活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あなたを邪魔する壁が小さくなる方法

あなたを邪魔する壁が小さくなる方法
あなたを邪魔する壁が小さくなる方法
(2009/05/21)
内田 和俊 商品詳細を見る

満足度★★★

大和書房、三輪さんより献本いただきました。ありがとうございます。

本書のキーワードは「アラインメント(alignment)」。

整列、配列、調整といった語感の言葉です。

著者の内田和俊さんが定義するところによると、

  自分の「心のニーズ」を知る → ブレない「自分軸」ができる
 → 自分の邪魔をしていた「壁」が小さくなり、視野が広がる
 → ストレスから解放され、チャンスに遭遇する

といった流れを持つ理想的な状態を示します。

このアラインメントを実現するための最大のポイントは、
自分の心が求めていること=自分の「ありかた」を把握し、
それに基づき自分軸をつくる段階です。

この部分を疎かにすると、どれだけ行動しても、それによって
どんな成果がえれれようとも、決して満たされることはありません。

本書では、アラインメントを実現し、目標を達成するために
以下の11ステップの方法を解説します。

  ステップ1. 正直になる
  ステップ2. 決める
  ステップ3. 伝える
  ステップ4. リスペクト
  ステップ5. 冒険する
  ステップ6. 参加100%
  ステップ7. 責任を持つ
  ステップ8. 約束を守る
  ステップ9. リレーションシップ
  ステップ10. 目標達成の強い意思
  ステップ11. 小さな一歩を続ける

1~10までが心の「ありかた」を変えるステップで、
11だけが「やりかた(方法)」を示すステップです。

実際のところ私たちの人生は、日々の小さな一歩の積み重ね
ですから、毎日のほんの少し行動を変え続けることでしか、
人生を好転させることはできません。

他人に影響されやすい、自信が持てない、
なかなか行動できない、決めたことが続かない、
といった自分の軸がブレやすく、迷いがある方には、
本書は最適の自己啓発書です。

年間に1万人以上のビジネスパーソンを指導する
内田さんのコーチングノウハウが詰め込まれ、
理想的な人生を手に入れる後押しをしてくれます。

また、本書は個人が目標達成するために書かれたものですが、
家族や会社などの組織でも、11のステップを共有することで、
アラインメントの実現が可能であるように思えました。

この本から何を活かすか?

「ステップ4. リスペクト」で思い出したのが、
私が妻と結婚したり理由。

結婚したのは、もう10年以上前のことになりますが、
決め手は「リスペクト」があったから。

正直に言って、愛情の部分は、子どもが生まれるなどの
環境によって多少変化しますが、
ベースにあるリスペクトの部分は今もブレていません。

これから結婚を考えている方は、相手選びの一つの要素として
リスペクトを加えてはいかかでしょうか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |