活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言

あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言
あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言
(2010/02/15)
ジャック・キャンフィールド&ケント・ヒーリー 商品詳細を見る

満足度★★★

正統派の自己啓発書です。

著者は、大ベストセラー「こころのチキンスープ」で
有名な講演家のジャック・キャンフィールドさん。

本書は、キャンフィールドさんの指導を受けた
同じく講演家のケンと・ヒーリーさんとの共著です。

  「この本はたんなるアイディア集ではありません。
  自分の潜在能力を引き出していくための、
  普遍的な方法論を紹介するための本です。」

キャンフィールドさんとヒーリーさんは、
多くの偉大な業績をおさめた成功者たちから、
自分の才能や能力を引き出すための共通点を抽出し、
20の原則にまとめて紹介しています。

ビジネスで成功する、有名なスターになる、億万長者になる、
最愛の人とめぐり合う、幸せな家族に囲まれる。

一人ひとりの成功の定義は違います。

しかし、自分の人生を変えるための原則は共通で、
本書の方法論を実践することで、
誰もが自分が望む成功に近づけると説明されています。

本書は、20の原則の合間に成功者の「名言」をうまく挟み、
読者が行動を起こしやすいように書かれています。

ジム・ローン、ジグ・ジグラー、キング牧師、ヘレン・ケラー、
ナポレオン・ヒル、リンカーン、スティブン・コヴィー・・・

タイトルには54の名言と書かれていますが、
ナンバーを振らずに文中に盛り込まれているものもありますから、
実際はもっと多くの名言が紹介されていますね。

  「誰かに腕立て伏せを代行してもらっても、
  自分が力をつけることはできない」

自己啓発書で大切なのは、読んでその気になって終わるのではなく、
得た知識をもとに自分で行動を起こすこと。

本当に人生を変えられるかどうかは、
内容の善し悪しよりも、読んだ人がどのような行動を
とるかで決まるということです。

この本から何を活かすか?

本当の意味で「かっこいい」とは、どういうことなのか?

本書には、次のようなエクササイズが紹介されていました。

  ステップ1 「かっこいい」と思う人を5人選ぶ

  ステップ2 その人たちの名前の横に、なぜ彼らが
         「かっこいい」と思うのかをすべて書き出す

  ステップ3 そのリストを見て、一定のパターンを見つける

「かっこいい」とは、尊敬できるということ。

あえて5人だけに絞ると考えると難しいので、
今日の時点で、最初に思い浮かんだ尊敬できる5人について、
その理由を考えてみました。

どうやら、私の考える「かっこいい」には、
“徹底している”、“ブレない”などの要素が入っているようです。

それはつまり、今の私に足りないものということですね。

 Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |