活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なまけもののあなたがうまくいく57の法則

なまけもののあなたがうまくいく57の法則
なまけもののあなたがうまくいく57の法則
(2009/07/16)
本田 直之 商品詳細を見る

満足度★★★

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」に続く
本田直之さんの新シリーズ第2弾。

今回は、イラストが目を引く「なまけもの」の法則です。

前作で「面倒くさがりや」は、“堕落型”、“先行型・変革型”の
大きく2つのタイプに分類されていましたが、
今回「なまけもの」は、“堕落型”、“幸福型”、“前進型”の
3タイプに分類されています。

目指すべきは、なるべく怠けたいという思いを出発点に、
いつも工夫しながら前に進んでいく“前進型”のなまけもの。

そもそも、少しでもラクをするために工夫を積み重ねたことが、
今までの人類の進歩の原動力とも考えられますから、
人間の怠けたいという欲求は侮れません。

最も重要なことは、本書の“法則01”に示される
「なまけものである自分を認める」こと。

すべては、ここが出発点。

なまけものとしてのしっかりとした自覚があるからこそ、
それを補う工夫が生まれます。

本田直之さん自身も、自分の“なまけもの度”に対する査定が
非常に厳しく、常にそれを上まわる工夫をしてきたからこそ、
いろいろな事が成し遂げられたのでしょう。

本書では、腰の重いなまけものを動かすための、
内部からの動機付けと、続けるための外部からの強制力を
うまく組み合わせて、「やれたらいいな」を実現する
仕組みの作り方を、57個の法則として紹介しています。

私が、本書を読んでいて思い出すのが、
松下幸乃助さんと、土光敏夫さんの言葉。

お二人とも似たようなことを言っていますが、
ちょっとニュアンスが違います。

まずは、松下幸乃助さん。

  「先ず汗を出せ。汗の中から知恵を出せ。それが出来ない者は去れ。
  生きた知恵は、汗の中から出るもんや。」

体を動かすことが先ですから、松下さんの教えは、
なまけものにはあまり馴染みません。

次に土光敏夫さん。

  「会社で働くなら知恵を出せ。知恵のないものは汗を出せ。
  汗も出ないものは静かに去って行け。 」

知恵さえ出せば、汗は出さなくてもいいようにも受け取れますから
こちらの考えのほうが、なまけものにはマッチしますね。

この本から何を活かすか?

  法則22 「雨が降ったら休む」

“雨が降ったら”というのは、本田さんが最近力を入れている
ランニングが例になっているからです。

要するに、継続していることでも、
ルールを決めて戦略的に休む「息抜き」が必要ということ。

私の中では、「旅に出たらブログを休む」というのが
このルールに該当します。

今後とも、このルールを適用させていただきますので、
よろしくお願い致します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |