活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Treasure Ship (Can You See What I See?)

Treasure Ship (Can You See What I See?)
Treasure Ship (Can You See What I See?)
(2010/04)
Walter Wick 商品詳細を見る

満足度★★★★

写真家ウォルター・ウィックさんの
「Can You See What I See?」シリーズ第7弾。

写真の中から、アイテムを探すピクチャーパズルです。

日本でも「チャレンジミッケ!」として邦訳版が出ますが、
オリジナル版から約1年遅れのペースで翻訳されているので、
本書の邦訳版が出るのは2011年の4月以降でしょう。

実は、このシリーズの前作前々作
娘のクリスマスプレゼントにしていたのですが、
本書は2009年のクリスマスに出版されていなかったので、
半年ずれて誕生プレゼントとなりました。

今回のテーマは「Treasure Ship: 宝船」。

12場面のパズル写真で構成され、
その中には200以上のアイテムが隠されています。

パズルの中にもストーリーがあり、
今回は“I Shall Rise Again”と刻まれた
1枚の金貨から物語は始まります。

このフレーズが、本書のカギ。

過去のシリーズでは、場面が進むと次第に
アイテムに接近していくクローズアップの手法が
使われていることがありましたが、本書の展開はその逆。

徐々にカメラを引いていき、後になってから
全体像を見せる手法を使っています。

最後のシーンが絵ハガキで終わっているので、
子供に見せた反応としては、「あれ?これで終わり?」と
少し拍子抜けした感じでした。

確かに、前作の「On a Scary Scary Night」に比べると、
スケール感はないのかもしれません。

しかし、実は「JOLLY ROGERのおみやげ屋さん」の
店自体が宝船の一部で作られていたり、
見直すたびに気付く、ウィックさんの仕掛けが今回も満載です。

宝船が実在した証拠を、あちこちで見つけることで、
この本こそが自分の宝物となるような作品ですね。

日本のアマゾンでは、本の中身が見れませんので、
ちょっと覗いて見たい方は、ウィックさんのサイト
ご覧ください。3ページほど見ることができます。

また、ウィックさんはFacebookのノートに
本書のメイキングを載せていますので、こちらもどうぞ。

The Making of TREASURE SHIP: Part 1
The Making of TREASURE SHIP: Part 2
The Making of TREASURE SHIP: Part 3
The Making of TREASURE SHIP: Part 4
The Making of TREASURE SHIP: Part 5
The Making of TREASURE SHIP: Part 6
The Making of TREASURE SHIP: Part 7

この本から何を活かすか?

洋書を読まない人、英語が苦手な人でも本書は楽しめるか?

ウチの娘は現在小学4年生。

そんな子供でも十分楽しめるのが本書のシリーズです。

もちろん、読めない単語、知らない単語は出てきますが、
それを調べながらピクチャーパズルを解くのも
一つの楽しみです。

そんな時に役立つのが、電子辞書。

私の今の一押し電子辞書は、セイコーの「SR-G7001M」です。
小型でも英語系辞書が充実しているのがポイント。

また、過去の「Can You See What I See?」シリーズはこちら。

Can You See What I See?
Can You See What I See? Cool Collections
Can You See What I See? The Night Before Christmas
Can You See What I See? Dream Machine
Can You See What I See? Once upon a Time
Can You See What I See? On A Scary Scary Night

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| パズル・DIY | 08:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |