活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

景気サイクル投資法 (Pan Rolling Library) (2008/11/21) 鈴木一之 商品詳細を見る 満足度★★★ 「景気敏感株」に特化した投資法を解説する本です。 著者の鈴木一之さんは、大和証券を経て、 現在はフィスコのシニアフェローを務める方。 タイトルは、イメージしやすいように「景気サイクル投資法」 と書かれていますが、本文中では「シクリカル投資法」で 統一されています。 シクリカル(cycleical)とは、循環するという意味で、 ...

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング(2008/12/05)奥野宣之 商品詳細を見る 満足度★★★本との出合いから活用方法までを説明した実践マニュアル。著者は「情報は1冊のノートにまとめなさい 」の奥野宣之さん。前著のコンセプトと同様、読書についても情報はすべて100円ノートに一元化を図ります。本書では、速読や多読をといったスピードや量にこだわらず、    探す &rar...

人は意外に合理的 新しい経済学で日常生活を読み解く(2008/11/20)ティム ハーフォード 商品詳細を見る満足度★★★日常生活の裏に隠された人々の合理的な判断を解き明かす本。著者のティム・ハーフォードさんは、英フィナンシャル・タイムズ紙で読者から寄せられる悩みに経済学理論を駆使してユーモラスに回答する身の上相談ページ「Dear Economist」を担当する経済学者。とにかく扱っているトピックが生活に密着しています。ギャン...

「ウェイ」のある強い経営―第5の経営資源を磨け!(2008/11/24)野口 吉昭 HRインスティテュート 商品詳細を見る満足度★★★★「ウェイ」とは、その企業らしい人や組織の動き方・動かし方。著者の野口吉昭さんは、人・モノ・カネ・情報に次ぐ5番目の経営資源として、「ウェイ」を位置づけています。加賀屋、パタゴニア、トヨタ、ホンダ、3M、YKK・・・本書でも数多くのウェイのある企業が紹介されていますが、本来、ウェイとはその企業...

ハッピーマインド ハッピージョブ(2008/11/29)梅澤伸嘉 商品詳細を見る満足度★★★群馬県桐生市で介護事業を営む梅澤伸嘉さんの、介護に対する熱い想いを綴った一冊。梅澤さんの言葉は、特に介護に関わる仕事をしていなくても、すべての人に、元気を与えます。本書は2部構成になっていて、前半は梅澤さんの気づきや大切にしている精神が短いセンテンスで語られ、後半は、介護事業を立ち上げたいきさつや、業界の現状を含め梅澤さん...

21世紀の国富論 (2007/06/21) 原 丈人 商品詳細を見る 満足度★★★ 国を豊かにするのは、新しい「技術」である。 基幹となる産業は、繊維から鉄鋼、 そしてIT産業からポスト・コンピュータ産業へ。 そのポスト・コンピュータ産業時代の核となるのが、 「PUC」という次世代アーキテクチャ。 簡単に著者の原丈人さんの主張をまとめると、 国が繁栄するためには、このPUCという技術に注力し、 それを活かす体制を政府としても整えよ、 ...

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる(2008/12/05)鳥居 祐一 商品詳細を見る 満足度★★★  質問1 あなたは何をしているときが一番楽しいですか?  質問2 過去の学歴や職歴、あるいは趣味の領域で      あなたの強みになりそうなものは何ですか?  質問3 ある分野で誰にも負けない経験をしたことがありますか?      また他の誰も経験していない経験をしたことがありますか...

伝説の外資トップが説く リーダーの教科書(2008/11/28)新 将命 商品詳細を見る 満足度★★★★新将命(あたらしまさみ)さんのことは、かつてNHKラジオ「やさしいビジネス英語」の土曜サロンを担当していたので知っていましたが、今回初めて著書を読みました。ひとことで言うと、素晴らしい本でした。本書は、これからリーダーを目指す人、現在リーダーとして活躍する人に向け、基本から応用としての考え方まで徐々にレベルアップする...

FX&日経225先物 システムトレード勝利の方程式(2008/11/13)今井 雅人+システムトレード研究チーム 商品詳細を見る満足度★★★★タイトル通り「システムトレード」に関する本で、メインは日経225先物です。FXはどちらかというとオマケ。また、著者名に今井雅人さんの名前が入っていますが、今井さんが執筆しているのは“あとがき”程度で、本文はシステムトレード研究チームの平野正成さんが書いているようです。裁量...

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」(2008/11/21)ダン アリエリー(Dan Ariely) 商品詳細を見る満足度★★★★「不合理」の追求。つまり行動経済学の本です。人は単に不合理に振る舞うだけでなく、いつも同じことを起こし、それを何度も繰り返す。わたしたちは、本書のタイトルの通り、つい“予想どおり”に不合理な行動をとってしまうようです。本書では、好奇心をそそる実験により不合理な...

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 (2008/11/29) 勝間 和代 商品詳細を見る 満足度★★★★ 勝間和代さんによる超合理的な自己啓発書。 運やメンタルといった内容を扱いながら、 本書でもフレームワークがふんだんに活用され、 具体的な行動まで落とし込まれています。 つまり、運を引き寄せるための精神論ではなく、 技術論として、どういった行動をとったら良いかが ハッキリと説明されています。 本...

仕事はストーリーで動かそう(2008/11/12)川上徹也 商品詳細を見る満足度★★★「ストーリー」は感情に訴えたり、記憶に残る効果があります。実際にストーリー形式のビジネス書が数多く出版され、いくつもベストセラーになっていることからもその効果の程が分かります。本書の目的は、ストーリーをビジネスで活かすこと。あくまで手段として、ストーリーを仕事上で活用するため、短くシンプルに作るのが良いようです。本書では、スト...

机の上はいらないモノが95%―世界一シンプルな整理法 (2008/10/27) リズ・ダベンポート 商品詳細を見る 満足度★★ 整理ベタによる、整理ベタのための本。 リズ・ダベンポートさんの前著である 「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」は、 話題を呼びましたが、本書はその簡略バージョン。 内容も、かなり重複しています。 本書でメインとなるのは、机周りの整理術で、 後半は時間管理術が少々解説されています。 実施...

起業家タマゴの経営イロハ(2008/11/21)森田 謙一 商品詳細を見る満足度★★★★通称「ケンミレ」。投資をしている人にとってはお馴染みの投資情報サイトです。正式名称は、ケン・ミレニアム株式会社で、投資教育と自社開発ソフトをネットを通じて行う独立系の会社です。本書は、ケンミレCEOである森田謙一さんが説くベンチャー企業経営者の実践的な心得集。  「社会から信頼を得る手法について、これから起業したいと思う人」を対象...

「日本の経営」を創る(2008/11/22)三枝 匡 / 伊丹 敬之 商品詳細を見る満足度★★★★この記事を書いている1月15日現在、まだ2009年1月度は半分残っていますが、今月の暫定ベストと考えられる一冊。とりあえず、私が付箋を貼った箇所も今月最多です。本書は、企業経営者の立場である三枝匡さんと、経営学者の立場にある伊丹敬行さんが、5回の対談を通して「これからの新しい日本流・経営のあり方」を探る本です。同じ年令で、面識がな...

「しゃべる」技術~仕事力が3倍あがる話し方の極意 (2008/10/22) 麻生けんたろう 商品詳細を見る 満足度★★★ 著者の麻生けんたろうさんは、北海道のテレビやラジオで 喋りの仕事をする方です。 北海道在住の私が、麻生さんの名前を聞いたことがなかったので、 ひょっとすると、あまり有名な方ではないのかもしれません。 プロフィールに書かれている“ラジオDJ”という肩書きを読んで、 ビジネストークについてはあまり...

「儲かる!会社」に一瞬で変わる 1日10分、年収3倍 見田村流超マーケティング(2008/11/22)見田村 元宣 商品詳細を見る満足度★★★以前、『朝9時までの「超」仕事術』を紹介した、“朝4時起きの税理士”をキャッチフレーズにする見田村元宣さんのマーケティング本です。爆発的に稼ぐためのマインド(考え方・発想)とテクニック(マーケティング)を伝える目的で書かれています。テクニック面は、奇をてらうことなく比較的...

仕事が速くなる プロの整理術(2008/11/20)吉越 浩一郎 商品詳細を見る 満足度★★★吉越浩一郎さんの本は、どれも似通ったことが書かれているイメージがありましたが、本書はちょっと違った印象でした。もちろん、今回も「デッドライン」の説明は欠かせませんし、整理術の中心となる「メリタ式書類整理術」は過去の著作でも紹介されていました。ちなみに、「メリタ式書類整理術」とは、吉越さんがドイツ企業のメリタに在籍していた時...

費用対効果が23%アップする 刺さる広告―コミュニケーション最適化のマーケティング戦略(2008/10/18)レックス・ブリッグス / グレッグ・スチュアート 商品詳細を見る満足度★★★比較的大きな企業を対象とした、マーケティングの投資効率(ROI)を高めるための本です。すばらしいアイディアの発想に頼ったマーケティングではなく、客観的にマーケティング活動を分析し、問題解決を行いながら、最適な方法にたどり着くことを目指しま...

サラリーマン「再起動」マニュアル(2008/09/29)大前 研一 商品詳細を見る満足度★★★30~40代の現状に危機感を持つサラリーマンへ向けて大前研一さんが書いた啓蒙書。小学館からの出版ということもあり、懐かしい「サラリーマン・サバイバル」シリーズの延長上にある内容です。  「今の30後半~40代は旧大陸の環境(アナログ時代の古い経済社会)で  ビジネスの戦闘訓練を受けた人たちであり、  新大陸の環境(デジタル時代の...

アイデアのちから (2008/11/06) チップ・ハース / ダン・ハース 商品詳細を見る 満足度★★★ アイディアを「記憶に焼きつくもの」にするための フレームワークを提示する本です。 新にアイディアを発想するための本ではなく、 今あるアイディアをもっと印象に残るものに変えるのが メインの目的です。 本書で紹介されるフレームワークは、次の6つの原則です。   原則1. 単純明快である (Simple)   原則2. 意外性がある (...

残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~ (2008/11/12) 苫米地 英人 商品詳細を見る 満足度★★★ 「英語は逆から学べ!」のシリーズが、あまり私には フィットしなかったので、少し苫米地英人さんの本から 遠ざかっていましたが、本書の内容はスッと入ってきました。 脳の使い方と、メンタルトレーニングについての本です。 本書では、いわゆる「引き寄せの法則」について、 苫米地さ...

早わかりビジネス理論 (PHPビジネス新書)(2008/10/18)中野 明 商品詳細を見る満足度★★★著名なビジネス理論を要約した本です。ただ、何冊もの有名な本の要約を羅列しているのではなく、ビジネス理論の全体像にピーター・ドラッカーさんのフレームワークを採用し、各論としてその分野の大家の理論を上手にまとめていますから、各理論の関連性が理解できるように工夫されています。<ドラッカーさんのフレームワーク:マネジメント...

ロシア・ショック(2008/11/11)大前 研一 商品詳細を見る満足度★★★★大前研一さんの著作では、思考法や啓蒙書、あるいは戦略書や経済論などが注目を集めることが多いようですが、私は本書の「国家レポート」シリーズがけっこう気に入っています。「東欧チャンス」の時もそうでしたが、あまり日本のマスコミでは報道されない情報もレポートされ、その国に対して新たな視点を持つことができるようになります。  「日本が最も注目す...

明けましておめでとうございます。2008年は、体調不良でフェードアウトするようにブログを終えてしまって、申し訳ありませんでした。訪問していただいた皆様&コメントを頂いた皆様方には、大変感謝しております。じっくり休養し、完全復調しましたので、1/5(月)より読書記事の更新を再開します。本年もよろしくお願いします。...