活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ブログ論壇の誕生

ブログ論壇の誕生 (文春新書 657)
ブログ論壇の誕生 (文春新書 657)
(2008/09)
佐々木 俊尚 商品詳細を見る

満足度★★★

ジャーナリスティック系のブログが「ブログ論壇」を形成し、
政治や社会を変える原動力になることをレポートした本。

とは言いつつも、実際に全体を通して語られるテーマは、
「非対称戦争」。

非対称戦争とは、ベトナム戦争やアルカイーダの組織ように、
組織の一つ一つがアメーバのように生まれ、独立して活動し、
強大な組織にゲリラ戦を仕掛けていくような状態です。

では、いったい誰と誰が非対称戦争をしているのか?

佐々木俊尚さんが本書で解き明かす対立構造は、
ネットにあまり馴染みのない団塊世代と、
ネット世界を代表するロストジェネレーション世代
(だいたい1970年~1980年初頭の生まれの世代)。

もちろん、この非対称戦争ではロスジェネ世代がゲリラ側です。

毎日新聞低俗記事事件、ウィキペディア情報操作事件、
小沢一郎さんのニコニコ動画事件、志位和夫さんの国会質問、
トリアージ騒動、「JJ」読者モデルブログ炎上、光市1.5人発言・・・

こういったネット上の事件を元に、ブログだけでなく、
2ちゃんねるやニコニコ動画といったネットの世界を発信源とする
非対称戦争の様子が詳細に報告され、
その影響力と、佐々木さんの今後の見通しが語られています。

私自身は、団塊とロスジェネの間の世代に当たり、
本書では完全に脇役です。

しかし、対立する両方の世代の主張が、それなりに分かる立場に
あるともいえるので、私の世代こそが、ネットでもリアルでも、
もっと発言する必要性を感じました。

この本から何を活かすか?

巻末には、「佐々木俊尚が選んだ著名ブロガーリスト」として
170サイト余りのリストが掲載されています。

佐々木さんの考える“日本の論壇系ブログの一覧表”という
位置付けのようです。

私が読んでいるブログは、2~3入っている程度。
普段いかに、ジャーナリスティックなブログを読んでいないかが分かります。

載っている数がかなり多いですが、ヒマを見て少しずつ
リストにあるサイトを覗いてみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |