活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プロフェッショナルたちの脳活用法

プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)
プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)
(2009/04)
茂木 健一郎 NHK「プロフェッショナル」制作班 商品詳細を見る

満足度★★★

NHK総合で毎週火曜日22:00~22:48で放送中の
脳科学者・茂木健一郎さんがキャスターを務める
「プロフェショナル 仕事の流儀」という番組があります。

この番組は、誰もが認めるその道のプロをゲストに迎え、
彼らがどのような流儀で仕事をしているのかを、密着ドキュメントと
スタジオでのインタビューで探っているようです。

番組サイトの説明によると、

  「“プロジェクトX”は過去の業績に光をあてましたが、
  “プロフェッショナル”は、今と未来を描くドキュメンタリー。」

とのこと。

本書は、その番組の100回記念スペシャル特番を書籍化したもの。

いわば、現在活躍中のプロ中のプロ達の「名言集」です。

アートディレクターの佐藤可士和さん、慶応大学教授の小池康博さん、
キリンビバレッジ商品開発部長の佐藤章さん、帝国ホテル総料理長の
田中健一郎さん、堀川高等学校校長の荒瀬克己さん・・・・

100名を超える番組ゲストに、茂木さんがインタビューした中から、
仕事のやり方や日常生活の過ごし方まで、参考になる言葉が掲載され、
その言葉に脳科学的な見地からの解説が加えられています。

  第1章 ひらめきの極意
  第2章 プレッシャー克服法
  第3章 やるきを高める
  第4章 創造性を豊かにする
  第5章 制約との付き合い方

本書のようにまとまった形で見てみると、
プロ中のプロと呼ばれる人たちは、そのれぞれが極める分野は
異なっているものの、こだわりや信条としていることに、
かなり共通点があることが分かります。

極めた先で辿り着く真理は、同じということなのでしょう。

プロ達の言葉をそのまま読むも良し、
茂木さんのフィルターを通して読むのも良し。

必要な場面でそのプロ達の言葉をヒントにする
レファ本的な活用も可能な一冊です。

この本から何を活かすか?

茂木さんが実践しているノウハウのひとつに、
「だるまさんがころんだ仕事術」があるそうです。

子どもの頃に遊んだ「だるまさんがころんだ」のように、
ごくごく短い細切れの時間でも、その時間だけエイヤッと
集中して、出来る作業をやってしまう方法。

制約をうまく利用し、
集中力と瞬発力を高める効果を狙います。

私の生活スタイルは、比較的細切れ時間を持ちませんが、
あえて制約を自分に課して、「だるまさんがころんだ仕事術」を
実践してみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:22 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |