活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

出社が楽しい経済学

出社が楽しい経済学
出社が楽しい経済学
(2009/01)
吉本 佳生 NHK「出社が楽しい経済学」制作班 商品詳細を見る

満足度★★★

本書は、NHK教育テレビで2009年1月10日から全12回で放送の
(毎週土曜23:00~23:29)「出社が楽しい経済学」を
ベースに書籍化したものです。

選ばれたテーマは、番組制作スタッフの方が
仕事を始めてから学ぶ経済学として、面白くて役に立つと思った
内容だけに絞られています。

サンクコスト、機会費用、逆選択、囚人のジレンマ、共有地の悲劇、
ネットワークの外部性など12のテーマ。

もちろん経済学の中でも特定の分野を扱っているに過ぎませんが、
経済学が「意外に面白く、けっこう役に立つ」ということを
伝えるには良いテーマが選ばれている感じがします。

ドラマ仕立てになっているテレビ番組とは異なり、
本書はストーリー形式にはなっていません。

身近な事例を多く採り上げ、実社会での活用の視点から
楽しく経済学が学べるように工夫されています。

本書の執筆分担は次の通り。

  まえがき:吉本佳生さん
  各テーマ
    本文:制作スタッフ(?)
    ミニ講義:吉本佳生さん
    番組裏話:ディレクター
  あとがき:チーフ・プロデューサー

多数の執筆者が絡んでいる割には、吉本さんの目が
行き届いているだけあって、全体にも統一感がありますし、
ディレクターの番組裏話もなかなか気が利いていて、
良いアクセントになっています。

また、番組制作後、スタッフの会話の中でも
テーマとして扱った経済用語が飛び交うようになったそうです。

本を読む人にも、番組を見る人にも共通して言えることですが、
大切なことは、用語を使って分かったつもりになることではなく、
その考えを元に合理的な判断が下せるようになることでしょう。

この本から何を活かすか?

以前の吉本さんの著書で、この番組がスタートすることは
知っていましたが、タイミングを逃して、まだ見ていませんでした。

ちなみに、今週土曜日(2月7日)放送のテーマは「モラルハザード」。

今回は、録画予約しました。

ちなみに再放送は、教育テレビ木曜午前0:45~1:14(水曜深夜)、
BS2土曜午前5:00~5:29です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 10:25 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |