活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

「働きがい」なんて求めるな。(2010/07/22)牧野正幸 商品詳細を見る満足度★★★付箋数:232010年の「働きがいのある会社」調査で、NO.1に選出された株式会社ワークスアプリケーションズ。その代表取締役CEOを務める牧野正幸さんは、次のように語ります。  「働きがいのある会社っていうのは確かに色んな意味で  良い会社であろうが、多くの人にとっては・・・  いや多くの現代日本人(すなわち、あなただ!)にとっては、  ...

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階(2010/07/22)ジェームズ・C・コリンズ(James C. Collins) 商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:38ジェームズ・コリンズさんの「How The Mighty Fall」の邦訳本。『ビジョナリー・カンパニー』と『ビジョナリー・カンパニー2』で、一度は「偉大」として取り上げた企業が、いかにして衰退の経過をたどったかを解き明かします。調査対象は、モトローラ、メルク、HP、ラバーメイド、サーキット・...

特捜神話の終焉(2010/07/22)郷原 信郎 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:18元東京地検特捜部検事と有罪判決を受けた元被告の対談集。検事側で本対談のホストを務めるのは、郷原信郎さん。郷原さんは、2006年に検事を退官した後、俗に言うヤメ検弁護士として刑事事件を取り扱わず、コンプライアンスの専門家として活躍する変り種。検察という組織を、内側からも外側からも、客観的な視点で見てみきた人物という印象です。一...

ラテに感謝! How Starbucks Saved My Life―転落エリートの私を救った世界最高の仕事(2010/03/05)マイケル・ゲイツ・ギル 商品詳細を見る満足度★★★付箋数:16  「これはアメリカのエスタブリッシュメントの頂点から  転落した年老いた白人男性が、生まれや育ちがまったく異なる  若いアフリカ系アメリカ人の女性と偶然出会い、  人生で大切なものはなにかを学んだ真実の物語である。」本書の著者であり、主人公のマイケル...

アインシュタインと猿 パズルでのぞく物理の世界 (サイエンス・アイ新書)(2010/07/17)竹内 薫 原田 章夫 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:20あまりこんなこと聞かれる機会はありませんが、「好きな科学作家は?」と問われれば、私が挙げるのは、福岡伸一さんと竹内薫さんのお二人。本書は、その竹内薫さんの処女作の復刻版。  「いまあなたは、恐るべき“迷著”の世界に一歩、  足を踏み入れようとしています。  この本は、...

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則(2010/07/15)カーマイン・ガロ 商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:30  「ジョブズのテクニックは分析し、身につけることが可能で、  そうすればあなたも聞き手に身を乗りださせることができる。」本書は世界最高のプレゼンテーションを行なう、スティーブ・ジョブズさんのテクニックを学ぶ本。確かにテクニックは身につけることができるでしょう。だからと言って...

民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論(2010/07/14)大前 研一 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:22本書は2007年11月刊行の「大前流心理経済学」の応用編という位置づけ。「心理経済学」は大前研一さんが「株式・資産形成講座」を立ち上げた直後で、その宣伝の度合いが強く感じられましたが、今回は、これを売り出そうというものはありません。その意味で純粋に、今まで大前研一さんが考えてきたことの集大成になっています。...

エッジエフェクト(界面作用) 福岡伸一対談集(2010/07/07)福岡 伸一 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:16「生物と無生物のあいだ」の福岡伸一さんの対談集。過去の福岡作品とは異なり、ある意味、地が出ています。初作で商業的にヒットしたアーティストが、成功によって自分のやりたい路線で作品を創れるようになると、そのことによって、逆にヒット作が生まれなくなる。そんな場面を見かけることがありますが、福岡さんにも、少...

マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎 世界を変えた“ちょっとした発想” (マルコム・グラッドウェルTHE NEW YORKER傑作選)(2010/07/07)マルコム・グラッドウェル 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:19「ティッピング・ポイント」で有名なマルコム・グラッドウェルさんが1996年からTHE NEW YORKER誌で発表した記事の傑作集。  「誰かの目を通して、他の人間の頭の中から  眺めてみたらどうなる...

お前なんかもう死んでいる ~プロ一発屋に学ぶ50の法則~(2010/06/16)有吉 弘行 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:12  いい大学出て、いい会社に入って、(中略)  そんな人がいつクビ切られたり、会社がなくなったり、  給料ゼロになるかわからない世の中ですからね。  「大変だよな~、サラリーマンやってるのも」  っていう時代ですよね。  まあ僕からすれば、「ザマアミロ!」って思いますけどね。のっけから毒舌を...

ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)(2010/06/17)大鐘 良一 小原 健右 商品詳細を見る 満足度★★★★★付箋数:18NHKで2009年3月8日に放送された「宇宙飛行士はこうして生まれた~密着・最終選抜試験~」を書籍化したもの。日本宇宙航空研究開発機構JAXAは、2008年2月27日付けで、国際宇宙ステーション長期滞在に対応可能な日本人宇宙飛行士の候補者を新規に募集・選抜すると発表しました。(募集要項)前回までの過去4回...

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか(2010/07/07)ダニエル・ピンク 商品詳細を見る 満足度★★★★付箋数:38ブログに貼った付箋数を表示してから記録更新。今まで、出口治明さんの『「思考軸」をつくれ』が最多でしたが、本書があっさりとその記録を塗り替えました。本書は、著者が「ハイ・コンセプト」のダニエル・ピンクさん、翻訳が大前研一さんという最強のタッグ。テーマは、モチベーション。モチベー...

脱・社内奴隷 「伝説の先輩」が教える幸せになるための仕事のルール(2010/08/17)小林一郎 栢原伸也 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:22ユナイテッドブックスさんより献本頂きました。ありがとうございます。本書は、「理想」と「現実」の間で、うまくバランスをとって、「社内奴隷」にならずに仕事をするためのヒントが書かれています。著者の小林一郎さんと栢原伸也さんは、お2人とも現在は青山学院大学で教鞭をとっています...

「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考(2010/07/01)水野俊哉 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:28数千冊のビジネス書を読破し、多くの「まとめ本」を執筆する水野俊哉さん。本書では、水野さんが複雑な情報を整理し、成果を出すために用いている2種類のマトリックスを使った思考法が解説されています。紹介される2種類のマトリックスとは、「マッピング・マトリックス」と「シナジー・マトリックス」。  「まず...

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)(2010/06/25)美崎 栄一郎 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:182009年9月に刊行されて話題を呼んだ、美崎栄一郎さんのデビュー作、『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』の続編。デビュー後、1年も経っていませんが、この本が5作品目となる多作ぶりは、さすがスーパーサラリーマンの美崎さんです。本書には、美崎さんが25名の一般社会人に対して...

佐藤可士和のクリエイティブシンキング(2010/06/26)佐藤 可士和 商品詳細を見る 満足度★★★★付箋数:25「佐藤可士和の超整理術」に続く第2弾。本書は、佐藤可士和さんが日経産業新聞に2008年6月から半年間連載した「クリエイティブをひとつまみ」をベースに加筆修正して、書籍化したものです。空間、情報、思考の整理術について書かれていた「超整理術」は、正直に言って、ちょっと真似しにくい部分がありました。それに比べると本...

特別講義 コンサルタントの整理術 (2010/06/18) 三谷 宏治 商品詳細を見る 満足度★★★★ 付箋数:21 私の中では、この著者の本はハズレがないと 思っている方が、何人かいます。 その一人が、この本の著者である三谷宏治さん。 本書は、過去の三谷さんの作品と比べると、 若干、行間が広く文字数も少なめですが、 簡潔な文章の中にも鋭い視点が満載されています。 今回のテーマは、仕事の整理術。 三谷さんは、締め切りに追われる...

私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~(2010/06/11)アロン シェパード 商品詳細を見る満足度★★★付箋数:16米国Amazonに的を絞った、オンデマンド印刷で自費出版(セルフパブリッシング)するためのマニュアル本。冒頭には、「電子書籍の衝撃」を著した佐々木俊尚さんの特別寄稿が4ページほど掲載されています。本書では、著者のアロン・シェパードさんが長年にわたって築き上...

「思考軸」をつくれ-あの人が「瞬時の判断」を誤らない理由(2010/06/25)出口治明 商品詳細を見る 満足度★★★★付箋数:32当ブログでは2010年7月8日の記事から、私がその本に貼った「付箋の数」を記事冒頭に表示し始めました。本書は、約1ヶ月、24記事の中で最多の付箋数。これは私が、出口治明さんの本を初めて読んだからということもありますが、それを差し引いても得るものが多くありました。出口さんは、日本生命保険を退職後、6...

プレゼンテーション Zen デザイン(2010/06/25)Garr Reynoldsガー・レイノルズ 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:1817カ国で10万部以上売れ、大反響を呼び起こしたガー・レイノルズさんの「プレゼンテーション Zen」。本書はその第2弾。前作で「抑制」「シンプル」「自然さ」を原則としたプレゼンの「幹」を示したのに対し、本作はデザインに特化した「葉」の部分を解説します。ちなみに第3弾、プレゼンの実演部分をテーマに...

 ソロスの講義録  資本主義の呪縛を超えて(2010/06/16)ジョージ・ソロス 商品詳細を見る 満足度★★★付箋数:19最も読みやすい「ソロス哲学」の本。その独特の言い回しによって難解なイメージを持たれるジョージ・ソロスさんですが、本書は話し言葉で記述されているので、過去の著書より分かりやすく感じます。本書はソロスさんが、故郷ハンガリーのブダペストに自らが開設した中央ヨーロッパ大学で2009年10月に行った5日間...

頭がよくなる「経済学思考」の技術(2010/04/16)木暮 太一 商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:17「1つの武器」を徹底的に鍛えて、経済学思考の柱を作る本です。著者は、「今までで一番やさしい経済の教科書」など分かりやすい経済学のシリーズ本を執筆する木暮太一さん。どんなに複雑に見える問題でも、本書では、次の3ステップでその本質を見極めます。  1. 当事者(プレイヤー)の「インセンティブ」を明らかにする  2. ...

交渉の達人(2010/05/21)ディーパック・マルホトラ マックス・H・ベイザーマン 商品詳細を見る満足度★★★★付箋数:25  1912年、セオドア・ルーズベルト元大統領は3期目を目指して  厳しい大統領選挙を戦っていた。  そんなとき、誰もが予想しない難題が持ち上がる。    遊説先で配るための写真入ビラ300万枚の印刷を終えたとき、  選挙対策責任者は大失態に気がついた。  写真家にルーズベルトの写真の使用許可をと...

「問題即解決」101の方法(2010/06/01)ダレン・ブリッジャー デヴィッド・ルイス 商品詳細を見る 満足度★★付箋数:14決して悪い本ではありませんが、私の満足度が高くないのは、事前期待が高まりすぎたからです。「訳者のことば」で小宮一慶さんが、次のように書いています。  「最近、読んだ中でダントツに面白い―。  この本を書いた人は、じつに頭がいい。  それがこの本に惚れ込んだ一番の理由です。」相当な数のビ...