活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

村上式シンプル英語勉強法

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
(2008/08/01)
村上 憲郎 商品詳細を見る

満足度★★★

グーグル日本法人社長の村上憲郎さんが書いた
英語の勉強法についての本です。

最初に、「必要なことしかやらない」と言っている通り、
本書では、多くのことを割り切って諦めています。

その結果として、勉強法がシンプルになり、
使える英語への道も近くなるという考えです。

  ・知らない形容詞は、「good」か「bad」に変換する
  ・熟語、イディオムは捨てる
  ・日本人に英作文は無理(あきらめて英借文を)
  ・「R」と「L」の違いなんて気にするな

こういったことをバッサリ切り捨てる代わり、
「読む」、「単語」、「聴く」、「書く」、「話す」の5つの分野を
同時に一気呵成に攻めることを目指します。

それぞれ、目指す地点は、

  読む : まず100万語、最終的に300万語
  単語 : 1万語
  聴く : トータル1000時間
  書く : 英借文とブラインドタッチ
  話す : 基本5パターンと自分についての100英文を暗記

村上さんは30歳まで英語が全然できなく、
31歳を過ぎて本書の方法で努力し、
英語が使えるようなったと書いています。

しかし、その「全然できない」が個人によって全く違うことと、
勉強を始めてからも、能力の差が効率に大きく影響しますから、
本書の方法がシンプルだとしても、相当の覚悟と努力なしに
使える英語をモノにすることはできないでしょう。

本書は150ページ程度で、誰にとっても非常に読みやすい本ですが、
だからこそ、読んで「ハイ、終わり」と
しないように肝に銘じなければなりません。

この本から何を活かすか?

本書では、「毎日1万語を、ひたすら眺めて」
英単語を覚えることを勧めています。

私の頭では、眺めるだけで覚えられそうにありませんが、
まずは、自分の現在の単語レベルをチェックすることが
大切ということで、本書で紹介されていた
アルクの英単語のレベル診断」をやってみました。

1と2のセットをやってみて、各30問中26問正解でした。
結構、今日は勘が冴えていたようです。

とりあえず、どちらのセットもラスト3問は
全く未知の単語だったので、
眺めるだけでなく、しっかり覚えようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |