活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トップ0.1%の条件

トップ0.1%の条件 ~ECビジネス成功者たちの「志力」~
トップ0.1%の条件 ~ECビジネス成功者たちの「志力」~
(2009/12/22)
加藤 敏明 他 商品詳細を見る

満足度★★★

5人のネットショップ店長の成功物語。

現在、日本には10万社以上のネットショップがあります。

業界では、月商300万円でひとまず成功、
月商1000万円で大成功と言われているそうです。

流行り廃りが速いこの業界で、4年連続で月商1000万円を超える
ネットショップは全体の0.1%にも満たないとか。

本書は、トップ0.1%に入るネットショップオーナーの共著。

「ネット店長塾」などの勉強会で知り合った仲間が、
ネットショップ開店のいきさつから、失敗、挫折を経て、
成功するまでの過程を、自身の言葉で振り返ったものです。

5人の店長の人柄がよく表れていますね。

なぜ、5人のオーナーは成功できたのか?

決して、他の人がマネできない商材を扱っているからではありません。

5つのショップで扱うメイン商材は、カニ、補正下着、布団、
フラワーギフト、ぶどうなどバラバラです。

成功の要因はひとえに、
どんな失敗があっても「あきらめなかった」から。

それでは、なぜ、彼らはあきらめずに続けることができたのか?

それは「志」があったから。

しかし、本書をよく読むとネットショップ開店当初から、
素晴らしい志があった訳ではなく、ショップの成長と共に、
志自体も大きく強く育っていった様子がわかります。

また、あきらめなかったもう一つの大きな要因として、
家族や仲間の存在が挙げられます。

失敗した時に支えてくれる家族や励ましてくれる仲間の存在は、
どんなビジネスでも共通して必要ですが、
立ち上げ当初、家内工業的色合いの強いネットショップでは、
事業を続ける大きな力になったことでしょう。

本書は、ネットショップのノウハウ本ではありません。

しかし、これからネットショップを始めようと考えている方や、
興味がある方には、想いを形にする良い手本になるはずです。

 この本から何を活かすか?

本書の5店のサイトは、以下の通りです。

  ・北国からの贈り物
  ・台湾小集
  ・睡眠“布団 枕”工房 快眠空間「ふかふか布団みちばた」
  ・翌日配達のお花屋さん
  ・甲斐国物語

いずれも個性ある店作りをしているようですが、
残念ながら、私はどのショップでも買物したことはありません。

私が興味を引かれたのは、「北国からの贈り物」を経営する
加藤敏明さんが発行するネイチャーマガジン「Faura」。

今度、この雑誌が書店に置いていないか、見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |