活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「下げ相場」はこうして儲けなさい

「下げ相場」はこうして儲けなさい
「下げ相場」はこうして儲けなさい
(2010/03/05)
ピーター・シフ 商品詳細を見る

満足度★★★

刊行後、すぐに読みたかった本。

日本での発行は2010年3月ですが、米国では2008年10月の発行。
執筆された時期はそれより前の、2008年の6月頃です。

つまり、リーマン・ショック前に書かれた本。

著者は、Dr.Doom(悲観博士)とよばれ、
筋金入りの悲観論者として知られるピーター・シフさん。

本書は金融危機を予測する本でもあり、
シフさんの先見の明には驚くべきところがあります。

ただ、今となっては当然のことですが、
シフさんの相場観が当たった部分も、
外れた部分もあることが分かります。

基本的には、米国内の株式投資家に向けた、
投資のガイドブック。

  「ドルは今後も購買力を失いつづけるはずだ」

このシフさんの確信のもとに、投資のアドバイスが書かれています。

・(米)国内株は産金株、基礎素材などのセクターへ
・(米国から見た)外国株に投資せよ
・注目国はオーストラリア、カナダ、シンガポールなど
・コモディティの上げ相場に乗れ
・金価格は5000ドルを目指す
・海外移住のオススメ国は中国

こう並べてみると、2007年にシンガポールに移住した
カリスマ投資家であるジム・ロジャーズさん
考えに近いことがよくわかります。

また金価格については、松藤民輔さんが喜びそうな
分析が書いてありますね。

シフさんの予測では米国株式市場は、
今後8年間は長期的な下げ相場を経験することになっています。

2010年4月現在の米マーケットは、かなり回復基調を
示していますから、この点についてのシフさんの見通しは
少し悲観過ぎたのかもしれません。

しかし、私は景気が回復してきたら、
米国では以前のような消費志向に戻ると思っていましたが、
この点はシフさんの予想通り、倹約志向のまま。

米国でも、多くの人がライフスタイルを
変えることを迫られたようです。

シフさんの最近の見解は、YouTubeに
「The Schiff Report」という専用チャンネルがありますので、
そちらで見ることができます。

この本から何を活かすか?

予測が外れやすいところはどこか?

2008年の金融危機を冷静に予測したシフさんも、
実は米国以外の国についての経済状況は、
比較的に楽観視していました。

実際に生活している国と、数値だけで見る国とでは、
情報格差があり、ある程度のバイアスが
かかったと考えることができます。

私たちも、外国株投資の際はその前提に立って、
予測を立てる必要がありそうですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報は「整理」しないで捨てなさい

情報は「整理」しないで捨てなさい
情報は「整理」しないで捨てなさい
(2009/12/16)
奥野 宣之 商品詳細を見る

満足度★★★

  その書類は本当にとっておくべきものですか?
  今メモした内容は、本当にメモしておくべきことでしたか?

こう読者に問いかける奥野宣之さんは、
2008年に刊行した「情報は一冊のノートにまとめなさい」が
ベストセラーになりました。

この本はA6文庫本サイズの手帳に、
すべての記録を残すノート術を紹介するものでした。

奥野さんは、取材やアイディアのメモから、本の企画、
読書ノート、プライベートのスタンプ収集まで、
1冊のA6ノートに情報をまとめています。

なぜ、そんな片手にのる程度の小さなノートに
すべての情報を集約することができるのか?

その秘密を明かすのが本書です。

実は、奥野さんは情報に触れる入り口のところで、
必要な情報だけを、かなり大胆に選別しているようです。

  「その場で、自分にとって要らない部分は捨て去り、
  要る部分だけを拾う」

配布された資料は1ページだけを残して、その場で捨てる。
新聞や雑誌も必要な部分だけを破りとる。
書類の見ないと決めた箇所には「×」を入れる。

確かに大量の情報を一度取り込んでしまうと、
必ずその後に「整理」の作業を伴いますから、
最初にフィルターをかけてしまうのは理想的です。

しかし、不要な情報をどんどん捨てるのは、
整理のためだけではありません。

究極の目的は、アイディアをトンがったものにすること。

大量に流れる情報に埋もれていては、その表層をかいつまんだ
誰もが思いつくようなアイディアしか生まれません。

本当に必要な、核心的情報だけを取り入れ、
他の人とは違った成果物をアウトプットする。

これが不要な情報を捨た後に、本書が目指す姿です。

本書では、そのための「戦略的インプット」が

  1. 目をつくる
  2. 広く情報に触れる
  3. 使えるかを判断する
  4. 捨てる・拾う

という4段階で説明されています。

先日紹介したケン・ブランチャードさんらの
なぜ、ノウハウ本を実行できないのか」の中には、
「多くの本を読むより少数の本を完全にマスターするほうがいい」
という記述がありましたが、それに通ずるところがありますね。

この本から何を活かすか?

奥野さんは、なんでもわからないことは、
ネット検索するのではなく、
最初は「辞書」から調べることを勧めています。

  「知っていることでも、立ち止まって辞書を引いてみる」

奥野さんが愛用するのはカシオの電子辞書
「エクスワード」の総合モデル

私自身はセイコー(SII)の電子辞書を愛用しています。

今の電子辞書は、カラー化が主流となりつつあり、
その前には、タッチパネル、バックライト装備という
流れがありました。

セイコーの電子辞書は、そのメインストリームに乗らず、
独自の路線を進む、トンがった電子辞書です。

だから、あまり売れていないなず・・・

しかし、私はそんなこだわりのセイコーの電子辞書が大好きです。

今の一押し機種は、「SR-G7001M」。

キーの押しやすさ、PCとの連携、コンパクト性、
液晶画面の見やすさ、収納辞書の良さなどが特徴です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 07:07 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

経済は損得で理解しろ!

世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで
世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで

(2010/03/12)
飯田 泰之 商品詳細を見る

満足度★★★

難しいことを分かりやすく伝えるお手本のような本。

  「本書は、
    ・経済のニュースを理解したい。
    ・教養として使える経済学の基礎を身につけたい。
    ・経済の動きを把握して今後の人生に生かしたい。
    ・ビジネス上の問題を分析し、解決する力をつけたい。
  という、あなたのために書いた本なのです。」

著者の飯田泰之さんは、人間なら誰しも理解できる
「損得勘定」を使って、経済の仕組みを説明します。

ただし、本書の目的は経済知識を身につけることではありません。

目指すは、目の前にある状況や問題に対して、
論理的に整理し、理解し、適切なアクションをとるための
「思考法」を身につけること。

そこで本書では、飯田さんが一方的に解説する形式を取らず、
ブルくん(ブル星王子、見た目ブルドックのキャラクター)と
ベアくん(ベア星王子、見た目クマのキャラクター)の2人の生徒の
質問に答えながら講義を進める形態を採用しています。

  第1章 経済学って何ですか?
  第2章 競争ってすばらしい?
  第3章 景気って何ですか?
  第4章 経済政策って何ですか?
  第5章 個人はどう生活すればいいんですか?
  第6章 日本経済ってどうなんですか?
  第7章 政策、ニュースの正しい見方

後半はちょっと政策よりの話が多くなっていますね。

実は、飯田さんの説明の分かりやすさよりも、
説明のちょっとした部分に違和感を覚えたり、
素朴な疑問をもったらスルーせず、すかさず質問する
ブルくんとベアくんの姿勢こそが、
経済的思考法を身につけるための鍵を握ります。

なぜ、なぜを繰り返し、問題を掘り下げることで、
本質を見極めることこそが重要です。

細かいことを言うと、ベアくんが、
細野真宏さんのキャラクター「コロちゃん」に類似していたり、
ブルくんが、なぜ雄牛ではなくブルドックなのかなど、
ツッコミを入れたくなる部分もありますが、
それを差し引いても、分かりやすい経済の入門書になっています。

この本から何を活かすか?

ちなみに、ベアくんが王子として住んでいるベア星は、
みな弱気でチャレンジ精神がなく、景気が悪い。

だから、なんとか景気を回復させる方法を求めて、
飯田さんのもとにベアくんが留学してきたという設定です。

実は、「ベア星=日本」というのが裏の設定であり、
日本人に経済的思考を身につけて、自信を取り戻して欲しいという
飯田さんからのメッセージでもあるようです。

とすると、ブル星はさしずめ米国ということでしょうか。

実際にリーマンショックの震源地の米国では、
景気後退は公式に終息し、住宅販売軒数も増加しています。

さすがに、経済危機以前とは倹約の仕方などが違うようですが、
したたかに回復の道を歩んでいるようです。

私たちも思考自体ががデフレとならないよう、
気をつけたいものです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本でいちばん大切にしたい会社2

日本でいちばん大切にしたい会社2
日本でいちばん大切にしたい会社2
(2010/01/21)
坂本 光司 商品詳細を見る

満足度★★★★

2008年3月に出版され、大きな感動を呼んだ
日本でいちばん大切にしたい会社」。

本書は、その待望の続編。

と言うか、「大切にしたい会社」がシリーズとなり、
今後も、第3弾、第4弾と刊行されるようです。

本にしても映画やドラマにしても、往々にして
パート2ものは期待外れに終わることがありますが、
本書に関しては大丈夫です。

あの感動をもう一度味わうことができます。

今回も坂本光司さんが訪問した6300社の中から、
  
  「五人の、永久の幸福のために、
  全社一丸となってがんばる誠実な経営をしている会社」

を基準にして選んだ、8社のエピソードが紹介されています。

ちなみに五人とは、社員とその家族、社外社員とその家族、
現在顧客と未来顧客、地域住民、株主などの関係者です。

紹介されているのは次の8社。

 ・株式会社富士メガネ
  世界の難民に視力を与え日本初の「ナンセン難民賞」受賞の会社

 ・医療法人鉄蕉会亀田総合病院
  「この病院で死にたい」、「もう一度入院したい」と言われる病院

 ・株式会社埼玉種蓄牧場「サイボクハム」
  使命感に燃え、農業のディズニーランドを目指す牧場

 ・株式会社アールエフ
  「人命を救う機器だから特許はとらない」とこだわるベンチャー企業

 ・株式会社樹研工業
  社員は先着順採用、給料は年齢序列の不思議な会社

 ・未来工業株式会社
  日本でいちばん休みの多い高収益の会社

 ・ネッツトヨタ南国株式会社
  売るための店作りがら脱却し、トヨタ系で顧客満足度NO.1の販売店

 ・株式会社沖縄教育出版
  日本でいちばん長くて楽しい朝礼の会社

坂本さんは、あさ出版の社長から、世の中の人知れず頑張っている
誠実な会社の経営者や社員に勇気と希望を与えてほしいと説得され、
「大切にしたい会社」のシリーズ化を決めたそうです。

ただ、ダイヤモンド社からも
ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社」が
刊行されているのを知ると、訝しく思ってしまいます。

しかし、冷静に考えると読者にとっては、
いい話が読める機会が増えるので、有り難い限り。

あまりシリーズ化の呪縛に囚われず、今後も無理せず
素晴らしい会社を紹介し続けて欲しいものです。

この本から何を活かすか?

本書で紹介されるような感動を呼ぶ会社のエピソードを読むと、
反応が次の2つに分かれます。

  ・自分もそんな会社で働きたい
  ・自分もそんな会社を作りたい

どちらが良くて、どちらが悪い言う話ではありませんが、
日本を元気にしていくためには、
本書で紹介される会社を目標に起業する人が
増えて欲しいものですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、ノウハウ本を実行できないのか

なぜ、ノウハウ本を実行できないのか―「わかる」を「できる」に変える本
なぜ、ノウハウ本を実行できないのか―「わかる」を「できる」に変える本
(2009/12/11)
ケン・ブランチャード、ポール・J・メイヤー、ディック・ルー 商品詳細を見る

満足度★★★★

  「知っていることと実行することのギャップは、
  おそらく知識の有る無しのギャップより大きいでしょう。」

本書では、この知識と行動とのギャップを
「ミッシング・リンク(失われたつながり)」と呼んでいます。

確かに、「わかる」ことと「できる」このと差は、
天と地ほどもありますね。

いくら本を読み、CDを聞き、セミナーに参加しても
なかなか行動を変えられない人は多いもの。

私が、実際にその一人です。

人々が、得たノウハウを行動に移せないのは、なぜか?

本書は、この問いにシンプルな解答を与えてくれます。
理由は3つ。

  第一の理由は、情報過多
  第二の理由は、ネガティブなものの見方
  第三の理由は、フォローアップの欠如

それでは、どうしたら実際の行動に移すことができるのか?

この問いに対する解答もまた、至極単純明快。

  「そのカギは、一にも、二にも、三にも、
  繰り返すこと、反復です!」

非常に簡単な答えですが、この反復が難しいところ。

だからこそ、多くの人が行動に移せなくて
困っていることなのでしょう。

本書は3名の方の共著ですが、
中心となるのはケン・ブランチャードさん。
大ベストセラーとなった「1分間マネジャー」シリーズの
著者として有名です。

この本も、「薄い本、3つのポイント、物語風」と
1分間マネジャー」と同じ形式で書かれています。

いろいろと盛り込みたい話しを削ぎ落として、
本当に大切なことだけに絞るのが、
ブランチャードさんのスタイルですね。

戦略とは、行なうことを決めるのではなく、
やらないことを決めることとも言われます。

この本は、あなたの人生戦略に大きく影響する
一冊になるかもしれません。

この本から何を活かすか?

  「多くの本を読むより少数の本を完全にマスターするほうがいい。
  (中略) 
  たえず新しい情報に接することが習慣になっていると、
  忘れることも習慣になってしまう。」

これは、まさに私に対してのメッセージ。

それでは、多読をやめたほうがいいのか?

なにも、1冊の本を繰り返し読むのか、多読するのかと
2択にする必要はないと思います。

時期によって、この2つの読み方を切り替えてもいいですし、
時間に余裕のある人は、両方同時に行なってもいいでしょう。

そこで、私が繰り返し読むために選んだ一冊は、これ。
いかにして問題をとくか

3ヶ月くらいかけて、何度も繰り返し読み、
体に染み込ませたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:04 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

動物と話せる女性 ハイジ

動物と話せる女性 ハイジ
動物と話せる女性 ハイジ
(2009/11/30)
ハイジ 商品詳細を見る

満足度★★

  「動物と話ができることが、自分だけに与えられている
  特殊な能力であり、他の人々は動物の気持ちを
  理解することはできないのだとは知りませんでした。」

こう語るのは、アニマル・コミュニケーターのハイジさん

私は、番組を見ていないのでよく知りませんが、
日テレの「天才!志村どうぶつ園」に出演し、
人気の方のようです。

犬、猫、馬、サル、カバ、オウム、鹿、カメ、鶏、
オットセイ、タランチュラ・・・

本書では、ハイジさんが様々な動物と
対話するエピソードが紹介されます。

対話といっても、ドリトル先生のように
本当に会話をするのではなく、
五感を使って動物の気持ちを読み取るそうです。

ハイジさんは、生まれながらに動物と
コミュニケーションすることができ、
12歳の時に初めて他人とは違うことに気づいたとか。

大学卒業後は、あの「白バイ野郎ジョン&パンチ」で有名な
カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール(CHiP's)の
警官として活躍し、37歳でアニマル・コミュニケーターの道を
歩み始めたそうです。

本書は、ハイジさんの動物への愛情が伝わってくるので、
「天才!志村どうぶつ園」を見て感動した方や、
動物好きな人にとっては、グッとくる内容だと思います。

ただ、私のように同番組を見たこともなく、
あまり動物好きではない人にとっては、
スピリチュアル系の本に思えなくもありません。

正直に言って、ハイジさんが本当に動物と
コミュニケーションが取れているかどうかは、
私には分かりませんし、それを否定する気もありません。

しかし、ネットで調べる限りでは、ハイジさん以外にも、
テレパシーで動物と通信できるという
アニマル・コミュニケーターは、たくさんいるようで、
日本人のコミュニケーターもいるようです。

おまけに、「あなたも動物と話ができる」という
セミナーが開催されたり、テキストも販売されています。

ひねくれ者の私には、そこまでいくと、
ペットの気持ちを知りたいという、
飼い主の愛情につけ込んだ商売に映ってしまいます。

この本から何を活かすか?

  「あっ・・・こんにちは。私、都内で探偵業を営んでおります
  吉田ヨシミというものですが、周りからはよく、
  “超能力探偵”とか、“エスパーヨシミ”とか、
  “畑正憲”とか、“ナウシカ”とか、“頭おかしい”とか
  言われてます。」

こう自己紹介するのは、犬とインコを助手にして、
昆虫関係全般の探偵依頼を受ける、昆虫探偵ヨシダヨシミ

モーニングやモーニング・ツーにたまに掲載される
青空大地さんの漫画です。

最近は哀川翔さん主演で映画化され、注目されていますね。

・映画情報はこちら 映画『昆虫探偵』 オフィシャルウェブ
・コミック情報はこちら 『昆虫探偵ヨシダヨシミ』公式サイト

コミックは1・2巻発売中。 
私は数話しか読んだことがないので、
まとめて読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣
ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣
(2009/12/01)
美月 あきこ 商品詳細を見る

満足度★★

元国際線キャビンアテンダント(CA)が明かす、
ファーストクラスのちょっと役立つ裏話し。

そんな雰囲気の軽いタッチの本です。

飛行機のファーストクラスの座席数は全体の約3%で、
偶然にも日本における富裕層人口比率と近いそうです。

著者の美月あきこさんは、日本と外資系の航空会社で
合計16年間CAとして勤務し、ファーストクラスでの接客から
多くのことを学びました。

本書では、美月あきこさんがファーストクラスの乗客から学んだ
シンプルな「習慣」を紹介します。

その習慣とは、「メモをとる」こと。

本当にいろんな意味で驚くぐらいシンプルです。

本書のを手にするのは、ほとんどがファーストクラスに
乗ったことのない人です。

自分とファーストクラスに乗る人とは何が違うのか?

自分にない習慣があれば学びたいという気持で、
本書のページをめくる人が多いでしょう。

しかし、そこにきて、

  「注文の多いエコノミーとビジネス、
  手間のかからないファーストクラス」

などと書くと、引いてはいけない読者のトリガーを
引くようなもの。

人の気持ちを汲み取ることの大切さを説いている割には、
少し配慮が足りない気がします。

また、数多く掲載されている機内写真や、美月さんのCA時代の写真も
何か違うものを読んでしまったという印象を与えかねません。

更に、コラムの「こんなお客も乗っているの!?」のコーナーは、
本書の下世話な感じを強調してしまっています。

「ファーストクラスの乗客から学ぶ」という着眼点は
非常に良いところに目をつけたと思いますし、
美月さん自身も様々な知識をお持ちのようですが、
それが十分に活かされず、非常にもったいない感じがしました。

個人的には、10ページ程度しか語られていない
美月さんの起業についての内容をもう少し詳しく
聞きたかったところです。

この本から何を活かすか?

  「荒木裕美は同僚のデール・キム、リー・シーモアと
  中国への出張へ向かいます。
  用意されたのはファーストクラスのチケット。
  グレン・トロイの方針で5時間以上のフライトには、
  誰でもファーストクラスの利用が認められたのです。」

私が、ファーストクラスで思い出すのは、
NHKラジオ「やさしいビジネス英語」荒木裕美編の
「Trip to China」のビニエット。

これは杉田敏さんが講師を務めるNHKラジオ講座で、
私は10年くらい愛聴しています。

現在は「実践ビジネス英語」という名称で、
ネットでも配信されています。

私は、今日これから4月16日放送分の
「Signs of Recovery 3」を聴くところです。

みなさんも、この講座を聴きませんか?

英語のレベルうんぬんより、内容の面白さで一押しです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「最速」SEO

「最速」SEO ~たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術~
「最速」SEO ~たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術~
(2010/03/06)
芳川 充 商品詳細を見る

満足度★★★

「SEO(Search Engine Optimization)」とは
検索で上位表示させるために、サイトを最適化すること。

実際のところ、ヤフーやグーグルが
公開している情報は少ないため、
表示の仕組みはブラックボックス化されています。

過度なSEO対策は、インデックスが削除される可能性も
あるようで、そういった「恐れ」が噂が噂を呼び、
SEOに関するさまざまな都市伝説さえ飛び交います。

このように、外部の人間には解明しにくいSEOを
実際に多くのサイトを作り「検証」によって
効果的な対策を編み出したのが、本書の著者・芳川充さん。

SEO業界の重鎮、鈴木将司さんからは、
「実証データに基づいた科学的なSEO対策を行なう」
学派の一人と評されています。

確かに、全てではありませんが、芳川さんが行なった
実験データが一部でも公開されているのは、貴重ですね。

  「これらの検証については本書の巻末付録と
  私の検証サイトで紹介していますが、SEOの知識がある人ほど
  意外な事実をたくさん知ることになるでしょう。」

  ・相互リンクは効果がないのか?
  ・関連サイトからの被リンク効果は高いのか?
  ・IPを分散すれば効果があるのか?
  ・サイトマップはつくるべきか?
  ・急激な被リンクはペナルティの対象か?

こういった、都市伝説化されている噂を
芳川さんは、検証によって真偽を確かめています。

肝心のSEO対策としては、内部要素編、外部要素編、
無料ブログの効果的な使い方など、短期間で結果を出すための
実用的なノウハウが解説されています。

検索エンジンのアルゴリズムは変わるもの。

つまりSEO対策には賞味期限がありますが、
いかにアルゴリズムが変わり、本書のノウハウが使えなくなっても、
検証派の芳川さんは、新たな検証を重ね、
有効な対策を導き出すのでしょう。

この本から何を活かすか?

およそ2年ぶりにSEO本をよみました。
前回読んだ本は「無料ブログSEOバイブル」です。

当時はブログを始めて1年ぐらいで、
毎日のユニークアスセス数は300程度でした。

現在のユニークアスセス数は約700。
最近は停滞気味で、あまり伸びは見られません。

この2年間、あまりSEO対策など考えてこなかったので、
本書を参考にメタキーワードやディスクリプション、
トップページのタグなど見直してみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 09:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「結果を出す人」の仕事のすすめ方

「結果を出す人」の仕事のすすめ方
「結果を出す人」の仕事のすすめ方
(2010/03/13)
美崎栄一郎 商品詳細を見る

満足度★★★

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』が
ベストセラーになった美崎栄一郎さんが送るビジネス書の新機軸。

本書は、約200冊の推薦書を使った
「仕事術」の本であると同時に、
美崎さんが、実際に起こしたアクションの記録。

  「結果を出すためには、どんな読み方をすればよいのでしょうか。
  それには、結果を出すためのツールとして本を使うのが一番です。
  (中略)本を“読む”のではなく、本を“使う”のです。」

具体的に言うと、美崎さんが出した結果とは、
本を執筆し出版したこと。

本書では、読んだ本の内容からからアクションを起こし、
美崎さんが本を作り上げるまでの行動が紹介されます。

ただし、この本の内容を本を作るための参考書ではなく、
「あなたの仕事の進め方」の参考書として、
応用してほしいと、美崎さんは語っています。

この本のコンセプトは、私のブログに近いものがあり、
共感できるとともに、スパーサラリーマンの美崎さんが起こす行動は
さすがに違うなと思わせる内容でした。

本書で、私が最も感心した点は、
美崎さん自身が200冊の本を選ぶのではなく、
他人からの推薦書を採用したということです。

ビジネス書著者、編集者、書店員、書評ブロガーなど、
影響力のある200人の人から集めた200冊が
各ページの下に「〇〇さんオススメ!」として掲載されています。

当然、推薦した本が掲載された人は、
ブログなどで本書を好意的に紹介しますから、
「美崎さん×200人のインフルエンサー×そのフォロアー」
と自分で200冊選ぶ場合と比べると、
遥かに大きな好意的な評判が起こる仕組みになっています。

美崎さんの本に限ってそんなことはありませんが、
仮に本書の内容が良くなくても、参加型の形態を採用することで、
クチコミにより、ある程度のセールスが見込めるわけです。

ただ、これは私だけの問題かもしれませんが、
すべてのページの下に推薦本の書影が掲載されているので、
それを見るたびに、その本のことを思い出し、
若干、本文に集中するのに苦労しました。

この本から何を活かすか?

  「ってどうよ」というキーワードで探す。

原田翔太さんの
28歳までに結果を出す!勉強のルール」で
紹介されてる検索方法とのこと。
(ちなみに、私は、この本を読んでいません)

「~ってどうよ」で検索すると、ネガティブな意見も拾い、
「~とは」で検索した時と違った結果が得られるそうです。

さっそく、「美崎栄一郎ってどうよ」で検索してみましたが、
美崎さんに関しては、全然ネガティブな情報は出てきませんでした。

失礼致しました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:23 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

文系でもわかる ビジネス統計入門

文系でもわかる ビジネス統計入門
文系でもわかる ビジネス統計入門
(2010/02/26)
内田学 兼子良久 斉藤嘉一 商品詳細を見る

満足度★★★

数字が苦手な人や、今まで統計を学んでいなかった人が、
ビジネスで統計を使うための入門書。

ただし、いくら「文系でもわかる」とタイトルに
ついているからといって、斜め読みするだけで
統計のスキルが身につくわけではありません。

やはりある程度、本書を読みながら
手を動かしてみる必要があります。

  第1章 ジュースの量はどれくらい?
  第2章 来店者数が250名以上になる確率は?
  第3章 売上減少の原因は何か?
  第4章 100人のデータから10万人の顧客を考える
  第5章 購入金額の幅を推定する
  第6章 標本数が少ないときにはどうするか?
  第7章 40代男性の平均メール送信数は?
  第8章 顧客満足度調査をどう読むか?
  第9章 気温とアイスクリーム売上の熱い関係
  第10章 テレビCMと新聞広告の最適な組合せを考える
  第11章 アンケート調査で新商品開発のヒントを探る

本書の著者3名が感じるところによると、
初学者とそこそこ知識のある人の差が非常に大きいのが、
「統計学」と「アカウンティング」とのこと。

統計は、学生時代に履修しなかった人にとっては、
学びたくても入り込めない壁を感じる分野なのかもしれません。

しかし、実際のビジネスの現場では、
統計が当たり前のように使えることが要求される場面も
ありますから、いつまでも避けているわけにもいきません。

そんな時に、一度腰を据えて統計を学ぶために
本書は最適です。

マジメな統計の教科書でありながら、
身近な例で統計の概念をつかみ、簡単な解説の後、
すぐにエクセルの使用方法が説明されているのが
本書の良いところです。

統計学に深く入り込まず、あくまでも実用的で、
エクセル使用法についても2003と2007の2バージョンの
解説がなされています。

数式は必要最小限に登場しますが、
一般的な統計の教科書で見かけるギリシャ文字を
あまり使わないなような工夫がなされています。

この本から何を活かすか?

私の高校時代の数学の授業では、
確率や統計は受験の主役ではなかったので、
オマケ程度にしか勉強しませんでした。

私は、確率が好きだったので、
受験に関係なく自分でやっていましたが、
統計は大学に入って、初めてそれが何かを知りました。

今でも、確率と統計の高校での扱いは同じなのでしょうか?

個人的には、この2つの分野が、
基礎的な計算や論理思考を除き、
実生活で最も必要な数学知識だと思います。

当ブログでは、この分野の本で良書があれば、
引き続き紹介していきたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運の管理学

運の管理学 人生に「結果」をもたらす幸せの方程式 (講談社BIZ)
運の管理学 人生に「結果」をもたらす幸せの方程式 (講談社BIZ)
(2010/02/04)
松永 修岳 商品詳細を見る

満足度★★

  「それまで風水は、何となく迷信みたいなものだと
  思っていましたが、心理学的にも明快に説明されたので、
  とても納得できました。」

こう語るのは、本書の推薦のことばを書いた本田健さん。
私は、この本田さんのことばで、本書を読むことにしました。

本書は前半が、松永修岳さんが提唱する
「ラックマネージメント」の話し。後半は「風水」の話しです。

ラックマネージメントとは、松永さんが体系化した
「運」よ良くするための技法。

  「あなたは“運はマネージメントできる”と聞いただけで、
  “そんなバカな”と思うのではないでしょうか。
  しかし、“運”はたしかにセルフ・マネージメントできるのです。」

この方法は、中国の古典が教える「幸福な成功者」になる
5つの要素に基づいているとのことです。

また、松永さんは「風水」は、環境を整えることで、
脳を整える環境科学と捉え、「風水環境科学」と呼んでいます。

私は、風水に関して知識も興味もほとんどなく、
環境を変えれば、何かしらの影響は出るんだろうな
という程度の認識です。

ただ、これに「科学」と付くと、
逆に胡散臭くなるような印象を受けますね。

実際のところ、松永さんが本書で説明する内容については、
納得できる部分も多くあります。
やってみようと思うこともありました。

また、スポーツや勉強、あるいはビジネスに関しても、
実力以外の「運」が結果を大きく左右することはよくありますし、
良い運を引き寄せやすい行動習慣や環境作りが
必要であることも、よく分かります。

ですから、本書で説明されていることを、
松永さんが経験から得た知恵や見地として聞く分には
なにも問題ありません。

しかし、「科学的な・・・」と聞くと
急に違和感を覚えてしまいます。

松永さんは、「現代の空海」とも呼ばれるそうですから、
科学として語るよりも、説法として語るほうが
良いような気がします。

この本から何を活かすか?

松永さんのプロフィールを拝見すると、
2006年11月に「日本建築医学協会」を設立し、同理事長を務める
とあります。

なにか「日本建築医学協会」というのも、
私の勝手な印象ですが、「風水環境科学」に負けず劣らず、
どこか怪しさを感じてしまいますね。

更に、風水環境科学研究所、国際風水科学協会と、
言葉を足せば足すほど、胡散臭さが増す気がします。

どうやら、科学からイメージの遠いものに、
あえて科学的な言葉を足すと、疑似科学的なニュアンスを醸し出し、
怪しさを倍増させる効果があるのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 05:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャイナビッグバン

チャイナビッグバン―スーパーインフラ投資と巨大消費市場の争奪戦
チャイナビッグバン―スーパーインフラ投資と巨大消費市場の争奪戦
(2010/02)
葉 千栄 商品詳細を見る

満足度★★★

日本では「中国崩壊論」が好まれます。

確かに、中国当局が発表する数字は信用できませんし、
環境汚染は日本へも影響が出るほどのものです。

叩けばいくらでもホコリは出てくるでしょう。

出てくるホコリに注目し、中国とは距離を置くのか?
それとも、欠点を把握した上で中国をうまく利用するのか?

私の立場は後者です。

本書は、上海生まれのジャーナリスト葉千栄(ヨウセンエイ)さんによる
中国経済の現在と将来の展望についてのレポートです。

自動車、外食、小売、高齢者・子ども向け、旅行・観光、
保険、鉄道、高速道路、港湾、電力、送電網、鉄鋼、環境

少し古いデータもあるような感じがしますが、
各セクターの現状を冷静に分析し、レポートされています。

例えば、中国でも進む少子高齢化。

よく知られている通り1978年から始まった人口抑制政策、
いわゆる「一人っ子政策」などにより、
中国の人口ピラミッドは歪な形をしています。

60歳以上の老齢人口は1億6000万人を超え、
日本の総人口を上回ります。

このシルバー市場に対し、葉さんは次ぎのように語ります。

  「日本企業は、日本ならではの商品を提案し、販路に結びつけることで、
  中国の巨大なシルバー市場に大きな活路を見出せるだろう」

また、中国の人口比の中では低下し続ける年少人口。

しかし、見方を変えると毎年2000万人の新生児が
生まれるマーケットは、サイズで考えると、これもまた巨大市場。

単に中国の少子高齢化は深刻という一面的な見方だけでなく、
不況にあえぐ日本企業が地の利を活かして、
中国のマーケットを開拓するヒントを与えてくれます。

個人的には中国株投資を初めて以来、
ニュースと本、あるいは財務諸表上でしか
私は中国を見ていませんでしたが、
そろそろ自分の目で見る必要があると感じました。

この本から何を活かすか?

北海道民は、現在、中国で「北海道旅行ブーム」が
起きていることを知っているか?

中国映画「非誠勿擾(誠実なおつき合いができる方のみ)」が
2009年の正月映画として大ヒットし、
ロケ地である北海道を見たいという中国人が増えたのが
北海道ブームのきっかけ。

しかし、北海道に住む私の知る限り、
道内の観光スポットなどで、
中国語の表示が増えている印象を受けません。

日本も国として観光客を増やす政策を考えているようですが、
現場が中国人観光客にターゲットを絞り、
もっと利便性を高める工夫が必要ではないでしょうか。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

論点思考

論点思考
論点思考
(2010/01/29)
内田 和成 商品詳細を見る

満足度★★★★

  「上司からいわれたとおりの仕事をやったのに、
  それを提出するとなぜかあまり評価されなかったという
  経験があるのではないだろうか。これは論点がずれているせいだ。」

逆に、いわれたとおりにやっていないのに、
上司から評価されている人がいるのは、論点を押さえているから。

「論点」とは、解くべき問題のこと。
解決することによって成果があがる真の問題。

そもそも、いま解こうとしている問題は正しいのか?

一番最初の問題設定段階で間違えてしまったら、
いくら解決策を実行しても成果はあがりません。

本書は、問題解決に当たる前の、
正しい論点設定をするための本です。

例えば、「会社に泥棒が入った」という事例。
この際の論点候補も次ぎのようにいろいろと考えられます。

  論点1 防犯体制に不備がある
  論点2 損害を受けた、あるいは今後受けるリスクがある
  論点3 報告体制に不備がある
  論点4 盗難にあったことが報道され、会社のイメージダウンとなった

大切なのは、どれを論点と設定するかによって、
打ち手が変わること。

  打ち手1 防犯体制づくり
  打ち手2 損害額算定、損益への影響を最小化
  打ち手3 報告体制整備
  打ち手4 イメージ向上の対応策

そして、すべての論点に対応しようとせずに、
最優先課題に絞込み、捨てるという発想を持つことのようです。

本書の著者は、ボストンコンサルティンググループ(BCG)で
日本代表を務めた内田和成さん。

本書は、内田さんが2006年に執筆した「仮説思考」と
対になる本です。

論点思考と仮説思考は、言わば問題解決のための両輪。

問題解決の最上流の段階が論点設定ですが、
数多くの論点候補の中から、コレというものに絞る際に
仮説思考も使います。

そして、論点が確定されたなら仮説思考で問題解決に当たります。

本書は「仮説思考」と併せて読みたい一冊です。

この本から何を活かすか?

  「本当にそれが論点か?」

論点を見つけるには、本当にそれが論点かと、
常に疑問を持つことが必要のようです。

更に、人の話しを聞いて「なるほど」と思っても、
そこで思考を止めず、「なるほど・・・でも、なぜなのか?」
と「なぜ」を繰り返すことを内田さんは勧めています。

私は、よく「なるほど」で思考が止まってしまいます。

本書を読んで「なるほど」と思った部分が沢山ありましたが、
論点思考をするためには、それぞれの部分について
「でも、なぜ?」と、もう一段深掘りしてみる必要がありそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイバーエージェント流 成長するしかけ

サイバーエージェント流 成長するしかけ
サイバーエージェント流 成長するしかけ
(2010/02/25)
曽山 哲人 商品詳細を見る

満足度★★★

国にとって「教育」が優先すべきテーマであるのと同様、
企業にとっては、「人材育成」が最重要課題です。

どちらも、4象限に分割された「時間マトリックス」では、
第II領域の「緊急ではないが重要」に配置され、
この分野にどれだけエネルギーを割くかで、将来が決まります。

  「私たちは“人材=競争力”と考え、“人材の採用、育成、活性化”には、
  それこそ時間も費用も惜しまずにかけてきました。」

こう語るのは、サイバーエージェントCEO藤田晋さん。

ベンチャー企業として急成長を続ける同社は、
かつて離職率が30%を越えていました。

しかし、2007年~2009年には3年連続で、
「働きがいのある会社」ランキングでベスト企業の1社に
選出されるまでに大きな変身をとげます。

本書では、成功する会社の人材活用の仕組みを、
サイバーエージェント取締役人事本部長の曽山哲人さんが公開します。

会社の成長とともに、走りながら変革する人事制度。

現場感覚で「やる気」と「成果」を生み出す仕掛けを
次々と導入していく同社の様子が描かれています。

会社全体が部活のノリに近い感じもあり、
歴史のある大企業と違って、スピード感がありますね。

  ジギョつく、あした会議、キャリチャレ、ジョブロ、
  2駅ルール、休んでファイブ、キソテコチェックリスト・・・

ネーミングもユニークですが、どの制度一つとっても、
社を挙げて本気で人材活性化に取り組んでいる様子が窺えます。

私は、今まで藤田さんの本は何冊か読みましたが、
他のサイバーエージェントの方の本を読んだのは、
今回が初めてです。

本書を読んで、藤田イズムが浸透していることが、
同社の強さの秘訣であることを実感しました。

この本から何を活かすか?

  「中締め」で営業受注を分散。

サイバーエージェント社の営業部門では、
月末に受注が集中するのを避け、受注を前倒しするために、
中旬にも「締め」を設けています。

これによって受注も安定し、業績も拡大したそうです。

「締め切り効果」は侮れませんね。

私は、何でも締め切りギリギリになるまで動かないタイプ。
この「中締め」を、生活の中で活用してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コカ・コーラに学ぶ ビッグ・ウォレット戦略

コカ・コーラに学ぶ ビッグ・ウォレット戦略
コカ・コーラに学ぶ ビッグ・ウォレット戦略
(2010/02/05)
古谷 文太 商品詳細を見る

満足度★★★

合併や買収は経営リスクが大きい。
かといって業務提携では、あまり効果が期待できない。

合併買収でもなく、業務提携でもない第三の道はないのか?

この問いに答えるのが、
本書が示す「ビック・ウォレット戦略」です。

  「“ビック・ウォレット”とは、直訳すると“大きな財布”である。
  (中略)自分たちの小さな財布を持ち寄って、その外側に
  大きな財布を作って、大きな財布でガッチリ儲けよう。
  それをみんなで分け合ってハッピーになろうというのが、
  ビック・ウォレット戦略のイメージだ。」

「直訳すると」と聞くと、輸入された戦略のように聞こえますが、
実際は著者の古谷文太さんが考えたネーミング。

これは、日本コカ・コーラグループが実践し、
2005年から2008年の4年間で1000億円を越える成果を挙げた
血の通った戦略です。

コカ・コーラは、地域別フランチャイザーの独立性と
グループの規模の経済性といった相矛盾する経営課題を
この戦略によって克服しました。

古谷さんは、この戦略の実行にあたり、
財務・契約面の執行役員として活躍したようです。

この戦略のベースになっているのは、エリヤフ・ゴールドラット博士が
ザ・ゴール」の中で示した「制約理論(TOC)」。

TOCは、ある工場の中でボトルネックに注目し、
全体最適を図るものでしたが、
ビック・ウォレット戦略では、この理論を外側に延ばしたもの。

一つの企業の外側に、協業する企業の大きな財布を作ることで、
全体を最適化して利益を上げ、割り勘会計を行ないます。

ところで、コカ・コーラは特殊な形態をとりますが、
ビック・ウォレット戦略は、他の企業でも採用可能なのか?

いろいろな制約があり、簡単ではありませんが
もちろん他の企業で実践することも可能のようです。

古谷さんは、この戦略の活用の場として、
大胆にも飲料業界二位のサントリーと三位のキリンが
協業するケースを提案しています。

私にとっては、魚谷雅彦さんの本の影響もあり、
コカ・コーラはマーケティングの会社というイメージでしたが、
本書によって、また違う一面を見ることができました。

この本から何を活かすか?

私が本書で目を引いたのは、制約理論の応用の仕方。

単に違う分野で転用するのではなく、
外側にもう一つの枠を作り広げて使っています。

アイディアの発想法として、A・F・オズボーンさんの
「オズボーンのチェックリスト」がありますが、
こういった戦略立案においても、このリストが活用できるようですね。

ちなみに、このリストは次の9つです。

  1. 転用したら?
  2. 応用したら?
  3. 変更したら?
  4. 拡大したら?
  5. 縮小したら?
  6. 代用したら?
  7. 再利用したら?
  8. 逆転したら? 
  9. 結合したら?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お金とユダヤ人

お金とユダヤ人 富を引き寄せる5000年の秘密
お金とユダヤ人 富を引き寄せる5000年の秘密
(2010/03/27)
石角 完爾 商品詳細を見る

満足度★★★★

アップルシード・エージェンシー鬼塚さんより、
献本頂きました。ありがとうございます。

私は、著者の石角完爾さんのことを全く知りませんでしたが、
プロフィールを見ただけで、すごく興味を惹かれました。

  京都大学在学中に国家公務員上級試験と司法試験に合格、
  ハーバード、ペンシルベニア大学のロースクールを卒業し、
  国際弁護士として活躍。
  マイケル・ジャクソンさんの日本における弁護士を担当。

  そして、60歳を過ぎてユダヤ人となる。

私は本書を読むまで知りませんでしたが、ユダヤ人とは、
「ユダヤ教への改宗者、もしくはユダヤ人である女性から生まれた人」
のことを言うそうです。

もちろん、石角さんは前者。

5年間ユダヤ教を学び、幾度もの試験や儀式を経て、
2008年にユダヤ教に改宗したそうです。

本書では、正式にユダヤ教を学んだ石角さんが、
ユダヤの思考法や生活習慣、そして5000年もの間に蓄積された
生きていくための知恵を伝えます。

ユダヤ人というと、ベニスの商人のシャイロックや、
クリスマスキャロルのスクルージなどの印象が強いですよね。

また、ユダヤ系の財閥のロスチャイルド家などもあるので、
「ユダヤ人は金儲けが上手い」あるいは、「金儲けの秘策を持っている」
といったイメージが作られているようです。

しかし、本当のユダヤ人は、
金儲けだけに固執しているわけではありません。

ただし、わずか1500万人のユダヤ人の中から、
金融経済や学問の分野で傑出した成功者を
数多く輩出しているのは事実です。

アインシュタインさん、ピーター・ドラッカーさん、
アラン・グリーンスパンさん、ジョジ・ソロスさん・・・

それでは、どうして、ユダヤ人の中から成功者が多く出るのか?

本書では、深く思考する習慣を持ち、
質素な生活を送る、ユダヤ人の真の姿を伝えます。

そして、タルムードなどからの多くの逸話を引用し、
成功者を生むユダヤ人のものの考え方を紹介します。

かつて国を持たなかったため、
自分の力で未来を切り開くしかなかったユダヤ人。

多額の借金を抱え、もはや国を頼りにできなくなった
私たち日本人も、ユダヤ人の知恵を学ぶべきと、
石角さんは書いています。

まさにその通りで、私にとっては、
視点が広がる意味のある一冊でした。

この本から何を活かすか?

  「食卓での議論は飯をうまくする」

ユダヤ人はこのように言い、例えば、
牛乳を飲んだら本当に健康になるのか?
といった議論を日常的に行なうようです。

確か、Devil's Advocate(一人があえて反対意見を言う)
もユダヤの議論を深めるための手法でしたね。

今日は、議論をおかずに昼食をとりたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生と仕事の段取り術

人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)
人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)
(2010/01/19)
小室 淑恵 商品詳細を見る

満足度★★★

小室淑恵の即効プレゼン術」がなかなか良かったので、
小室さんのこちらの本も読んでみました。

今度は新書。テーマは「段取り術」です。

何のための、「段取り術」かというと、
最終目標は、人生を豊かにするため。

一つは、仕事での段取りを良くして、生産性を上げる。
その結果、残業時間が減り、仕事以外の時間が確保できます。

もう一つは、プライベートもしっかりと段取りすることで、
直接的に自分の人生を改善します。

  第1章 「残業は仕方ない」という意識を変える
  第2章 残業スパイラルから抜け出すスケジューリング術
  第3章 残業スパイラルから抜け出すための仕組みづくり
  第4章 コミュニケーション上手は残業知らず
  第5章 チームワークで残業スパイラルから脱出する
  第6章 プライベートを段取りよく過ごす

本書で紹介されているノウハウはいずれも、
仕事の効率を少し高める工夫です。

しかし、その小さな改善の積み重ねが、
マイナスのスパイラルに陥るか、
プラスのスパイラルを生むかの大きな分かれ目。

人間の能力には、出ている結果ほど大きな差がないものです。

仕事をきちんとこなしながらも毎日定時で帰る人と、
残業しても残業しても全然仕事が終わらない人の差は、
ほんの些細な仕組みから始まります。

本書では、悪いスパイラルから良いスパイラルへ転換する
最初の一歩とすべき段取り術が、分かりやすく紹介されています。

小室さんは、ワーク・ライフバランスの重要性を訴えますが、
私が読んでいるビジネス書の著者の中には、
ワーク・ライフバランス否定派の方もいらっしゃいます。

肯定派と否定派は立場が違えども、結局のところ、
仕事の効率を良くするという目的は同じで、
実はノウハウ面でも同様の方法が
紹介されていることが多いものです。

毎日の仕事に充実感が足りないと思ったら、
ワーク・ライフバランス否定派の方の本。

毎日の仕事に押し潰されそうで、
今にも仕事から逃げ出したいと思ったら、
ワーク・ライフバランス肯定派の方の本。

そういう使い分けが良いのかもしれませんね。

この本から何を活かすか?

  「多くの企業で仕事の効率化がなかなか進まない理由の一つに、
  このよな“40代以上のITスキル不足”があります。」

私は、この文章を読んでドキっとしました。

私たち40代は、職場にITが導入されつつあった、
20年前には、職場で一番若い世代でした。

職場のIT化とともに、自分のITスキルも自然と向上し、
職場の中では、それなりにITに詳しい人という
ポジションだった人も多いはずです。

しかし、小室さんのような30代の方、
あるいは最初からIT環境の中で育った20代の方からすると、
私たち40代は、“スキル不足”と映っているのか?

そんな疑問が生まれてきました。

自分のITスキルとは、いかほどのものか?
冷静に自分のITスキルを棚卸ししてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:23 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

世界No.1投資家バフェットの謎

世界No.1投資家バフェットの謎 ~何がその成功をもたらしたのか?
世界No.1投資家バフェットの謎 ~何がその成功をもたらしたのか?
(2010/03/12)
庄司 卓矢 商品詳細を見る

満足度★★★

最近では投資手法を解説する本から人物伝まで、
数多くのバフェット本が出版されています。

バフェットさん自身が本を書かないので、
いろいろな立場の人がバフェットさんの発言を拾いながら、
自分の視点でバフェット本を書いています。

日本人がバフェット本を著すには、言葉を拾うハンデがありますから、
正直に言って、私はあまり期待していませんでしたが、
本書には良い意味で裏切られました。

  「人がわずか一代で世界有数の富を築き上げるには、
  いったい何が必要なのか?」

この謎に迫る著者の庄司卓矢さんは、
何か特別な情報源を持っているわけではありません。

庄司さんが主に手掛かりとしたのは、バフェットさんの「手紙」

“To the Shareholders of Berkshire Hathaway Inc”で始まる
バークシャー・ハサウェイ社の株主宛てにバフェットさんが
毎年書いている報告書です。

これはバークシャー・ハサウェイ社のサイトで公開されています。
(また、手紙の内容をテーマ別にまとめた本として、
バフェットからの手紙も出版されています。良書。)

また、庄司さんは、直接バークシャー・ハサウェイ社の
株主総会に参加した訳でもなさそうです(たぶん)。

本書の巻末に掲載された参考文献を見ても、
他の情報源は、一般のバフェット本だけです。

つまり、ほとんどが私でも手に入る情報を元に
この本は執筆されています。

しかしながら、庄司さんの「公認会計士」という
会計のプロとしての視点と、独自の考察により
なかなか面白い本に仕上がっています。

「会計の本質を見抜く」という章が設けられているのも、
庄司さんならでは。

本書は、バフェットさんの成功の秘密に迫りながらも、
コラムで小ネタをバランス良く取り混ぜ、
全体的に非常に読みやすい本になっていますね。

私にとっては、自分がバフェット本を書いたらどうなるのか?
と考えさせられ、よい刺激にもなりました。

この本から何を活かすか?

  「投資家として成功するためには、“適切な時期に買うこと”も
  “適切な時期に売ることも”等しく大事です。
  しかしそれ以上に大切な行動とは、“機が熟さぬうちは動かない”
  という第三の道を選ぶことといえるでしょう。」

庄司さんが書いている通り、
投資において「待つ」ことは非常に重要です。

しかし、“機が熟さぬうちは動かない”からといって、
本当に何もしないわけではありません。

ここぞという時に動けるように、準備しておく必要があります。

投資資金を十分に蓄えること、投資研究を欠かさないこと、
そして、投資以外の本を読んで教養を深めること。

この3点が、機が熟していない時に、私が行なうことです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

論理思考は万能ではない

論理思考は万能ではない
論理思考は万能ではない
(2010/01/20)
松丘 啓司 商品詳細を見る

満足度★★★★

ロジカル・シンキングの基本的な考えで「MECE」があります。

Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略で、
ダブリなく、モレなく分けて考えること。

ところで、「虹の色」をMECEで表すことはできるのか?

一見、7色に分けるとMECEのような気がしますが、
実際の虹は、微妙に異なる無数の色で構成されているので、
7色ではモレがあります。

虹を7色と定義したのは、科学者のアイザック・ニュートンさん。
また、国によって、虹は6色だったり5色と表現することもあるようです。

誰かの人為的な定義を用いない限り、
実は、虹の色をMECEで示すことはできませんし、
どの定義を用いるかによって構成要素は違ってきます。

つまり、論理思考の重要なスキルであるMECEであっても
万能ではないということです。

事実の嘘、因果関係の嘘、MECEの嘘、論理思考の誤解。

著者の松丘啓司さんは、ロジカル・シンキング至上主義に
疑問を投げかけ、ものの見方や考え方の根本を再考を促します。

  「論理思考は意思決定のための材料は提供するが、
  それだけで意思決定はできない。」

それでは、何によって、意思決定がなされるのか?

最終的な判断は「主観」によって下されます。
その主観とは、その人の価値観そのもの。

あくまでも論理思考は、その主観を客観的に見せるためのレトリック。

ただし、松丘さんは論理思考を否定しているわけではありません。

大切なのは、論理思考に足りないもの、できないことを知り、
ツールとして活用すること。

そして、最終的な判断を下す主観的な主張力、選択力を鍛え、
主観と客観の両方を組み合わせた意思決定を行なうことです。

本書では、ロジカル・シンキングの世界では
あまり言及されない価値観について、
ビジネスで活用するための方法論が解説されます。

非常に読みやすい文章ですが、主張は明快。
論理思考やフレームワークの本を読んだ後には、
欠かさず読みたい一冊です。

この本から何を活かすか?

意思決定の根本にあるのは、自分の価値観。
しかし、自分の価値観を知ることは意外と難しいものです。

松丘さんは、難しい理由として次の2つを挙げています。

  第一に、自分の価値観だと思っているものは、
  実は自分以外の価値観であることが少なくないこと。

  第二に、そもそも自分自身を自分で理解することは
  簡単ではないこと。

それでは、どうしたら自分の価値観を知ることができるのか?

本書では、変わらない自分を見つけ出す方法として、

  1.過去の自分を思い出す
  2.自分の選択を分析する
  3.他社の視点を用いる

の3つの方法が示されていました。

私は最近、自分の軸が少しブレがちなので、
これを機に自分の価値観を確認したいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言

あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言
あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言
(2010/02/15)
ジャック・キャンフィールド&ケント・ヒーリー 商品詳細を見る

満足度★★★

正統派の自己啓発書です。

著者は、大ベストセラー「こころのチキンスープ」で
有名な講演家のジャック・キャンフィールドさん。

本書は、キャンフィールドさんの指導を受けた
同じく講演家のケンと・ヒーリーさんとの共著です。

  「この本はたんなるアイディア集ではありません。
  自分の潜在能力を引き出していくための、
  普遍的な方法論を紹介するための本です。」

キャンフィールドさんとヒーリーさんは、
多くの偉大な業績をおさめた成功者たちから、
自分の才能や能力を引き出すための共通点を抽出し、
20の原則にまとめて紹介しています。

ビジネスで成功する、有名なスターになる、億万長者になる、
最愛の人とめぐり合う、幸せな家族に囲まれる。

一人ひとりの成功の定義は違います。

しかし、自分の人生を変えるための原則は共通で、
本書の方法論を実践することで、
誰もが自分が望む成功に近づけると説明されています。

本書は、20の原則の合間に成功者の「名言」をうまく挟み、
読者が行動を起こしやすいように書かれています。

ジム・ローン、ジグ・ジグラー、キング牧師、ヘレン・ケラー、
ナポレオン・ヒル、リンカーン、スティブン・コヴィー・・・

タイトルには54の名言と書かれていますが、
ナンバーを振らずに文中に盛り込まれているものもありますから、
実際はもっと多くの名言が紹介されていますね。

  「誰かに腕立て伏せを代行してもらっても、
  自分が力をつけることはできない」

自己啓発書で大切なのは、読んでその気になって終わるのではなく、
得た知識をもとに自分で行動を起こすこと。

本当に人生を変えられるかどうかは、
内容の善し悪しよりも、読んだ人がどのような行動を
とるかで決まるということです。

この本から何を活かすか?

本当の意味で「かっこいい」とは、どういうことなのか?

本書には、次のようなエクササイズが紹介されていました。

  ステップ1 「かっこいい」と思う人を5人選ぶ

  ステップ2 その人たちの名前の横に、なぜ彼らが
         「かっこいい」と思うのかをすべて書き出す

  ステップ3 そのリストを見て、一定のパターンを見つける

「かっこいい」とは、尊敬できるということ。

あえて5人だけに絞ると考えると難しいので、
今日の時点で、最初に思い浮かんだ尊敬できる5人について、
その理由を考えてみました。

どうやら、私の考える「かっこいい」には、
“徹底している”、“ブレない”などの要素が入っているようです。

それはつまり、今の私に足りないものということですね。

 Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーケティングマインドのみがき方

マーケティングマインドのみがき方
マーケティングマインドのみがき方
(2010/02/24)
岸田 雅裕 商品詳細を見る

満足度★★★★

戦略系コンサルティングファーム、
ブーズ・アンド・カンパニーのヴァイス・プレジデントを務める
岸田雅裕さんのマーケティングエッセイ。

  「マーケティングは本来陸上の“十種競技”のようなもの」

つまりマーケティングは、
ある部分だけ良ければ成功するものではなく、
キング・オブ・アスリートと称される十種競技のように、
様々な局面での総合力が問われるもの。

そして、どの分野でも必須なのが「マーケティングマインド」。

お客さまに、「買う理由」を提供すること。

ただし、その根底には、お客さまの気持ちが分かり、
困っていたら助けてあげるという精神が必要です。

単にフレームワークを覚えるだけでは、
本当の意味でのマーケティングはできません。

本書は読みやすいエッセイ形式で書かれ、
マーケティングマインドをじわじわと伝えると同時に、
豊富な事例も盛り込んだ実用書でもあります。

また、岸田さんは、全盛期のパルコに在籍していただけあって、
アパレル関係の事例が多く紹介されていたのが、私には新鮮でした。

本書が目指すのは、「ストリートスマート」。

マーケティング理論に強いマーケターではなく、
現場で強い、いわゆる「路上の賢人」です。

そのためには、普段からマーケティング感覚を研ぎ澄まし、
人の感情の動きを感じ取る必要があるようです。

岸田さんは、今回初めて、コンサルティングに必要な考えを
本の形にまとめたそうですが、
今後の著作も読んでみたいと思わせる一冊でした。

この本から何を活かすか?

  「映画を見てマーケティングセンスをみがこう」

岸田さんは趣味と実益を兼ねて、
映画を見てマーケティングセンスに磨きをかけているようです。

特にマーケティングのお手本として、
「ニューヨーク」を舞台にした映画がおすすめとのこと。

映画ではありませんが、私はニューヨークが舞台のドラマ
「アグリー・ベティ」を見ていました。

日本でも第3シーズンの放送がNHK-BS2で終わったばかりです。

私は、最近ちょっと飽きてきたな~と感じていましたが、
岸田さんのように、マーケティングの手本に学ぶという視点で
このドラマを見てみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ人は市場に踊らされるのか?

なぜ人は市場に踊らされるのか?
なぜ人は市場に踊らされるのか?
(2010/02/25)
竹中 正治 商品詳細を見る

満足度★★★

今にも沈没しようとしている豪華客船。

救命ボートに殺到し、パニックになっている乗客にらに対し、
船員達は子供と婦人を優先するように誘導しなければなりません。

はたして、何と言えば、最も効果的に乗客を誘導することができるのか?

これは本書に掲載されていた小話です。

この小話では、各国別に次のように言うのが効果的だとか。

  対ドイツ人 : 「法律でそのように決められております。
  対アメリカ人 : 「そうすればあなたは英雄になれますよ。」
  対イタリア人 : 「そうすればあなたは女性にもてますよ。」
  対日本人 : 「みなさん、そうされています。」

まさに、横並び好きな日本人の特性を表した小話しですね。

本書の著者・竹中正治さんは、「みなさん、そうされていますよ」の
呪縛から目を覚ますことの重要性を語っています。

本書は、「なぜ、人は市場に踊らさせるのか?」と問い、
理由を解き明かすようなタイトルになっていますが、
内容は、市場に踊らされない知恵を身につけるための
経済エッセイです。

ポイントは「先入観」に囚われ過ぎないこと。

先入観を別の言葉で表すと「常識」と言います。

本書の中で示される竹中さんの立場は、
ある意味「二面的」であると説明されています。

ひとつは、エコノミストとして、経済学の知識を正しく利用すれば、
世の中で起こる過ちや失敗を避けることができるという立場。

そして、もうひとつは、既存の経済学の枠組みは、
それ自体が先入観を生み出す源泉になっていること。

ですから、私たちに求められるのは、経済理論を学びながらも、
先入観に囚われすぎない柔軟な思考。

本書では、世間に流布される根拠のない常識を覆しながらも、
豊富なデータや身近な例を使いながら、経済的素養を身につけ、
自分の頭で考える習慣を持つように説明されています。

世間の常識を見直す経済的思考を養うことでは、
三橋貴明さんの本と同じカテゴリーに入ります。

ただ、三橋さんの本と比べると語り口はマイルド。

あまり過激な発言はないので、穏やかに経済的思考を
身につけたい人には、竹中さんの本の方が合っているでしょう。

この本から何を活かすか?

政府が消費税を引き上げて10兆円増税して、
同時に景気対策で歳出を10兆円増やしたらどうなるのか?

ここで、増税と歳出増加が相殺して
景気に与える効果はゼロと考えてはいけません。

実は、「国民所得」の変化はゼロではなく、
10兆円増えることになります。

これは、どんなマクロ経済学の教科書にも載っている
簡単な国民経済フローのモデルで説明がつくようです。

感覚的にしっくりこないのは、「乗数効果」の視点が欠けているから。

竹中さんは、この話しをウェブマガジン日経ビジネスオンラインで
紹介
したところ、かなりの読者に理解されなかったそうです。

そして、マクロ経済の入門レベルのロジックが
すんなり受け入れられない事実に驚いたとか。

私も、「乗数効果」については、
なんとなく分かったつもりでいましたが、
せっかくの機会なので、きちんと理解したいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「読む・考える・書く」技術

知的生産力を鍛える!「読む・考える・書く」技術―あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法
知的生産力を鍛える!「読む・考える・書く」技術―あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法
(2010/01/29)
午堂 登紀雄 商品詳細を見る

満足度★★★

  「知的生産力は現代の錬金術」

このように語るのは、不動産投資で独自の投資理論を実践し、
貯金70万円を1年3ヵ月で3億円の資産を作ったという
プロフィールをもつ午堂登紀雄さん。

午堂さんにとっての「金のなる木」は、不動産だけではないようです。

それでは、「知的生産力」とは、何を意味するのか?

世間一般では、知的生産力は価値を生み出す力と解釈され、
平たく言うと、仕事能力に近いイメージがあると思います。

しかし、午堂さんはもっとストレート。

本書では、「知的生産力」=「情報をお金に換える力」
と定義しています。

確かに同じモノを見ても、あるいは同じ情報を聞いても、
何かを感じる人もいれば、何も感じない人もいる訳ですが、
本書では、巷にあふれる情報をいかにしてお金に変えるかを
テーマにしています。

そのための換金方法の中心が、「書くこと」。

なぜ、書くことかというと、

  「メール、ブログ、SNSなど、コミュニケーションにおいて、
  書くことの重要性が増しているから」

と説明されています。

  第1章 コンテンツを生み出す5つの技術
  第2章 アウトプット力を高める方法
  第3章 書く環境を整備する
  第4章 出版があなたの世界を変える!

本書の最終目標が出版となっていますが、
必ずしも出版をしようと思っていなくても、
参考となる情報編集ノウハウが詰め込まれています。

「書く技術」の本を著すことは、
その本の中で、みずから手本を示すことに他なりません。

本書を読むと、「本書のこの部分は、ここで説明されている
このノウハウを使って書かれているな」と分かり、
この本自体がひとつの見本となっていますね。

私の中では、午堂さんは不動産投資家の印象が強く、
当ブログで以前紹介した本でも、お金の使い方を
テーマにした本だったので、コンテンツのアウトプットに関する
ノウハウ本というのは、少し意外でした。

しかし、実際に読んでみると、
良い意味で裏切られた感じがしました。

この本から何を活かすか?

  「読みやすく書く工夫」

  1. 専門用語は減らしていこう
  2. 当たり前のことを、当たり前じゃないように表現する
  3. パクリとは、「構成要素のリストラクチャー」のこと
  4. ピラミッドストラクチャーで理論構成を考える

本書で紹介されていた、これらの工夫は、
ブログを書く上で、私も参考にしたいところです。

中でも、特に意識したいのが、
「当たり前のことを、当たり前じゃないように表現する」こと。

「いかにして、当たり前のことを、
当たり前じゃないように表現するのか?」
と自分に問いながら書く必要がありそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 06:39 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

小室淑恵の即効プレゼン術

小室淑恵の即効プレゼン術
小室淑恵の即効プレゼン術
(2010/03/10)
小室 淑恵 商品詳細を見る

満足度★★★★

プレゼン技術の向上には、場数を踏むことが欠かせません。

だからといって、はじめてプレゼンに挑む人もいますし、
自分で好きなだけ経験を積める訳ではありません。

それでは、プレゼン技術を向上させるのに、どうしたらよいのか?

それは経験を移植すること。

つまり、プレゼン経験豊富な人からノウハウを学ぶことで、
ある程度、経験の少なさはカバーできます。

しかし、実際のビジネスの現場で、プレゼンについて、
一から体系立てて教えてくれる職場は少ないものです。

そこで役に立つのが、本書のようなプレゼンの教科書。

著者の小室淑恵さんのプレゼン実施回数は3000回以上。
また、プレゼン技術を指導したビジネスパーソンは500人以上。

そのノウハウを詰め込んだのが本書です。

私のイメージする「良いプレゼン」は2種類あります。

ひとつは、ありきたりではない、尖がったプレゼン。

誰もがすぐにマネできるわけではなく、とにかく印象的。
プレゼンテーション Zen」でガー・レイノルズさんが目指す、
プレゼンの最高峰です。

もうひとつは、ありきたりだけど、効果的なプレゼン。

見た目は普通ですが、課題解決の提案ができ、
誰もが練習によって身につけられる技術です。

本書が目指すのは後者。

ですから、本書はプレゼン上級者にとっては
物足りないと感じるかもしれませんが、
経験の浅い人にとっては、実に頼りになる一冊です。

プレゼンの準備から始まり、シナリオ作成、スライド作り、
練習方法、本番の臨み方、そしてフォローの方法と、
一連の流れについて、分かりやすく解説されています。

ビジュアル的に映える小室さんを、
カラー写真で前面に押し出し過ぎかな~
という感じも少しあります。

しかし、中身もシッカリしていますし、
手本として掲載されている「本番プレゼン実況中継」も
実際のプレゼンの裏側まで分かって参考になりますね。

また、小室さんのプレゼンを動画で学びたい方には、
DVD付きの「小室淑恵の超実践プレゼン講座」も発売されています。

この本から何を活かすか?

小室さんは、プレゼンには「降ってくるプレゼン」と
「作り上げるプレゼン」の2種類があると説明しています。

「降ってくるプレゼン」とは、普段の仕事の中で、
上司やお客様に課題を与えられて取り組むもの。

「作り上げるプレゼン」とは、自主的に課題を見つけて、
解決策を提示するもの。

どちらも大切ですよという話しですが、
私が、この「作り上げるプレゼン」と聞いて思い出すのが、
課題を見つけて、解決策を示したばかりに
会社をクビになってしまった男の話。

男の名は、ジェリー・マクガイア。

実はこれ、トム・クルーズさん主演の1996年の映画、
ザ・エージェント」の話しです。

まだ有名になる前のレニー・ゼルウィガーさんが相手役で、
いい味を出していました。

かなりベタなストーリーですが、私の大好きな映画です。
今日は、久しぶりにこの映画を見ようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:15 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

日本破綻

日本破綻 「株・債券・円」のトリプル安が襲う
日本破綻 「株・債券・円」のトリプル安が襲う
(2010/03/02)
藤巻 健史 商品詳細を見る

満足度★★★

  「“国にまったく金がないこと”の認識が、
  政府にも国民にもなさ過ぎると思います。」

藤巻健史さんの主張は、至極明快です。

日本の累積赤字は既に872兆円。

それに加え、2009年度約37兆円の税収に対し
2010年度は92兆円の予算を組もうとしています。
(数字はすべて本書より)

このまま、今のバラマキを続けていると
本当に日本破綻というワーストケースのシナリオが
現実のものとなる可能性があると。

日本の財政状況について、専門家や経済アナリストの見解は、
それぞれで、悲観的な方もいれば、楽観的な方もいます。

しかし、藤巻さんは一人だけ絶対的な評価を下す人がいると考えます。

それは、「市場」。

伝説のトレーダーとして、市場で生き残ってきた藤巻さんは、
集合知とも呼べるマーケットの合理的な判断には、
絶対的な信頼を置いています。

これ以上、借金を増やすことに市場は「NO」というかもしれないと。

現在の政府は、郵貯の預入限度額を1000万円から2000万円に、
簡保の加入限度額を1300万円から2500万円に引き上げることを
決めたようですね。

現在も国債の30%以上を買い支える郵貯・簡保ですが、
もっとお金を集めて、国債を引き受けられるようにしたいと
考えているのでしょう。

これは、毎月、入ってくる給料以上にクレジットカードを使い、
借金を先送りして自転車操業している人に、
カードの限度枠を広げるような行為ですから、
藤巻さんでなくても、日本の破綻が心配になります。

それでは、日本は国として、どうしたらいいのか?

ここから先の藤巻さんの提案は、
過去の主張と一貫して変わりませんから、
以前の著作を読んだ方なら、予想できる内容です。

まずは、円安論。

円安政策で延命措置を行い時間稼ぎをします。

そして、抜本的には市場主義の徹底。

投機家の養成や、デリバティブ商品開発強化など、
いかにも藤巻さんらしい提言が展開されています。

この本から何を活かすか?

それでは、個人のできることは何か?

本書では、日本と一緒に轟沈することを避けるため、
分散投資、特に「ドルへの投資」を勧めています。

更に、日本は破綻の可能性を強めているものの、
米国の「金融危機は終わった」と、藤巻さんは判断しています。

藤巻さんは、常に同じことを主張しているので、
いずれ当たる時期が訪れます。

以前からユーロに懐疑的だった藤巻さんの見通しが、
最近のギリシャ問題で、やっと現実味を帯びてきました。

果たして、米国に対する判断はどうでしょうか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解
ビジネスモデルを見える化する ピクト図解
(2010/02/19)
板橋 悟 商品詳細を見る

満足度★★★★

まずは、本書に載っていた「ビジネス想像力クイズ」です。

  次のうち、儲けるしくみが同じ商品はどれでしょうか?

    1.デジタルカメラ
    2.電動歯ブラシ
    3.ヘアドライヤー
    4.インクジェットプリンタ
    5.ヘルスメーター
    6.パソコン

儲けるしくみ=ビジネスモデルで分類します。

私もそうでしたが、使っていて実感する部分もありますから、
このクイズ自体は簡単に答えが分かる人も多いはずです。

大切なことは、問題を与えられて初めて考えるのではなく、
普段から自分でビジネスモデルを見抜こうと意識すること。

著者の板橋悟さんは言います。

  「(必要なスキルは)決算書の読み方よりも、
  まず身につけるべきはビジネス構造の見抜き方」

それでは、どのようにしたら、
ビジネスモデルを見抜くスキルが身につくのか?

その答えが、本書で解説される「ピクト図解」です。

ピクト図解とは、ビジネスモデルを可視化するための、
ビジュアル・シンキングのツールです。

ちなみにピクトとは、シンプルな絵文字を意味する
ピクトグラムの略。

他のビジュアル思考ツールや図解法と比べ、
ピクト図解は極めてシンプルです。

使う絵文字もたった5種類だけ。

図解が苦手な人は、何をどう図にすれば分からなかったり、
そもそも図を描くこと自体にストレスを感じる面がありますが、
ピクト図解は、いままで挫折した人でもきっと大丈夫です。

図を描く目的が、儲けるしくみを解き明かすことに
特化されていますから、テーマで迷うことはありません。

また、使う記号も絵が上手い下手の差が出るものや、
センスを問われるもないので、ストレスは感じないはずです。

どんなことでも図解しようとせず、
ビジネスモデルの可視化だけに割り切ったことが、
ピクト図解の実用性を高めているように思われます。

本書では、パート1で、ピクト図解の基本的な使い方、
パート2で、アイディアを発想する応用的な使い方が
解説されています。

私は未読ですが、板橋さんの著書で、
新聞記事を使った図解トレーニングをテーマにした、
「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力
も好評のようですね。

※ 冒頭の「ビジネス想像力クイズ」の答え
   2と4が「消耗品」で儲けるビジネスタイプで同類。
   他は「売切り」モデルです。

この本から何を活かすか?

実際に、ピクト図解を使ってみました。

板橋さんが解説するように、図を描くこと自体は
本当に簡単で、レントゲン写真を撮るかのように、
ビジネスモデルを見える化できました。

ただし、私が図を描いた限りでは、
未知のことを解き明かすというより、
もともと知っていることを図化してスッキリさせ、
他の人と共有できる状態にできたという印象です。

私にとっては、ある会社の儲けのしくみを考えた時に、
本書で示されていた代表的なビジネスモデル8パターンが
図とともにすぐにイメージできるようになったのが、
一番の収穫でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |