活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アメリカ、中国、そして日本経済はこうなる

アメリカ、中国、そして日本経済はこうなる (WAC BUNKO)
アメリカ、中国、そして日本経済はこうなる (WAC BUNKO)
(2010/04/03)
日下公人、三橋貴明 商品詳細を見る

満足度★★★

新世代、旧世代を代表するエコノミストの実のある対談。

三橋貴明さんは、データの裏付けを元に、
切れ味ある経済分析をするネットエコノミスト。

片や、日下公人さんは保守派の論客としても知られる
経験豊富な日本経済の名ナビゲーター。

このお2人が、世界経済に大きな影響を及ぼす日米中経済の実態、
そして今後の日本経済の行方について対談しています。

  第1章 いま、世界経済はどうなっているのか
  第2章 いまのアメリカ経済を支えているのは公的資金だけ
  第3章 「見栄っ張り中国経済」の真実
  第4章 これからの日本経済の本当の課題
  第5章 日米中、三角関係の主役は日本
  第6章 若者文化が今後の日本を支える

前半は三橋さんの数字を根拠とする論理的な主張が
対談をリードし、後半は日下さんが長年の経験で得た知恵で
経済指標には表れな部分を読み解き主導します。

お2人とも、今後の日本経済については、
概ねポジティブな見方を持っておられるようです。

ただ、細かい部分では考え方や主張にずいぶん違いがあります。

それでも、お2人にとっても読者にとっても
有益な対談が行なわれているのは、
根底にお互いを認め、尊敬する部分があるからでしょう。

日下さんのような大物が、若手の三橋さんから
対談の中で学び取ろうとする姿勢を示すのは、
さすがだなと思いました。

平成22年5月1日の放送で話題になった、
BSジャパン「デキビジ」での勝間和代さんと
西村ひろゆきさんの対談がありましたが、
本書を読むと、オトナの対談と子どもの喧嘩ぐらいの
違いを感じます。

また、三橋さんは根拠のある核心的な主張をしながらも、
マスコミからはあまり歓迎されない節もありますから、
日下さんのような重鎮に認められると、
もっと世に出る機会が増えるかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書の対談の中で、ストックとフローの議論がありました。

ストックは貯金で、フローは収入。

フローが減るのは大問題だが、
ストックが減ってもそれほど困らないということで
お2人は意見が一致しています。

この考えは、フローで余ったものを
ストックに回すお金の流れが前提。

実際に、家計のお金の流れがそうなっている人が
多いのも事実です。

ただ、個人的には、日本人はこの逆の発想が少ないと感じます。

せっかくあるストックを活かして、
なぜフローを生むように工夫しないのか、
不思議でなりません。

また、現在ストックのない人でも、
少しずつストックがフローを生む運用を考えるだけで、
将来が大きく違ってくると思うのですが。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クラウド仕事術

残業ゼロ! 時間と場所に縛られない クラウド仕事術 (アスカビジネス)
残業ゼロ! 時間と場所に縛られない クラウド仕事術 (アスカビジネス)
(2010/04/12)
岡田 充弘 商品詳細を見る
 
満足度★★★

クラウド・コンピューティングとは、データやソフトを
ネットワークのサーバに置いて使うコンピューティング形態。

私の中では、G-mailやSugarSync、Salesforceなどを使って
仕事をするのがクラウドのイメージです。

本書で紹介される仕事術は、実はクラウドっぽくありません。

著者の岡田充弘さんも、まえがきで次のように述べています。

  「本書では“クラウド仕事術”と称しつつも、
  ITの側面だけにこだわらず、ビジネスシーンにおける 
  問題解決や価値創造を目的とした“仕事術の基礎技術”に
  焦点をあてています。」

実際に読んでみると、Googleカレンダーでスケジュールを
管理する以外は、クラウドに関する仕事術は、ほとんどありません。

中身は仕事の効率を上げるためのTIPS集です。

見開きで1トピックを扱い、右ページに説明、
左ページに図やイラストと、さらりと読める
88個のTIPSが読みやすくまとめられています。

  ・個人で備品、文具を所有しない!
  ・身の回りの時計を増やさない!
  ・ビジネス書はガンガン読み切って捨てる!
  ・全てのタスクをメーラーで一元管理!
  ・メッセンジャーを使って細やかな作業確認!

岡田さんは、整理選択の時間削減のため、
また古い情報を溜め込まないために、
本やDVDは見たら破棄することを勧めています。

私は、この考えに馴染めません。

確かに、パッと捨てることは時間の節約になりますが、
資源を無駄にしているように思えます。

自分では手元にとっておく必要のない本でも、
ちょっと考えると、その本を必要とする人はいるものです。

自分が読んだ中古本でも、その人のことを考えて
プレゼントすると、けっこう喜ばれることがあります。

また、あげる人がいない本は、図書館に寄贈してもいいですし、
電話一本で無料で引き取りに来てくれるサービスもありますから、
少し手間をかけるだけで、有効に活用される機会が増えるはずです。

本をゴミ箱に入れる手を止めて、
まずはダンボールに溜めておきませんか?

この本から何を活かすか?

本書で紹介されていたTIPSの中から、
次の2つは、やってみたいと思います。

1.セブンイレブンの「ネットプリント」サービス

  あらかじめネット上にファイルをアップしておいて、
  予約番号1つで、どこのセブンイレブンからも
  印刷できるサービス。

2.ITリテラシーを磨く時間を確保する!

  日常よく使うソフトの、マスターすべき
  便利機能やショートカット機能を一覧にして、
  時間をとり、実践演習を行ないます。

私は、どんな便利機能があるか知らずに、
効率の悪い作業をしているかもしれないので、
まずは使える機能がないか調べてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

facebook フェイスブック

facebook
facebook
(2010/04/06)
ベン・メズリック 商品詳細を見る

満足度★★★

毎週500万人のペースで利用者が増え、
2010年3月には会員数がついに4億人を超えたといわれる
巨大ソーシャル・ネットワーキング・サービス「フェイスブック」。

最近では、その利用者の急増ぶりから、
「中国・インド・フェイスブック」
と呼ばれるほどにもなっています。

昔から、大前研一さんが提唱している
Invisible Continent(見えない大陸)」が
具現化したものなのかもしれませんね。

さて本書は、そのフェイスブックの誕生から
黎明期までを描いた物語。

主な登場人物は、次の通りです。

  マーク・ザッカーバーグさん(フェイスブック創業者、CEO)
  エドゥアルド・サヴェリンさん(フェイスブック創業時の資金提供者)
  ショーン・パーカーさん(ナップスター、プラソ創業者)
  ピーター・シェルさん(ペイパル創業者)

ハーバード大の2年生だった、ザッカーバーグさんが
酔った勢いでプロトタイプを作成し、
その後、学内の人的ネットワーク作りのために
リリースした「ザ・フェイスブック」。

公開後は、ウィルスが増殖するかの勢いで
利用者が増えていきます。
まさに、その拡大する速さはパンデミック。

その過程で渦巻く、エゴ、嫉妬、利権。

本書は、フェイスブックの設計面や成長戦略よりも、
人間ドラマが中心に描写されています。

著者のベン・メズリックさんは、関係者にインタビューを重ね、
特に、サヴェリンさんの友人に協力を得て本書を執筆したようです。

ですから、主役はあくまでザッカーバーグさんですが、
視点は親友のサヴェリンさん中心で描かれています。

ザッカーバーグさん本人には、
何度取材を申し入れても断られたとか。

そんなこともあって、ザッカーバーグさんが
「泣いて馬謖を斬る」場面でも、
全然泣いているようには描写されず、
ザッカーバーグさんの心情面は謎に包まれています。

しかし、物語はドラマティック展開し、読んでいて面白いので、
本書を原作としてデビッド・フィンチャー監督が
映画化を進めているというのも納得できる内容でした。

この本から何を活かすか?

私は、ほとんどSNSを利用していません。

mixiには登録しましたが、
3回ぐらいしか訪問していない状況です。

そんな私でも、本書を読むと、
ファイスブックを使ってみたくなりました。

昨日の記事で紹介したウォルター・ウィックさんも、
フェイスブック利用者のようなので、早速、私も登録。

詳しいプロフィールはまだ入力していませんが、
最初の登録は5分くらいで終わりました。

どうやら私の友人は誰も登録していないようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:18 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Treasure Ship (Can You See What I See?)

Treasure Ship (Can You See What I See?)
Treasure Ship (Can You See What I See?)
(2010/04)
Walter Wick 商品詳細を見る

満足度★★★★

写真家ウォルター・ウィックさんの
「Can You See What I See?」シリーズ第7弾。

写真の中から、アイテムを探すピクチャーパズルです。

日本でも「チャレンジミッケ!」として邦訳版が出ますが、
オリジナル版から約1年遅れのペースで翻訳されているので、
本書の邦訳版が出るのは2011年の4月以降でしょう。

実は、このシリーズの前作前々作
娘のクリスマスプレゼントにしていたのですが、
本書は2009年のクリスマスに出版されていなかったので、
半年ずれて誕生プレゼントとなりました。

今回のテーマは「Treasure Ship: 宝船」。

12場面のパズル写真で構成され、
その中には200以上のアイテムが隠されています。

パズルの中にもストーリーがあり、
今回は“I Shall Rise Again”と刻まれた
1枚の金貨から物語は始まります。

このフレーズが、本書のカギ。

過去のシリーズでは、場面が進むと次第に
アイテムに接近していくクローズアップの手法が
使われていることがありましたが、本書の展開はその逆。

徐々にカメラを引いていき、後になってから
全体像を見せる手法を使っています。

最後のシーンが絵ハガキで終わっているので、
子供に見せた反応としては、「あれ?これで終わり?」と
少し拍子抜けした感じでした。

確かに、前作の「On a Scary Scary Night」に比べると、
スケール感はないのかもしれません。

しかし、実は「JOLLY ROGERのおみやげ屋さん」の
店自体が宝船の一部で作られていたり、
見直すたびに気付く、ウィックさんの仕掛けが今回も満載です。

宝船が実在した証拠を、あちこちで見つけることで、
この本こそが自分の宝物となるような作品ですね。

日本のアマゾンでは、本の中身が見れませんので、
ちょっと覗いて見たい方は、ウィックさんのサイト
ご覧ください。3ページほど見ることができます。

また、ウィックさんはFacebookのノートに
本書のメイキングを載せていますので、こちらもどうぞ。

The Making of TREASURE SHIP: Part 1
The Making of TREASURE SHIP: Part 2
The Making of TREASURE SHIP: Part 3
The Making of TREASURE SHIP: Part 4
The Making of TREASURE SHIP: Part 5
The Making of TREASURE SHIP: Part 6
The Making of TREASURE SHIP: Part 7

この本から何を活かすか?

洋書を読まない人、英語が苦手な人でも本書は楽しめるか?

ウチの娘は現在小学4年生。

そんな子供でも十分楽しめるのが本書のシリーズです。

もちろん、読めない単語、知らない単語は出てきますが、
それを調べながらピクチャーパズルを解くのも
一つの楽しみです。

そんな時に役立つのが、電子辞書。

私の今の一押し電子辞書は、セイコーの「SR-G7001M」です。
小型でも英語系辞書が充実しているのがポイント。

また、過去の「Can You See What I See?」シリーズはこちら。

Can You See What I See?
Can You See What I See? Cool Collections
Can You See What I See? The Night Before Christmas
Can You See What I See? Dream Machine
Can You See What I See? Once upon a Time
Can You See What I See? On A Scary Scary Night

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| パズル・DIY | 08:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経済危機のルーツ

経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか
経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか
(2010/04/09)
野口 悠紀雄 商品詳細を見る

満足度★★★

本書は、2008年10月~2009年11月まで「週刊東洋経済」に
54回にわたり野口由悠雄さんが連載した
「変貌とげた世界経済 変われなかった日本」をまとめ、
大幅に加筆編集したものです。

リーマンショック後の経済危機を理解し、
今後の対応策を考察するために、
まずは1970年代~今日まで、10年毎に区切り、
世界経済の推移を振り返ります。

  ・現代世界経済の枠組みが作られた1970年代
  ・経済思想と経済体制が大転換した1980年代
  ・ITと金融が世界を変え、米英が大繁栄した1990年代
  ・未曾有のバブルとその崩壊があった2000年代

そして、野口さんは経済史を振り返った結果、
今回の経済危機は、企業、産業、国家の
壮大な「選別過程だった」という見解を示します。

繁栄するもの、消えていくものがハッキリ分かれる選別過程。

1990年代の不況を、かつて「失われた10年」と呼び、
それがいつしか「20年」となり、いまや「失われた日本」に
なりかけている日本は、ふるい落とされる側にいるわけです。

90年代から現在までの日本のGDPの伸びを見ても、
ほとんど誤差の範囲でしか変わっていませんから。

この原因を、野口さんは端的に
「変化に対応できなかったから」と指摘します。

それでは、こうした事態に、日本はどう対処すべきなのか?

本書で野口さんが示す処方箋は3つ。

  第一に、古いものの生き残りや現状維持に支援を与えないこと。
  第二に、21世紀型のグローバリゼーションを実現すること。
  第三に、教育に力を入れること。

社会が新陳代謝できる体制を作り、経済的鎖国をやめ、
将来最もリターンを生む源泉となる教育に注力するという
野口さんの提案は、非常に納得感があるものでした。

この本から何を活かすか?

本書の中で、私が最も興味を持ったのは、
アイルランドが90年代に驚異的な経済成長をとげた秘密。

アイルランドは、面積は北海道とほぼ同じで、
人口は70%程度。

北海道に住む私としては、こう比較されると、
より我が事として考えることができます。

アイルランドは70年代までは、ヨーロッパで最も貧しい国で、
「ヨーロッパの病人」と呼ばれていたほどで、
90年代初めにおいても、1人当たりのGDPは、
日本の半分にも満たない状況でした。

それが今や、1人当たりのGDPは日本の約1.3倍。

この大成長について、トーマス・フリードマンさんが、
次ぎのように教訓を語っているそうです。

  「高校と大学の授業料をゼロにせよ。法人税を簡素化・
  透明化し、税率を下げよ。外国企業に門戸を開け。
  経済をオープンにせよ・・・・・そして、英語を話せ。」

北海道も英語と中国語を第二・第三の公用語として採用してでも、
東京ではなく、世界に目を向けて活性化を図って欲しいと
切に思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレイングマネジャーの教科書

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策
プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策
(2010/04/09)
田島 弓子 商品詳細を見る

満足度★★★

  「数字・部下管理・板ばさみ・多忙で激務。
  “四重苦”の中で日々奮闘している、中間管理職のあなたへ」

この一文を読んだだけで、中間管理職ゆえの辛さを
日々実感している人にとっては、
ちょっとだけ救われた感じがするのではないでしょうか。

本書は、中間管理職のためのコミュニケーションの教科書。

「課長の教科書」にすると酒井穣さんの本と被ってしまうので、
マネージャー兼プレーヤーを意味する
「プレイングマネージャーの教科書」としたところが新鮮。

マイクロソフト出身の田島弓子さんのイメージからしても、
そのほうが合っていますね。

田島さんは、本書でマネージャーを2つのタイプに分けています。

一つは、ライオン型のマネージャー。
カリスマ的な指導力を発揮して、部下を引っ張っていくタイプです。

もう一方は、シマウマ型のマネージャー。
調整力を発揮して、場を回すタイプのマネージャーです。

本書で目指すのは、後者。

そして、シマウマ型マネージャーの
中心となるスキルが「コミュニケーション力」です。

ただし、ここでのコミュニケーション力とは、
「人づき合いのスキル」とは別物で、
業務責任を果たし、結果を出すためのコミュニケーション力です。

本書では、ビジネス・コミュニケーションを仕組み化し、
円滑にマネジメントする58の具体策が示されています。

その一つが、表紙のイラストにもなっている、
部下や上司とのコミュニケーションを
スケジュールやTO DOに盛り込んだ手帳術です。

他にも、5秒でコミュニケーションを円滑にするためのフレーズ集や、
クセモノ&苦手な人対策、トラブル時のFAQなどが紹介されています。

本書との直接の関わりはありませんが、
たまたま発売時期が近いので、アマゾンの
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」では、
昨日の記事で紹介した「テンプレート仕事術」が
レコメンドされています。(2010年5月25日現在)

実際に「テンプレート仕事術」と本書を続けて読んだ感想では、
併せて実践すると、お互いに足りない部分を補い、
ビジネス力が大幅にアップしそうです。

この本から何を活かすか?

  「部下のための30分」もスケジューリングする。

プレイングマネージャーにとって、部下と向き合う時間は必須。

しかし、最初からこれを予定しておかないと、
日々押し寄せる業務で、ついつい人と向き合う時間は
後回しにしてしまうのも実情です。

部下に限らず、「(誰々)のための30分」と区切って、
100%その人と向き合う時間を確保することは大切ですね。

私は今日、「妻のための30分」を予定に入れました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:13 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

テンプレート仕事術

テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する
テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する
(2010/04/16)
信太 明 商品詳細を見る

満足度★★★

  「何事も、テンプレート化すれば、短時間で、
  正確に成し遂げることができる。
  その結果、仕事もうまくいき、プライベートも充実する。
  ひいては、思いどおりの人生を送ることができる。」

こう語るのは、テンプレニストを自認し、
効率化へ徹底的なこだわりを持つ、
アウンコンサルティング代表取締役・信太明さん。

本書では、信太さんが使うテンプレートが公開されるだけでなく、
その作り方と活用術が公開されています。

テンプレート化の目的は効率化です。

ルーティンや繰り返し行なう業務はテンプレート化して
できるだけ作業時間を削減し、
少しでもクリエイティブな仕事にエネルギーを割くことが重要。

まずは仕事を「定型・非定型」と「属人・非属人」の
2軸マトリックスで整理します。

そしてテンプレートを活用することで、
「属人」の仕事を極力、「非属人」化する。
更に、「非定型」の仕事は、なるべく「定型」化します。

テンプレートの力を利用しても、「非定型・属人」の象限に
最後の最後に残った25%の仕事こそが、
自分にかできない仕事なので、
そこに時間と労力を使い、生産的な仕事をするというわけです。

実際のところ、ちょっとしたテンプレート化は
誰でもやっていることです。

ただ、これを徹底して行なうと思うと、
けっこう面倒くさかったり、
途中で挫折してしまうこともあります。

私も、作成途中でやめてしまったり、
作ったけど活用していないテンプレートがいくつもあります。

基本的にテンプレートは、はじめから完璧なものを目指さず、
7割のデキでリリースし、使いながら修正を加え、
進化させていくものなのでしょうね。

本書では、挫折しがちな私にはウレシイ、
テンプレート化をサポートするためのテンプレートや
テンプレート仕事術を継続するためのテンプレートも
用意されていました。

この本から何を活かすか?

本書から、そのまま取り入れようと思ったのは次の2点。

1.メールチェックシート
  
  「メールの送信ボタンは、爆弾のスイッチだと思え!」

この信太さんの言葉の通り、押してしまってからでは遅いのが
メールの送信ボタン。

この「メールチェックシート」、そのまま使わせてもらいます。

2.森沢洋介さんの「瞬間英作文」シリーズ

テンプレートとは関係ありませんが、英語が苦手だった
信太さんは、毎日30分・約3ヶ月間の学習することで、
辞書を片手に英会話がこなせるレベルになったそうです。

私は、英語のスピーキングが苦手なので、
この森沢さんの「瞬間英作文」、試してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 09:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

たった3つのクセを直せば人生がうまくいく

たった3つのクセを直せば人生がうまくいく
たった3つのクセを直せば人生がうまくいく
(2010/04/14)
本田 直之 商品詳細を見る

満足度★★

いろいろな本を読んで、実行しているのに
なかなか効果がでないのは、なぜか?

本書の中で、本田直之さんは指摘します。

それは「わるい思考のクセ」があるから。

本書は思考を改善するのためのトレーニング本です。

目的は、「わるい思考のクセ=思考負債」を減らし、
「よい思考のクセ=思考資産」を増やすこと。

習慣は人をつくります。

ひとつひとつのクセは小さなものであっても、
「思考のクセ」は、ミサイルの発射角度のようなもですね。

ちょっとのズレで、到達点が大きく異なります。

本書で改善するのは次の3つのクセです。

  1. 「外部要因思考」を減らして、「内部要因思考」を増やす
  2. 「言い訳思考」を減らして、「工夫行動思考」を増やす
  3. 「思考停止」を減らして、「思考発展」を増やす

「本文」約100ページ+「思考改善トレーニング帳」約50ページで
本書は構成されています。

目玉は、後半の21日間のトレーニングプログラム。

なぜ21日間かというと、人間の細胞は21日間で
ソックリ入れ替わるからとのこと。

あまり余計なことは書かず、3つのクセを直すことに
特化して書いてあるのがよい点です。

価格もお手ごろの1000円で、これで人生が変われば安いもの。

ただ、実際に後半の「21日思考改善トレーニング帳」を
試す前にこんな感想を書くのは失礼かもしれませんが、
よく練られたトレーニングプログラムには見えません。

本書のために考えた机上の改善プログラムなのか?
それとも、実際に使ってチューンアップされたプログラムなのか?

私には前者のように思えます。

だからと言って、このプログラムが
悪いということではありません。

これから読者のフィードバックを受け、
プログラムの改善を重ねれば良い訳ですから。

この本から何を活かすか?

思考改善トレーニング0日目のお題はこれ。

  「人や環境など、自分以外のせいにしている
  考え方や口グセを書きだしてみましょう。」

考えてみましたが、あまり思い浮かびません。

これは、悪い思考のクセがないから思い当たらないのではなく、
自覚していないから分からないのでしょう。

だから、悪いクセは直らない。

ということで、妻に聞いてみました。

すると、「質問しておいて答えを聞かない、トイレが長すぎ、
すぐ娘の味方をする、娘にかまい過ぎ、家のカギをかけない・・・」

など、怒涛のようなダメ出し。

なんか、質問の意図が伝わらず、ヤブヘビだったようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:13 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ネット通販の教科書

ゼロからはじめる ネット通販の教科書
ゼロからはじめる ネット通販の教科書
(2010/05/15)
池本克之 商品詳細を見る

満足度★★★

ユナイテッド・ブックスさんより献本いただきました。
ありがとうございます。

本書は2006年にPHP研究所より刊行された
通販を極めた勝者が教える 40倍稼ぐしくみ」を
大幅に加筆修正したものです。

私は、「40倍稼ぐ」を読んでいないので想像ですが、
きっと本書のPART2(上級編)が、
丸ごと加筆された雰囲気があります。

著者は、ドクターシーラボとネットプライスを上場させた
通販のプロフェッショナル・池本克之さん。

本書のタイトルは「ネット通販の教科書」ですが、
ネット通販に限定せず、通販ビジネス全般、
通販マーケティングに関わる内容が解説されています。

大まかな構成は次の通りです。

  ・PART1 通販で成功するための基本テクニック74
  ・PART2 リアルショップにも活かせる上級テクニック48

私が、意外だったのは、売りたい商品があるから
通販を始めるのではなく、
先に集客をして、それから売れる商品を考えるということ。

つまり、誰もが通販ビジネスを始められるわけです。

更に、通販ビジネスは小さい初期投資で始められ、
ネット通販なら、もっと開業資金は必要ありません。

これは、参入障壁が限りなく低いということを意味します。

今後、通販でモノを買う人が増えマーケットが拡大する反面、
特にネット通販では販売側の競争も、ますます激化することが必至。

ネット上の販売テクニックは、誰でも手に入るようになるものの、
その賞味期限は確実に短くなっていくでしょう。

その中で、ネットショップが生き残っていくためには何が必要か?

やはり決め手になるのは、ショップのポリシーであり、
リアルショップでも使えるマーケティング戦略です。

本書はネット通販だけを始めたい人からすると、
一見、不要な説明が多いように感じられるかもしれませんが、
簡単に売れることを謳う本よりも、モノを売るための基礎から学べ、
長期的に成功するビジネスを築くのに役立ように思えます。

この本から何を活かすか?

  「まず実行する。それから考える。そして、最適化する。」

エピローグのこの言葉こそが、池本さんが
ドクターシーラボを大成功させた秘訣なのかもしれません。

私は、どうも先に考えてしまう傾向があります。

もっと「実行、検討、最適化」を意識して、
チャンスを逃さないようにしたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさか!?

まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠
まさか!?―自信がある人ほど陥る意思決定8つの罠
(2010/04/09)
マイケル・J・モーブッサン 商品詳細を見る

満足度★★★★

マイケル・J・モーブッシンさんの新作を
待っていた人は多いのではないでしょうか?

ウォール街で最も影響力のある人物と評され、
名著「投資の科学」の著者としても有名なモーブッシンさん。

本書は、そのモーブッシンさんの最新作。
(本書での著者名表記は“モーブッサン”ですが、
当記事では馴染みのある“モーブッシン”で統一しています)

原題は“Think Twice”。

これは、「よく考える、熟考する」という意味で、
「再考」の意味の“second thought”とは異なります。

本書は、投資に興味がない方でも読める一般的な内容。
「意思決定の8つの罠」がテーマです。

モーブッシンさんは、いわゆる「頭のいい人」ほど、
重大な意思決定の誤りを犯すと言います。

ただ、それは言葉のあやで、賢い人ほど、
重要な意思決定場面に関わっているということでしょう。

人は誰でも、判断ミスを起こすもの。

本書ではまず、人はどのようなミスを犯すかを知り、
その背景を十分に認識した上で、
繰り返さないための防止策を考えます。

テーマは、「誰にでも共通すること」、「日常的に起こること」、
そして、「防ぐことが可能であること」の3つの観点から選ばれ、
多くの事例を上げて解説されています。

  ワナ1. 自分だけはうまくいくと思い込む罠
  ワナ2. 他の選択肢が見えなくなる罠
  ワナ3. 専門家の意見を鵜呑みにしてしまう罠
  ワナ4. 周りに影響されてしまう罠
  ワナ5. 木を見て森を見ない罠
  ワナ6. 正解は、時と場合により違う罠
  ワナ7. 突然訪れる大規模な変化の罠
  ワナ8. 運を実力と混同する罠

モーブッシンさんは、判断ミスを防ぐためには、
チェックリストが効果を発揮するとし、
各章の最後には罠に陥らないためのチェックリストが
掲載されています。

更に、訳者の関谷英里子さんも、
本書の総括として、独自に「8つのチェックリスト」を
まとめてくれているので、ぜひ活用したいところです。

この本から何を活かすか?

本書では、2つの簡単なゲームが紹介されていました。

1つは、サム・トゥ・フィフティーン(Sum to 15)

 ルールと手順:
  ・1~9までの9枚のカードを表にして並べる
  ・そこから2人のプレーヤーが交互に3枚選ぶ
  ・集めたカードの合計が15になったプレーヤーが勝ち
  ・自分は15を目指し、同時に相手の阻止も考える

もう一つは、ブロットー大佐のゲーム(Colonel Blotto's game)

 ルールと手順:
  ・各プレーヤーは、100人の兵力を3つの戦場に自由に配分する
  ・具体的には各プレーヤーが(戦場A:5、戦場B:65、戦場C:30)
   のように相手に見えないように紙に書く
  ・各戦場では、最も兵力が多いプレーヤーがその戦場で支配者
  ・最も多くの戦場を支配したプレーヤーが勝者となる

ちょっとした空き時間にできそうなので、
今度、家族でやってみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道いい旅研究室 12

北海道いい旅研究室 12 
北海道いい旅研究室 12
(2010/04)
舘浦 海豹 商品詳細を見る

満足度★★★★

できれば、この雑誌、買ってください。

私が、少しでも多く売れてほしいと思う理由は、
この雑誌が廃刊の危機に瀕しているから。

以前にも、このブログで「北海道いい旅研究室11」を
紹介したことがありますが、
本書は、一部の人からは絶大に支持される
不定期刊行の旅行雑誌です。

責任編集者である舘浦海豹さんの目に適った
「正しい温泉」や「素敵な温泉宿」だけを紹介する
「主張」のある北海道のローカル誌。

執筆者の大半が原稿料なしで書いているようです。

今号の目玉となる特集記事は、次の通り。

  ・気になる温泉宿
  ・亀和田武さんと男ふたり旅
  ・野生動物と出会う旅
  ・正直すぎる鶴居村ガイド

ちなみに、「気になる温泉宿」として
紹介されている宿は6つ。

  ・御宿 竜松庵(北湯沢温泉)
  ・ホテル山水(定山渓温泉)
  ・民宿旅館 田園(十勝川温泉)
  ・アートヴィレッジ杜季(勇駒別温泉)
  ・セトセ温泉ホテル(遠軽町)
  ・氷上アイスロッジ(然別湖コタン温泉)

いわゆる豪華な大ホテルは一つも紹介されていません。

経営者の方の良い人柄がにじみ出ている、
本当に泊ってみたくなる宿ばかりです。

また、今号は温泉情報以外の「読み物」が充実しています。

この路線は、好みが分かれるところで、
本書の売れ行きに、マイナスの影響を
及ぼす可能性もありますが・・・

いずれにしても、すべての記事が商業主義で
書かれていないので、JTBや「じゃらん」などの
大手旅行誌では紹介されないコアな情報が満載。

北海道も、一番気持ちイイ季節になりました。
(記事投稿の5月時点の話です)

本書は、北海道へ来る予定のある方には、
ぜひ入手してもらいたい一冊です。

この本から何を活かすか?

この雑誌の読者は独特。かなり一般の方と趣向が違います。

参考までに、「じゃらん」netユーザーと「いい旅」読者の
北海道の宿・泊ってみたいランキングを比較してみます。

 <じゃらんnetユーザー:旅館部門>
   1位 十勝川温泉 三余庵
   2位 望楼NOGUCHI登別
   3位 花れぶん
 <じゃらんnetユーザー:ホテル部門>
   1位 ホテル清さと
   2位 ホテル リゾート・イン・ニセコ
   3位 レイクサイドヴィラ翠明閣
 <じゃらんnetユーザー:民宿ペンション部門>
   1位 ゲストハウスRiposo
   2位 ペンション プルーミン
   3位 和みの風

 <いい旅読者アンケート>
   1位 ホテル山水
   2位 銀婚湯
   3位 湯宿だいいち
   4位 民宿500マイル
   5位 鹿の谷

ご覧の通り、同じ北海道の宿の人気ランキングながら、
まったく重なりません。

なんと言っても、いい旅のランキングには
自炊宿が入っているぐらいですから。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経営計画は1冊の手帳にまとめなさい

経営計画は1冊の手帳にまとめなさい
経営計画は1冊の手帳にまとめなさい
(2010/04/09)
小山 昇 商品詳細を見る

満足度★★★

  「経営計画書は魔法の書。
  なぜなら、書いたらその通りになるから」

こう語るのは、小山昇さん。

小山さんが経営する「株式会社武蔵野」は、増収増益が続き、
日本経営品質賞を受賞するほどの優れた会社です。

もともとは、ダスキンのフランチャイズ事業が中心でしたが、
今では、小山さん独自の経営手法を他社に指導する
経営サポート事業も同社の一つの柱になっています。

現在は、317社が同社の経営サポートを受けています。

その目玉が、「株式会社武蔵野」の経営計画書を真似ること。

本書では、その経営計画書の作り方が細かく解説されますから、
かなりの部分のノウハウが公開されていることになります。

  第1章 「経営計画書をつくる」ことを決定する
  第2章 「数字」を決定する
  第3章 「方針」を決定する
  第4章 「スケジュール」を決定する
  第5章 「経営計画発表会の開催」を決定する
  第6章 「経営計画の徹底」を決定する

  「経営計画は、他社の真似をして、とりあえずつくる」

それでは、どのように真似たらいいのか?

そんな心配は、本書には必要ありません。

本書では、「株式会社武蔵野」の経営計画書のみならず、
それを真似た会社の経営計画書までが例として掲載されています。

私が経営に苦しむ会社の社長なら、
間違いなく本書を真似て経営計画書を作るでしょう。

B6手帳サイズで携帯でき、スケジュール帳やメモ帳にもなり、
1冊1冊に社長の実印が押された経営計画書。

この手帳から勉強会や穴あきテストが実施するなど、
作った後の活用する仕組みもしっかり考えられています。

実際のところ、経営計画書以外でも、
「株式会社武蔵野」では、従業員に強制するルールが
数多く採用されています。

言ってみれば、「小学校的な管理手法」。

こう聞くと、少し窮屈な感じがするかもしれませんが、
従業員の方は、けっこう楽しくやっているのかもしれません。

小学校では、絶対的なルールのもとで、
大人がビックリするほど統率が取れていて、
当の小学生達は楽しくやっていますから。

この本から何を活かすか?

会社を経営していない方は、
本書を参考に自分の人生の「経営計画書」を
作ってみるのもいいかもしれません。

  「5年で売上(収入)倍増を目指す」

今の延長線上で実現が難しいようなら、
新しいことをはじめるしかないという点については、
会社経営でも個人でも同じです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相手の隠しごとを丸ハダカにする方法

とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
とっても恐い心理学 相手の隠しごとを丸ハダカにする方法
(2010/02/05)
デビッド・J・リーバーマン博士 商品詳細を見る

満足度★★★

  「人の心をのぞいて、その人が何を考えているのか
  知りたいと思ったことはないだろうか。
  実は、それが心理学を基礎とした高度なシステムによって
  可能になったのである。」

こう話すのは、デビッド・J・リーバーマン博士。

Never Be Lied to Again(「相手の本心」が怖いほど読める!)」が
ベストセラーとなって、各国語に翻訳されている心理学者です。

本の雰囲気からすると、さしずめ、
米国の内藤誼人さんといった感じでしょうか。

本書では2部構成で、相手の本性を暴き、人からつけ込まれず、
自分が優位に立つためのノウハウを紹介しています。

第1部は、相手の心を素早く読むためのテクニック集。

具体的な会話例や相手の発するシグナルの読み取り方など
29のテクニックが紹介されています。

第2部は、次の行動を予測するためのプロファイリング術。

SNAP分析(Strategic Non-invasive Analysis and Profile)
という独自(?)のプロファイリング方法が紹介されています。

これらのノウハウは、ビジネスでの交渉の場、上司の本心が知りたい、
事件が起こった時の犯人探し、相手が自分に好意を持っているかなど、
相手の本心を知りたい場面ですぐに使えそうです。

例えば、会社の備品がたびたび盗まれていて、
疑わしい従業員がいた場合、次のように話しかけます。

 会話例1
  「最近会社の備品を持ち帰っている人がいるようなんだ。
  そういう行為をなくすには、どうしたらいいか、
  何かいい知恵はないかね。」
 
 会話例2
  「最近会社の備品を持ち帰っている人がいるようなんだ。
  どういう手口で持ち帰っているんだろうか?」

 会話例3
  「最近、これだけの備品が会社から盗まれているんだ。
  困ったものだよ。」(と言って、盗まれたものと同じ備品、
  盗まれたものと違う備品2つの合わせて3種類の備品を並べて見せる)

すべて、こちらから話しかけた後の
相手の反応を見逃さないことが重要です。

これに事前に行なったプロファイリングを加え、
相手の隠しごとや心理を見抜きます。

さすがに、この例では、「相手に悟られずに」というのは
無理かもしれませんが、なんらかの反応は期待できそうですね。

この本から何を活かすか?

上記の会話例には、本書のテクニックから
私が脚色したものを含みますが、
1つの場面で使えそうな会話が何種類かあります。

このよに本書では、かなり多くのパターンが紹介されているので、
ざーっと読んだだけでは、
テクニックが簡単に身に付きそうもありません。

29ものテクニックを同時に身に付けるのは難しいので、
1週間1テクニックに絞り、何度も繰り返し使うことで、
自分に合った得意なパターンを習得したいものです。

私は、テクニック1の
「マインド・リーダーで相手を丸ハダカにする」を
今週は意識して使ってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資ミサイル

投資ミサイル
投資ミサイル
(2010/04/08)
竹内 謙礼 青木 寿幸 商品詳細を見る

満足度★★★★

経営コンサルタントの竹内謙礼さんと、
公認会計士である青木寿幸さんのコンビによる
ビジネス小説第2弾。

今回のテーマは「投資」です。

投資といっても、単に株式投資という限定された内容でなく、
もっと広い意味での、人生における投資についてまで学べます。

主人公の明道美穂は30歳。

6歳年下の売れないミュージシャン吾郎を
彼氏に持つキャリアウーマン。

創業65年の歴史を持つ上場企業「ホリデイ産業」で
課長に昇進したばかりです。

ホリデイ産業は紙袋とビニール袋の製造をメインとする会社で、
最近のエコブームにより業績が悪化しています。

そこにある日、メインバンクである東京明治SF銀行から
取締役が送られてきました。

その名も、ロボット取締役。

これがヒューマノイド型のロボットではなく、
昔ながらの、いかにもロボットっぽい外観のロボット。

美穂はこのロボット取締役のもとで、
投資予算5000万円を3年で回収できる新規事業を
計画するように言い渡されます。

美穂と合理的な判断をするロボットの掛け合いも秀逸で
よく練られたストーリー。

物語の中には、事業計画の立て方、経営戦略、株式投資、
ポートフォリオ理論、CAPM理論、不動産投資、プロスペクト理論、
そして、人生の投資戦略までが盛り込まれています。

ストーリーのアウトラインは、ロボットものの王道を
踏襲していますから、多少先が読めてしまいますが、
それでもホロっとさせるシーンもあります。

前作の「会計天国」もかなり面白かったのですが、
本作も一歩も引けをとっていません。

こう言ってはなんですが、竹内さんは本業で出す本より、
本書のようなビジネス小説の方が、
持てる才能を十分に発揮している感じがします。

青木さんとのコンビによる第3弾、第4弾が待ち遠しいですね。

この本から何を活かすか?

私も多少本を読んでいるので、
本書で説明されている投資や経済の理論は
知っているものが多いです。

ただ、こういった物語を読むと、
私が知っているのは、ただの知識で、
あまり実生活で活用できていない自分を実感します。

ビジネス小説では、知識を使う場面がリアルに描かれ、
イメージしやすいのがよい点ですね。

私も、知識を知識で終わらせない
仕組みや工夫を考えてみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙から恐怖がやってくる!

宇宙から恐怖がやってくる! ~地球滅亡9つのシナリオ 
宇宙から恐怖がやってくる! ~地球滅亡9つのシナリオ
(2010/03/24)
フィリップ ・ プレイト 商品詳細を見る

満足度★★★★★

  「宇宙はあなたを殺そうとしている。
  いや、あなただけではない。私もだ。みんなを殺そうとしている。
  おまけに宇宙にとって、そうするのは別に大変でもない。」

本書は、こんな物騒な出だしで始まります。
だからと言って、単に恐怖を煽る終末テーマの本ではありません。

本書は、本当に面白いサイエンス・ノンフィクション。

著者は天文学者のフィリップ・プレイトさん。

ブロガーとしても有名で、プレイトさんのサイト「Bad Astronomy」は、
ウェブログ賞のベスト・サイエンス・ブログや
Time.comのベスト・ブログ25にも選ればれているようです。

本書では、数多くのSF映画や小説で取り上げられてきた、
「地球の滅び方」について、最新の科学研究から検証します。

言ってみれば、超本格的な「空想科学読本」。

選ばれたテーマは、天体衝突、激しい太陽活動、超新星爆発、
ガンマ線バースト、ブラックホール、エイリアン来襲、
太陽の死、銀河規模の被害、宇宙の最期の9つ。

各テーマは、冒頭3ページのショートストーリーで起こる事態を想定し、
その後、プレイトさんの軽快な解説が展開されます。

実は、終末テーマのオカルト本と本書のような科学的な本でも、
最悪の事態として想定する現象に大差はありません。

ただし、決定的な違いは、その現象が起こる確率や
起こるまでの時間が示されているかどうかです。

もし起こったらどうなる?
という好奇心や想像力を思う存分に掻き立て、
その後、冷静に検証して現実に戻る過程も見事です。

プレイトさんの解説は、過剰なまでのサービス精神と、
分かりやすい科学的に裏付けられた説明のバランスが絶妙。

訳者の斉藤隆央さんも、プレイトさんの言葉遊びには苦労したようですが、
原書の面白さを損なわず違和感のない邦訳を実現しています。

ただし、出版年月の差もありますが、
原書ではアマゾンに47もの好意的レビューが寄せられていますが、
日本語版は2010年5月14日現在で、1レビューしかありません。

せっかく良い本なので、NHK出版にはもっと頑張って
プロモーションをして欲しいところですね。

この本から何を活かすか?

プレイトさんのサイト「Bad Astronomy」では、
一般に流布している天文学の迷信や誤解に鋭くメスを入れ、
面白くも分かりやすく解説しているのが人気の秘密。

このサイトの記事をピックアップしてまとめたのが
前著「イケナイ宇宙学―間違いだらけの天文常識」のようです。

今後の記事については、「Bad Astronomy」でフォローするとして、
以前の記事については、「イケナイ宇宙学」を読もうと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

儲ける社長の「頭の中」

儲ける社長の「頭の中」
儲ける社長の「頭の中」
(2010/03/17)
川合 善大 商品詳細を見る

満足度★★★★

初めて川合善大さんの本を読みました。

プロローグに書かれている、川合さんが9歳の時の
エピソードがインパクトがあるので、
少しダイジェストにして紹介します。

  小学3年生の時、川合さんの父親は亡くなり、
  心臓弁膜症で外に働きに行けない母親は、
  ある日、駄菓子屋さんを始め、次ぎのように言いました。

  「今日からお菓子屋さんを始める。お前も手伝うように」

  そして川合さんは、母親の近所への挨拶回りに同行します。

  そこで目にしたのは、買いに来てくださいと一切言わないのに、
  次の日から続々とお客さんを呼ぶ営業の極意でした。

  更に、初めての仕入れに同行した時も、
  母親に次ぎのように言われたそうです。
  
  「来週からは、お前が一人で仕入れに来るように」

  9歳の川合さんは「何を買ったらいいかわからないよ」と答えました。

  すると「お前が欲しいと思うものを買えばいい。子供が欲しい物は
  お母さんにはわからないので、子供のお前が仕入れるほうが売れる!
  それから必ず値切るように。子供が値切ったら必ず負けてくれるから」
  との答えが返ってきました。

こうして、川合さんは日曜日の朝には一人で仕入れに行き、
学校が終わると店番をする生活が始まり、
9歳にして仕入れ・販売・記帳までを経験したそうです。

川合さんは、この母親の姿勢こそが経営者としての
正しい姿勢だと語ります。

そして、この経験を通じて学んだのが「経営の6法則」。

  1. 仕事量と成果は比例しない
  2. お客の欲しいものを売りなさい
  3. 深層心理を読みなさい
  4. 経営者は未来をつくりなさい
  5. あたり前を見つけなさい
  6. 世の中の流れに乗りなさい

子供にもわかる経営の法則が原点となり、
川合さんが現在経営する会社は30年もの間、
増収増益を続けているそうです。

川合さんは、長年の経営の中で着想したネタを、
この6つの原点に照らし合わせて逆発想してメモしてきました。

本書は、そのメモをまとめて編集したものです。

170ページ程度の薄めの本ですが、
目からウロコの逆発想が満載。

現実的に川合さんと同じことができるかどうかは別にして、
読むと発想の幅が広がります。

この本から何を活かすか?

川合さんはビジネスのポジショニングを
次のマトリックスで考えています。

  縦軸は、「儲かる、儲からない」
  横軸は、「古い、新しい」

そして目指すは、(儲かる、新しい)の象限に
ポジショニングしたビジネスです。

川合さんは、「地球環境を守る事業」こそが、
まさにそれだと断言しています。

私も、「地球環境を守るビジネス」については
不勉強なので、少し調べてみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日から始める思考のダイエット

今日から始める思考のダイエット
今日から始める思考のダイエット
(2010/03/25)
佐野 研二郎 商品詳細を見る

満足度★★★★

世の中は携帯電話やインターネットなどの恩恵を受け、
どんどん便利に進化しています。

しかし、同時に情報は氾濫し複雑化も進行しています。
エントロピーが増大する方向に進むのは自然の法則。

本当はもっと簡単にできるハズの仕事が、
メタボ化したシステムや溢れる情報によって、
無駄な時間を費やし、効率を下げるどころか
モチベーションさえも下げているかもしてません。

そこで必要なのが「思考のダイエット」。

著者の佐野研二郎さんは、かつて佐藤可士和さんの下でも
仕事をしていた気鋭のアートディレクター。

リスモ、Tブー!S、とろっ豆、ニャンまげ
などの生みの親としても有名な方のようです。

  「念のために書いておくとこの本はいわゆる
  痩せるためのダイエット本ではありません。 

  無駄をなくし、考え方のプロセスや時間管理を
  あらためて見直すことで、効率を上げてよりいい仕事をするための、
  “考え方のダイエット”本なのです。」

佐野さんは、能率とパフォーマンスを向上させるため、

  シンプル(単純に)-クリア(明快に)-ボールド(太く)

をキーワードに、考え方のダイエット方法を説明します。

具体的にダイエットするのは、

  ・コミュニケーション
  ・時間とコスト
  ・思考のプロセス
  ・ブランド構築

の4つの分野です。

そして、ダイエットで大切なのがリバウンドしないこと。

佐野さんは思考のダイエットを習慣化して、
リバウンドを防止する対策まで、本書でフォローしています。

取り上げられている事例は、いずれも広告やデザインに
関するものですが、どんな職種の人が読んでも
参考になるヒントが満載。

余分なものを削ぎ落として、短時間で刺さるメッセージを
伝えることを生業とするアートディレクターならではの、
39のメソッドが紹介されています。

この本から何を活かすか?

  「プレゼンで伝えたいことを、いったん英語にしてみてください」

これは佐野さんが本書の中で紹介していた、
簡単に言いたいことを伝えるためのトレーニング。

中学で習った程度の簡単な英語に翻訳できないなら、
コンセプトはまだ固まり切れず、弱い部分があるとのこと。

このトレーニングは英単語力に頼るのではなく、
しっかりとコンセプトを煮詰めることがカギとなります。

確かに、「思考のダイエット」も、
シンプル(simple) - クリア(clear) - ボールド(bold)
とコンセプトが英語化されていますね。

英語化による言葉の蒸留、試してみたいと思います。 

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必ずYESといわせる説得のコツ

〈NJセレクト〉必ずYESといわせる説得のコツ
〈NJセレクト〉必ずYESといわせる説得のコツ
(2010/02/26)
福田 健 商品詳細を見る

満足度★★

「説得」の目的は、人を動かすこと。

ただし、無理に説き伏せてYESと言わせても、
人は動きません。

「説得」と「納得」は常にセットでなければ
効果を発揮しません。

本書では、ビジネスや日常で必要な説得のコツを
多くの事例を取り上げながら説明します。

著者は、話し方研究所の会長を務める福田健さん。

  第1章 説得に成功する原則
  第2章 必ずYESといわせる話のもっていき方、ペースのつかみ方
  第3章 相手の出方に応じた説得のコツ
  第4章 T・P・Oで口説き落とす法
  第5章 ケーススタディ こんなときはどうすればうまくいくか

会話例を多く取り入れ、説得される相手の心理を
交えながら、効果的な説得方法が紹介されます。

ただし、「こうしなさい」と結論がスパンと
書いていないので、ジワジワとのそコツが
伝わってくるタイプの本です。

そして、会話例全体がどことなく古く、
「女性とは~」と語るところが
一昔前の女性論のイメージです。

私は最初、福田さんの年齢からくるものかと思いましたが、
どうやら違ったようです。

本書を読み終えてから、あらためてアマゾンの
商品の紹介に目を通してみると、

  「あのベストセラーがさらに読みやすいコンパクトサイズになって再登場!」

と書いてありました。

よく調べてみると、本書は1982年に出版された
同名タイトル本の復刻版のようです。

これで、ノスタルジックな感じにも納得できました。

約30年の時を経て復刻されるだけの
不変の内容が書かれていますので、
ジックリと納得しながら説得のコツを
身につけるには良い本かもしれません。

この本から何を活かすか?

どうやら、本書に限らず、
日本実業出版社の新書「NJセレクト」シリーズは
すべて復刻版のようです。

さすがに他の本はここ5~10年に刊行された本で、
今のところ、30年前の復刻本は本書だけのようです。

日本実業出版社が自社の著作権物を有効に
生かすのは構いませんが、
もう少しはっきりと再版であることと、
元の本が何年に出版されたものかを明記してほしいものです。

 Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 09:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会計HACKS!

会計HACKS!
会計HACKS!
(2010/04/16)
小山 龍介 山田 真哉 商品詳細を見る

満足度★★★

正確には、会計的思考による「家計ハック」。

「HACKS!」シリーズの小山龍介さんと
「さおだけ屋」の山田真哉さんのコラボです。

家計簿をつけてお金を管理した方がイイと思っても、
忙しくてなかなか実行に移せなかったり、
始めてもすぐに挫折してしまう人も多いもの。

その壁をハックの力を借りて乗り越え、
お金をコントロールできる習慣をを身につけ、
会計思考で賢く資産を増やすのが本書の目的です。

前半の「家計簿ハック!」では、なるべく手間を減らし、
面倒くさがり屋でも、無理なく続けられる
「ハック家計簿」が紹介されています。

個人的には、お金の流れを見える化するには、
レシートを捨てずに取って置くことが、
最初の一歩だと思います。

その点についても、「レコーディング家計ハック!」で
ストレスフリーのアイディアが紹介されていました。

机上の空論ではなく、山田さんの家庭で
実際に行なっている方法が紹介されているのが
よい点ですね。

後半の「投資ハック!」や「四季報ハック!」は
それを読んだだけで、投資がうまくいく訳ではありませんが、
内容としては的を射たもの。

これから投資をはじめたい人の、取っ掛かりとしては
いいかもしれません。

ただし、本書で紹介されているのは、
あくまでも「手段」です。

やり続けるためには「目的」を明確にして、
具体的な目標を持つ必要があります。

ここがブレてしまうと、本書がただのテクニック集で
終わってしまいますから、本書のハックを実践する前に
まずは目標を決めたいものです。

特に、家族がいる方は、家族共通の目標として
コンセンサスを得ておくことが重要だと思います。

この本から何を活かすか?

正確にはカウントしていませんが、
当ブログで最も多い回数紹介しているのが、
本多静六さんの「私の財産告白」です。

なぜなら、私のバイブルだからです。

本書でも本多さんの「4分の1天引き貯金法」が
紹介されていました。

ただし、4分の1を天引きすると生活が成り立たないので、
最初は5パーセントくらいから始めましょう
というアドバイスが書かれていました。

これこそ、目的意識の違いです。

私の考えでは、パーセントを徐々に上げていくより、
周りに宣言をしてでも、本当に4分の1以上天引きできるように、
根本的に今の生活スタイルを見直す方が良いと思います。

「4分の1天引き貯金法」は、本気になれれば必ずできます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業
11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業
(2010/03/19)
田口智隆 商品詳細を見る

満足度★★

世界一の投資家、ウォーレン・バフェットさんの
少年時代のエピソードを引用しながら、
「お金」や「投資」、「経済」について、
本書の著者である田口智隆さんの考えが語られる本です。

  プロローグ 経済学は「知らぬが仏」では損をする!
  第1章 バフェット大恐慌に生まれる!
  第2章 バフェット6歳で「チューインガム」ビジネスをはじめる!
  第3章 バフェット11歳で投資デビューを果たす!
  第4章 バフェット13歳で税金を納める!
  第5章 バフェット15歳で不動産ビジネスをはじめる!
  第6章 バフェット19歳で「保険ビジネス」の魅力に気づく!

驚くべき点は、バフェット本の体裁をとりながら、
バフェットさんに関する情報源・参考文献が、
  ・「スノーボール(上)・(下)」、
  ・「お金持ちになるためのバフェット入門
の、たった3冊しかないことです。

もちろんフォレスト出版の本なので、
文字も大きく行間も多いのですが、
これだけの情報を元に1冊の本にしてしまうのは
さすがと言うしかありません。

多くのバフェット本が出版される中で、
バフェットさんの少年時代のエピソードに絞って
取り上げたのは他にありませんので、
目のつけどころが良かったと思います。

さて、肝心の中身は非常に平易に書かれていますが、
難しいことが簡単に説明されているというよりは、
簡単なことが簡単に説明されているという印象です。

長期投資でコツコツと資産形成というのが、
田口さんのポリシーということは伝わってきます。

ただ、私には底が浅く感じられ、
田口さんって本当に経済が分かって書いているのかな?とか、
どれだけバフェットさんの投資法について知って書いているのかな?
と、思える面もありました。

この本から何を活かすか?

  「インフレ」「デフレ」どちらがチャンス?

田口さんは本書の中で、自ら発したこの問いに対し、
「一概には言えないが」と前置きしながらも、
インフレではなく、デフレが投資のチャンスと説明しています。

バフェットさんは、恐慌や株価暴落時に優良銘柄を
抜け目なく仕込むことで知られています。

それはあくまでも、狙っていた会社の株価が、
本来の価値から乖離し、過小評価されていると判断するからです。

根本的に、デフレと恐慌は違います。

ですから、単純にデフレ=チャンスと考えるのではなく、
デフレ時はデフレに合った投資法、
インフレ時はインフレに合った投資法を選択するのが、
スマートな投資家だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術

ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術
ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術
(2009/12/09)
バルバラ・ベルクハン 商品詳細を見る

満足度★★★

著者のバルバラ・ベルクハンさんは、コミュニケーション術の
セミナーを開くと、次のような質問を受けることが多いそうです。

  「しゃくにさわることを言われたら、
  どういう態度をとったらいいのでしょうか?
  ただし、カッとしたり、ケンカすることのないように」

ベルクハンさんは、この質問に対する解決策を
10年以上集めてきました。

そして、あるとき「合気道」の試合を見て、
その技を会話に応用することを思いつきます。

  ・すべての技はただ自分を守ることだけに役立つ。
   相手を攻撃することはできない。
  ・どこでも使え、ほとんどあらゆる種類の言葉による攻撃をかわせる。
  ・相手を非難したり傷つけたりする言葉を含まない。
  ・ふたりの関係を悪化させない。もしそうしたければ、
   そのまま会話を続けることができる。

それが、本書のオトナの対話術。

本書では、10種類の「返し技トーク」が
使う場面を想定しながら、ユーモラスに解説されています。

実際のところ、相手を攻撃したり、反撃するトークでないので、
相手を一発で黙らせることができるかどうかは、微妙なところです。

トークの内容よりも、返す人の態度や姿勢によって
その効果はかなり違ってくるでしょう。

だた、本書で紹介されている対話術を身につけると、
相手をどうこうするのではなく、
自分自身がリラックスして対話することができそうです。

また、ユーモラスという点では、
電話で怒鳴りつけられた時の対処法が秀逸でした。

  電話をかけてきた相手が、ろくに名乗りもせず、
  大声で怒鳴り始めました。

こんな相手に対しては、次ぎのように話します。

  「すみませんが、もう少し大きな声で言っていただけないでしょうか。
  ほとんど聞こえないんですよ。もう少し大きな声で。
  いや、まだ聞こえませんね。もしもし、もっと大きな声でお願いします」

ベルクハンさんも本気でこのトークを
推奨しているわけではありませんが、
使うのを想像するだけで面白いですね。

この本から何を活かすか?

BSジャパンで平成22年4月25日から放送がスタートした
放送勝間和代さんがメインを務める経済情報番組「デキビジ」。

勝間さんと西村ひろゆきさんの対談が
話題になっていたので、私もYouTubeで見てみました。

正直、ちょっとガッカリです。

ワイドショー的なバトルを期待する方にとっては、
面白いのかもしれませんが、
議論が深くならず、私にとってはちょっと期待外れ。

お2人には、本書を読んで懐の深い
「オトナの対話術」を身につけてほしいものです。

さて、この番組、5月8日放送のゲストは、
私が大ファンでもある藤巻健史さん。

はたして勝間さんは、藤巻さんの面白さを
引き出すことはできるのか?

とりあえず、録画予約しておきました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 07:49 | comments:1 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

グーグルのグリーン戦略

グーグルのグリーン戦略=グリーン・ニューディールからスマートグリッドまで=
グーグルのグリーン戦略=グリーン・ニューディールからスマートグリッドまで=
(2010/03/24)
新井 宏征〔(株)情報通信総合研究所〕 商品詳細を見る

満足度★★★

私は毎日、何度となく検索でグーグルを使います。

普段は、ほとんど意識しませんが、
私の1回の検索に結果を返すごとに、
グーグルではエネルギーを消費しているのは
紛れもない事実です。

これはCO2の排出を意味します。

グーグルが世界中で多くの人に利用されればされるほど、
それに比例してCO2が排出されるというわけです。

実際にはグーグルに限らず、どんな企業であっても
サービスを提供するほど、CO2が排出されるのは
ある程度やむを得ないことです。

だからこそ、影響力の大きな企業が、
環境やエネルギーについて、どのような姿勢を持っているかが
問われることになります。

本書では、グーグルによる環境に関する取り組みを
解説しながら、環境とITを取り巻く世界各国の現状と、
グリーン・ニューディールやスマート・グリッドなどの
新しいトピックを紹介します。

あまり興味のない方には、だからどうなの
という話しかもしれませんが、
グーグルの技術力は、環境やエネルギー問題にも
活用されていることが分かります。

ちなみに、グーグルの提案と取り組みは次の5つです。

  1. 石炭よりも低コストな再生可能エネルギーへの取り組み
  2. 電気自動車の充電方法の最適化への取り組み
  3. 自宅の電力使用量を監視できるツールの提供
  4. 石炭や石油による発電から脱却する提案
  5. 太陽光パネルの設置によるCO2排出を削減

これらの取り組みについて詳しくは、
Going Green at Google」のサイトに
“Google's Green Initiatives”として
公開されていてるので、純粋にグーグルの取り組みだけに
興味がある方は、このサイトを見るだけでも
十分かもしれません。

この本から何を活かすか?

本書の著者は、情報通信総合研究所の新井宏征さん。

私は新井さんの著書を読むのは初めてですが、
実はかなり以前から、新井さんのことはweb上で知っていました。

それは「英語学習」の分野においてです。

新井さんは「英語征服」という英語学習支援サイトの運営や、
一緒に“ビジネス英会話”を勉強しましょう」という
メルマガを発行しています。

私は、一生懸命に英語を勉強しているわけではありませんが、
NHKラジオの「実践ビジネス英語(旧やさビジ)」を愛聴しているので、
たまに、新井さんのサイトで復習していました。

さて、今日もこれから杉田敏さんの講座、
「Calling in Sick」の1回目を聞きたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 10:03 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

時間をかけない! 情報整理術

不況知らずのコンサルが実践している 時間をかけない! 情報整理術 (PHPビジネス新書)
不況知らずのコンサルが実践している 時間をかけない! 情報整理術 (PHPビジネス新書)
(2010/03/19)
佐々木 直彦 商品詳細を見る
 
満足度★★★

情報を「整理」したい。でも、時間がない。

これは誰にでもある悩みです。

ここで考えたいのが、何のための「情報整理」かということ。

本書の著者、佐々木直彦さんは、
情報整理には2種類あると述べています。

一つは、美しく機能的にストックする情報整理。
もう一つは、思考を整理して行動につなげる情報整理。

本書の目的は後者。

整理のための整理にならず、
行動を起こすための情報整理。

だから、情報整理にあえて時間をかける必要はありません。

結果を出しながら、プロセスの中で情報整理をすすめる。

それが佐々木さんからの提案です。

それでは、どうすれば結果を出しながら情報収集ができるのか?

最大のポイントは、「ホンモノの情報」に絞って整理すること。

ところで、「ホンモノの情報」とは何か?

それは、「フツウの情報」ではない情報。

ネット、新聞、TV、書籍などで誰もが入手可能な情報が
「フツウの情報」であるのに対し、
その人だけが持っている情報こそが、「ホンモノの情報」です。

実は、「ホンモノの情報」は「フツウの情報」から作られます。

では、一体、どのようにして、
「フツウの情報」を「ホンモノの情報」に変換するのか?

そのためには、誰もが持っている、
ある2つのフィルターを通す必要があります。

一つが、「感情のフィルター」、
もう一つが、「思考のフィルター」です。

つまり、事実を事実として書き留めるのではなく、
その事実に対して「感じて考える」ことで、
価値ある独自の情報に転換するという訳です。

実はこの情報整理術こそが、一流のコンサルタントが、
どのようにして思考を整理し、誰もが収集可能な情報から
価値のある情報に転換しているのかという
秘密でもあるようです。

この本から何を活かすか?

実際に会った人から、核心的な情報を聞きだすには?

佐々木さんは、次の2つの方法で、
相手の心のブレーキを外す必要があると説明しています。

  1.仮説を話す
  2.人生の話しを聞く

仮説を投げかえられると、相手も応えたくなるもの。
また、人生を聞かれると、誰でも話したい物語があるもの。

こうして相手の心のブレーキを外し、
有益な情報を引き出すそうです。

この2つの振り、覚えて実践してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野村式FX速習ノート

野村式FX速習ノート
野村式FX速習ノート

(2010/03/30)
野村 雅道 商品詳細を見る

満足度★★★

伝説のディーラー若林栄四さんの下で
為替ディーラー人生をスタートさせ、邦銀・外銀で活躍後、
現在は個人投資家としても活躍する野村雅道さんの
FX指南本です。

  「大雑把にいえば9割は勝てましたし、
  個人投資家になったいまも、それは同じです。」

野村さんは、50歳で外銀をリタイヤし、
個人投資家としての生活をスタートさせました。

個人投資家となっても基本的なトレード手法は変わりませんが、
ひとつだけプロディーラーの時にはできなかった
投資法を加えました。

それは、スワップを狙った長期投資。

現在の野村さんのスタンスは、
長期投資:デイトレード=7:3の比率です。

スワップ狙いの投資は、プロからは邪道と言われ、
リーマンショック後は、大きな含み損を抱え
壊滅的な状態に陥った方も多いようです。

しかし、野村さんはスワップ投資に関し、
レバレッジを考えて投資することで、
まだまだ有効な手法だと説明します。

また、野村さんのトレード手法は、需給を軸にしたID為替。
プロ野球の野村克也監督のID野球にあやかった命名です。

ファンダメンタルズ分析は、時間をかけてもあまり当たらない。
テクニカル分析は、種類が多く決定的なものは少ない。

どちらも必要ではあるものの、野村さんの経験では、
かけた時間と労力に対して、それに見合う収益があるとは
言えなかったそうです。

それに対し、努力に見合う収益をあげるのが需給分析。
特別なニュースやイベントがない場合は、
取引前に決まっている需給の予定にあわせて動くことも
少なくありません。

本書では、「長期投資+デイトレード」の野村式手法を
7日間で学べるように、分かりやすく解説しています。

個人的には、野村さんの需給分析は参考にしていますし、
スワップ一辺倒、トレード一辺倒となるのではなく、
いくつかの手法を組み合わせるのはアリだと思います。

この本から何を活かすか?

野村さんは、為替は長期のスワップ狙いか、
短期のデイトレードで、時間軸を中期においた投資は、
あまり好きではないようです。

確かに、中期は資金効率の面では短期に劣りますし、
かける時間や楽さを考えると、長期にはかないません。

しかし、私は中期投資も好きです。

中期で最も重要となるのは「戦略」。

個人的には、戦略を考える面白さでは、
中期投資が一番だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| トレード | 07:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未来は、えらべる!

未来は、えらべる! バシャール 本田健
未来は、えらべる! バシャール 本田健
(2010/03/25)
本田 健  ダリル・アンカ 商品詳細を見る
 
満足度★★

ベストセラー作家本田健さんと宇宙人バシャールとの対談本。
私にとっては、初バシャール本です。

宇宙存在バシャールからのメッセージは、
アメリカ人のダリル・アンカさんがチャネリングすることで、
私たちに伝えられます。

バシャールは多次元的存在で、地球の時間で300年後の
惑星エササニに住む多次元的存在とのこと。

1990年前後から流行ったスピリチュアル系で、
アンカさんの「バシャール」シリーズは、
累計で200万部以上のセールスを記録しているとか。

本書は、ロサンゼルス郊外のホテルで
3日間にわたり行なわれた対談内容を収録しています。

最初に私が驚いたのは、本田さんがベストセラー作家になった
きっかけを作ったのも、バシャールだったということ。

実は、本田さんは16年前にバシャールのアドバイスを受けていました。

まだ会計の仕事をしていて、このまま仕事を続けるかどうか
迷っていた時期で、「ワクワクすることをやりなさい」という
バシャールからの助言を受けたそうです。

その後、本田さんは、本を書いたり講演をするようになり、
人生が劇的に変わったと語っています。

本書での対談内容は以下の通り。

  第1章 大好きなことの見つけ方、ワクワクの方法
  第2章 運命は、変えられる
  第3章 お金と豊かさについて
  第4章 ソウルメイトとコミュニケーションについて
  第5章 私たちの未来、分離していくリアリティ、2012年

対談の中で本田さんが妙にツッこまれている様子は、
ちょっと演出っぽい感じがします。

ただし、バシャールの語る内容は
納得できるものも多くありました。

その辺りが、単に「宇宙人なんて怪しい」で片付けられず、
200万部以上売れるで理由でしょうか。

私にとっては、引き寄せの法則のヒックス夫妻
チャネリングする、エイブラハムとの区別がつきません。

また、ちょうど前回紹介した橘玲さんの
亜玖夢博士のマインドサイエンス入門」の中で
亜玖夢博士がチャネリング少女と対決する場面がありました。

博士は数学の証明問題を与えることで、
チャネラーの知識内でしかメッセージが降りてこないことを確認し、
それが幻覚の一種であると証明していました。

私にとっては、メッセージの源泉がバシャールでも、
ダリルさんでもどちらでもよく、
価値ある内容であれば、それでいいと思います。

ただ、惑星エササニの宇宙人という設定が
ちょっとチープすぎるような気がしますが・・・

この本から何を活かすか?

バシャールは「ミレニアム問題」を解けるのか?

ミレニアム懸賞問題とは、100万ドルの賞金が賭けられる
いわゆる数学の未解決の7つの難問。

 1.P≠NP予想
 2.ホッジ予想
 3.ポアンカレ予想
 4.リーマン予想
 5.ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップ問題
 6.ナヴィエ-ストークス方程式の解の存在と滑らかさ
 7.バーチ・スウィナートン=ダイアーの予想

この内、ポアンカレ予想のみ解決済みです。

亜玖夢博士のように、すでに解決済みの問題ができるかどうかで、
バシャールをやり込めるのではなく、
私としては、未解決問題を解いてほしいところですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

亜玖夢博士のマインドサイエンス入門

亜玖夢博士のマインドサイエンス入門
亜玖夢博士のマインドサイエンス入門
(2010/03/25)
橘 玲 商品詳細を見る

満足度★★★★

こっちの路線でくるとは思いませんでした。

本書は、橘玲さんの小説、「亜玖夢博士」シリーズ第2弾。

1話完結方式なので、シリーズ化しやすいと思っていましたが
橘さんが脳科学を題材に選ぶのは予想外でした。

  「本書は、近年のマインドサイエンスの成果を
  小説にしたら面白いのではないか、というアイディアから始まった。
  ここに登場する不思議な話の数々はたんなる筆者の思いつきではなく、
  急激に進歩する脳科学や分子生物学、情報科学・工学が
  実現もしくは実現可能にしたものばかりである。」

主人公は、高校を中退して歌舞伎町の亜玖夢研究所に
身を寄せる、工藤あかね・18歳。

そして前作の「経済入門」でもおなじみの亜玖夢博士、
中国人助手のファンファン、とリンレイ。
そして小学生のケンタ。

「相談無料、地獄を見たら亜玖夢へ」 というチラシを配り、
社会の底辺で苦しむ人々を、亜玖夢博士の学問の力で
救済しようと試みます。

今回、彼らが救うのは、引きこもりの高校生、
パワハラで自殺を命じられた男、オカルト少女など。

認知心理学、進化心理学、超心理学、
洗脳、人工生命が各話のテーマとして選ばれています。

最近は、脳関係の本がやたら出版されていますが、
本書を読めば、小説という形で最新の脳科学に関する
トピックが学べるようになっています。

これは、私が橘さんのファンだから、そう思うのかもしれませんが、
脳科学の本としても、1ヶ月に数冊のペースで執筆し続ける
脳の専門家の本より、かなり濃い内容になっています。

前作より、ダークさが増し、
後半は話しが壮大になり過ぎている感もありますが、
橘さんのブラックな視点は冴え渡ります。

ただ、前作を読んだ後は、TVドラマ化も
十分ありえると思いましたが、
本作では、それが少し遠のいたかもしれません。

いずれにしても、「橘さん=経済小説」というイメージを
完全に払拭し、新しい分野を開拓した一冊です。

この本から何を活かすか?

橘さんといえば、「海外投資を楽しむ会(AIC)」の設立メンバー。

AICのサイトでは、橘さんが雑誌に掲載したコラムの
オリジナル原稿が公開されています。

また私も、久しぶりにAICのサイトを訪れてみましたが、
AIC会員はこんな人たち」という興味深い
アンケートの集計の結果が公開されていました。

このアンケートの中には、新たなビジネスのヒントが
隠されているような気がしますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 05:55 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |