活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人づきあいのレッスン

人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法
人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法
(2008/06/13)
和田 裕美 商品詳細を見る

満足度★★★★

本書では和田裕美さんが、「お腹」を見せてくれています。

と言っても、実際に和田さんのお腹の写真が
掲載されている訳ではありませんが。

本書のレッスン44、“仲良くなりたいなら悩みを打ち明ける”で、
和田さんは、

  「私は仲良くなりたい人には、さっさとお腹を見せてしまいます。」

と書いています。
(きっと、“お腹=今の和田さんの悩み”なんですね。)

つまり、本書で和田さんは、徹底して自分の弱みをさらします。

いい人ではない、わがまま、デスクは散らかっている、嫉妬する・・・

こんな風に、聖人君子ではない未完成な自分を書くことで、
それでもイイんだ、そんな自分を好きになることが大切なんだ、
ということを教えてくれます。

本書に示される65のレッスンは、自分を受け入れ、許すことで、
「人と楽につきあう」ことの重要性を伝えています。

  「わがままを言うときは、だだっ子のように、
  “体を微妙に揺らし”ソフトに甘える」

など、おっさんの私には、
ちょっと抵抗のあるものも、一部紹介されていますが、
本書は読んでいて、ほんわかした気持ちにさせてくれます。

実利的に学ぶ点が多いというよりも、
読後に、どことなく気持ちよさを残してくれること自体が、
「人づきあいのレッスン」の真髄なんだなあと、
思わせてくれる一冊でした。

この本から何を活かすか?

  「とにかくその日、私は人の幸せを、それも知らない人の
  幸せを喜ぶことがたくさんできました。」

和田さんは、レッスン61 、“幸せになれる一番簡単な方法”に、
こう書いています。

全然知らない人の幸せを喜ぶ和田さんが、すごく幸せそうです。

私も、40を過ぎてやっと自分に関わる人には、
素直に感謝できるようになりましたが、
街で通りすがりに視界に入る見知らぬ人の幸せまで、
喜ぶ心の余裕はありませんでした。

今日は、全然知らない人でも、目に入る人すべての幸せを、
喜ぶ気持ちで過ごしてみようと思います。 

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 08:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |