活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

5×5マスで夢がかなう! 倍速実現マップ

5×5マスで夢がかなう! 倍速実現マップ
5×5マスで夢がかなう! 倍速実現マップ
(2008/07/11)
内方 恵一朗 商品詳細を見る

満足度★★★

自分の「夢」は紙に書き出した方が、書かないよりも
遥かに実現の可能性が高くなることは、事実でしょう。

しかし、それだけでどんな夢でも叶ってしまうほど、
現実は甘くありません。

夢が叶う人と叶わない人の差は、紙に書き出した後、
“適切な行動を”継続してとれるかどうかの差にあるとも言えます。

本書は、「夢を書き出す際のフォーマット」を示した本です。

著者の内方恵一朗さんは、このフォーマットのことを
倍速実現マップ(コスモ・マップ)と呼んでいますが、
これは、非常に簡単な紙1枚だけのフォーマットです。

5要素×5項目=25マスの穴埋めをすることで、
夢を実現するために必要な行動や環境が
バランスよく揃っているかをチェックできるようになっています。

簡単に書き方に触れておくと、
最初に叶えたい夢=プロジェクト名を中央に書き、
そこからマインドマップのように放射状に、
5要素(目標、活動、基盤、収穫、人脈)につき各5項目を
穴埋めしていきます。

  ・目標・・・数値目標を5段階で穴埋めする
  ・活動・・・外に向けた具体的なアクションを5つ書く
  ・基盤・・・自分自身を向上させるアクションを5つ書く
  ・収穫・・・夢を実現したご褒美として欲しい物を5つ書く
  ・人脈・・・実現に欠かせない協力者(家族・恋人を除く)を実名で5人書く

この手のフォーマットは、なかなか埋まらない箇所もあり、
それが取り掛かるための一つの障害になることもあります。

しかし、内方さんは、

  「全部埋めなくてもOK。空欄に重要なメッセージがある。」

と言い、始めるためのハードルをぐっと下げているます。

マップを埋める行為を通じて、徐々に考えていけばよいという
スタイルなので、身構えなくても始められそうなところが、
倍速実現マップが支持される一つの理由なのでしょう。

この本から何を活かすか?

で、実際に書いてみましたが、私は「人脈」の部分が埋まりませんでした。

内方さんによると、
最も多くの人が苦手とする要素が「人脈」で、次が「収穫」とのこと。

私のケースもまさにそれです。

苦手分野を克服することが、夢を実現ための重要なカギとなるようですから、
私もこれを重要なメッセージと捉え、この欄がどうしたら埋まるのかを
深く考えてみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |