活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人生を劇的に変える東国原式勉強法

人生を劇的に変える東国原式勉強法
人生を劇的に変える東国原式勉強法
(2009/05/20)
東国原 英夫 商品詳細を見る

満足度★★★

最近、国政への転出宣言をして話題の
宮崎県知事・東国原英夫さんによる勉強本です。

150ページ程度の薄い本で、東国原さんの写真も
多く掲載されているので、パッと見は、よくあるタレント本。

しかし、東国原さんはリアルタイムで劇的に変化する
人生を歩んでいるだけあって、短い文章の中にも、
伝わってくるものが十分にありました。

以前、サイバーエージェントの藤田晋さんが、

  「“仕事を通じて成長した人ランキング”がもし仮にあったとしたら、
   私はかなり上位にランクインすると思います。」

と自分を評していましたが、そのランキングが実際にあれば
東国原さんも上位にランクインしているでしょう。

本書の内容は大きく2つに分かれています。

前半は、41歳で大きく人生を変えた東国原さんの経験談。

利用した風俗店が摘発されたことで、社会の批判を浴び
タレント活動を自粛。その謹慎中に勉強を始めたことをきっかけに
東国原さんの人生が大きく変わり始めたのは周知の通りです。

実は、いろいろなビジネス書で目にする、
カーネル・サンダースさんが60歳を過ぎてから、
ケンタッキーフライドチキンを起業したという逸話は、
私は凄いとは思いつつも、今ひとつ自分自身に置き換えて
イメージすることができませんでした。

それと比較すると、東国原さんの話しは、
実際にテレビでその変化を目の当たりにしたこともあって、
非常にリアルなものとして伝わってきました。

私の現在の年齢(42歳)が、東国原さんが転機を迎えた年齢と
近いこともその一因でしょう。

40代の私にとっても、人生はまだまだ変えられるという
勇気を与えられた感じがしました。

後半は、東国原式メモ術・ノート術。

東国原さんの情報整理の方法は、
体に染み込ませるために、メモやノートをとった後、
徹底的に反復することが前提になっています。

ですから、単に書き方やメモ帳の様式だけを真似ても、
同じ効果は期待できないでしょう。

むしろ、時間と回数をかけてひたすら反復する姿勢を
見習うべきのように思えました。

私にとっては、ノウハウ部分よりも、目標を持って
愚直に努力することの大切さを再確認する本となりました。

この本から何を活かすか?

  「1冊の小説は何日もかけて書かれているわけですよね。
  それを数時間で読むのは、作者に失礼だと思うんです。」

これは「小説」についての東国原さんの考えですが、
他のジャンルの本についても同じ考えを持っているようです。

私は、この考え方には、あまり同意できません。

揚げ足を取るつもりはありませんが、
例えば、宮崎県の農家の方が苦労して作ったマンゴーに
話しを置き換えてみます。

「パッと食べてしまうと作った方に失礼だから、
作った時間と同じ時間をかけて味わって食べる」

こう言われても、現実的には困るわけですし、
お金を払って、感謝の念さえもっていれば、
消費する時にかける時間は関係ないように思えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 10:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |