書は、シリーズ第3弾です。

ライフログとは、日々の生活の記録。

マイクロソフト研究所ゴードン・ベルさんの
ライフログのすすめ」で有名になったので、
一般にはデジタルに記録することとして認知されています。

奥野さんは、この人生の記録をデジタル化せずに、
「100円」ノートに記録することを本書でススメます。

なぜ、デジタルではなく、アナログなのか?

それは、体験した時の「空気」が残せるから。

本書には、実際に奥野さんがノートに残した記録が
カラー写真で紹介されていますが、
確かに、それらを眺めていても、
その場の雰囲気や感覚が伝わってくる感じがします。

他人の私が見てもなんとなく空気感が分かるぐらいですから、
本人が読み返せば、生々しい記憶として蘇ることは
間違いないと思います。

ライフログの手帳との違いは、予定ではなく、
実際に起こった現実を記録すること。

日記との違いは、1日を振り返って内省するのではなく、
事実を即時に記録していくこと。

そもそも、ベルさんも「ライフログ」を、
公開する目的の「ライフブログ」とは違い、
あくまでも個人的なものとして人には見せないことを
前提にしていたはずです。

そうであるなら、デジタルにこだわる必要はなく、
その人のライフスタイルと継続しやすさを重視して、
デジタルかアナログかを選ぶべきでしょう。

いずれの方法でも、ログを残すことで、
何気なくなく過ぎ去る日常が、確固とした体験として、
自分の中に刻み込むことができそうですね。

あと、ライフログが、「続けたいことを続ける」サポーター役として、
また「なかなかやめられないことをやめる」矯正器具として、
機能するという点も魅力的。

この本から何を活かすか?

そういえば、私の妻は「10年日記」をつけています。

その日の出来事や食べたものを記録しているようですから、
これこそライフログですね。

書き始めて10年以上経つので、
「ライフログマスター」と呼んでもいいかもしれません。

まずは、私もノート一冊から始めてみたいと思います。

1/8(土)
4:05 起床。かなり寒い。今日は明け方、何度も目が覚めなかった。
4:10 シャワー。シャンプー残り少ない。
4:25 コーヒーを入れる。窓開けようとしたが、凍りついて開かず。
4:30 マーケットの動きをチェック。ドル円売約定。
4:58 「人生は1冊のノートにまとめなさい」読書メモ作成。
    読書メモA5のノートに移行を検討。
5:30 ブログ下書き。
    途中、脱線。楽天でスキー板探す。Googleガジェット不調。
6:10 ブログ記事アップ、推敲。PCもうダメか?外の除雪うるさい。
6:36 記事投稿。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

強さと脆さ

強さと脆さ
強さと脆さ

(2010/11/27)
ナシーム・ニコラス・タレブ 商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:26

本書は、「ブラック・スワン」の第2版兼ペーパーバック版のために
新たに書き下ろされた100ページ程度の長いエッセイ部分を
独立させ単行本化したものです。

なぜ、ナシーム・ニコラス・タレブさんは、
追補版として、そんなに長いエッセイを書いたのか?

それは、良くも悪くも「ブラック・スワン」の
評判があまりにも大きかったからでしょう。

日本では、リーマンショック後に「ブラック・スワン」が
刊行されているので、それほど話題になっていないかもしれませんが、
原書は金融危機より1年以上前に出ていますから、
そのインパクトと反響はなかり大きなものでした。

「ブラック・スワン」という言葉が、一つの経済用語として、
一般に使われるようになったほどですから。

本書では、エッセイとして、あちこちに話しが飛びながらも、
後半にかけて、ブラック・スワンにどう備えるかが
まとめられています。

  1.時の試練と、はっきりとは現れない知識に敬意を持つ
  2.最適化を避ける。無駄を愛することを学ぶ
  3.確率の小さいペイオフを予測しない。普通の事象ならその限りにあらず
  4.起こりにくい事象に、「典型的な姿」なんてないのに気をつける
  5.ボーナスの支払いにはモラル・ハザードがついてまわるのに注意する
  6.リスク指標は避けて通る
  7.よい黒い白鳥か悪い黒い白鳥か
  8.ボラティリティが見られないのをリスクがないのと取り違えない
  9.リスクを表す数字を見たら気をつけろ

対処法をまとめるのは、どこかタレブさんらしくないように
感じるかもしれませんが、相変わらずのタレブ節は本書でも健在。

むしろ、過去の著作以上に拍車がかかっているかもしれません。

本書は、訳者の望月衛さんらの努力によって、
ブラック・スワン」や「まぐれ」を読んでいなくても、
話しが成立するように工夫されています。

しかし、「ブラック・スワン」や「まぐれ」を読んでいたからといって、
タレブさんの言い回しが理解できるとも限らないので、
望月さんらの苦労の甲斐があったかどうかは、微妙なところ。

「ブラック・スワン」の著者自身による解説本ですが、
本書にもまた、更に解説が必要な本かもしれません。

この本から何を活かすか?

本書では、巻末の原注でもタレブ節が存分に楽しめます。

以下、タレブさんが嫌いなノーベル経済学賞の受賞者、
ロバート・マートンさんについての原注。

  ロバート・マートンは第17章の悪役で、機械のような頭を持った
  人だといわれている(どれくらいひどいかといえば、
  好きなものは機械であり、喩えに機械を使って不確実性を
  表現したりするほどだそうだ)。

  この人は、黒い白鳥にだまされるのがどれだけ危険なことかを
  身をもって示すためだけに、この世に生を受けた・・・

散々な言われようですね。

LTCMの一件があるので、いろいろと言われることが
あると思いますが、個人的にはマートンさんの
現代ファイナンス論」は良書だと思います。

私は、タレブさんの原注を、読み飛ばしているところもあるので、
もう少しジックリ読んで、タレブ節を堪能したいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食える数学

食える数学
食える数学
(2010/11/16)
神永 正博 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

  「本書『食える数学』は、数学をいかに役立て、
  数学でいかに食っていくかに焦点をあてて書きました。」

著者は、当ブログでも以前、
不透明な時代を見抜く「統計思考力」』を
紹介したことのある神永正博さん。

本書では、ロマンや美しさではない、
実学としての数学を徹底追及します。

  「“数学そのものが、現実にどう生きているか”を
  伝えることも、忘れてはいけないとわたしは思います。

  ガロアが、決闘によりわずか20歳で息絶え、
  アベールが世紀の大発見を残して結核でなくなったことを知るよりも、
  ガロアがきり拓いた群論という分野や、
  アベールによる“五次以上の代数方程式には解の公式が存在しない”
  という証明そのものについて知るほうが、
  何百倍も意義があるはずだからです。」

確かに、数学者の数奇なエピソードは魅力的ですが、
数学が実際に、どのように役立っているかを知ることの方が
数学の存在意義をリアルに感じ取れますね。

Suica、ネットショッピング、QRコード、迷惑メールの振り分け・・・

私たちの生活に欠かすことのできない数学。

しかし、一見、それがどのように役立っているか
見えにくいのも数学の特徴ですから、
本書のように真正面から、役に立つことを主張する本も
あって然るべきですね。

「数学って将来、何かの役に立つの?」

これは数学嫌いの人が一度は口にするセリフ。
やはり神永さんのように、キチンと役立つと答えることも必要です。

本書では、数学者以外の人が
数学と、どのように付き合っていったら良いかという
ヒントが示されています。

また、本書では、数学を生かす仕事として、
保険設計をするアクチュアリーが紹介されいましたが、
個人的には、「食える数学」で、
真っ先に思い浮かぶのが「クオンツ」です。

どうせなら、ウォール街で凄まじく稼いでいる
数学者達について触れても良かったように思えます。

この本から何を活かすか?

土木工学を学ぶ人なら知らない人はいない「タコマ橋」。

本書では、固有値と共振をイメージするために、
この例が紹介されていました。

風に含まれる振動数成分と橋の振動数が近かったせいで、
共振が起こり、崩壊したとのこと。



私はこの映像、初めて見ましたが、
凄いことが起こるものですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 06:59 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

日本経済「余命3年」

日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか
日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか

(2010/11/25)
竹中 平蔵、池田 信夫 他 商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:23

プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、
国の債務に関わる元利払い以外の歳出と、
公債発行などを除いた歳出との収支。

プライマリーバランスの均衡と、
金利が上昇するしないは無関係です。

これは、2001年の「骨太の方針」で、
経済財政政策担当大臣だった竹中平蔵さんが
はじめて政府に持ち込んだ考え。

当時の国会で、トンチンカンな意見を述べた国会議員がいます。

  「竹中さんはプライマリーバランスを均衡させるなどど
  格好いいことをいうけれど、これから金利が上昇したら、
  そんなこと絶対にできない」

この発言をしたのは、誰あろう、2010年1月現在、
日本の内閣総理大臣を務める、菅直人さん。

さて、本書はそんな不安な状況にある日本の
国としての在り方を議論した本。

論じられる内容は、財政問題、税制、社会保障、政府の役割など。

財政学の専門家の土居丈朗さんと、社会保障の専門家の鈴木亘さんが、
それぞれ現状報告を行い、それに対して竹中平蔵さんが
日本が目指すべき方向を論じます。

全体の司会を務め、意見を取りまとめるのは池田信夫さん。

主役は、あくまで竹中さんの討論です。

池田さんが、竹中さんの考えに賛同していることもあり、
全体的に落ち着いて、おだやかに議論が進みます。

参加者の中で主張が対立することもなく、
突飛な意見を言う人もいないので、
討論としては、ちょっと面白味に欠けるかもしれません。

また、誰も竹中さんの考えに反対意見を述べないので、
スムーズに話しが進行する一方、
議論の幅が狭いという感じが残ります。

ちなみに、タイトルにある「余命3年」とは、
日本経済が今のように奇妙に安定した状態は、
あと3年ぐらいしか続かないという意味。

竹中さんの言葉ですが、議論の中では、
取り立てて危機を煽るようなトーンの発言ではありません。

この本から何を活かすか?

「社会保障費」と「社会保障関係費」の違いって何?

以下、本書の鈴木さんの説明より。

社会保障費とは、日本の場合、ほぼ社会保険。
これは一般会計ではなく特別会計。

一方、社会保障関係費とは、生活保護や障害者手当、
児童手当など社会保障の本体ではないもので、
こちらは一般会計。

ただし、2010年度の社会保障関係費27.3兆円の内、
生活保護などの公費で支出せざるを得ないものは、
わずか6.6兆円とのこと。

残り20.7兆円は社会保険に対して国が出している
根拠不明な公費とのこと。

高齢化が進む中で、社会保障関係費をカットできない
というのは単なる思い込みのようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

イシューからはじめよ

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
(2010/11/24)
安宅和人 商品詳細を見る

満足度★★★★★
付箋数:55

私は、この本を2010年の大晦日に読みました。

その時感じたのは、こんな素晴らしい本で
1年を締めくくれたことの幸せ。

そして2011年は、この本の記事からブログを
スタートできることも、また極上の喜びです。

私にとっては、1月1日にして、今年はこの本を上回る本が
出てこないのではないかと思わせるような一冊。

著者の安宅和人さんは、
マッキンゼーでコンサルタントとして活躍する途中で、
米イェール大学に留学して、脳神経科学の Ph.D.を取得し、
帰国後、マッキンゼーに復職したという異色のキャリアの持ち主。

現在は、ヤフー株式会社COO室室長。

そんなバックグラウンドもあって、
本書では、ビジネスが「科学」されています。

安宅さんは、高い生産性を生むカギは「イシュー」にあると言います。

それでは「イシュー」とは、いったい何か?

一般には、論点や問題点という訳になりますが、
本書では、単なる問題を指す言葉として扱われていません。

イシューとは、現時点で白黒ハッキリさるべき根本的な問題。
そして、深い仮説があり、必ず答えが出せるもの。

世の中には、問題かもしれないと思われることが100あっても、
その内、イシューとなるのはせいぜい2つか3つ。

更に、イシュー度が高い問題でも、その時点で、
答えを出す手段があるものは、その半分で、
全体の1%しかないとのこと。

それでは、なぜ、イシューからはじめるべきなのか?

それは、いくら仕事の質が高くても、
そもそも取り組んでいる課題のイシュー度が低ければ、
何のバリューも生み出さず、徒労で終わってしまうから。

それでは、どうしたらイシューを見極められるのか?

まずは、言葉にすること。
そして、その主語を確認してみること。

一見、イシューに見えても、「誰にとって」という
主語の部分を入れ替えても成り立つものは、
まだイシューではないようです。

本書では随所に、利根川進さんやエンリコ・フェルミさんなど、
優れた科学者の思考法の例が示されているのが印象的。

  (実験には)2つの結果がある。
  もし結果が仮説を確認したなら、君は何かを計測したことになる。
  もし結果が仮説に反していたなら、君は何かを発見したことになる。
                          -エンリコ・フェルミ-

何に答えを出す必要があるのか、それには何を明確にするのか、
分析をイシュードリブンで設計していくと、
たとえ分析結果が想定と異なっていても、
意味のあるアウトプットになる可能性が高いようです。

本書は、明快な論理構成により
優れた知的生産への道筋が見通せる傑作。

私は、ブログの記事で激賞することは少ないですが、
本書については言わせていただきます。

2011年は「イシューからはじめよ」ではじめよ。

この本から何を活かすか?

プロジェクトが始まったら、できるだけ早い段階で
第1次のストーリーラインをつくる。

3、4ヶ月のプロジェクトであれば、第1週目の最後が目安。

これを「ワン・ウィーク・アンサー(1週目の答え)」と言うそうです。

もちろんイシューが見極め、解決できるサイズに
イシューを分解してからのことですが。

これって、大きなプロジェクトに限らず
いろいろな場面で応用できそうですね。

60分で何かの答えを出さなければならないときは、
最初の5分で、一度、ファイブ・ミニッツ・アンサーを出すなど。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 11:27 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

2011謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年中はたいへんお世話になりました。

本日は、後ほど「イシューからはじめよ」の記事を
更新します。

今年は1/2(日)~1/4(火)までを、正月休みとさせていただきます。

1/5(水)より、通常の更新を再開いたしますので、
よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| お知らせ | 07:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |