活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

デザイン思考の仕事術

ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術
ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術
(2009/06/29)
棚橋 弘季 商品詳細を見る

満足度★★★

既存のビジネス書とは異なるテイストで、けっこう新鮮でした。

デザイン思考とは、デザイナーの感性と手法を用いて
人々のニーズと技術の力を取り持つこと。

シリコンバレーのデザインコンサルティング会社
IDEOが提唱しているイノベーション技法です。

フィールドワーク(エスノグラフィ)、ブレインストーミング、
プロトタイピング、シナリオ法などの手法を用い

  理解 → 観察 → 視覚化 → 評価と改良 → 実現

の5段階のプロセスを経て、商品やサービスを生み出します。

著者の棚橋弘季さんは、“あらゆる仕事がデザインである”とし、
デザイン思考を適用する範囲を拡張し、情報収集や問題解決に活かす
仕事術を紹介しています。

デザインと聞くと、どうしても外見上の色や形のことを
イメージしてしまいますが、本書がテーマとしているのは
デザインを生み出すプロセスを応用すること。

個人的には、デザインというより、「設計」という言葉の方が
シックリくるようにも感じました。

デザイン思考を仕事に用いるために、最低限身につけておくべき
基本姿勢として挙げられているのが、次の七箇条です。

  第一条 「わかる」ことは重要じゃない。「わからない」ことにこだわる。
  第二条 オフィス内の論理にではなく、外の世界の現実に従う。
  第三条 他人の意見や作ったものを否定しない。厭ならよりよい代替案を具体的に示す。
  第四条 頭の中だけで考えない。ことばや形を外部化して組み立てる。
  第五条 仲間で群れない。異分野の人と積極的に接する。
  第六条 先人に学ぶ。古きものに学ぶ。今に囚われない広い視点を持つ。
  第七条 グループワークを重視する。協力を惜しまない。

具体的な手法としては、川喜多二郎さんのKJ法やペルソナ(利用者モデル像)
を使っての企画発想法などが詳しく解説されています。

KJ法などの一つ一つの方法論自体は、新しいものではありませんし、
本書で紹介されるデザイン思考も、デザインの現場にいる方にとっては、
当たり前のアプローチなのかもしれません。

しかし、多様化した社会において、ビジネスで成功するためには、
ロジックだけではなく、感性も重視することが求められています。

既存のビジネス書では欠けていた、重要なピース。

本書は、ロジカルシンキング重視のMBA的な世界観とは異なる視点で、
新たな価値を生み出す発想法を提示してくれる一冊です。

この本から何を活かすか?

本来はグループで行なうKJ法を個人で簡易的に行う際、
面倒なのは、最初のカードへの情報の書き出しです。

そこで、最近では、KJ法ソフトが出ているのでは?
と考えて調べてみました。

KJ法思考図作成「せせらぎ」
アイデア発想支援 IdeaCard
IdeaFragment2

いろいろなソフトが出ているようですね。

調べてみてこう言うのもなんですが、
やはりソフトを使うと、書き出す時点で省力化できても、
モニター上で動かすのでは、ダイナミックさに欠けます。

また、全体の俯瞰性においても劣るので、
オリジナルの手法には敵いません。

やはり、アナログな私にはポストイットに書き出し、
ホワイトボードに貼る方法が合っているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 09:06 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |