活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夢をかなえる メモの習慣

夢をかなえる メモの習慣
夢をかなえる メモの習慣
(2008/12/25)
佐藤 伝 商品詳細を見る

満足度★★★

  □ いま、メモ帳を持っていますか?
  □ 書くもの(筆記用具)を携帯していますか?
  □ いますぐ音声記録ができますか?
  □ 携帯電話の動画撮影機能を迷わず操作できますか?
  □ メモはアナログかデジタルのどちらか一方に偏らず、
    両方を臨機応変に使いこなせていますか?

これは本書に紹介されていた「メモをとる5大習慣のチェック」です。       

本文中には「メモを管理・活用する5大習慣チェック」も別途掲載され、
あなたのメモ・マイスター度が判定できるようになっています。

著者は、当ブログで約1年ぶりの紹介になる佐藤伝さん。
(2008年3月の記事:初対面3秒の魔法

本書では、メモのとり方・管理のし方・活用のし方の3点を解説し、
人生を豊かにするメモの習慣を身につけることを目指します。

特徴的なのは、メモを次の3種類に分類していること。

  1. リマインダー・メモ : 予定を忘れないために書き込む
  2. アイディア・メモ : 思いついたアイディアを書き込む
  3. ヴィジョン・メモ : 人生の夢を書き込む

「リマインダー・メモ」は断定形で、「アイディア・メモ」は疑問形でメモする。
そして、3つのメモの中で最も大切なのが「ヴィジョン・メモ」。

自分の人生を進むための「不動の北極星(ポラリス)」として、
手帳の先頭のページに書き、ことあるごとに読み返すことを勧めています。

但し、この「ヴィジョン・メモ」についての記述は数ページだけで、
本書約270ページの大半は、メモする道具や管理する道具の
説明で占められています。

メモ術全体の概要は、
常にメモできる環境の構築→メモ見直しで取捨選択し保存→PCに一元化
という流れになります。

アナログでメモするための道具、デジタルで管理するため道具、
メモする姿勢やタイミング、アイディアを出すためのエクササイズなど
かなり細かく紹介されていて参考になる点は多いのですが、
グッズの紹介が多すぎて、本筋が霞んでしまっているような気もします。

どうせなら、「夢をかなえる」部分に特化して、
あまりテクニックに走らず、Hack系のメモ術と一線を画する路線を
貫いた方が面白かったかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書からは、「アニバーサリー・リフィル」を採用します。

自分の周りの人たちの「誕生日」・「ご命日」・「記念日」を
専用のリフィル(システム手帳を想定)に、積極的に書き込んでいく。

とりあえず、リフィルさえ用意すれば、後は書き込んでいくだけで、
パラっとめむるだけで、今日は誰に声をかけたら喜ばれるかが分かります。

「人間関係をみるみるよくする」と書かれていますが、
その効果は1年以上継続してはじめて表れることでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:21 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |