活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

仕事が速くなる プロの整理術

仕事が速くなる プロの整理術
仕事が速くなる プロの整理術
(2008/11/20)
吉越 浩一郎 商品詳細を見る

満足度★★★

吉越浩一郎さんの本は、どれも似通ったことが書かれている
イメージがありましたが、本書はちょっと違った印象でした。

もちろん、今回も「デッドライン」の説明は欠かせませんし、
整理術の中心となる「メリタ式書類整理術」は過去の著作でも
紹介されていました。

ちなみに、「メリタ式書類整理術」とは、
吉越さんがドイツ企業のメリタに在籍していた時代に学んだ、
書類を締め切り日順に収納する整理術です。

基本は、引き出しの中に、1年分の「仕切り」を用意します。
3ヵ月先までは1日単位、それ以降は1ヶ月単位。
そこにA4に統一された書類を、色別のクリアファイルに入れ、
締め切り日順に入れていきます。

本書のメインは「整理術に対する考え方」で、
ノウハウとしては、紙ベースであるメリタ式の欠点を補う形で、
Gメール、グーグルカレンダー、iPhoneなどのデジタルツールの
利用方法が解説されています。

しかし、本書の中で最も私の目を引いたのは、
中盤にかなりのページを割いて掲載されている
吉越さん直伝の「図解・イラストの書き方講座」です。

本書全般を通しても、吉越さん直筆の図解やイラストが
ふんだんに使用され、「パラパラ漫画」まで掲載されています。
(実際は、イラストを描いている様子の連続写真を
ページの隅に載せたもの)

ロジカルに考えれば、図だけではなくイラストまで
描けるとのことですが、ある程度の量をこなして
慣れる必要があるのかもしれせん。

この本から何を活かすか? 

吉越さんの図やイラストは、サインペンで描かれていました。
中太の線で描いたイラストは力強く説得力を感じます。

こういうのが、サクサク描けるといいですね。

私は普段、図を描くことはあっても、イラストはほとんど描きませんが、
ちょっとトライしてみたくなりました。

まずは形から入るということで、中太サインペンを入手します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 07:58 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |