活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

意思決定力

意思決定力
意思決定力
(2009/10/17)
本田 直之 商品詳細を見る

満足度★★★

意思決定力とは、自分で決める力。

社会のシステムが効率化したことで、意思決定する機会そのものが減り、
私たちの日本人の意思決定力は衰えていると、本田直之さんは指摘します。

  「アメリカは意思表明しないと察知してもらえない文化がベース」

日本とハワイを行き来する本田さんだからこそ、
意思決定力の日米間格差を痛切に感じるのかもしれません。

アメリカでは、ディシジョン・メイキングすることを重視し、
その機会を、子どもの頃から意識的に与えられることが多いようです。

一方、日本では親が子どものレールを敷きたがる。

この違いは、本田さんが意思決定力の強い人と弱い人の境目は、
「インディペンデント思考であるか否か?」
と説明していることに通じるように思えます。

私たちが、ビジネス上で判断を迫られる場合は、
〇か×かという単純なケースや、正解があるケースは稀。

いろいろな要素が絡み合った中で、合理的な判断をしなければなりません。

そういった状況の中でも、決断する力を身につけるのが本書の目的。
意思決定のセオリーと意思決定力を鍛える習慣づくりが伝えられます。

  1. 目的を明確にする
  2. 情報のインプット
  3. 選択肢の抽出
  4. シュミレーション
  5. 意思決定し、行動する
  6. リカバリー力をつける
  7. 常に意思決定力を鍛える

ポイントは、「選択肢の抽出」と「シュミレーション」のステップ。

AかBの2つしか選択肢がなくても、新たにC、D・・・という選択肢を作り出し、
選択しないという選択肢を考えることも重要です。

洗い出された選択肢に対しては、「プロコン」リストなどを使い
紙に書き出して考え、シュミレーションする。

ここで、もう一度、そもそもの目的に立ち返り、
重要思考で選択肢の「重さ」に着目して意思決定する。

本田さんの考えを多少アレンジしましたが、
これが合理的な意思決定をするための基本フローです。

ところで、最近の本田さんはレバレッジシリーズから離れ、
様々なビジネス書を量産していますね。

どの本も本田さん“らしさ”がよく出ていますが、
本書を読むと、どことなくその語り口が
大前研一さんに似てきたような感じがします。

この本から何を活かすか?

「プロコン」リストとは、pros and cons=賛否リストの略。

紙の真ん中に一本線を引き、左側にメリット、右側にデメリットを
書き出す単純な意思決定のためのリストです。

本田さんも新しいことを始めるにあたっては、
必ずこのリストを使うそうです。

私がこのリストを知ったのは、十数年前に見ていた
アメリカのホームドラマ(NHKで放送されたシットコム)の、
愉快なシーバー家」です。

自宅で精神科医を営む主人公の父親、ジェイソン・シーバーが、
意思決定をする際に、このリストを使っているシーンがありました。

最終的には、書き出したメリット・デメリットの数ではなく、
「重さ」に着目して意思決定するのが、その回のストーリー。

この放送を見て以来、私もプロコンリストを使うようになりました。

余談ですが、シーバー家は私の大好きなドラマの1つ。

しかし、DVDの発売がファーストシーズンだけで途絶えているのが
非常に残念です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 08:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |