活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

英語ハックス

楽しく、ラクに、シンプルに! 英語ハックス
楽しく、ラクに、シンプルに! 英語ハックス
(2009/02/19)
佐々木 正悟&堀 E. 正岳 商品詳細を見る

満足度★★★

英語学習を「側面から」サポートする本です。

昨日紹介した本では、テクニックに走らず「正面から向き合う努力」
の大切さが訴えられていました。

英語学習においても、簡単にできることを謳う教材がありますが、
少ない努力で英語が突然できるようになることは、決してありえません。

まさに「正面から向き合う地道な努力」が欠かせない世界ですね。

だからこそ、継続するための仕組や刺激、あるいは「快的」に
学習するためのツールが必要なのではないでしょうか。

本書では、「必要に応じて、必要なことだけはできるようにする」 ために、
「基礎英語力+α」の力を身につけることを目指し、
その助けとなる、数多くのハックスを紹介しています。

分野は単語、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング、
TOEIC・TOEFL対策に別れ、巻末には便利ツール集も掲載されています。

本書では、私がいつも旅行時に感じるスピーキングについての
メンタルブロックについても言及されていました。

それは、「(他の)日本人が聞いていることを過度に気にしてしまう」こと。

アメリカ人に自分のたどたどしい英語で話しても気にならないし、
日本で他の日本人に自分の英語を聞かれても恥ずかしいと感じないのに、
なぜか、海外だと他の日本人に聞かれることを気にしてしまう。

まったく合理的でないと分かっていても、そう感じていました。

この点について、著者の佐々木正悟さんは「とにかく気にしないように」
という程度の解決方法しか示していません。

しかし、私個人としては、「なんだ、みんな同じように感じていたんだ」
と気づき、ちょっと胸のつかえが取れたような気がしました。

以下、本書で私が興味を持ったハックス集です。

  ・Don't Break the Chain(習慣化の補助ツーツ)
  ・iKnow!(現smart.fm)の米オバマ大統領就任演説学習コース
  ・家族と一緒に取り組む「NHK英語講座
  ・ESL podcast(英文法もリスニングで学習)
  ・えいご漬け バリンガシステム(PCソフト)
  ・アメリカ人のブログにコメントをつける
  ・MIT OpenCourseWare(MITの講義集)

当ブログで過去に記事にした本では、
怖いくらい通じるカタカナ英語の法則」が紹介されていました。
あと、私もよく読むグログ「創造マラソン」の淺田義和さんが
コラムに登場していましたね。

この本から何を活かすか?

佐々木さんは、オススメの電子辞書として、カシオの「エクスワード」を
推薦していましたが、私はSII(セイコー)派なので、
現在最も欲しいと思っている機種は「SR-G10001」です。

でも、ただでさえ電子辞書を何度も買い換えることを
家族から反対されているので、価格を優先して「SR-G9001」に
落ち着くような気がしますが・・・

それはさておき、もうすぐ4月。
新ことを始めるには、ちょうどいいタイミングです。

英語学習については、いつものNHKラジオ講座「実践ビジネス英語」に加え、
今年は岩村圭南さんの「英語5分間トレーニング」も聞こうと思います。

ちなみに、4月からはラジオ講座14番組がストリーミングで配信されます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |