活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ブログタイムズ

実は、「ブログタイムズ」の登録申請が通りました。

以前、淺田義和さんの「創造マラソン」の記事で知ったのですが、
ブログに広告記事を書いて、掲載料をもらうというサービスです。

おもいっきり、当ブログの趣旨から外れます。

小銭がほしくなったというわけでもないんですが、
なかなか興味深いサービスなので、
試しに申請してみたところ、通ってしまいました。

という訳で、以後、ブログタイムズ関連の広告記事を
アップする可能性があるので、自分なりのルールを以下にまとめました。

  1. 本末転倒とならないよう、読書関連の記事の更新ペースは、
    今まで通りとする。

  2. 広告記事を掲載するのは、読書記事をアップした後、
    同日2本目の記事として、または、現在記事をアップしていない
    日曜日にアップします。

  3. ブログタイムズからは、いろいろなオファーがあるとおもいますが、
    私自身が興味があるものだけを広告記事にします。

  4. 広告記事とはいっても、私自身がどこに興味を持ったのか、
    良さそうな点、イマイチな点などは率直に書きたいと思います。

  5. 広告記事には、[PR by ブログタイムズ]と表記することなっていますので、
    興味がない方は、申し訳ありませんがスルーしてください。

月に何本くらいになるか、現時点では全く不明です。

モノは試しということで、少しやってみて継続するかどうか
判断したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| お知らせ | 13:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつも目標達成している人の読書術

いつも目標達成している人の読書術
いつも目標達成している人の読書術
(2008/09/03)
丸山 純孝 商品詳細を見る

満足度★★★

  「特にビジネス書を読む目的といえば、
  最終的に『行動』につなげて『結果』を残すこと」

著者の丸山純孝さんは、こう述べていますが、
まさに、このブログのテーマとピッタリです。

私は購読していないので、詳しく知りませんが、
丸山さんの書評メルマガ「エンジニアがビジネス書を斬る!」は、
読者が約3万人の、日本有数の規模を誇るそうです。

さて、本書の内容は、
読書の目的、良い本の見つけ方、時間の作り方、多読のすすめ、
アウトプットのすすめ、目標達成の仕方、おすすめビジネス書など。

最近、こういった内容の本を見かけることが多くなりましたが、
本書は必要な内容が一通り網羅されていますから、
これから「(ビジネス書の)多読」を始めたいと思う人には、
ちょうど良い水先案内人になってくれるでしょう。

本書で、丸山さんも「多読」を勧めていますが、
どの程度を多読というかは、人によってイメージが異なります。

私自身は、通常1日1冊と決めている(あまり読み過ぎないように)ので、
1日3冊以上読むと、多読という感じがしますね。

あと、本書で「図書館は使うべきか否か」というテーマで、
丸山さんは、時間制限の目安とするならOKという見解を示しています。

よく、この手の本で、「本は必ず購入せよ」という意見の
著者がいますが、それから比べると柔軟な考えです。

買うか、借りるかでどちらが費用対効果が高いかは、
その人の利用の仕方や、条件によっても変わるでしょう。

私自身は、子供が読む本の調達に、図書館は欠かせないと思っています。

この本から何を活かすか?

丸山さんは、「ブックギフトを贈る」ことを勧めています。

私は購入した本を、BOOKOFFに持っていくとが多いのですが、
去年くらいから、人に譲る機会が多くなっています。

当初は、自分で読了して置く場所がないから、
なんとなく人にあげるというスタンスでした。

しかし、その人の性格や興味のある分野を考えて、
本を選んであげるようにしてから、がぜん反応がよくなりましたね。

知り合いで、誰も読みたそうな人が思い浮かばない場合は、
図書館に寄贈するというのも、一つの手かもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 10:24 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |