活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

仕事が夢と感動であふれる5つの物語

仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)
仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)
(2008/10/31)
福島正伸 商品詳細を見る

満足度★★★★

昨日の記事に引き続き、福島正伸さんの本です。

こちらは、「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」の
続編的な位置付け。

仕事を通じて夢を持ち、それに向けて取り組むことの大切さが、
5つのショートストーリーで語られています。

誰しも、「こういう仕事ができたらイイな」と考えることは
ありますが、忙しい毎日に追われて過ごしていると、
つい大切なことを忘れがちになります。

そんな時に、本書のストーリーを読むと、
自分が一番大切にしなければならないことを思い出す
きっかけになるでしょう。

全体を通して読んでも、30分程度で読めますが、
5つの物語はそれぞれ独立していますから、
5分×5回に分けて読んだ方が、
本書の効果が長持ちするような気がします。

人によっては涙ぐむ話しも、あるかもしれません。

第1話の「馬車のパレード」が、一番多くの人に感動を
与えそうですが、私はどうしても親子の話に弱いので、
第2話の「日本一のパパ」にグッときました。

いずれにせよ、夢を持って努力し続ける人の話には、
人を感動させるパワーがあるということです。

本書には、福島さんのセミナーCD(約30分)が付きます。

前作「3つの物語」出版直後の講演内容で、
福島さんの巧みな話の中にも、
「仕事の意味」を改めて考えさせられ、
正直、このCDだけでも買う価値があるように思えます。

この本から何を活かすか?

5つの物語のまとめとして、「夢を持つと変わる、7つのこと」が
最終章に紹介されていました。

  1. 景色が変わる
  2. 苦手な人も必要な人に変わる
  3. 経営資源が集まる
  4. 時間が増える
  5. 勇気が出る
  6. すべての過去が意義あるものになる
  7. 能力を引き出す

よく、「他人と過去は変えられない」と言いますが、
夢を持てば、過去の事実は変えられなくとも、
その意味付けが変わり、すべて必要な過去になるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 08:24 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |