活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

感染性胃腸炎にやられました。大変申し訳ございませんが、体調が戻るまで、休ませて頂きます。...

10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気(2008/11/05)西田 文郎 商品詳細を見る 満足度★★★★★今まで何冊か、西田文郎さんの本を読みましたが、私の中では、本書が一番です。素直に感動しました。「10人の法則」自体は、言葉にすると簡単です。  あなたが感謝すべき人、10人の名前をあげなさい。  そして1年以内に、10人全員にあなたの「感謝」を伝えなさい。感謝の大切さを説く本はたくさんありますが、本書ほど感謝の本当の意味...

シークレットアドバイス-世界トップの企業家&CEOが明かした「私の働き方」(2008/09/03)「フォーチュン」編集部 商品詳細を見る満足度★★★米国の雑誌「フォーチュン」とその姉妹誌に掲載されたインタビュー記事をまとめた本です。  「あなたの働き方を教えてください」という質問に答えるのは、世界のトップリーダー達。アンディー・グローブさん、ビル・ゲイツさん、ジム・コリンズさんウォーレン・バフェットさん、ピーター...

ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!(2008/11/08)エリヤフ・ゴールドラット 商品詳細を見る満足度★★★「ザ・ゴール 」の著者として日本でも有名なエリヤフ・ゴールドラットさんの新作です。今回もストーリー形式ですが、ゴールドラットさんと心理学者である娘のエフラットさん(実名)の対話で構成されています。途中に紹介されるレポートも実際にコンサルティングのためにゴールドラットさんが作成したケースが掲載されています。...

On a Scary Scary Night (Can You See What I See?) (2008/08)Walter Wick 商品詳細を見る 満足度★★★★ 昨年のクリスマスに続き、「Can You See What I See ?」 シリーズからの一冊です。 本書は、ミッケ!(I SPY)ですっかりお馴染みになった 指定されたアイテムを写真から探す“かくれんぼ絵本”。 この「On a Scary Scary Night」は、この記事を書いた 2008年12月時点では、日本語訳版は出ていません。 ちなみに、昨年紹介した「...

PLAY・JOB (プレイ・ジョブ)(2008/10/08)ポール・アーデン 商品詳細を見る満足度★★★ブリティッシュ・エアウェイズやトヨタの広告を手がけた英国の天才的クリエーター、ポール・アーデンさんが贈る、インスピレーションを掻き立てる本です。本書では、印象的な写真に短いインパクトのある言葉を載せ、常識に陥りそうな私たちの思考に、いろいろな角度から刺激を与えます。 ズバリ、本書のテーマは「逸脱」すること。常識に逆らい、...

ビジネスパーソンのための自分プロデュース術 転職に役立つ「自分の強み」の作り方、活かし方(2008/12/16)細井 智彦 商品詳細を見る満足度★★★大和書房さんより献本いただきました。ありがとうございます。求人票や募集広告には載せられないようですが、ほとんどの企業が応募者に求めている、隠された要件があるそうです。コミュニケーション力や、論理的思考力のように表立っては強調されない能力。それは、「ストレスへの耐性」...

仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)(2008/10/31)福島正伸 商品詳細を見る満足度★★★★昨日の記事に引き続き、福島正伸さんの本です。こちらは、「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」の続編的な位置付け。仕事を通じて夢を持ち、それに向けて取り組むことの大切さが、5つのショートストーリーで語られています。誰しも、「こういう仕事ができたらイイな」と考えることはありますが、忙しい毎日に追われて過ごしていると、...

リーダーになる人の たった1つの習慣(2008/10/29)福島 正伸 商品詳細を見る 満足度★★★リーダーとして、一番大切なことをストーリー形式で学ぶ本です。実話をベースにしているそうですが、設定は次のようになっています。  柴田正光が主宰する経営者育成スクールで、  あるプロジェクトが行われることになりました。  参加者はセミナー受講生の  武田勝也(31歳)、五十嵐あかね(29歳)、間宮幸人(34歳)の3人。  その...

デキるトップのすぐ効く!しかけ 短期間で会社が劇的に変身する!(2008/11/20)白潟 敏朗 商品詳細を見る満足度★★★大和書房さんより献本いただきました。ありがとうございます。価値観の共有は、企業にとって重要なテーマです。本書では、社長の「こだわり」、つまり、その会社が最も大切にしていることを全社員に浸透させる仕掛けを紹介しています。やるべき内容は、非常にシンプル。社長と管理職や社員との会話の機会を増やすこと...

野村式「ID為替」──プロが教えるFX短期トレード超投資法 (講談社プラスアルファ新書)(2008/10/21)野村 雅道 商品詳細を見る満足度★★★元外銀・為替部門チーフディーラーを務めた野村雅道さんの「FX短期トレード」指南書です。野村さん自身は、長期投資7割、短期投資3割で為替取引を行っているようです。長期取引については、『働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術』に書いていますので、この本では、短期トレードに的を...

人生が変わる瞬間(2008/10/09)佐藤 英郎 商品詳細を見る満足度★★★7つの物語で綴られる、気づきを得るための自己啓発書。それぞれ物語は、主人公のおかれる状況もテーマも違います。  第1話 私(著者)が化粧品営業から学んだ仕事の価値  第2話 幸せを取り戻したある夫婦の物語  第3話 新人賞受賞後から崩れていった営業マンが見出した仕事の意義  第4話 仕事がすべてだった男性が見つけた新しい生き方  第5話 自分のや...

白いネコは何をくれた?(2008/10/21)佐藤 義典 商品詳細を見る 満足度★★★ストーリー形式でマーケティングを学ぶ本です。佐藤義典さんの同じ形式のマーケティング本では、「ドリルを売るには穴を売れ」がありますが、そちらよりも、本書の方がもう少し踏み込んだ内容です。主人公の日向実直は中堅広告代理店に務めるサラリーマン。入社4年目で、仕事に行き詰まりを感じ、不完全燃焼な日々を過ごしていました。ある雨の日、実直は自...

ブレイン・ティーザー ビジネス頭を創る100の難問(2008/10/17)ジョン・ケイドー 商品詳細を見る 満足度★★★ちょっと変わったクイズ・パズルの本。何が変わっているかというと、「面接試験」で出題されることが前提に書かれている点です。マイクロソフト社などのIT企業や、コンサルティングファームの面接試験で、実際に出題されたパズル問題を中心に100問が収録れています。ラテラルシンキング問題、ロジカルシンキング問題、確率...

変革を定着させる行動原理のマネジメント―人と組織の慣性をいかに打破するか(2008/10/18)中島 克也 商品詳細を見る 満足度★★★変革が長続きしなかったり、行動が定着しない・・・組織やチームのリーダーが必ずぶつかる、こうした壁を打破するために、本書の著者・中島克也さんは、  1. なぜ、そうした事態が起きるのか?  2. そうした事態に、どう対処したらいいのか?という2点を中心に本書で詳しく解説します。最初の問い...

だれかに話したくなる小さな会社(2008/09/22)浜口 隆則 / 村尾 隆介 商品詳細を見る 満足度★★小さな会社向けのブランド戦略の本です。第1章では、10社以上の「だれかに話したくなる」素敵な会社の例が紹介されてます。詳細なストーリーは語られず、ページの半分はイラストで占められていますから、感性に訴えるように書かれている感じです。後半のブランド作りのための説明も、会社のネーミング、コーポレートメッセージやロゴの...

できそこないの男たち (光文社新書) (2008/10/17) 福岡伸一 商品詳細を見る 満足度★★★★ 傑作「生物と無生物のあいだ」の著者・福岡 伸一さんによる “性”の謎に迫るドラマチックな科学読み物。   「生物のデフォルトとしての女性を無理やりカスタマイズ   したものが男性であり、そこにはカスタマイズにつきものの   不整合や不具合がある。   つまり生物学的には、男は女のできそこないといってよい。」 だか...

一流アナリストの「7つ道具」―フェルドマン直伝!「掛け算」の知的生産術 (ピンポイント選書)(2008/10)ロバート・アラン フェルドマン 商品詳細を見る満足度★★★ビミョーに得した感じ。135ページの小ぶりなハードカバー。850円。テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」でおなじみのロバート・フェルドマンさんが、アナリストに必要なスキルとそれを身につける方法を書いた本です。情報が溢れる現代においては、必要な情報を...

ツキと幸運がやってくる31日の習慣(2008/10/22)西田文郎 商品詳細を見る満足度★★★才能があっても、努力を続けても、必ず成功するとは限らない。多くの成功者が語っているように最後に必要なものは「ツキ」。著者の西田文郎さんは、「ツキ」を左右するのは、その人の脳の状態だと、説明します。西田さんは、北京オリンピックで金メダルを獲った、女子ソフトボール日本代表チームのブレイントレーニングを担当しました。トレーニン...

本当に頭がよくなる1分間勉強法 (2008/08/22) 石井 貴士 商品詳細を見る 満足度★ 本書の手法を使うと、1冊の本が1分で読めるようになると 説明されています。 著者の石井貴士さんは、ワンミニッツ・リーディングと 名づけていますが、このリーディング部分は“Reading”ではなく “Leading”と書くそうです。 速読でもなく、暗記術でもない手法だとか。 具体的に、どうするかというと、   1. そもそも、既...

クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学(2008/11/08)吉本 佳生 商品詳細を見る 満足度★★★★吉本佳生さんといえば、「スタバではグランデを買え!」が有名ですが、本書はその続編です。内容はどちらも「価格」を題材に、経済的思考を養う本ですが、「スタバ」は“取引コスト”をメインテーマとした初級編、本書は“裁定”に軸足を置いた中級編といった違いです。後半ではゲーム理論の説明もありますが、...

アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技術 (2008/09) 安藤 俊介 商品詳細を見る 満足度★★★★ 著者の安藤俊介さんより献本いただきました。ありがとうございます。 アンガー(怒り)をコントロールするための 体系化された技術を学ぶ本です。かなり実践的。 私は、怒りっぽい方ではないと、自分では思っていましたが、 ちょうどよいタイミング(?)で、イラつく...

かぼ (2008/10/28) 石井 裕之 商品詳細を見る 満足度★★★★ 「かぼ」とは、この物語に出てくる少年のあだ名。 本書は、セラピストである石井裕之さんが贈る、 私たちの中にある大切なものを思い出させてくれる 良質なストーリーです。 物語なので、さわりだけ紹介します。   主人公の松田純平は、本が1冊だけ世に出た売れない小説家。   しかし、彼の人生はカリスマIT企業の社長である有馬達也の   ゴーストライターを務めて...

なぜルパン三世は泥棒なのにヒーローなのか? ペンだけで30日後にブランディングするすごい裏ワザ(2008/09/19)山岸 二郎 商品詳細を見る満足度★★究極の差別化でブランディングするために、自己開示し、お客さんのメリットを打ち出して、USP(他にない独特の強み)を明確にしましょうという話しです。著者の山岸二郎さんは、「ペンだけで行列をつくるマーケッター」を名乗っていますから、本書の説明もペンで書ける部分、つまり、セ...

自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語(2008/09/19)井上 裕之 商品詳細を見る 満足度★★★ある事故で、奥さんが植物人間になってしまった、著者の井上裕之さん。奥さんの入院先は、家から片道4時間かかる病院。井上さんは、平日は歯科医としての仕事をこなし、土曜の診察が終わった後、4時間かけて奥さんの看病に向かい、日曜の夕方には、また4時間かけて帰る生活を続けます。そんな精神的にも、肉体的にもキツ...