活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

70円で飛行機に乗る方法

70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる [宝島社新書] (宝島社新書 274)
70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる [宝島社新書]
(2008/06/07)
高城 剛 商品詳細を見る

満足度★★★

本書は、新興エアライン、いわゆるローコストキャリア(LCC)を使って、
気軽に旅行する生活スタイルを提案するガイドブックです。

日系航空会社の飛行機に、
70円で乗れる裏技が書かれた本ではありません。

シンガポール-プーケット(70円)、シンガポール-ホーチミン(240円)
ロンドン-ローマ(2400円)、ブリストル-マドリード(3840円)

まるでバス料金を見ているようですが、
実際にLCCを利用する感覚も、ほとんどバスに乗るのに近いとか。

ただ残念ながら、日本ではこのLCCの恩恵は、ほとんど受けられません。

なぜ、日本では本格的なLCCが生まれないのか?

という疑問に対し、本書の著者・高城剛さんの答えは、

  「日本だから」

この答えだけで、妙に納得してしまう所に、
問題の根深さがあるような気がしますね。

もちろん、高城さんは、「日本だから」の後に、
もっと詳しい理由を説明していますので、
気になる方は、本書で確認してください。

最初は、“パイパーメディアクリエーター”という肩書きの
高城さんが、なぜ、こんな本を書くの?
とも思いましたが、前作が『「ひきこもり国家」日本』で、
本書はその続編ということでした。

その関係で、本書は後半に進むにつれ、ガイドブックというより、
世界から取り残され、鎖国へ向かう日本の問題点への言及が多くなります。

最終的な高城さんのメッセージは、「個人開国」。

国がオープンスカイ協定を受入れないなら、
個人がオープンスカイで世界に飛び出すことを勧めています。

この本から何を活かすか?

本書では、高城流の旅行術の一端が明かされています。

<必携トラベルグッズ>
  ・白シャツ(怪しまれないため)
  ・ソーラーパネル、予備バッテリー
  ・各国クレジットカード
  ・iPod3台(音楽用、映像用、データ用)

<その他>
  ・衣類は圧縮袋へ
  ・ガイドブックとしてCIAの「ザ・ワールドファクト・ブック」を利用

とりあえず、この夏の旅行では、圧縮袋を利用してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |