活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あたらしい戦略の教科書

あたらしい戦略の教科書
あたらしい戦略の教科書
(2008/07/15)
酒井 穣 商品詳細を見る

満足度★★★★

著者の酒井穣さんは本書について、

  「戦略実行という“現場の観点”から逆算して構築された戦略の実務書」

と説明しています。

一般に戦略は、経営者の視点=トップダウンから語られる場合が多いですが、
本書は現場の観点=ボトムアップ的な方法を重視しています。

また私が、本書に「あたらしさ」を感じた部分は、
戦略を“静的”なものではなく、“動的”なものとして
捉えている点です。

酒井さんの示す戦略のイメージモデルは、いたってシンプル。

  「戦略とは、現在地(現状)と目的地(目標)を結ぶルート」

このモデルから分かるのは、3つの要素の従属関係です。

つまり、現在地と目的地が変われば、最適ルート(戦略)も
変わるということ。

これを酒井さんは「戦略とは、現在地と目的地を両親とする子供」
とも表現しています。

そして、現在地は刻々と変化し、
目的地も、現在地に依存した不確実な未来でもあるので、
最適ルートもそれに伴って変化する。

このあたりの捉え方が、私には非常に面白く感じました。

本書は、あえてフレームワークを羅列せず、シンプルなモデルに沿って、
最適な戦略の策定とその実行に焦点を合わせて説明されているので、
世に溢れる戦略関係の書籍とは、けっこう違った印象を受けます。

はじめての課長の教科書」の記事で、
酒井さんからコメントを頂いたからという訳ではありませんが、
本書は、どの説明もスーッと腹に落ちる感じがしました。

課長の教科書も良かったのですが、
個人的には、こちらの本の方が私は好きです。

この本から何を活かすか?

本書のコラムの中で、戦略の立案力を養うための、
簡単なエクササイズが紹介されたいました。

“何の関係もなさそうな2つの事象について、その共通点を探す”
というものです。

酒井さんからの出題例は、

  「メガネとウサギの共通点を見つけなさい」

これなら、いつでもどこでも、自分で問題を作って、
エクササイズができそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:53 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |