活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2週間で一生が変わる魔法の言葉(まほうのじゅもん)

2週間で一生が変わる魔法の言葉(まほうのじゅもん)(魔法の言葉のパワーを上げるCD付き)
2週間で一生が変わる魔法の言葉(まほうのじゅもん)(魔法の言葉のパワーを上げるCD付き)
(2008/12/20)
はづき虹映 商品詳細を見る

満足度★★★

14日間でポジティブな自分に生まれ変わるための実践プログラム。

著者のはづき虹映(こうえい)さんは、「誕生日占い」で有名な方
のようですが、本書には「占い」の話しは出てきません。

いわゆる、普通の自己啓発書です。

元々、はづきさんが自分自身のために考えたプログラムを、
「メールレッスン」という形で一般に公開したようです。

それを書籍化したのが本書。

プログラムの内容は、「法則の伝授編(レッスン)」と
「法則の実践編(エクササイズ)」が1日毎、交互に組まれていて、
トータルで7つの「法則」と、9つの「じゅもん」を14日間で身につける
カリキュラムになっています。

  第3のじゅもん : 「すべてはうまくいっている」
  第7のじゅもん : 「私は日々、あらゆる面でますます光り輝いている」
  第9のじゅもん : 「ツイてる。ツイてる」

正直に言って、本書で紹介される「じゅもん」は、
自己啓発書ではよく見かけるフレーズばかり。

しかし、「奇跡」が起きるかどうかは別にして、
このプログラムを実践すると、確実に「幸せ」になれそうだと、
本書を読んでいて十分に実感させられます。

また、本書は全体的に軽いタッチで語られていますが、

  「いつ、どんな状態の時に、どんな『じゅもん』を、
  どういう順番で、何回くらい唱えればよいのか」

具体的に書かれていますから、実践しやすくなっています。
特に、使う順番や、場面などに、はづきさんのこだわりが感じられますね。

基本的に私は、この種の本に関しては、
「騙されたと思ってやってみて、効果があればラッキー」
といったスタンスなので、まずは実践しようと思います。

ちなみに、本書にはCDが付属しています。
インタビュー形式で、はづきさんが本書の内容を深く理解できるように
解説しています。録音時間は約40分。

この本から何を活かすか?

ということで、今日は1日目のレッスン。
【絶対、大丈夫】の法則。

紹介される「じゅもん」は、次の2つ。

  「人間だもの、いろいろあっていいじゃない」
  「絶対、大丈夫」

やる気が出ない時や、落ち込んでいる時に、現状を受入れて
見止めることで、自分をニュートラルな状態にするレッスンです。

一通り本書は読み終えていますが、今日から1日1レッスンづつ
実践してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 09:24 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |