活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人は意外に合理的

人は意外に合理的 新しい経済学で日常生活を読み解く
人は意外に合理的 新しい経済学で日常生活を読み解く
(2008/11/20)
ティム ハーフォード 商品詳細を見る

満足度★★★

日常生活の裏に隠された人々の合理的な判断を解き明かす本。

著者のティム・ハーフォードさんは、
英フィナンシャル・タイムズ紙で読者から寄せられる悩みに
経済学理論を駆使してユーモラスに回答する身の上相談ページ
Dear Economist」を担当する経済学者。

とにかく扱っているトピックが生活に密着しています。
ギャンブル、戦争、恋愛と結婚、職場の上司、居住区・・・

日常生活において私たちは、想像よりはるかに広い範囲で、
数え切れないほどの目に見えない合理的な意思決定を、
なかば無意識のうちに下しているようです。

本書の冒頭で採り上げられるのは、
アメリカでオーラル・セックスをするティーンエイジャーが
増加してるという話題。

単に、最近の子供はませているとか、淫らになったと
片付けずに、この問題に対し「なぜ?」という問いを発します。

  「合理的な人々はトレードオフとインセンティブに反応する」

という基本的な考えから、[コスト]・[ベネフィット]・[予想される結果]
の3点から、オーラル・セックス増加の合理的理由をあぶり出します。

とらえ方によっては“屁理屈”にしか聞こえない面もありますし、
ハーフォードさんも、人が常に合理的な判断を下している
とは考えていません。

しかし、どのような事象においても、その背後にあるロジックを
考える習慣が身についていると、役に立つことがありそうです。

少し前に、ダン・アリエリーさんの「予想どうりに不合理」を
読みましたが、この2冊の主張は対極にあるものではなく、
それぞれが人の持つ一面を表しているといえます。

まとめると、
「人は意外と合理的に判断を下しているもので、
不合理な行動をとっても、それはけっこう予想がつくことが多い」
となりますね。

この本から何を活かすか?

それを知りえて得られる便益よりも、それを知るためのコストが、
上まわるため、無知のままでいること。

これを本書では、

  「合理的であるがための無知」

と表現しています。

何か常識的なことを知らずにツッこまれた時に、

  「私はそれを知るためのコストと、知って得られるベネフィットを
  合理的に判断し、知らないままにしておいたのだよ」

と切り返すのはどうでしょうか(笑)。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 10:12 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |