活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ(2008/07/15)横田 尚哉 商品詳細を見る 満足度★★★★「○○を探して!」と頼まれて、一生懸命探しても見つからない。さんざん探してから、「一体何のために、それを探してるの?」と目的を聞くと、案外、別のモノでも代用が利くことってありませんか?1947年、GE社でも同じようなエピソードがあったそうです。しかし、同社の調達マネー...

分析力を武器とする企業 強さを支える新しい戦略の科学(2008/07/24)トーマス・H・ダベンポートジェーン・G・ハリス 商品詳細を見る満足度★★★本書では、分析力が武器となっている企業を頂点として、そこに至る過程として、5つのステージに区分しています。  第1ステージ 分析力に劣る企業  第2ステージ 分析力の活用が限定的な企業  第3ステージ 分析力の組織的な強化に取り組む企業  第4ステージ 分析力はあるが決定...

ひらめきの導火線 (PHP新書 544)(2008/08/19)茂木 健一郎 商品詳細を見る満足度★★★最近の風潮では、日本でも突出した人材や天才を育てる環境を求める声があります。本書は、教育論の本ではありませんが、そういった突出した個人を求める考えと反対の立場です。1人の天才のもの凄いアイディアで動く世の中か、普通の人のちょっとしたアイディアの積み重ねで動く世の中か。著者の茂木健一郎さんは、後者の立場で、「トヨタのカイゼ...

グラフで9割だまされる 情報リテラシーを鍛える84のプレゼン(2008/08/21)ニコラス ストレンジ 商品詳細を見る満足度★★★★本書の目的は、  「あからさまな嘘をつかずに、できるだけ狙いどうりに  相手を誤解させる図表づくりのテクニックを明かす」ことです。簡単に言うと、図表を使った騙しのテクニックを紹介する本です。「欺瞞の度合い」や「バレやすさ」に注意して騙し方を選ぶ。手法は、代表値をいじる、軸に小細工をする...

実は、「ブログタイムズ」の登録申請が通りました。以前、淺田義和さんの「創造マラソン」の記事で知ったのですが、ブログに広告記事を書いて、掲載料をもらうというサービスです。おもいっきり、当ブログの趣旨から外れます。小銭がほしくなったというわけでもないんですが、なかなか興味深いサービスなので、試しに申請してみたところ、通ってしまいました。という訳で、以後、ブログタイムズ関連の広告記事をアップする可能性が...

いつも目標達成している人の読書術 (2008/09/03) 丸山 純孝 商品詳細を見る 満足度★★★   「特にビジネス書を読む目的といえば、   最終的に『行動』につなげて『結果』を残すこと」 著者の丸山純孝さんは、こう述べていますが、 まさに、このブログのテーマとピッタリです。 私は購読していないので、詳しく知りませんが、 丸山さんの書評メルマガ「エンジニアがビジネス書を斬る!」は、 読者が約3万人の、日本有数の規模を...

ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力(2008/07/17)ブライアン・トレーシー 商品詳細を見る 満足度★★★デール・カーネギーさんの著書にも、「話し方入門」というのがありましたが、この本の著者は、ブライアン・トレーシーさんです。トレーシーさんは、人に感銘を与えるようなスピーチの秘訣は何か?と聞かれるといつも、  「まず、準備だ」と答えるそうです。ですから、本書を読んだからといって...

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践(2008/07/18)中原 圭介 商品詳細を見る満足度★★所々、「この人、本当にこの方法で自分で運用してるの?」と思わせる内容でした。本書の基本的な考えは、次の通りです。  ・株式、外貨預金、現金でポートフォリオを組む  ・年代別、景気の盛衰に合わせ組成割合を変える  ・景気後退期は、株から撤退し現金化  ・株はETFやインデックスファンド中心で...

ドット・コム・ラヴァーズ―ネットで出会うアメリカの女と男 (中公新書 (1954)) (2008/06) 吉原 真里 商品詳細を見る 満足度★★★ 以前、bestbookさんのブログで紹介されていて、 私は、きっと読むことのない本だな~と思っていた1冊。 リアル書店で著者・吉原真理さんのプロフィールだけでも 見ておこうと思い、本書を手にすると、 私とほぼ同年代であることが判明。(吉原さんは1968年生れ) 目次を見ると、ひたすら男性らしき名前...

成功本はムチャを言う!? (青春新書INTELLIGENCE (PI-209))(2008/08/02)新田 義治 商品詳細を見る 満足度★★★本書の著者、新田義治さんは、  「成功本の著者と、それを読む多くの読者の間に  深くて大きい溝、心理的なギャップがある」と言います。本書の目的は、そのギャップを埋めること。まず、本書の考えは次のような流れです。  ・成功本を読んでも、95%の人が成功できないのは、  “実践しない”からでな...

プロ法律家のクレーマー対応術 (PHP新書 522)(2008/05/16)横山 雅文 商品詳細を見る満足度★★★“クレームは企業の財産”などと言われますが、中には、財産になるどころか、従業員や善良顧客を脅かす悪質で執拗なクレーマーが存在します。本書の著者、横山雅文さんは主に企業の顧問弁護士として活躍しているようですが、年々、悪質クレーマーに対する依頼が増えているそうです。この本では、そんな横山さんの弁護士として...

もっとも美しい数学 ゲーム理論(2008/02)トム・ジーグフリード 商品詳細を見る満足度★★★★本書の原題は、「A Beautiful Math」です。これは、天才数学者ジョン・ナッシュさんの人生を描き、ラッセル・クロウさん主演で映画化もされている「A Beautiful Mind」を意識してつけられたタイトルです。「ビューティフル・マインド」では、ナッシュさんの内面に焦点が当てられていますので、当然ながらその偉業については、あまり深く掘...

ビジネス脳を磨く (日経プレミアシリーズ 6) (日経プレミアシリーズ 6)(2008/05/09)小阪 裕司 商品詳細を見る満足度★★★★脱工業化社会と言われるようになって、久しくなります。それでは、工業社会を脱して、どんな社会に変わったのか?著者の小阪裕司さんが、示す答えは「情報化社会」ではありません。私たちは毎日、情報が大量に流通する中で生活しています。そして、次々と降ってくる情報を、素早く処理しているのが、人の「感...

3時間で1052万円稼ぐ! トップスピード・マーケティング【CD付】(2008/05/22)山口友紀雄 商品詳細を見る 満足度★★私は本書をAmazonでチェックせず、リアル書店で購入しました。読後、恐る恐るAmazonのレビューを見ると、予想通りボロクソに書かれていました。(2008年9月時点)あまり悪く書かれていると、「まあ、そこまでひどくないけどな~」と逆に擁護の感情が湧いてしまうのが人情なのかもしれません。さて、本書はスクールや...

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術 (2008/08/01) 寺田 昌嗣 商品詳細を見る 満足度★★★★   「読書はスポーツだ!」 著者の寺田昌嗣さんは、体育会系のノリで 本書の速読トレーニングを勧めます。 本書のノウハウは、“右脳の活用”や“潜在意識のパワー”といった、 実態のつかみにくいものではありません。 目的に徹底的にフォーカスした読書を目指...

90日変革モデル 企業変革を加速させる3つのフェーズ(2008/05/22)ベナム・タブリージ 商品詳細を見る満足度★★★比較的大きな企業向けの改革の「手引書」です。同じ「90日」をタイトルにしていても、神田昌典さんの本とは、かなり趣向や対象が異なります。著者のベナム・タブリージさんは、10年以上にわたり、500社以上の企業を調査し、成功要因となるフレームワークを導き出しました。それが、「90日変革モデル」です。実際には、 ...

LIVE HACKS! [ライブハックス!](2008/04/22)大橋 悦夫 商品詳細を見る満足度★★★同じ広さの畑から、収穫を5倍にするには?現在、農業を営まれている方からすると、ちょっと非現実的な問いかもしれませんが、土地・タネ・肥料などの各要素が改善すれば、収穫が増える方向に進むことは間違いありません。本書では“時間”を“畑”になぞらえ、「時間畑」という概念を用い、同じ時間枠から得る成果を、5倍にする...

サム・ロイドの「考える」パズル(2008/06)サム・ロイド 伴田良輔 商品詳細を見る満足度★★★サム・ロイドさんは1841年米国生まれのパズル作家です。1911年に亡くなるまでに10,000万点近いパズルを作りました。以前に紹介した「巨匠の傑作パズルベスト100」では、他の作家の作品も含まれていましたが、本書はサム・ロイドさんの単独パズル作品集です。編訳者の伴田良輔さんは、ロイドさんを次のように評しています。  「サム・ロ...

「成り上がり」の人間学―逆風をパワーに変える「生き方の流儀」 (2008/06/12) 田中 森一 商品詳細を見る 満足度★★★ 本書は、著者の田中森一さんが「収監」される 秒読み段階で書かれた本です。 田中さんは、かつて検察のエースとしてその腕を振るい、 退官後、弁護士(いわゆるヤメ検)へ転身して活躍。 徐々に裏社会の大物たちと人脈を築きます。 しかし、2008年に手形詐欺事件で実刑判決が確定しました。 本書は、収監が目前に...

成功哲学 2

悩む力

悩む力 (集英社新書 444C)(2008/05/16)姜尚中 商品詳細を見る満足度★★好みの分かれる1冊です。少なくとも、私にはあまりマッチしませんでした。本書は、“悩む”ことを生きる力と捉え、どうせなら徹底的に悩み抜くことを応援しています。私たちは、グローバリゼーションという波が押し寄せる中で、先の見えない時代を、多くの悩みを持ちながら生きています。そこで、100年前に生きた2人の炯眼の持ち主である、夏目漱石...

NHKラジオビジネス英会話 高橋修三ワークライフバランスを考える(2008/06)杉田 敏 商品詳細を見る満足度★★★★本書は、杉田敏さんが講師を務めるNHKラジオ講座、「ビジネス英会話」の、2006年10月~2008年3月に放送された講座の中から、24レッスンを収録したCDブックです。以前に、「ビジネス英会話:高橋修三キャリアアップの道」を紹介しましたが、その続編に当たります。高橋修三とは、本講座・ビニエット(物語)の主人公です。...

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編 (2008/07/26) 橘 玲+海外投資を楽しむ会 商品詳細を見る 満足度★★★★ 本書は“カタログ”です。 海外ETF、ADR、GDR、デリバティブなどの金融商品の詳細なリストと その取引方法が説明されています。 先日、同時に発売されたもう1冊の本を紹介しましたが、 読む順番をまとめておくと、   1. 「臆病者のための株入門 」で基礎を学ぶ   2. 「黄金の扉を開ける...

マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」 (2008/07/11) 松藤 民輔 商品詳細を見る 満足度★★★ 結論は、読む前から分かっていました。   恐慌が来た。“金”と“金鉱山株”を買え! パターンの美学と言うべきでしょうか? 水戸黄門のドラマで、同じパターンを楽しむように、 松藤民輔さんの本は安心して読むことができます。 もちろん、松藤さんが印籠を出す(金投資を...

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編(2008/07/26)橘 玲+海外投資を楽しむ会 商品詳細を見る満足度★★★本書は“マニュアル”です。海外の銀行や証券会社での口座開設をあまり考えていない方は、書店で中身をザーッと確認してから、購入するかどうかの判断をした方が良いでしょう。それよりも先に、「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」をまだ読んでいない方は、最初にそちらを読むことをオススメ...

仮想化する社会―次世代マネジメントのためのビジネスヒント32(2008/05/27)ソフィア総合研究所株式会社 商品詳細を見る満足度★★★ 【財布を知らないこどもが80%】   文部科学省が行った小学生の生活調査によると、お金を使ったことのない   児童が8割を超えていることがわかった。文科省はこの実態を踏まえ、   あらためてお金の大切さを教える授業を設けることを、指導要領の改訂版に   反映させる意向。・・・・本...

日本人が知らなかったETF投資(2008/08/30)カン・チュンド 商品詳細を見る 満足度★★★ 著者のカン・チュンドさんより献本いただきました。ありがとうございます。 ETFに関する本では、以前に太田創さんの本を紹介しましたが、 こちらは、もう少し入門者向けに丁寧に書かれている印象です。 これから、じっくり投資をはじめようと考えている人には、 安心して読める一冊と言えそうです。 カンさんの人柄が、にじみ出ていますね。 ち...

1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術 (2008/06/27) 斎藤 岳 商品詳細を見る 満足度★★★ 結論の出ない会議ほど、参加していて ストレスの溜まるものはありません。   「メタボ会議の撲滅!」 これをスローガンに、本書では結果が出せる 会議の進め方が体系的に学べます。 会議に関する本では、ファシリテーション技術に関する本も 最近では多く出版されるようになりましたが、 そういったテクニカルな本を読む前の1冊とし...