活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方
弾言 成功する人生とバランスシートの使い方
(2008/09/25)
小飼 弾 / 山路 達也 商品詳細を見る

満足度★★★★

私の中では、「404 Blog Not Found の小飼弾さん」
という位置づけですが、初めて小飼さんの著書を読みました。

鋭い切り口は残しつつも、ブログの文体よりかなりマイルドで、
非常に読みやすい本に仕上がっています。

本書のテーマは、ヒト、モノ、カネの3つの要素を
バランスシートの観点に基づいて、その関係性を探ること。

ヒトとは何か?、モノとは何か?、カネとは何か?
をしっかりと議論した後、「カネ≒モノ」だった時代から、
「カネ≒ヒト」へとトレンドが変わったことを示しています。

小飼さんは、個人のコネの価値について、

  ネットワーク自体の価値=ネットワーク全体の価値-∑(個人の価値)

という式で表し、「コネこそカネである」と弾言しています。

これこそ、バランスシート的な見方をすると、
仕訳上では「のれん代」、つまり個人ブランドの価値と
言い換えることができます。

つまり、カネを生むには、ネットワークの価値を高めることが必要で、
そのためには、個人ブランド価値を高めることが必須であると
考えることができます。

あと、本書で私が気に入った考えを2点ほど。

  「どんなにお金が必要でも、週40時間以上仕事をしてはいけないと思います。
  そうやって月収が10万円にしかならないのであれば、
  10万円で生活できるように切り詰めるべきです。」

多くの人には、非現実的な言葉のように聞こえるかもしれませんが、
私はこの考えに大賛成です。

  「根源的にはモノを所有することはできないのです。なぜかと言えば、
  人間には寿命があるから。
  どんなモノでも、せいぜい80年レンタルにしかならないんですよ。」

何でも“80年レンタル”と考えると、モノを所有することへの
こだわりが薄らぎそうですね。

この本から何を活かすか?

なぜ、小飼さんは、同じ本を読んでも、鋭い洞察ができるのか?

その答えのヒントが、本書にあります。

  「本を読了しても、それは読書の半分にしかすぎないということです。
  (中略)読み終わったら、今度は『自分を読んで』みてください。」

誰しも本を読むと、得た情報を自分のデータベース
(経験や知識)に参照します。

アウトプットの質の高い方は、いったん情報を抽象化し、
別のケースへの置き換え(比喩)や関連付けをしていますが、
根本的にデータベースの蓄積量が多いことも見逃せません。

私も本書を読了後、しっかりと「自分を読む」作業をやってみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 11:09 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |