活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一生モノの勉強法

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ
一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ
(2009/04/03)
鎌田 浩毅 商品詳細を見る

満足度★★★

究極的には、「火山」に興味を持ってもらうために書かれた本。

著者の鎌田浩毅さんは、京都大学で火山学を専門とする教授です。

本書の内容は、タイトルの通り「勉強法」についてですが、
鎌田さんは、次のような戦略を考えているようです。

  1. 「火山」意外の切り口で、多くの人に鎌田さんを知ってもらう
  2. 鎌田さんを知った人が、鎌田さんの話しに耳を傾けるようになる
  3. ここで初めて、自分が伝えたい「火山」についての話をする

鎌田さんはTV番組などにも、派手なファッションで
登場することが多いようですが、それも同じ目的です。

さて、鎌田さんの真の目的はどうあれ、
本書で解説される勉強法は、非常に実践的。

「成功」を目的とする、大人のための
戦略的な勉強法が公開されています。

  第1章 面白くてためになる「戦略的」な勉強法とは
  第2章 勉強の時間を作り出すテクニック
  第3章 効率的に勉強するための情報整理術
  第4章 すべての基本「読む力」をつける方法
  第5章 理系的試験突破の技術
  第6章 人から上手に教わると学びが加速する

ポイントは2つ。

一つは、限られたリソースを適切に配分すること。

もう一つは、生活の中に楽しく続けられる
システムを組み込むこと。

やはり「一生モノ」というだけあって、勉学ではなく
「勉楽」と考えて、長続きする仕組みが重要のようです。

“理系人気教授”とサブタイトル入っているので、
もう少し、理系チックな内容を想像しましたが、
書かれている内容は、そういった偏ったものではありません。

最近は勉強本ブームということもあって、
紹介されるテクニックは、本邦初公開ではないかもしれませんが、
鎌田さんが書くと、気負わずにできる印象を与えます。

火山学者でありながら、独自にマーケティングを学び、
マスコミへの露出の多い鎌田さんですから、
その辺の見せ方は十分熟知している感じがします。

この本から何を活かすか?

  「インターネット検索は、あらゆる作業の中でも
  時間を食う最大の魔物です。」

確かに、私もこの魔物にけっこうヤラれます。

  「15分検索して見つからないものは、ほとんどの場合
  1時間検索しても見つからないものです。」

というより、インターネット検索の場合、一つのことを
検索しているうちに、別のことを次々と検索したくなり、
気がついたら、あっという間に時間が過ぎている。

これが、私がよく嵌るパターンです。

ここは、鎌田さんのアドバイスに従い、タイマーで15分の
締め切りを、あらかじめ設定するようにしたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 15:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の記事更新

本日の記事更新は、午後からになります。

鎌田浩毅さんの「一生モノの勉強法」で、
16時頃を予定していますので、よろしくお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

| お知らせ | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |