活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法

明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法 (講談社BIZ)
明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法 (講談社BIZ)
(2008/04/17)
小宮 一慶 商品詳細を見る

満足度★★

正しい考え方という土台の上に、メジャラブルな目標を立て、
一つ一つは小さくとも正しい努力をコツコツと続ける。

これが、本書の基本的な考え方。

ちなみに、メジャラブルとは「測定可能な」という意味です。

本書は、タイトルこそ「新・目標達成法」となっていますが、
メインとして書かれているのは、「毎日の行動習慣」について。

少しの努力を長年続けることで、大きな差のつくヒントが
数多く紹介されています。

  ・高層マンションを見たら階数を数える
  ・新聞は1面から読む
  ・3年連用日記をつける
  ・1次会には行くが、二次会には行かない
  ・飛行機に乗ったら落語を聞く
  ・タクシーのお釣りは受け取らない

かなり小宮一慶さんの、個性や趣味が反映されていて、
誰にでも適用すべき一般化された行動習慣とは
考え難いものも、正直に言って含まれています。

しかし、少なくとも小宮さん自身が実践し、
効果があったものが紹介されているはずです。

「目標達成法」という意味では、目標をメジャラブルなものにすることと、
年間目標を月間目標に落とし込み管理することが中心で、
あまり「新」という感じはしません。

ここは、ノウハウや術に頼って目標を達成するのではなく、
紙一重の努力を毎日愚直に続けることこそが重要であるという
小宮さんからのメッセージと解釈するのが妥当でしょうか。

この本から何を活かすか?

  「ビジネスの世界では、自尊心や自負心を持つことが大切」

このように小宮さんは語ります。

更には、子供を持つ親にも、子供が自尊心や自負心を持つように
接することを勧めています。

私も、今まで意識していなかった訳ではありませんが、
今後はもう少し、この点を考えて子供に接しようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 09:59 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |